topimage

2017-10

イスタンブールの狭間で7(ブルーモスク) - 2015.11.20 Fri




イスタンブールに行ったら、一番見てみたいと思っていたブルーモスクに来ました。


オスマン帝国のスルタンの命により1616年に完成した正式にはスルタンアフメット・ジャミィという名前で、世界一美しいモスクだそうです・・・かなり期待していました^ ^



DSC04703.jpg


まさに念願叶っているところで感激してはいるんですが、写真でお分かりの通りなかなかの雨の中でした^^;



ちょっと風もあったりするので、葉っぱも舞っちゃってる訳。


DSC04704.jpg



だんだん歩を進めるに従って姿を大きくする建物は、予想を裏切らない迫力でした。


DSC04705.jpg



回廊の入り口から中庭へ。


モスクを囲むように立っている尖塔、ミナレットの姿が美しい。


DSC04709.jpg


雨空でこれでしょ?晴れてたらどんな見映えだったかと思います。



沢山の小さなドームのついた屋根の回廊は、今までに見たことのない形です。

やっぱりここはイスラムなのですね。


DSC04710.jpg



広い中庭です。ここは宗教的には何か意味がある広場なのでしょうか?






中庭からモスク内部への入り口を見上げるとアーチが高いしとっても立派。






内部に潜入してみましょう。


私の気持ちとしては、まさに潜入なんですよ。

イスラム教のモスクに入るのに慣れていませんからね。

それにこんな巨大モスクに入るのは初めてですし。


私からしてみたら、イスラム教は神秘の宗教です。

お祈り中は入れさせてもらえないという・・・何か秘儀でも行われているのではないかしら?と・・・(^^;;


その時は、まさにその秘儀?が執り行われている?最中でした。


入れてもらえなかったので、後で来ましょう。



それでも恨めしく、モスクの中庭とは反対側に回ってみるとまさにお祈り中の声が響き渡っていました。





こんな歌?アザーンってやつなのかな?は、日本では聞くことはないですね。


イスタンブールに行っていた時は、ちょいちょい何処からともなく聞こえてくるこの響き、視覚からだけでなく聴覚からも異国に来ていることを感じさせる、私にとっては雰囲気抜群の音響効果でした^ ^


もっとうるさく感じるものかと思っていたので、意外に美しい音色に異教ながら聞くたびに心がスッと穏やかになるのを感じました。


窓からは、お祈り中の内部の灯りが漏れて見えていました。






先にすぐ近くのアヤソフィアに見学に行って、再度入場が許可される時間に戻って来ることとしましょう。



アヤソフィア側から見たブルーモスク。





美しいですね~^ ^本当に美しいです。

外観もほんのりブルー。





世界があまりにも美しいから・・・

今回は、ブルーモスクがあまりに美しいから・・・ここにたどり着いた感激でEkaterinaYoghurt 、少し涙目になるの巻・・・でしょうか^ ^



アヤソフィアの見学レポートは、次回にしますね。



さて再び戻って来てから、少し並びながら入場口から靴を脱いで入って見た内部は・・・

息をのむ美しさ・・・^ ^






全て美しい・・・


今までに色んな写真で見ていましたが、いざ目の当たりにすると、その空間の大きさ、立体的さ、イズニックタイルの絶妙な組み合わせとステンドグラスの色の美しさに魅了され、ここは聞きしに勝ると言えるところだと思いました。





イズニックタイルで全体的に青っぽいことからブルーモスクと呼ばれているというのが分かる色合いですね。


灯りの広がりもやっぱり今まで見たことない形、何か不思議で、でもこの空間に合っていますよね。

この写真が一番ここの明るさとか見た目に近いです。






そりゃ、世界からわんさか観光客が押し寄せる人気観光地になるわと思います。

しかも無料ですから^ ^



ドーム型天井。





観光地とかで昔のスゴイ建築を見て毎回、よくこんなの作ったよねと思います。


実際の工夫さんたちも頑張ったでしょうが、設計した人が偉い!

技術者も職人も現場監督も凄い!と思います。



そして、足元は全面絨毯が敷き詰められていました。





この絨毯がね、なんとフカフカなの。

不特定多数の人が来るようなところでなければ、しゃがんで手で撫でてかホッペをスリスリしてみたいほどのフンワカさ。

毎日、かなりの人がお祈りに来たり、見学に来たりして踏みつけられているはずなのに、何処も古臭くはげていたり汚れていたりしてなくてビックリ。

ウールであって欲しいと思いましたが、タイツ越しの足裏ではそこまで判断出来ませんでした。


たぶん、かなりの頻度でお手入れとか敷き変えをしていると思われます。


さすが絨毯の国^ ^


だけど、ブルーモスクなんだから、絨毯はブルーを期待してたんだけどな(^^;;



イズニックタイルやステンドグラスの様子が分かる写真が一箇所だけ撮れました。





何しろ望遠を持っていなかったし、暗めで色々ブレた出来の写真ばかりだったしで、これは奇跡の一枚。



灯り。






これは奇跡の二枚目。





灯りの下で比較的明るかったので、撮れたのでしょう^ ^



ところで、ここ、スゴく混んでたんです。


お祈り時間の合間で見学時間が制限されてるし、人気観光地だし・・・


雨だったので、入り口と出口で靴を脱いだりビニールに入れたり、履いたりの場所も激混み(^^;;


もっとゆっくり静かに見ていたかったのだけど、ザワつきの中で見学に集中することも出来ずに手当たり次第に何とか写真をバシャバシャ撮って出てきたって感じの観光で、すごく残念な思いが残っています。


が、いつ行ったら空いているのか?なんて分かりませんしね。


ちなみにすってんころりん、転んだのは、この見学の直後、出口からすぐのこの建物の下り階段でのことでした。


そんなこともあり、ちょっとした思い出になったブルーモスクの観光でした。








関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

外観も美しくて、さらに中は期待以上の息をのむ美しさですね。
ブルーとグリーンとオレンジの光、海の中のような
なんとも不思議で美しい色合いです。
暗い中での撮影は難しいですよね。
ぶれてしまうし、フラッシュ禁止だったり、フラッシュを使えても
見た目と全然違う色合いになってしまったりで。
でも、とても上手く撮れていてすごいです。

イスラムのモスクは、キリスト教の豪華な教会にも勝るくらいの素晴らしさなのですね。
バザールの人出からしても、ここのモスクは空いている時間はなさそうな気がします。

ブルーモスクのレポート待ってましたー^^

本当に美しいですね。
暗い上に天井遠そうなのに(笑)、写真のクオリティも素晴らしいです。

でもでも、絨毯がふっかふか!っていうところが一番おもしろかったです。
確かにトルコの超有名観光地が、ガサガサで変な柄の絨毯だったら
がっかり感ハンパないですもんね~

ブルーモスクの写真とか旅行記って、何度か目にした事はありますが
絨毯に言及されていたことはあまり無い気がするので、さすが
Ekaterinaさん(笑)!!って思いました。

ブルーモスクは一度は行ってみたい憧れの場所!
本当に素晴らしいです

キリスト教会もそうですが
ミサをしている時やお祈りの時間だったりすると
その間、中に入れないことってありますね
運よく入れても、写真撮影は禁止されていることが多いです

ばたばたしながらも
これだけの素晴らしい写真を撮ってこられて
すごいなぁ~と思います


さえさんへ

さえさ〜ん、そこ、まさにそこなんですよ。

私もブルーモスクの写真は、今までに見たことあって、大体の想像はついていたし、混み合った中での観光では、確かにそのものは良かったんですが正直感動はそこそこだったんです。

何が驚いたって絨毯の感触!そこに一番感動していまいました。
あのフワフワ度合いと綺麗さはお祈りで頭を絨毯に擦り付けた時、気持ちいいだろうな〜とか、お掃除綺麗にしてあるな〜とか・・・もしかして、そこにいた時間の半分くらいは絨毯ばかり見てたかも?(^^;;

すごく柔らかかったんで、シルク?って思ったんですけど、さすがにあの広さでお高いシルクはないでしょう?じゃ、化繊?いや、絨毯の国で化繊はないよね?せめてウールであって欲しい!って思ったんですが、タイツ越しの感覚ではウールもピッタリこないんですよね〜。シルクだとおもったんですよ。
あの広さでシルクの絨毯敷き詰めだったらスゴイ!

・・・と、まだ絨毯力説してますね(^^;;

さえさんは、国語力テストがあったら二重丸^ ^
私のよく分からない文章で「この文章で作者が言いたかったことは何ですか?○十字以内で答えなさい」だったら、大正解ですからね^ ^

以心伝心でございます^ ^

honey*caramelさんへ

イスタンブールのブルーモスクは、旅行好きなら憧れる場所ですよね〜^ ^
私も念願叶ってだったんです!なので、やっと叶ったという感動も手伝って良かった〜って思い出になっています。

写真は、人が多くて良いポジションが取れなくて、取り敢えずバシャバシャやった中からの数枚なんです。
少しでも綺麗〜と思っていただけていれば嬉しいです^ ^

ポケさんへ

こんばんは。コメントの返信、遅くなってすみません^^;

ここの美しさは、キリスト教のものとはまた違う美しさで、海の中のようななんとも不思議な色合い、おっしゃる通りですね。
とっても素敵な表現でコメントでいただいて、あまりにもピッタリ過ぎて更に感激しております^^

暗い中の撮影は、本当に難しいです。ここでもブレブレの連続でした。
Sonyのミラーレスでセンサーも大きいはずなのに、何ならよく出来たコンデジの方が上手く撮れる場合もあって、自分の腕は棚に上げてちょっと不満です^^
私たちのNikonで撮ったら、ここはどんな風に写るのでしょうね。

ブルーモスクの大きさは圧巻ですよね~
ただただその美しさに言葉を失うばかりで、ここはイズニックタイルやステンドグラスがとてもきれいで浮かび上がるような~美しさ、暗いなのにきれいな写真が撮れましたね
息を飲むようなとても神聖な写真です
それにアザーンの合図は、透明感があり、心地よく響いてきますよね
ここは毎日通いましたが、礼拝の後の朝と夕方は混んでました

Yottittiさんへ

イスタンブールのブルーモスクに憧れていましたが、行っているときにYottittiさんがブルーモスクとアヤソフィアが良かったとコメントを下さったので、そこだけは最低でも行こう!ってことで目指しました^^
そうでもなければぼやぼやして大事な観光地までも見逃すところでしたよ。教えて下さり有難うございました!

それにしても行っていた時は、人がごった返していたので集中できなくてあんまり見てなかったんだということに戻って写真を見ながら、本当に思いました^^;本当に綺麗なんですもの。
写真を見たら、あんな壁もこんな窓もとっても綺麗〜〜なんでもっと見なかったんだろう・・・^^;って後悔しきりです。
ブルーモスクは無料だし、確かに何度も行ってみたら、そのうちゆっくり見られるタイミングもあったのかもしれませんね。

アザーンは、ほんと仰る通り透明感がありますね。言葉はわからなくても響きが心地良かったです^^


双方とも素晴らしいモスクでしたね。
それに、暗くて、ぶれた写真が多かったとのことですが、ちょっと暗めのこちらの方が、より雰囲気が伝わってよかったのではと思います。僕の時は晴天だったのですが、いまいちこんな雰囲気はなかったです。
ただ、もうしばらくトルコの写真は見たことないですけれど、、
全くといっていいほど、いいと思うような写真が撮れてなくて、かなり失望しました。
また、ぜひ行きたいと思う場所です。

アザーンもいいタイミングで羨ましいです。ぼくはいく先々で、安臭い音質でまくし立てるようにコーランを読んでいる(きっと)は聞けたんですけれど、わからなくてもなにか神聖的なものが感じられるのは、皆無でした。

アヤソフィアの写真が楽しみです!

bonzofireさんへ

あれら2つの巨大モスクが公園を挟んで向かい合っている姿は、間に立ったときには圧巻でした。
位置的に近いことは把握していたんですが、あんなに近く見通しの良い環境になっているとは・・・今思い出しても雨が恨めしいです。
私もブルーモスクは、もしかしてこのくらいの空の色の方が綺麗に見えたのでは?と思いました。だって、ブルーとは言っても空よりも青ってことにはならない色合いでしたから^^

bonzofireさんもトルコでは写真に心残りがおありのようですが、私も全くその通りです。
ポルトガルでは滞在中にだんだん調子が出てきて、何だか少しは気に入る写真が撮れたな〜と思うのですが、イスタンブールでは調子が出る間もなく終わり、ずっとお天気にも恵まれなかったし・・・^^;
また行かなければならないところですね、トルコは!

アザーンはいきなりの大音声で面食らったのですが、何故だか心落ち着く響きで好感を持ちました。
聞こえる音源によっては、そうですね、きっと騒音になってしまうでしょうね^^

アヤソフィアの写真は、いよいよ全くダメでした^^;
笑いながらご覧くださいね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/899-32f59757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

着物で外出18(もみじ柄の着物で紅葉庭園へ) «  | BLOG TOP |  » イスタンブールの狭間で6(バザール)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (107)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (555)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (33)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示