topimage

2017-05

煌く宝石箱フィレンツェ25(5日目:サン・マルコ美術館) - 2017.05.10 Wed



5日目の午後。

フィエーゾレから戻ったバス停そばのサン・マルコ美術館に行きました。



こちらの美術館、フィレンツェの数ある観光地の中では、きっと華やかなところではないのですが、現地で毎日ガイドブックを見ながらどこに行こうかと検討している時になぜだか行ってみたい!と思うところでした。


ところが、全て徒歩範囲のフィレンツェの観光地の中で宿泊していたホテルからやや遠かったこと、平日は13:50までしか開いていないことなどにより何となく行けていませんでした。

フィエーゾレへのバス停がここのそばだったこと、サン・マルコ美術館のそばがフィエーゾレへのバス停だったこと、どちらが先でもなく、このセットを都合よく思い、この日の観光としました。


DSC08271.jpg



見学料4ユーロと良心的^^



元修道院が併設されているこちらは入ってすぐがこの素朴な回廊。


DSC08251.jpg



入り口正面には早速このフレスコ画。じわ~っと悲しみが伝わるこの絵で早速立ち止まったのでした。


DSC08249.jpg
(十字架像に祈る聖ドメニコ フラ・アンジェリコ作)


回廊がこの修道院の雰囲気をよく表しているのですが、豪華さも飾り気もなく、まさに修道院というか清廉な宗教施設で、全体的にとても好きな感じの空間でした。


DSC08253.jpg



回廊のアーチ下のフレスコ画。教会内などの屋内で見ることの多いフレスコ画ですが、このような自然光の下で見るさりげない色使いが心を落ち着かせる効果があるような優しさでした。


DSC08254.jpg



キリストを抱いたマリアの絵です。この施設の中のものとしてはやや煌びやかと思ったら、やはりこちらは商人の組合が注文して組合本部に置かれていたものだそうですが、優しさと柔らかさが良い絵ですね。


DSC08252.jpg
(リナイオーリの祭壇画 フラ・アンジェリコ作)



最後の晩餐。


DSC08259.jpg
(ギルランダイオ作)



こちらは聖書の内容を知らないので意味は分かりませんが、やはり優しくて好きな感じの絵でした。


DSC08255.jpg



2階が僧坊になっていました。

広くない階段を上がってすぐのところにあったのがこのフレスコ画「受胎告知」。


DSC08260.jpg
(フラ・アンジェリコ作)


この絵の前に立った時、吸い込まれて足が動きませんでした。ものすごい静謐さの中に清らかさと尊さ、同時に力を感じる絵でした。

神秘的とでも言うのでしょうか?
無駄も余計も一切ない構図、一見シンプルに見える線の際立つ絵ですが、優しい色の濃淡は作り込まれたものでしょう。そのサラリとした質感はフレスコ画のせいなのか?画家の技なのか?
派手さは一切ないのに訴えかける力の凄さに吸引されたような感じでした。


凄いな~と思いながら、しばらく佇みこの絵を私の中に刻みました。



ここはこのような僧坊。


DSC08261.jpg



大規模な僧坊で、小部屋が並んでいました。


DSC08264.jpg



本当は全部の部屋を覗いてみたかったんですが、実はここの見学、時間がなくて・・・


DSC08262.jpg


フィエーゾレでゆっくりし過ぎて、こちらに入った時に閉館まで40分くらいしかなかったと記憶しています。

なので、ところどころで釘付けになったりはしながら、やや駆け足の見学になってしまいました。


ちょうど見学者もまばらにしかいなくて、この修道院という空間を穏やかな気持ちで静かに見られたのは良かったのですが、気持ちが少しだけ焦っていて、ちょっともったいない見学だったような気がします。


そもそもこちらの教会、14世紀に創建、15世紀にドメニコ派のフィレンツェの中心的存在になったようです。

同じく15世紀にコジモ・デ・メディチの依頼で修道院が併設されたとのことで、この小部屋はコジモ・デ・メディチの専用坊だったとのことです。


DSC08265.jpg


コジモ・デ・メディチとこの飾り気のない小部屋とは結びつきませんでしたが、意外に素になってお祈りしていたのでしょうね。



ところでこのサン・マルコ美術館、ガイドブックを見て何となく私と波長が合いそう・・・と、何となく行ってみたいと思っていたところだったのですが、帰ってから凡そ半年経つ今現在も今回ご紹介した「受胎告知」の静かな力の衝撃が忘れられず・・・何故だろう??と思って調べてみたら・・・

この絵、世界にあまたある「受胎告知」の絵の中でも有名な絵らしいですね。知りませんでした^^;


「受胎告知」は、ウフィツィ美術館のダ・ヴィンチの作品が有名で、今回はこれを見たところで大満足していました。確かに凄い吸引力というか力がありましたもの・・・

でもこちらの「受胎告知」は、また違った味で、どちらかというとダ・ヴィンチの作品より薄味で優しいのに訴える力の強さは神がかっている??と思えるほどのもので、今現在も強く印象に残っているのはこちらの方かもしれません。


それは、フラ・アンジェリコが、画僧だったからでしょうか。

絵を描く前にお祈りをしてから望んだということです。ただの画家よりも修道僧だった人が描いたものはやっぱり違うのでしょうか。

しかもこのフラ・アンジェリコ、この日の午前中に行っていたフィエーゾレからこちらに移ってきたようです。午前中に見たあの小さな僧坊からこちらに来たのかしら?と物語の想像が膨らみました。


また、力のある絵というか、高評価の絵というのは、素人の私には分からないと思っていたのがびっくりしたことに、こちらの見学中、素敵だな~と思って写真を撮った絵が何点か評価の高いフラ・アンジェリコの絵だったということ。

力のある絵ってやっぱり素人にも感じさせるオーラが違うんですね。

おかげで分からなかった宗教画のことも、ちょっと興味が出てきたような気がします。



フラ・アンジェリコの絵のおかげと素朴で静かな修道院の雰囲気のおかげで、とても安らかな気持ちでこちらの見学を終えました。

出るが出るまで優しく名残り惜しいサン・マルコ美術館でした。


DSC08267.jpg






煌く宝石箱フィレンツェ24(5日目:フィエーゾレ) - 2017.05.08 Mon




フィレンツェ滞在も5日目になりました。


前日は、日帰り旅でシエナに行きました。

この翌日に帰路につく予定だったので、一日中滞在出来るのは、この日が最後。


この日、何をするか!?は決めてませんでした。

見どころ沢山のフィレンツェですからまだまだ見てないところは沢山ありましたが、前日シエナまでの道のりでバスの車窓から見たトスカーナの景色が心に残っていて・・・


また見たいな~と思いました。


ただ前日も少し遠出したし、もう遠出はいいやって思ったのと、お土産を買ったりしたいし、何かいい方法はないかな~?と朝食の時にガイドブックとにらめっこして見つけたところは、フィエーゾレというフィレンツェの市街から8キロという郊外の町でした。






標高300メートルの丘の上にある小さな町で、フィレンツェの町を見渡す眺望があるとのことです。
時間にとらわれることなく、その町をのんびり散歩しようと思いました。


フィエーゾレまでの道のりは、バス利用。


ガイドブックには、サン・マルコ美術館前のサン・マルコ広場からバスが出ているとありました。
ちょうど良いです。何となくサン・マルコ美術館にも行ってみたいと思っていたので、帰りに寄るのに至便です。



サン・マルコ広場に着きました。


DSC08113.jpg



ここでちょっとバス乗り場について説明。

サン・マルコ広場にあるとガイドブックに書かれてあったフィエーゾレ行きの7番バス停は、広場から伸びるサン・マルコ美術館沿いの脇道、美術館の敷地が終わる辺りまで歩いたところにありました。

上の写真は、サン・マルコ広場から。正面がサン・マルコ美術館と脇道の写真。この向かって右側の道をまっすぐ向こうに進みます。


歩いていくと見つかるバス停。「LINEA7 フィエーゾレ行き」と書いてあります。






場所は、この下の地図の赤いポイントのところ。(左下がサン・マルコ広場、真ん中がサン・マルコ美術館)






ガイドブックには、15分~20分間隔でバスが出ているとありましたが、真偽のほどは分かりません。
ちなみに私は20~30分は待ちました。

チケットは、サン・マルコ広場に立っていたおじさん、たぶんバス会社の案内とかする人・・・から買いました。片道1.2ユーロでした。

ちなみにバスの中では買えなかったと思います。帰りのバスに乗る時にドライバーからチケットを買おうと思っていたら、「売っていない、タバッキで買って来い!」とぶっきらぼうに言われました。

帰りのバスチケットを買う為にほんのちょっとだけ苦労したので、行きに往復分買っておくのが良いと思いました。



バスに約20~30分ほど乗って着いたところは、下の写真のフィエーゾレのミーノ広場。終着点なので、最後まで乗っていればよいです。


DSC08114.jpg



横がドゥオモ。


DSC08116.jpg



後ろがこの建物。


DSC08115.jpg



後ろの建物とドゥオモの間の坂道を上って行きました。


DSC08117.jpg



こんな味のある田舎道を抜けて・・・


DSC08118.jpg



雰囲気の良い静かな町の佇まいを見ながら・・・


DSC08120.jpg



目の前の視界がパッと開けたところには・・・これ!


DSC08122.jpg


大絶景!!が広がっていました。



フィレンツェの街が一望!!


DSC08124.jpg



拡大すると・・・ドゥオモを中心にギュッと凝縮されたレンガ色の屋根が集まって綺麗です♪


DSC08127.jpg



手前から向こうの方までトスカーナの街を囲んでなだらかな丘陵の大地が広がっていました。


DSC08125.jpg


こんな緑の大地の中に宝石箱のように煌く街、フィレンツェ・・・ここからの夜景は、まさに宝石の煌めきのようなフィレンツェの街なんだろうな~と思いました。



手前の田舎の景色ものどかです。


DSC08137.jpg



ちょうど紅葉の時期。緑、黄色、オレンジと大地の景色も色とりどりで美しい時期。


DSC08147.jpg


春夏の緑の頃も美しいかもしれませんが、この時期もカラフルで良いですね。


ここは、フィレンツェの街並みを見下ろす展望台のようになっていました。ベンチもありましたよ。



振り返るともう少し高いところには教会。


DSC08148.jpg



向き直して、しばらく座ってこの大絶景をのんびり楽しみました。途中、ちょっと中年カップルが来て景色を見ていましたが、長い時間、ここは私一人が独占していました。


こんな景色が見たかったんです・・・良い時間でした。



次に振り返った時、小さな塔の下に座っていたおじさんはいなくなっていました・・・


DSC08170.jpg



上の教会。


DSC08174.jpg



町の一番高いところ。


DSC08208.jpg



この小さな教会は、サン・フランチェスコ教会というそうです。


DSC08195.jpg



小さいけれど、よくお手入れされた清潔な教会内部でした。


DSC08206.jpg



こんな小さな町が大好きなんです。


DSC08192.jpg



小さな町の教会は大体小さくて素朴で・・・ひっそりと立っていて・・・心が素朴になっていくのが自分で分かって好きなんです。


DSC08194.jpg



奥にはちょっとした教会付属の博物館がありました。こちらはその一部の礼拝堂。小規模だけど綺麗な空間です。


DSC08204.jpg



14世紀のこの古い教会には、かつての僧坊もありました。


DSC08182.jpg



たぶん何百年も使われた古い扉。


DSC08180.jpg



小さな部屋の並んだ僧坊は、現役時代も質素・清貧な僧が祈りを捧げて暮らしたんでしょうね。


DSC08183.jpg



朝な夕なに祈り、神様に身も心も捧げて暮らした空間。


DSC08184.jpg



もう誰もいないのに・・・静かな命を感じたのは何ででしょう?


DSC08187.jpg



十字架に伏して祈る僧が見えるようです。


DSC08188.jpg



僧坊の中ほどの中庭は閉じられた空間でした。


DSC08191.jpg



素敵な場所でした。


DSC08177.jpg



町に下りてみましょう。


DSC08207.jpg



ちょっとした曲がり角が綺麗なところでした。


DSC08167.jpg



時期も良かったな~。


DSC08216.jpg



暑くも寒くもなく・・・紅葉も綺麗、人も少ない・・・ヨーロッパは晩秋も良いということが分かったこの旅行でした。


DSC08215.jpg



ドゥオモ。


DSC08228.jpg


町のあちこちから見えるこの塔のあるドゥオモは、町の中心的存在なんでしょう。町の規模からすると割と大きな建物でした。



主祭壇。


DSC08218.jpg



殺風景な造りでしたけど・・・


DSC08225.jpg



ちょっと格式の高そうな聖堂なのかな?と思ったのは、祭壇あたりが多層階になっていた為。


DSC08220.jpg



DSC08223.jpg



古代アクロポリスのあったというこの丘の上の小さな町。

ローマ遺跡も残っているとのことです。


DSC08237.jpg


半円型のローマ劇場も観光出来るようですが、そんなに興味はないので、外部から見えた上の写真の遺跡のみ盗み見ておきました^^



あとはのんびり町歩き。


DSC08244.jpg



静かで穏やかな丘の上の町でした。


DSC08245.jpg


DSC08247.jpg



さて、フィエーゾレ。


フィレンツェの景色ならば、市街すぐのミケランジェロ広場から、それも至近に見られるようですから、そちらも良いでしょう。

こちらはちょっと高くて遠くからのフィレンツェの街と周囲のトスカーナを広々見渡せる、行きやすい場所としてとても良かったと思います。

高台からのフィレンツェの景色以外、派手さはないので刺激に欠ける地味な町かもしれません。がしかし、その刺激の少なさが気持ちを落ち着かせ、私は行って良かったと思います。



帰りのバスは、降りたところと同じ広場の反対車線側。
下の地図のドゥオモの横の少し広くなっている場所にありました。

チケットはちょっと遠いタバッキまで買いに行かなければなりません。

不親切なドライバーが指差した先がそんな遠くのタバッキとは思わなかったので、人に聞きながら300メートルも進んでようやく見つけたタバッキで買えました。





赤いポイントの先のところにあったこのタバッキ。






バス停横に立っている掘っ立て小屋みたいなキオスク的な売店では売っていませんので行かれる方はお気を付けを^^



小さな宝石箱シエナ10(世界の美女たち~シエナ編) - 2017.05.05 Fri




シエナ1日旅の旅行記が終わったところで、世界の美女たち、シエナ編をやっておこうと思います♪


結構レベル高いですよ!!


美女大国、おフランスのお隣は・・・やっぱりラテンの美女大国!でした。



このニット帽の女の子はね、歩いてくる中で光ってたんですよ。シャッターチャンスのタイミングが悪く、あんまりそれ風に写っていませんが、顔が小さくてアヒル顔で可愛かったです。






こちらは2児の母。優しそうで綺麗なお母さん♪






犬の散歩中の女性。ご近所の?知り合いとお話してるところでした。






庶民的な女の子。髪の毛の色や質感、お顔立ちがかなり南方系、ラテン!って感じですよね。






こちらがシエナで最高の美女でした。2児の母。一瞬一瞬の表情が抜群の美女でしたね。






さて、シエナの美女たち、いかがでしたでしょうか!?


フィレンツェ編は、また別にする予定です。


毎度毎度、綺麗な人に見とれて・・・カメラを向けて撮影してきていますが、この企画、肖像権とか考えると・・・やってていいのだろうか!?と毎度心配しつつの投稿です。

先に謝っときます。


ごめんなさい^^;


苦情が入ったら止めます・・・





小さな宝石箱シエナ9(シエナの夜の景色) - 2017.05.05 Fri




ドゥオモの見学を終えた頃は、もう薄暗い時間になっていました。

帰りのバスの時間までは少しあるので、町をぶらぶらしながらバス停を目指しましょう。

迷い込んだ道は、ジョバンニ・ドゥプレ通りという通りだったことが後で調べて分かりました。





このアーチが城壁の中外を分けるところだったのでしょうか?



マンジャの塔が町並みの向こう正面に見えて、たっぷり濃厚な夕闇の景色でした。






塔に向かって通りを進むだけですから、暗くても迷ったりはしません。






この辺りでマンジャの塔の鐘が、ゴォ~ン、ゴォ~ンと鳴り始めたんですよ。何度鳴るんだろう?っていうくらいに・・・良い音でした。





時計を見ても区切りの良い時間ではなかったので、きっと日暮れの鐘でしょう。



鐘の音が鳴り止んだところでちょうどカンポ広場に出てきました。






プッブリコ宮とマンジャの塔がライトアップされて綺麗でした。






夜のカンポ広場は又、昼間とは違った美しさでした。






広場の伸びやかさと広がりと・・・優しい光に囲まれて、いい時間でした。






この古都は、どんな時代でも、どんなシーズンでも、どんな時間でも、どんなお天気でも・・・間違いなく未来永劫、人を惹きつけ、魅力を放ち続けるんでしょうね。





この美しい広場に腰を下ろして憩うカップルたちを見て・・・私も同じようにやってみたくて・・・この時ばかりは恋人が欲しくなりました(笑)



バスに乗る前にちょっと休憩。歩いていて目に入ったカフェに入りました。

もうすぐクリスマスの時期でしたから、ディスプレイはクリスマス一色^^






店内は、この賑わい。後で知ったのですが、このお店、「ナンニニ」というのかな?シエナの老舗だそうです。






ほっと一息。いい日だったな~・・・その前にいい町だったな~、シエナ・・・想像以上でした。






サリンベーニ広場。まあ綺麗だこと。






町はこの賑わい。いい感じに都会で田舎なこのシエナ。住みやすそうな町でもありそうですね。






こちらは、ハムとかチーズを買った食材店。ハムは最近食べ終わりました。チーズはあと少し。早く食べ終えなきゃカビが生えちゃいますね^^;






バス停。18:20のフィレンツェ行きで帰ります。





わりと色んなところにバスが出ているようですね。行ってみたかったサンジミニャーノにも直通があるみたいです。



夜にフィレンツェに戻ってからは、この日は晩御飯はいただかないで寝てしまいました。

ランチをいただき損ねたらいけないと思って、朝ごはんを沢山頂いていた上に、調子に乗ってカンポ広場で遅いランチを取っていたのでお腹が空いていなかったのと、疲れていたのとで、あっという間に眠りこけてしまいました。



ところで、今日の写真、全部iPhoneのもの。

ドゥオモ見学を最後にソニーのカメラのバッテリーが切れてしまい、その先は全部iPhoneだったのです。

替えのバッテリーを持って行っていなかったのか?持っていることを忘れていたのか?自分でももう記憶がないのですが・・・

まあ、ややブレ写真もありますが、綺麗に撮れるもんですね~。

もうミラーレスとか荷物になるもの持ち歩かなくても全部iPhoneでいいじゃんって思ってしまいます。

いい世の中になったものですね。








小さな宝石箱シエナ8(ドゥオモ内部) - 2017.05.02 Tue




いよいよシエナのドゥオモの・・・


DSC07972.jpg



内部に入ってみましょう。


DSC08090.jpg
(ブレっぷりが酷くて残念ですが・・・^^;)



まず祭壇までの中央通路。歩みを進めるにあたり、否が応でも目に飛び込んでくるのが、この豪華な床面装飾。


DSC08059.jpg



信じられないほどの精密さ、それも大きな規模で象嵌と掻き絵で描かれていました。


DSC08061.jpg



外観に劣らず内部の彫刻も見事でした。


DSC08057.jpg



鷲だか鷹だか分かりませんが、この鳥の羽根の彫刻、凄くないですか!?


DSC08060.jpg



何か聖書に出てくる物語でも表されているのでしょうか?楽しそうな彫刻ですね^^


DSC08070.jpg



壁は、白黒のストライプ壁で、イタリアのこの辺りらしいですね。


DSC08063.jpg


クーポラに注目しました。上の写真が分かりやすいですが、クーポラの弧に対して、斜めの角度に線というか漆喰塗りでしょうか?・・・の”エッジ”で渦巻き状の線が付けられていますね。

その上に格子状の漆喰の飾り細工と八角星がだまし絵で描かれているようです。


DSC08074.jpg


幾何学的な柄のクーポラ。何か意味がありそうですね。



中世の様子が分かる絵画。上には立体の人物もいて、こんなの見たことない。面白いですよね。


DSC08064.jpg



さて、このドゥオモの見どころ、床面装飾に戻ります。14世紀後半から200年もかけて有名な芸術家が参加して作られたそうです。


とにかく大きな象嵌細工。人と比べるとその大きさがお分かりと思います。


DSC08068.jpg



細かい手仕事で、生き生きと人物が表現されていて驚きです。


DSC08065.jpg



しかもこの規模、大きさです。数十畳はあるかと思われる象嵌の絵が床に広がっていました。


DSC08072.jpg



その迫力に見入るばかりでした。


DSC08073.jpg



全て踏まれないように規制線が張られていました。特に守らなければならない貴重な作品は、カーペットで覆われて見学は出来ませんでした。

この貴重な作品は、期間を決めて公開されるようです。



再奥の祭壇。


DSC08083.jpg



美しいフレスコ画と小さな彫像。


DSC08078.jpg



このシエナにこのドゥオモ有り!

この美しい町にふさわしい、中も外も美しいドゥオモでした。


うっとりした気分で、このドゥオモを後にする頃は、すっかり閉館の時間ギリギリになっていました。

良い余韻で町を歩いてみようと思います。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (504)
海外旅行 (16)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (33)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示