ポルトガルの空の下33(ポルト:歴史地区散歩しながらドウロ川)

8 0
ポルトガル2015



カテドラル見学の後は、カテドラル前広場の脇に付いている階段から向こうに伸びる、その先が見えない細い道に迷い込んでみたいと思いました。






カテドラルは高台に位置しているので、くねくね道や階段を下りる格好になります。






細い道は民家に迫り、そこの住民の生活と自分が溶け合うかのように歩くのが楽しい♪









カテドラルのすぐ目前みたいなところにはまた大きめの教会。






カテドラルよりは幾分低い位置だけど、ここもまだ高台。そびえるように立っている教会が美しく、青い空に映えます。






ふ~らふらと歩く足元の道は狭い。でも視界は広く・・・赤い瓦の続く景色と・・・






ドウロ川も覗き見え、のどかで穏やかな美しい街の散歩は、この上なく開放的な気分をもたらしてくれました。






しばしのくねくね道は、大通りにぶつかります。






この日は本当に冴えていて、出掛ける時に何となく地図を見ていただけなのに、選ぶ道、選ぶ方向は、全て何となく行きたい所、行きたい方面に辿り着くという感覚の冴え渡った日でした^^


きっとポルトと相性良いんだわ^^


この道の左手の突き当たりは、目的としていたドウロ川。






ドウロ川に着けば、そこには沢山のレストランがあるらしいけど、そこは観光のメッカ。きっと観光客用のお店ばかりでしょう。



出来ればローカルの人が利用するレストランでランチをとりたいと思っていたところに見つけたのは、上の写真の向かって左側の道を少し下ったところにあったこのお店。






現地からもレポートしましたが、ちょっとお店を覗いたら男の子とお母さんが食事をとっていました。
てっきりお客さんだと思ったら、男の子が食事を中断して、ササッと私の方に寄って来て私を中に誘導してくれたので、可愛らしくてそのまま入ってしまいました。






入った時、私が一人目の客だったので、好きな席を選ばせてくれましたよ。

通りに沿ったこのお席に着きました。






昼間なのに気分が良くて「まずはビール!」






選んだのはシーフードとお豆のシチュー。





お母さんの作った優しい優しい味のシチューでスプーンが進みましたね~^^

ご覧の通り、お茶碗みたいな小ボールにご飯も出てきたんですよ。
分かってるな~ってなもんでそりゃモリモリいけちゃいます。



壺で出てきた大量のシチューの後なのに、そばの席の人たちがデザートを食べていたのが美味しそうで、私もいただいてみました。←まだ食べる?ってね・・・^^;





プディングです。ポルトガルでポピュラーなデザートです。いただいてみたかったんです。

日本のフワフワプリンとは大違い!

しっかりとしたというよりももっと固いの。
何でしょうね、何なら卵液に固めのスポンジを浸して焼いたの??っていうくらい固くてしっかりした食感のものでした。

これは初体験の味と食感。軽くデザートをいただくという感じには決してならない・・・でも美味しい味でした^^

シャンパンも一緒に出てきてね。これが美味いマッチングでした。



食後は、まっすぐドウロ川に向かって坂道を下るだけ。


道中、なかなかシュールな方も高い位置に鎮座しておられました^^;





空がこれだけ綺麗なブルーだから、ずっと見上げてるんですね(^^;;


そのすぐ隣のビルの同じ階、ま、はっきり言っちゃえば、隣のベランダには生身のおばあさんが・・・





まさか姉妹ではありませんよね?(^^;;


このシュールな情景・・・二人一緒の写真を撮っていなかったことが悔やまれます・・・



おっと、こんな光景に気を取られている場合ではありません。

目の前にはもう華やかな観光エリア、ドウロ川が・・・


沢山のパラソルの下の観光客、みんな楽しそう♪






振り返ればこの眺め。いい眺めです♪向かって左手の道を来たのです。






再びドウロ川に向かって左手を見れば・・・憧れに憧れていたドン・ルイス1世橋。





ここに来たかったんです!本当に来たかったんです!



少しづつ迫り来る美しいドン・ルイス1世橋に興奮が増すばかり!






川べりは、カイス・ダ・リベイラと言って色とりどりの建物のレストランが並ぶ地区。





雰囲気出してるな~・・・♪♪


世界には、本当にあまりにも美しいところがあるもんですね。もう気持ちは盛り上がるばかりです。


待ちに待ったドウロ川とドン・ルイス1世橋の有名な角度からの景色はもうすぐです!!


関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

さえ  

おお、相変わらず良い青空ですね~(笑)
何だかEkaterinaYoghurtさんの興奮が伝わってくるような写真たちです。

ドン・ルイス1世橋、大きいのにエレガントな佇まいで素敵ですね^^
歩いて渡れるって本当ですか??って、それは次回の記事かしらん。
続き待ってます!

2016/02/13 (Sat) 19:14 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

さえさんへ

本当に何でこんなに空が青くて美しいのかしら?と思わずにはいられないポルトの空ですよね〜!
もうどこを見ても素晴らしいポルトでしたから、写真も撮るのが楽しいし、空気感も良いし、大興奮でしたよ^ ^

ドン・ルイス1世橋の続きは近々〜、しばしお待ち下さいね♪

2016/02/13 (Sat) 22:49 | EDIT | REPLY |   

Bonzofire  

素晴らしい写真達ですね。
ぼくも、ポルトガルの写真には「空」がかかせないんだ、、ってことを強く感じました。

スープも美味しそうです。 やさしいと聞いて、思い出したのが、
ぼくがパリの有名店で食した、、ブイヤベース。 これ失敗作?って戸惑うほど塩辛かったことを思い出しました。

橋も綺麗ですよね。スチールのフレームワークを見て思うのは、たとえば、この前のエレベーターを見てもそうですが、やはり、こちらは、何についても芸術性が優先されるのがよくわかります。 その点、日本は、なにもかも用途が優先されるので、デザインは二の次、、ですよね。残念なことです。

2016/02/14 (Sun) 20:16 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Bonzofireさんへ

コメントありがとうございます♪
普段の生活ではめったに見上げない空も旅行先では余裕があるせいか見上げることが多くなるのですが、ポルトガルでは本当によく空を見上げました。
ゆる〜い空気感と大陸の最西端で大きな海に開いている開放感でしょうか?空とよく似合う街のせいか?空と呼応するアズレージョのせいか?・・・本当に空が綺麗で綺麗で・・・つい空が背景の写真が多くなってしまいました。
Bonzofireさんだったら、どんなポルトガルを撮られるのでしょうね^^いつか拝見出来るかな?^^

スープは美味しかったですが、やはり塩気はやや多めでしたね。
あちらのお料理って、日本の京料理を始めとする素材重視の薄味よりも概ねわりとしっかり味が付いてますよね。
さすがに失敗?と思うほどのものは美味しいとは思えませんからパリでのブイヤベースは貴重な機会だったのに残念でしたね^^;

橋は完璧な美しいフォルムですよね^^
やはりあちらのものは工業製品までも美しいですね。機能とどちらを優先するかは日本人とは間違いなく頭の中の優先順位が違いますよね。何なら美しさを優先するあまりに機能はちょっとくらいいいじゃないっていうくらい美しさを重視するその感性、尊敬します。

2016/02/14 (Sun) 22:44 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

ポルトは坂道の街で、高低差がある街並みが映えますね
青い川とのバランスもとっても美しいです~
橋もきれいですね
ふもとの街並みもいろいろな建物がならんでかわいらしいです~

レストランで手招きしてくれた少年の優しい心がうれしいですね
素朴なプディングもおいしそう
びっくりするマネキンとおばあさんもシンクロしそうで、一人でうけてしまいますよね
面白発見があると盛り上がります~

2016/02/15 (Mon) 14:38 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

ポルトの赤い屋根は、ドウロ川に対して坂になっているので、いろんな角度から見ることが出来て余計に綺麗に見えるんでしょうね。
本当、青い空と川、赤い屋根、一緒の景色が最高なんです!橋の形も完璧!もうラブリー過ぎます♪

少年は、日曜日で学校のお休みの日は家業を手伝っているのかな?英語が話せて良いお手伝いだなと思いました^^
プディングは、食べてみたかったので満足です♪きっとこの男の子にとってもママの味なんでしょう。

古い街にも面白いものがあって、いろんな面で楽しませてくれるポルトの街でした〜^^

2016/02/17 (Wed) 13:04 | EDIT | REPLY |   

ぴき  

こんにちは、

毎回、見るたびに、ポルトガルいきたくなります。
フラン(プディング)いいですね。 メキシコでも、スペインでも、ポルトガルでも、
このこってりプリン、絶対に食べます。

スープも美味しそうですね!

2016/02/17 (Wed) 19:18 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ぴきさんへ

こんにちは〜^^

プディングのこと、フランっていうんですね^^
日本のプリンと味は似ているけど、食感とかは全く別物ですよね〜。
でも美味しい♪ぴきさん、お好きなんですね^^

ポルトガル、旅行記書きながら思い出してはまた行きたいな〜と私も思います。
次にスペインに行かれるついでにぜひどうぞ〜♪

2016/02/18 (Thu) 14:18 | EDIT | REPLY |   

Add your comment