イスタンブールの狭間で11(フェネル町歩きの目的はカーリエ博物館でした)

12 0
イスタンブール2015



ウロウロ町歩きするのが好きなんです。


DSC04875.jpg



ですけど、この日はただ歩いていたのではありませんよ。ちゃんと目的がありました。


その目的は後でご紹介するとして・・・



ま、この日、私は殆ど友達に行く手を任せていただけです^^;


やったことと言ったら、素敵なところの写真を撮ること・・・


ここ素敵じゃないですか~?!


DSC04877.jpg



頭上を見上げれば、ぶどうがたわわに実っています。


DSC04879.jpg


町中なのにこんな緑の生い茂った棚の下のカフェでお茶とか~・・・素敵過ぎるわ~~~♪!


カフェでおしゃべりしている女子たちの手元が気になります。


DSC04877-1.jpg


う~ん、紅茶好きの私が行く前から飲んでみたいと思っていたトルコ式のチャイを飲んでるわ~♡



私も飲みた~い!!と欲望を訴える~~。



イエィッ!


DSC04888.jpg



すぐにこんな素敵なかわいいカフェを見つけたので、私たちもカフェタイムにしました^^


DSC04889.jpg



オープンテラスのお席だったのでブランケットとかかけていただいちゃいました^^


DSC04890.jpg



トルコ式のチャイはいわゆる普通のブラックティーで、ホットなのにガラスの小さなグラスに入っているのが特徴でしょうか。

ストレートにお砂糖を入れて飲むと美味しい♪

紅茶やお砂糖のエグさが無くて美味しくいただけました^^


美味しいスイーツも一緒♪







さて、お茶の後、ここからは私も少しは活躍しましたよ^^


目的地までiPhoneを使ってGoogle mapでナビをしながら向かいました^^






こんなふたまたもスイスイです^^


DSC04892.jpg



向かった先は、「カーリエ博物館」


DSC04908.jpg
(外観は工事中で見られませんでした^^;)



後期ビザンチン様式の最も重要な教会の一つで、こちらも歴史上一度は塗り込められて隠れていた壁画が再び日の目を見たというところ。


何しろ”ビザンチン美術屈指の傑作”だそうですから・・・^^



DSC04907.jpg
(ドームの絵が「復活」後期ビザンチン様式のフレスコ画における最高傑作の一つだそうです。最後の審判の為にアダムとイヴを左右の棺から引き上げるイエス・キリストとのこと。)


と・・・分かったように言ってますが、私、こういうの、残念ながら全く分からないんですよ^^;・・・

ただ綺麗でした!間違いなく綺麗でした!!



元々は、ギリシア正教の修道院として建てられて、一度は廃墟になりながらも再建されて館内を最高の宗教画で飾られたそうなのですが・・・



DSC04906.jpg



イスラム教の時にカーリエ・ジャーミィというモスクに改修されたそうです。



DSC04901.jpg



その際にアヤソフィアと同じように漆喰で壁画を全て塗り込められ、後世アメリカのビザンチン研究所の協力で漆喰が剥がされ、再び私たちが見ることが出来る博物館になったそうです。



DSC04900.jpg



分からない私でも、美しさとか荘厳さとかは感じるんです。


見てこのマリア様とイエス様のお顔。美しくて生き生きとして何百年も前に描かれ、長い間漆喰の下とは思えないお顔ですよね~。


DSC04905.jpg
(「聖母マリアとイエス」この館内で最も大きなモザイク画)



それに、これらが数百年間漆喰の下に隠れていて、それを丁寧に丁寧に上の漆喰を剥がして、これらの絵が出てきたときの驚き、感激と言ったら・・・


DSC04903.jpg



それは想像を絶する興奮だったでしょう。


美しい人類の文化の痕跡ですからね。これはキリスト教徒だけの喜びではありませんね。



DSC04902.jpg



こんな煌びやかに輝くゴールド、これも漆喰の下で光を浴びて輝きたくて堪らない思いで密やかに何百年も耐え忍んでいたのでしょうか?



DSC04904.jpg
(「24人に囲まれたイエス」中央のイエスをアダムに始まる周囲24人のイエスの祖先たちで囲んだもの)



実は最後のこの写真、これがこの博物館に入って最初に来場者を迎えてくれるモザイク画です。

「イエス・キリスト」祝福を与えるイエス・・・なのですって。


DSC04899.jpg


正直、館内に入って最初にこのモザイク画を見たときにズギュンッ!となって・・・しばらく目が離せませんでした。

何て美しいんだろうって・・・あ~、内部はどうなっているんだろう?って・・・

一番期待が高まったのは、来る前よりもこの瞬間でした。


帰国してから知ったのですが、このイエスの目線、どの角度から見ても常に自分を見ているように見える技法が使われているのですって・・・。


イエス様から直視されたのですよ。そりゃ、ズギュンッ!となるはずですよね。



ここは本当に小さな小さな教会の博物館。


ですが、壮大な・・・でも小さな宇宙の中にでもいるかのような・・・すっぽりと夢の世界かお伽の世界に入りこんだかのような・・・浸り込める小さな空間でした。


詳しい人は知っているのかもしれませんが、有名どころの観光地と一線を画していて、見学者も少なくてとても素晴らしい場所でした^^



関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

さえ  

何ですか~このかわいらしいカフェ!いい雰囲気ですね。
こんなお店に入って、女子ぶりたいです(笑)。
この手のお店でも物価は安いのですか?

続いて向かわれた博物館も、興味深いです。
そして天井画、とっても美しいです。

トルコで歴史ある宗教建築は、本当にキリスト教とイスラム教が
交錯しているんですね。



2015/12/10 (Thu) 21:04 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

さえさんへ

カフェ、かわいいでしょ♡♪♪
女子ぶりましたよ^^
こんなお店でさえさんと着物を着て女子トークしたら楽しいでしょうね〜^^
イスタンブールは、このカフェも含めて一通り物価は安いと思いましたので、旅行するには良いところですよ。

この博物館は、住宅街にひっそりと隠れた小さな古い宝石箱みたいなぎゅっと凝縮された美しい場所でした^^
トルコ、行ってみて思ったのは、やっぱり歴史上も地理的にも交差点だな〜ということ。
日本の歴史も長くて深いけど、単一国でしょう。
やっぱり宗教・文化・・・何を取っても他国や他民族、他宗教との関わり合い、時にはリードし翻弄されながらの長い歴史のある国って複雑で簡単に理解は出来そうもないな〜ということでした。
だから色んなものが入り混じって面白いのでしょうね。

2015/12/10 (Thu) 23:53 | EDIT | REPLY |   

ポケ  

建物どうしをつなぐ蔦がいいですね~。緑の屋根の下を歩くのは心が軽くなりますね♪
そして、カフェが可愛い!!!
これはもう、入らずにはいられないです。
丸みのあるグラスも可愛い。形がなんとなくトルコらしいという気もします。

ビザンチン美術、実は私も好きなんです!
前はそれほど興味もなかったのですが、ラヴェンナのモザイクを見て好きになりました。
やはりこういうきらきらの宗教画なんですが、とにかくとにかく美しい!
色もすごくきれいだし、まだ絵画の凝った技法が使われていない、この絵の感じも好きです。
ここの天井画もきれいな金色ですね。
これが漆喰の下から出てきたときの研究者の気持ちを想像しただけでじんとしてしまいます。

2015/12/11 (Fri) 15:25 | EDIT | REPLY |   

honey*caramel  

こんにちは
素敵なカフェですね!
こういうカフェでゆっくりお茶したいな~なんて思いながらも
いつもせわしく観光していることが多いです

モザイク装飾が素晴らしくて
ビザンチン様式の良さががとっても伝わってきます

2015/12/12 (Sat) 17:39 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

カーリエ博物館のモザイク、とっても神聖で素晴らしいです
さすgqビザンチン美術屈指の傑作とは!
色彩がとてもきれいで、静かな沈黙を破って現れたと思うと感慨深いです
こんな素敵なところがあったのですね

チャイもトルコでは気軽に楽しめますよね

2015/12/12 (Sat) 21:24 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

カフェの写真いいですね。
女性もこんな感じだと、イスラムなのかキリスト教なのかわからない、、というか、
全般的に、それくらいの違いだったら、一番なんですけれどね。
チャイはぼくも結構飲みました。
ところで、現地のコーヒー飲まれました?? 詳しくは覚えていなんですけれどあちらは強烈なXXでした。

カーリエ博物館、行かれたんですね、羨ましい。
ぼくも、ここに行きたかったんですけれど、ツアコンさんに、自由時間にここ行かれると、
ここだけで終わっちゃいますよ、、って言われて、諦めました。
写真を拝見して、あ〜やっぱり行っとくべきだった、、って後悔しました。


2015/12/13 (Sun) 09:25 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ポケさんへ

通りがグリーンの下とか和んで心も軽やかになりますし、町中なのにグリーンの下のカフェっていうのもいいですよね〜^^
私の入ったカフェもかわいくて・・・ちょうどカフェを探していた中でちょうどベストなところが見つかりました。
トルコのチャイのグラスは、みんなこの形のようでしたよ。カーブの具合が可愛いですよね。
ちなみに持つのにちょっと熱かったですけど^^;

ビザンチン美術、お好きなんですね!!
私の場合は、好きというほど分かっていないのですが・・・金ぴかのモザイク画、とっても好きでした♪
そして、私、以前NYのメトロポリタン美術館のミュージアムショップで気に入って買ったのがビザンチン風デザインのネックレスでした。
何だか好きだわ〜ビザンチン風味・・・と長年思っていてやっとの本場ビザンチンとの出会いでした〜^^
よくぞこの世に再び姿と見せてくれました〜と思います。

2015/12/14 (Mon) 20:44 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

honey*caramelさんへ

旅行中、観光の間にひと休みするといってもなかなか気にいるところを見つけられるものではないですもんね。
それにせっかく行ったんだから観光しないともったいないし・・・
今回は、たまたま気にいるカフェが見つかったのでひと休み出来ました^^

モザイクのビザンチン美術、本場に行って驚くべき美しさに唸りました〜。

2015/12/14 (Mon) 20:48 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

ビザンチン美術の屈指の傑作って・・・実は事前には知らなかったのです。
が、見てみてこりゃすごいな〜と思った通りだったという訳です。
素晴らしいものはやっぱり素晴らしいのですね^^
”静かな沈黙を破って現れた”って良い言い回しですね。私の頭には書くときに浮かんでこなかった〜^^;

トルコのチャイは、どこでも飲めて気軽だし、いい文化ですね。

2015/12/14 (Mon) 20:52 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Bonzofireさんへ

イスタンブールでは、感じの良いカフェを結構見ました^^あっちこっちでまったりしてみたかった中で、こちらはベストでした^^
カフェの女性たちは普通の感じでしたね。イスタンブールで殆どの女性はこんな感じでしたから、警戒心を持たなくて観光しやすいですよね。
チャイの美味しさと反対にトルココーヒーは・・・おっしゃる通り・・・強烈でしたね。
あんまり好きではなかったですが、あれも飲んでいけば慣れるんでしょうかね?^^;

カーリエ博物館のこと、ご存知だったんですね。さすがBonzofireさん!
私は有名どころしか知らなくて、調べもしていなかったので全くこちらを知らなかったんですが、友人が行きたくてよかったです。
Bonzofireさんも又、イスタンブールには行かれなきゃいけないみたいですね。そしてこちらも見に行かれて下さいね^^

2015/12/14 (Mon) 21:11 | EDIT | REPLY |   

ぴき  

こんにちは、

ここ、絶対に行きたい!すべての写真の場所、全部行きたいと思いました。
日常的な感じがする街角もいいし、
ヨーロッパにはない感じの教会(?)もいいですね。

2015/12/18 (Fri) 20:09 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

ぴきさんへ

この町は、散歩が楽しいところでした^ ^
カフェも沢山あって、ゆっくり居てもかなり楽しめるところだと思いましたよ。

歴史に翻弄された教会博物館は、観光客も少なく、じっくりと見学することが出来、いる間にドンドン引き込まれていきました。

いつか機会があったら行かれてみて下さいね^ ^

2015/12/18 (Fri) 20:46 | EDIT | REPLY |   

Add your comment