topimage

2017-11

忘れものを探しにポルトガル10(Ribeira de Porto Hotel) - 2016.07.11 Mon




ポルトで1泊したホテルのレポートです。


今回は、昨年のポルト訪問の経験を活かして、なかなか良いホテルを確保出来ました^^


場所はココ。

このドン・ルイスⅠ世橋を含むポルトの景色が好き過ぎて・・・橋の景色を存分に楽しめるホテル^^


DSC06749.jpg


リベイラ・デ・ポルト・ホテル♪


3ツ星の中級ホテルですが、景色の良さ、リノベーションされて綺麗な施設と価格とのバランスが良いという点で優秀賞を差し上げたいホテルだと思います。



外観とかエントランス辺りの写真を撮り忘れたので、いきなりお部屋の内部から。


こじんまりとしてますが、窓が大きな明るいツインベッドルームです。


DSC06068.jpg



出窓部分のレースのカーテンの向こうにデスクが有りました。


DSC06069.jpg



こんな景色の良い明るい窓に向かって文筆すれば、きっと素敵な作品になること間違い無しでしょう!^^
(私は残念ながら、一泊二日で座っている時間はありませんでしたが・・・)


DSC06072.jpg


机の上にフルーツのバスケットサービスも有りました。



バスルームはこちら。

大きな窓が付いて明るくてカラッとした開放的なバスルーム♪こういうの好き^ ^


DSC06066.jpg



窓の正面がトイレですので、外の景色を見ながら用を足せますよ^^


DSC06067.jpg



アメニティはシンプルだけど良い香りのもの^^パッケージもオシャレです。


IMG_5979.jpg



ところで私のお部屋、外から見るとこの位置。


DSC06745.jpg


1階(日本式の2階)の角部屋です。

見る限り、一番大きな窓が付いてるし、窓のお花が飾ってあるのが私のお部屋だけ^^うふっ・・・
多分天井も高いのではないかしら^^うふっ・・・

実は、最初このお部屋を案内され、教えてもらった通りエレベーターから降りたら、そこはすぐ行き止まりの小さな空間ですぐに私のお部屋のドア。見ればこのフロアには私のお部屋101号室だけ。

しまった~!やられたかな~!?という嫌な予感・・・と思いお部屋に入ると・・・あら、まあ~・・・いいんじゃない~!?

どうして嫌な感じがしたかと言うと1階(日本式で2階)という客室の最下層階だし、エレベーターを降りたら小さな空間に私のお部屋だけだし・・・客室階というよりも本来なら倉庫くらいのものを頑張ったら一部屋だけ取れるスペースがあるので作ったお部屋で小間使い部屋みたいなところなんじゃないの??っていう予感がしたからです。


実際、過去に悲しいかな・・・小間使い部屋みたいなところを当てがわれたことがあるんですよね~、私。
全部イギリスでの経験ですけどね。

ホテルの空調の巨大ファンが窓のすぐ外に何機も置かれていて音のうるさいお部屋とか、屋根裏部屋とかね。
まだホテルの選び方とか予約も下手だった若い頃だし、アジア人の女性ひとりの滞在ということでプライドの高いイギリス人に馬鹿にされていたんでしょうと思っています^^;

イギリスはもう何年も行っていないので、今時はどうなっているか分かりません。中国人がぼちぼち世界のあちこちに出没してくる前のことですが、決して低いクラスのホテルでのことではありませんから、イギリスでのホテル選びというかホテルとのやり取りは重々気をつけるべきと私は思っています。

まあ一概に屋根裏部屋と言ったって、昔エレベーターなどない時代は、最上階は小間使い部屋、今はペントハウスになっていたり眺望の良さからお高いお部屋になっていたりと時代も違えば価値観も違いますからね・・・私の被害妄想なだけかもしれず本当のところは分かりませんが・・・^^;



でもこのお部屋、居心地抜群!

インテリアも可愛いし^^


DSC06065.jpg



大きな窓からはこのお部屋の一番のご馳走・・・眺望です♪


DSC06078.jpg



時間の移り変わりと共に様々な表情を見せてくれた景色をご覧下さい^^


先ずは夜。


まだ夜のお客さんで賑わう前の広場と向こうにドン・ルイスⅠ世橋と修道院。


DSC06087.jpg



綺麗なライトアップ♪


DSC06090.jpg



川とは反対側の町の景色。


DSC06088.jpg



再び川。真横方面は川向こうのワイナリー群。


DSC06092.jpg



早朝。朝もやのかかった橋のぼんやりとした幻想的な美しさ。


DSC06107.jpg



真正面の色とりどりのお家たち。


DSC06106.jpg



こんな眺望なので、夜はカーテンを開けて眠りました。だってベッドからの眺めがこれなんですよ。


IMG_5985.jpg


寝るが寝るまで橋の夜景を見て、朝起きたら一番に橋が目に飛び込んでくるんですもの・・・幸せでした~^^


IMG_5989.jpg



朝食は、こんな感じ。


IMG_5991.jpg



そんなに力を入れてる感はない朝食でした。3ツ星ならこんなもんでも文句はないでしょう。ちなみにオレンジジュースは生絞りではないです。


IMG_5993.jpg


この朝は、あんまり食欲もなく、ここではさっさと済ませました。



たった一泊のホテルでしたが、満足感の高いホテルだったと思います。

眺望の良さもさることながら、私にとっては明るくて大きな窓の付いた明るいバスルーム(バスタブなし)は、結構ポイント高いんです。

暗くてジメッとしがちでしょ?バスルームの滞在って意外と短くないですからね。快適だとポイント高いです。

便座に腰掛けている時に1階(2階)だったこともあり、何なら下の広場の通行人と目があったりして・・・とか思いましたが、明るいうちはカーテンは開けたまま用を足しました・・・笑。
(ちなみに別に私は露出が好きな訳ではありませんから^^;目線の高さのお花とか下半身位置は見えるものではない角度だったのです)


一つだけ言うとしたら、このホテル、周囲が賑やかな観光地の中心みたいなところなので、割と夜遅くまでうるさいです。

1階(2階)だったので、上層階よりは多少は音も大きく聞こえたかもしれませんが、このくらいの高さの建物なら、多少上層階でもそう外からの音の量は変わらないんじゃないかと思います。

中でも夜10時くらいまで?目の前の広場で行われていたスピーカーを使った路上ミュージシャンの演奏はなかなか凄かったです^^;
ただまあ、この時間に自分も外に食事に出掛けていれば、これは回避出来ますし、私の場合は眠い時にはどんな状態であろうが眠れてしまうので、これは大きな問題とは思いませんでした。


朝食があんまり素敵でなかった(悪くはないけど)のが悩むポイントかもしれませんね。
でもまたポルトに行ったら、利便性も良いホテルだし泊まってもいいな~と思うホテルです。


何しろ私の写真が無くなった事件が発覚したのが、このホテルでの夕方のことでしたから・・・
このホテルのベッドの上で、この眺望を前にして茫然自失の約2時間を見守ってくれたホテルです。
忘れがたい思い出のホテルになっています。


又、泊まるならもちろん思い出深い101号室指定でお願いしたいと思っています^^






関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

素敵なホテルですね!
ホテルのある街の景色も港町感があって好きです。
夜景もこんなに素晴らしいなんて、これはカーテンなんて閉めていられませんよね~。
トイレの目の前が窓というのは少し落ち着かない気もしますが、貴重な経験かしら!?
朝食のレストランも可愛らしいくて、気分に浸れそう(^^)
窓からのおうちの写真と橋の写真どちらも大好きです。
部屋の窓からの眺めってまた格別なんですよね。いつまでも眺めていられます。

私はイギリスではB&Bにしか泊まったことがありませんが、やはりサービスがほかの国より厳しかったです。
チップの額ではっきり差がでると思いました。

ポケさんへ

コメント続けてありがとうございます^ ^

ホテル、良かったです。
景色と便利さという付加価値が付いている割にはなかなかお手頃な価格だったと思います。
中でもやっぱりお部屋からあの景色がいつでも見られたことは大きなお気に入りポイントでした^ ^
何泊かしても良かったくらいと思います。
トイレはちょっと心許ない感もなくはなかったんですが、その普段ない開放感がむしろ気持ち良かったんです。
やっぱり私、野生に戻りたい人間なのかも(^^;;(笑)

朝食会場、可愛らしいインテリアですよね。悪くなかったです^ ^
高級ホテルばかりに行かれている人でなければお勧めしたいホテルです^ ^

イギリスは、あんなこと書きましたが旅先としては好きな国なんです^ ^
でもやっぱり何となくお高くとまってるなあという感じはするんですよね〜。
ポケさんもちょっと思われるところがある国なのですね?肌で感じていることが同じなのかな?
なので、ポルトガルには将来住んでみたい気はするけど、イギリスは旅行くらいで良いかな?と思います。

木の格子がかわいいお部屋ですね~
かわいらしいカラフルな建物に、橋が見えるなんて、夜景も朝も最高ですね~
お部屋からの眺めが良いと、うれしくなりますよね

ドン・ルイスⅠ世橋、やっぱりきれいですね
こんな近くに泊れたら、ずーっと眺めてたくなります
朝もやも夜も楽しめるなんて贅沢ですね~

こんにちは、

リスボン旅行のことは、あまり覚えていないんですが、
2泊目に泊まったホテルは、丘の上で、こんな感じだったとおもいます。
電話がかわいいですね。 

実際、過去に悲しいかな・・・小間使い部屋みたいなところを当てがわれたことがあるんですよね~、私。
全部イギリスでの経験ですけどね

ヨーロッパに住んでいる間も、イギリスは2度ほど行っただけでした。
(一般の方ほど、好きではない)
友人の家に泊まったので、こういう経験はなかったけど、
ちょっと、分かる気もしますね。 私だったら、バンバンあばれちゃう!
クレーマーじゃないですよ!! 


Yottittiさんへ

やっぱり眺めの良いお部屋は旅の一つの醍醐味ですよね。格子窓もヨーロッパらしいし^^
こちらのホテルは、観光にも便利な場所だしホテル自体も清潔にオシャレに整えられて、ラグジュアリーではないですけどとっても良かったです。
今回は1泊だけなのが残念でした^^;

ドン・ルイスⅠ世橋は、周囲の景色と合わせてほんと見飽きないです。
また絶対にこの景色を見に行きたいです♪

ぴきさんへ

ポルトガルは、本当に何から何まで可愛くてちょっとレトロでラブリーなものが多いです♪
敢えてこの電話を備えてあるセンスがニクいですね^^

イギリスでの私の経験、何となく分かる気がしますか??それは嬉しい♪
決定的に悪く言うつもりはないのだけど、何となく感じるところがあるんですよね〜、きっと。
私も自分の口頭表現力の範囲でクレームは言いますよ。
でも旅行の経験を積むごとに結局は自分のホテル選びの腕によるところも大きいんだよね〜と気づいてもきたんです。
次はいつイギリスに行くことになるか分かりませんが、どんな経験ができるかしら?今から楽しみにしておきます^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちょっとネットとご無沙汰している間に随分すすんじゃいましたね!
とても素敵な場所のホテルです。それに、部屋の中からの景色きれいです。光のアングルや天気がかわるだけでも、どんどん景色が変わり、別に外に観光にいかなくんても部屋の中から外を眺めているだけでも結構楽しいんですよね。 で、その感動を残したくて、同じような写真と何枚も撮っちゃう、、まじわかります、その気持ち。
だけど、そうですよね、このホテル前の広場こそが観光の中心地ですよね。 ちょっと夜はうるさかったかもしれないのは容易に想像できます、だけど、一晩だけだし、その変わりに、これだけの眺めが楽しめるのであれば、まったく問題なしですよ!

pさんへ

こんばんは^^
私も一応Air bnbのアプリは入れていて、旅行計画の際は見てはみるんです。
でも安全面とか何かあった時の保障的なこととかを考えると何だか心配だったり不安だったりで今一歩踏み出し利用したことはありません。
でも時代は変わっているわけだし、利用者も多いので、私も少し勇気を出せば新しい何かと出会ったり見つけることも出来るのかもしれませんね^^

pさんの”あばれた”記事、拝見しました^^
私もきっと同じことがあれば、きっと同じように感じて同じような行動を取ると思います。

bonzofireさんへ

今週辺りはホテルの紹介も多かったので、旅行記進んじゃいました^^

観光の中心地みたいなところに泊まって、ひねりも何にもなくて、ど素人みたいな場所の宿泊でしたが、これだけのロケーションのメリットがあるので、やっぱり中心的な場所って結局いいんですよね。

お部屋からの景色が良いって、もうそれだけで十分・・・は、その通りです。時間の移り変わりと景色の変化を退屈せずに見ていられる・・・何枚も写真撮っちゃう・・・贅沢なことこの上ないことと思います^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/994-e0a8a43b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

忘れものを探しにポルトガル11(ポルト→コインブラで失敗!) «  | BLOG TOP |  » 忘れものを探しにポルトガル9(ポルト散策の続き)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (108)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (24)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (561)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (39)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示