topimage

2017-05

忘れものを探しにポルトガル14(コインブラでファドを聞きました) - 2016.07.22 Fri




コインブラ大学観光の後は、ぶらぶら散歩しながらこの大学の丘を下りてみましょう。


コインブラ大学の敷地の中みたいなところに新カテドラルがありました。

奥の新しい方。手前の古い方は教会はサルバトーレ教会です。


DSC06225.jpg


新しいと言っても1598年に着工し、完成には1世紀余りもかかったということですが、完成してからでも既に何百年のカテドラル^^ヨーロッパの、いえ、ポルトガルの歴史、恐るべし^^;


DSC06226-1.jpg



内部はあちこち彫刻の素晴らしい豪華なカテドラルでした。


DSC06231.jpg



さて、散歩散歩~♪


DSC06226.jpg



コインブラ大学は、丘のトップにあってその昔は宮廷だった時代もあるようです。
観光スポットの旧大学部分が主にその宮廷だったのでしょう。

ですが、もう何百年も大学として使われているその建物の周囲には、入り組んだ路地の中にきっと昔から学生たちの住まいなんだろうな~というようなアパートメント風な建物が沢山ありました。

細い路地の迷路のような街区は、私の感じ方ですが、古い家々の中に溢れ出す若者の情熱を感じるような・・・そこかしらで古い町にしては独特な雰囲気を感じる町でした。


DSC06232.jpg


この溢れる若者の情熱が溢れ出すような感を感じる町歩きのこととその写真は、また後日一つの記事として書きたいと思います。


ね~、このアパートメントなんて、たくさん学生さんが住んでそうでしょう?^^


DSC06234.jpg


街区の中の小さな教会の下にも若者が集まっておしゃべりしていました。(左下の入り口の辺り、影になって人が見えませんね^^;)


DSC06235.jpg



丘の上の町ということが分かるでしょう。


DSC06233.jpg



殆どが坂道です。でもゆ~くりゆ~っくりどの角を曲がっても歩き甲斐のある町でした。


DSC06236.jpg



あんまり人が歩いていないので、ちょっと怖いのかと思いきや、全くでした。(昼間においては)


DSC06238.jpg



入り組んだ路地だけに折り重なった建物たちがいい雰囲気でした。


DSC06241.jpg



くねくね坂道や階段をのんびり下りてたどり着いたところは、昼間に来たアルメディナ門のところでした。


DSC06165.jpg



例の慰安婦像(怒)疑いだった女の子像^^;のすぐ後ろのカフェで、


DSC06168.jpg



レモネードをいただきました。


IMG_6024.jpg


6月でももうすでに暑かった中、歩き回って、喉がカラカラになっていました。



それにもう一つ、この後ファドを聞くことにしていました。


IMG_6025.jpg



昼間に通りかかったこの広場に偶然ファドの小さなスタジオを見つけてチケットを買っていたのでした。

このカフェの目の前だったので、スタートの時間まで時間つぶしと喉の渇きを癒しました。本当はビールやサングリアなんかをいただきたかったのですが、そんなものを飲んでしまったらファドを聞きながら寝ること必至でしたからね、我慢、我慢・・・^^;


DSC06243.jpg


チケット代は、10ユーロ。18時からと19時からの2回制のようでした。
私は、19時からの回に。


これがファドのステージの写真。


IMG_6034.jpg


暗くてブレてしまったのですが、ショーの途中にバシャバシャ写真を何度も撮ることは憚られ、このブレ写真の一点のみ。
あまりにもなので、ちょっと現実感のない風に加工してみました(苦笑)


で、ファド。

昨年の訪ポルトガル時からどこかで聞いてみたいと思いながら、何となくその機会に恵まれず・・・というか、わざわざ聞く為の行動もしてませんでしたが・・・

ここでばったりファドのスタジオを見つけたのはラッキーでした。
(でも後で見たら、ガイドブックにばっちり載っていたところでしたが・・・^^;)

ファドというのは、一般的には女性の歌い手が多いようですが、ここコインブラのファドの歌い手は男性。
アーティストは、コインブラ大学の出身者が多いそうで、女性への愛の心情を歌うらしく、ここのスタジオの演者も衣装は学生のような黒マントでした。

初ファドを聞いた感想ですが・・・

小さなスタジオだったからかもしれませんが、マイクなしの生歌、生演奏。
声量のある美しい男性のテノールくらいの声とギターの音が、体か脳のどこかの琴線に触れて聞いてて心地の良いものでした。

しかしながら、私の乏しい感性では真を捉えきれなかったのか?そんなに感動するというほどのものではなかったです。言葉が分からないというのがいけなかったのかもしれませんね。

比べ物にはならないですけど、どうせ言葉が分からないならフラメンコ音楽の方が聞き応えがあるような気がします。

フラメンコの場合は、多くは踊りも伴うので見応えということも加わり、又、私は個人的にダンスや踊りが好きなのでそういう系が好きということもありますしね。

バルセロナで初めてフラメンコを見た時は、小さなフラメンコバーでのことですが、身体中の血が逆流しているかというほどの興奮で涙が出るほどの感動でした。

それに比べると冷静に聞いていられるファドでした。

まあ、ポルトガルでの一つの経験として良かったなあという感想です。



約1時間のファドの演奏の後は、スタジオ奥の中庭でぐい呑み程度のポルトワインのサービスがありました。


IMG_6035.jpg


ポルトワインを飲みながらしばし歓談しているところで、先ほどの歌い手さんのCDの販売もされていました。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

あ〜僕は丘の上の街行かずじまいでした。ツアーで大学見学したあと、そのまま下に降りて来て、自由時間でもあの慰安婦象の後ろのバーが最高地点でした。なんと、同じお店に行ったわけですね(笑)。 
ファド、残念でしたね。 ちょっと責任を感じます。
僕的には、フラメンコが情熱だったら、ファドは哀愁って感じで、両方好きでした。
ただ、僕の行ったところは、リスボンでも結構有名どころだったそうですが、海外からの観光客御用達店で、
写真撮影(それもフラッシュで)はいつまでたっても終わらないわ、まじどうしようもなかったです。
ちなみに僕の行ったところは、女性1、男性1、女性2、男性2、全員、曲毎に歌い手が変わり、3時間くらいはいたんじゃないかと思います。 ところで、フラメンコを初めて見た時は、、ぼくが初めてロックを聞いたときと同じよう、頭や体の芯になにか訴えて来る感じがしましたね。スペインの子供はあれを見て、大きくなったら、自分もフラメンコやりたい、、って絶対思うんだろうなって思いました。

普段坂道は苦手ですが、こういう景色の良い坂道は大好きです。
ついつい歩き回って筋肉痛になったり。

実はファドは一度聞きたいと思っていたんです。
ギターをしている友人とフラメンコの話をしている時に、ルーツは同じでも
フラメンコに進化せず古いまま残っているのがファドだ、と聞いたのです。
本当かどうかは分かりませんが、それで興味を持っていたのです。
でもやはり、フラメンコソングのほうが楽しめそうですね。
私はちょこっと踊りはかじりましたが、フラメンコはギターに惚れています。

Bonzofireさんへ

ファドは聞いてみたかったんで、Bonzofireさんのコメントは後押しになって良かったんですよ^ ^ありがとうございます♪

私の聞いたのは、1時間でちょっと経験してみるっていう程度のまのだったので、やっぱり深くは分からなかったのかもしれません。
それに私、音楽的感性が鈍いんだと思うんです(^^;;
Bonzofireさんがご覧になったショーのようにバラエティ豊かなものが聞けたら、また違ったような気もします。

大学の丘からあのアルメディナ門までは、外国のツアー客の団体が歩いて下りてきていたのを何組か見かけたので、あのバーにも行かれてたのであればBonzofireさんももしかして歩かれていたかな?写真拝見したいなあと思ってましたが、日本のツアーだとそんなに無駄に歩かせないのかな?

ポケさんへ

そういえば、フラメンコに親しんでいらっしゃいましたね^ ^
フラメンコはどう考えてもやっぱりいいです!

Bonzofireさんがコメント下さってますが、ファドも本当はいいんだと思うんですよ。
ですけど私の乏しい感性では・・・^^;

ポケさんは、いつかポルトガルに行かれる時までファドは温めておかれて下さい^ ^

歴史を感じる素晴らしい豪華なカテドラルですね
お散歩してる女性の後ろ姿に、人々の生活に触れられる街並みの風景、街のあたたかな雰囲気が出ていていいですね
やっぱりスペインに似てるって思いました~

ポルトガルのファド、どんな音楽なのでしょう
フラメンコのようにあついものではないのですね
フラメンコは、本当迫力があり、圧倒され、血がさわぎますものね

Yottittiさんへ

カテドラルは、彫刻が見応えありました。
散歩中の女性とワンコは、このカテドラルの前で、こんなところを散歩出来るなんて幸せなワンコだな〜と思って、カメラを構えました。
周囲の民家も雰囲気よくて、そうですね、
やっぱりスペインに近いですよね。

ファドは色んな曲目があるのでしょうが、語るにはまだ経験が少な過ぎて、フラメンコの方が良いなんて言うのは失礼なんですけど、まあその時に対する観光ということで・・・^^;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/999-a275ef5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ポケモンGO 仲間になってみました «  | BLOG TOP |  » ひとり飯シリーズ7(はもの天ぷら)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (506)
海外旅行 (16)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (35)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示