ポルトガルの空の下29(ポルト:サン・ベント駅)

6 0
ポルトガル2015



ポルトの見どころの一つとして、サン・ベント駅があります。


世界遺産でもある歴史地区の中心のようなところにあって、
前回の記事でご紹介したクレリゴス教会前の坂道の中ほどの脇に位置しています。


実は、坂道を歩いてクレリゴス教会に行く途中で雨が降り出してしまったので、雨宿りを兼ねてサン・ベント駅の見学をしていました。


また、滞在中は何度もこの駅に寄ったり利用したりしましたので、時を変えて撮った写真も使用しながらサン・ベント駅の紹介をしたいと思います。


まずは早速、別日に撮った外観の写真。


DSC03936.jpg


これもまた青いお空にとっても映えて、威風堂々ポルトの象徴的建物です。


あるアメリカの旅行雑誌によると世界で最も美しい駅15選の1つに入っているそうです。

もちろんこちらも世界遺産。

20世紀初頭にパリの建築スタイルに影響を受けて建てられたそうです。

ホール内のアズレージョが、ここの見どころです。


DSC03526.jpg


このアズレージョは当時の大人気画家、ジョルジュ・コラソによって描かれたものだそうです。

ちょうど観光客の集まる時間帯だったのか?はたまた晴天からの急な雨のせいか?人で溢れていました。


DSC03527.jpg


正面のこの向こうが乗り場のホームです。

サン・ベント駅は、いわゆる中央駅。昔は全ての路線の発着がここからだったと思われますが、今は主に近郊線の発着駅となっているようです。


DSC03529.jpg


表示やガラス、石の装飾もアズレージョの雰囲気に合わせていて、全体が美しいばかりでなくどの部分を切り取っても美しいです。


DSC03535.jpg


そしてホールを見渡せば、アズレージョは四方に貼りめぐらされています。2万枚ものタイルが使われているそうです。

壮観です。


DSC03531.jpg


ポルトガルの歴史絵巻のような絵が描かれているそうですよ。


DSC03540.jpg


柱の一部にはこのような可愛らしいイラストみたいなタイルも^^


DSC03528.jpg





さて、このように素晴らしい駅ですが、この駅の前をちょっとみてみましょう。


じゃじゃ~ん!何て美しくドラマティックな景観なんでしょう^^


DSC03614.jpg


向かって右手の建物が、サン・ベント駅です。

正面のアズレージョの建物は、前回のレポートでクレリゴス教会から振り返って撮った写真の坂の中ほどに写っていた建物。これも教会だそうです。


そして・・・この写真、ホントにドラマティックな景観ではないですか?


DSC03533.jpg


駅を背にやや左側に目を向けると見える景色です。

細いコーナーに密集した一つ一つがカラフルな建物・・・しかしどっしりとポルトの駅前で歴史を見つめて来たんだな~。

いつか誰かのブログでこの景観の写真を見て、ポルトにいつか行こうって決めたような気がします。



そして・・・初めてこの駅に行った時は、上記のように雨だったので何となく暗かったのですが・・・


翌日の夕方に行った時の光の具合は又素晴らしくとっても好きな光景でした♪


晴れた日の夕方・・・西日が正面から入り込んで、ガラスを通した優しい光がアズレージョを照らしていました。


DSC03937.jpg


空気感まで柔らかく・・・夕方ならではの疲れて1日を終え、のんびり家路に向かう人々の足取り・・・

何だかこのポルトガル発祥の23万人のこの歴史をもった街・・・長い繁栄を享受してずっと輝いていた街・・・

今は取り残されて・・・かつての栄光が街ごしに眼を細めると遠くに見るような・・・


DSC03938.jpg


そんなせつない想像までさせてくれるような素朴な美しさを持つ時間帯でした。


DSC03939.jpg



そして最後は、ポルト滞在最終日の夜に撮った写真。

ライトに照らされたアズレージョは、今度は華やかな美しさを持ったものでした・・・


DSC04203.jpg


この最終日の夜は、ここを離れる寂しさでちょっとセンチメンタルになって余計に美しさが増して見えたかもしれません。

目には涙が浮かんでましたが・・・写真は濡れていませんか?・・・あ、レンズの手前の涙は写らないのですよね・・・






関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

ポケ  

サン・ベント駅、外観だけでなく内装も素晴らしいですね。
壁一面のアズレージョ見事です。内容も規模もほんとうに壮大ですね。
駅前の景色もこれもまたずっと立ち止まって見ていたい景色です。
駅を囲む建物もどれも素敵。
帰りたくなくなりますよね~。

2015/10/20 (Tue) 14:06 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

ポケさんへ

ホント、ここまで使われているとどうしてこんなにタイル、アズレージョが多用されるようになったのか?と思いますね。
本当に綺麗でした^ ^
また、この駅に至るまでの街の様子も駅の周囲の建物群も本当に素晴らしい景観を作っており、双方で相乗効果になっていると思いました^ ^

ここポルト、本当に気に入ってしまい、ちょっと住んでみたい街だなあと思いました^ ^
ホント、帰りたくなかったです。

2015/10/20 (Tue) 22:19 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

サン・ベント駅、世界で美しい駅15選に入るのはわかります
2万枚ものタイルなんて気が遠くなりそうですが、その細やかさがこの美しさを生み出してるのでしょうね
淡い色彩の濃淡のあるアズレージョがとても美しいです
陽が差し込むと美しさも増しますね

駅前の街角の多差路の景色も素敵です!
街の歴史を物語るようで、ここからすべてが始まってるような、そんな思いがこみあげてきそうです

2015/10/21 (Wed) 16:38 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Yottitti さんへ

世界の美しい駅15選というのは、帰って来てから知ったのです。
行く前に知っていれば、もっと有り難みが増したのにって思いました(^^;;
いや、存分に味わったので充分って思わなきゃですよね(^^;;

タイル2万枚って凄いですよね。
ここは行く前から写真で見たりしていて綺麗だな〜と思っていたんですが、事前の予想を遥かに超えるスケールでとても良かったです♪

駅の周囲の歴史を感じる街の雰囲気も盛り上げ役となって、ここは味わいがいのある観光名所だと思いました^ ^

2015/10/21 (Wed) 18:57 | EDIT | REPLY |   

Bonzofire  

建物が素晴らしいと、ちょっとした光の変化や時間の変化でも様々な違う表情を見せてくれて楽しいですよね。
ここにくらべて、ヘルシンキ駅、、こちらはなんの風情もなかったですね。
ポルトガルを発つ人は、この素晴らしいタイルを胸に焼き込んで、旅立つんですね。
そして行き先で、母国の駅を思い出すんでしょうね。。 素晴らしいです。

2015/10/22 (Thu) 22:52 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

bonzofire さんへ

アズレージョの美しいタイルを胸に遠く離れても故郷を思い出す…素晴らしいです。
こんな故郷だったら自慢ですね^ ^

光の具合ってホントに写真を左右して面白く奥が深いです。
ここは写真を撮るにも素敵な場所でした^ ^

2015/10/23 (Fri) 00:01 | EDIT | REPLY |   

Add your comment