ポルトガルの空の下24(リスボンの街角から&リスボン土産)

8 0
ポルトガル2015


最終日、夕方からの最後の時間は散歩しながらお土産購入に時間を使いました。


今回は、リスボン最後のレポートとして恒例の「街角からシリーズ」とお土産購入を一緒に書きますね。


ここは、アルファマ地区のカテドラルのすぐ裏手の街角。


DSC03333.jpg


タイルがだまし絵風に立体のブロックみたいな柄になっていました。

写真では表しきれていませんが、向こうにアーチを持つこの変形四角形の階段状のちょっとしたスクエアが、タイルは綺麗だし、アシンメトリーな不安定な空間ですごく心惹かれる空間でした。



この辺りには、fadoのお店も多くてライブに行ってみたかったんですが、ポルトガル滞在中には遂に叶わずでした。


DSC03335.jpg



せせこましい空間にみんなが肩寄せ合って生きてるっていう街の様子。

確か階段を上がってきた踊り場から下をのぞいて撮った写真。


DSC03157.jpg



城壁をくぐるアーチサイドにあった古書店。入り口前に積み上げられた本とおじいさん。


DSC03116.jpg


お店の幅は城壁の厚みの幅、奥行きは人一人入れるくらいのもの。50センチくらいあったかしら?



アルファマ地区とバイシャ地区のちょうど境目あたり。


DSC03361.jpg


こちらの交差点も道と道との絶妙な角度のぶつかり具合と建物の具合、ちょうど来た赤い車が入って好きな風景。



上の街角から少し歩いたところにあった古めかしいお店のショーウィンドウ。


DSC03364.jpg


この見事なレースに目が釘付けで覗き込んでいたら、中からおばあさんが出てきてお店に招き入れてくれました。

この下の写真のおばあさん。優しいんですよね〜、ポルトガルの人って。


洋裁グッズのお店でした。


DSC03366.jpg


今どきこういうお店って少なくなりましたよね。


DSC03365.jpg


昔、母に連れられてこういうお店によく行っていたのを懐かしく思い出していました。


吟味して購入したのは、この2種類のレース。

レースの下敷きになっている紙の袋に入れてくれました。レトロだな〜・・・


IMGP0975.jpg


このレース、かなり気に入って買いました^^

ちょっと着物の時に使ってみたいな〜と思っています。


IMGP0974.jpg





サクランボのリキュール「ジンジャ」を出す立ち飲みバー。


DSC03110.jpg



散髪屋さん。


DSC02401.jpg



さすがポルトガル!タラの干物屋さんでしょうか?沢山重ねられていました。


DSC02405.jpg



ホテルのすぐ近くだったことで、滞在中、何度も何度も目の前を通ったロシオ駅。


DSC02832-1.jpg


美しい駅ですよね〜。

1890年に開業したネオ・マヌエル様式の建築だそうです。


DSC02833-1.jpg


時とカメラを変えて色々撮ってみたので、色んな表情を捉えることが出来ました。


IMG_3301.jpg


美しい2つの蹄鉄型のファサードが特徴的です。

今は殆どシントラとの電車の発着駅のようになっていますが、往時は中央駅だったそうです。


IMGP0920.jpg




こんな素敵な手袋屋さんも発見。


DSC03409.jpg


細長いお店で店先は小さなカウンターのみ。

だけど、奥に整然と整理され積み上げられた箱の中に沢山の在庫があるのでしょうね。


買ってみたかったのですが、私、手袋沢山持っているのでね〜・・・



お土産を物色しながら歩きます。

ポルトガル雑貨を扱うお店を見つけました。


DSC03134.jpg


かわいらしいイワシの置き物。ここの人たち、どんだけイワシが好きなの!?(笑)


DSC03133.jpg


このかわいらしい素朴な陶器もか〜な〜り惹かれたんですが、まだこれからポルトへの移動があるので嵩張る割れ物はパス。

DSC03135.jpg



ようやく着きました。

初日の散歩中に見つけておいたコーヒー豆屋さん。


DSC03397.jpg


古くて雰囲気がありますよね〜。

コーヒー豆の他にポットとか抽出器、保存容器など異国風なものが揃っていて、そういったものを買うのにも良さそうです。

バイロ・アルト地区のサン・ロケ教会からまっすぐ伸びる下りの坂道を下りて、カモンイス広場のすぐ手前数十メートルのところにあるお店です。


DSC03394.jpg


私は、このコスタリカ産のアラビカ豆を500g買いました。


DSC03395.jpg


色んなランクがありましたよ。

私、コーヒー豆と紅茶は割と海外で調達してくるんです。

美味しくて安くて軽いから・・・^^



そして、こちらも来ることを楽しみにしていた老舗カフェ「カフェ・ア・ブラジレイラ」


DSC03405-1.jpg


わ〜、古き良きって感じで雰囲気ある〜^^リスボン最古のカフェの一つですって。


DSC03401.jpg


ここは通を気取って^^カウンターでエスプレッソをグイっと一杯。


DSC03402.jpg


雰囲気も手伝ってすんごい美味しい!

カップの左側の包みが先ほどのお店で買ったコーヒー豆。

これです。


IMGP0976.jpg


ちなみに帰国後いただいたこのコーヒー、激ウマでした^^


もう一つ、シントラで寒さに負けて購入したショールもいいお土産になりました。


IMGP0977.jpg




リスボン最終日の晩ご飯は、チキンの丸焼き。半身です。


DSC03417.jpg


やはりホテルからすぐのところの評判の良いお店。

美味しくいただきました。


DSC03415.jpg


お通しで出てきたこのチーズが激ウマ!^^ワインとよく合いました^^


DSC03418.jpg





これでリスボン編は最後になります。


DSC02596.jpg



大陸の東端の島国から最西端に行ったという感激と天正少年使節の足跡みたいなものが常に何となく頭の中にあって、感慨深い滞在でした。


念願のジェロニモス修道院に行けたのも感激でした。


IMGP0894.jpg


有名観光地だけでなく、長い歴史を湛えたこの街のこんな凸凹の石畳さえも人の仕事、人の歴史を感じ、愛おしさを感じるといった滞在でした。


DSC02827.jpg


この時点で、かなり気に入ってしまったポルトガルでしたが・・・


DSC02624.jpg


この後行ったポルトを更に気に入ってしまい・・・


「LOVE Portugal !!」 となってしまうのでした。


「ポルトガルの空の下」は、ポルト編に続きます♪


ここまでリスボン編にお付き合い下さり有難うございました♡


DSC02826.jpg



ポルト編、楽しみにして下さいね^^




関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

Yottitti  

街角の風景はぐっと旅情が深まっていいですね
最西端というと、感慨深いですよね
どれも素敵な風景で、ポルトガルらしさが出てます
一番目にとまったのは、駅のファザードが素敵で重厚感があり、とても好きです

いまはデパートが主流になる中、伝統が残るお店がいいですね
いわしの陶器は、庶民に愛される食材なのだろうなと思いました
コーヒーも、香りが高くておいしそうです
写真がどれも立体的できれいですね~
老舗カフェも雰囲気が出ていて、ぐんとリスボンが近づいてきそうです~

2015/09/26 (Sat) 14:27 | EDIT | REPLY |   

anessa  

こんばんは!
私も一目であの可愛い器がいいな〜って感じました!
なかなかあの色合わせってないですよね!
イワシの陶器…はじめて見ました〜
イワシって日本人のマグロみたいな感じかな?
次も楽しみです!

2015/09/27 (Sun) 22:26 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

写真は有名観光地や知らない街の景色を撮るのが一番楽しいです♪
それも最西端の街となると日本と真逆なのに、歴史的につながりがあるという親しみもあって、人々ものんびりで優しくて大好きな街になってしまいました^^

駅のファサードは素晴らしいですよね。こんな駅からの出発ならば、行く先も絶対に素敵だろう!って期待も高まっちゃいます。

日本は、アメリカ型で大型店舗が増えて小規模店舗が減少していて、便利かもしれないけど味わいが少なくなってきている中、伝統を守って良いものを売っているお店って魅力的です♪

今思えば、イワシは日本のゆるキャラみたいなシンボルなんだと思います。美味しかったですしね^^

2015/09/28 (Mon) 14:26 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

anessaさんへ

こんにちは^^

陶器の器、かわいいですよね^^
外国に行くたびにその国の素敵なお皿に惹かれるのですが、その度に買っていては荷物も食器棚の中も大変なことになります・・・が、本当はすごく欲しいんですよね〜〜。
イワシの陶器は珍しいですよね。たぶんただの置き物なのでしょうが・・・そんなにイワシが好きなの?^^って思いました。

2015/09/28 (Mon) 14:29 | EDIT | REPLY |   

さえ  

わー

タイルもコーヒーも花模様の器もイワシの置物(笑)も気になるけど、
今回はぶっちぎりでレースに興味津々です!!

美しいですね~着物の時に使うなんて素敵すぎます^^

ぜひぜひ試して、レポートしてくださいね~

2015/09/28 (Mon) 21:01 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

さえさんへ

かわいいものいっぱいで、お土産選びも目移りしてしまいましたが、レースを買いました。

もっと豪華で素敵なのもあったんですが、私の生活の中での使いどころが思いつかなかったので、着物で使えそうかも⁈と思ったレースにしました^ ^

上手く使えたら、ブログにアップしますので、また見てくださいね^ ^

2015/09/30 (Wed) 13:52 | EDIT | REPLY |   

Bonzofire  

素晴らしい光景、素晴らしい写真だと思います。
なるほど、タイトルを変えた、、意味がよくわかります。
それに、いろんな写真にコメントしたいのですが、、特にうらやましいと思ったのが、散髪の写真。
ぼくもいつもローカルの散髪屋さんの写真がとりたい衝動にかられるのですが、、やはり勇気がないです。
あとコーヒー、美味しくて、安くて、軽い、、理にかなったお土産です。。
一方、ぼくらの今回の旅行では、、かみさんが、部のみんなにお土産に、、安いから、、とたくさん、バスソルトを買ったのですが、こちらは、確かに安かったのですが、美味しくはないし、それに(何個も買ったので)重すぎて、、 
そのせいで、、他に何も買えなくなってしまいました。。
あと、写真全部を通して、、やはりバルト三国とかに比べると、、「深い」ですよね。。 そちらの方は。。

2015/10/01 (Thu) 22:00 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

bonzofireさんへ

> 素晴らしい光景、素晴らしい写真だと思います。

有難うございます!!😊

> なるほど、タイトルを変えた、、意味がよくわかります。

ここの風景や人々の表情は、確かにタイトルにピッタリの美しいものでした。


> それに、いろんな写真にコメントしたいのですが、、特にうらやましいと思ったのが、散髪の写真。
> ぼくもいつもローカルの散髪屋さんの写真がとりたい衝動にかられるのですが、、やはり勇気がないです。

ポルトガルは、ヨーロッパの行った国の中では比較的写真が撮りやすかったと思います♪
もし行かれることがあったら、バリアングルで是非どうぞ〜^^


> あとコーヒー、美味しくて、安くて、軽い、、理にかなったお土産です。。
> 一方、ぼくらの今回の旅行では、、かみさんが、部のみんなにお土産に、、安いから、、とたくさん、バスソルトを買ったのですが、こちらは、確かに安かったのですが、美味しくはないし、それに(何個も買ったので)重すぎて、、 
> そのせいで、、他に何も買えなくなってしまいました。。

出来るだけ軽いものを選んでお土産にしていますが、欲しいものが必ずしも軽い訳ではなく・・・バスソルト・・・は、確かに重いですね^^;それも沢山の人にあげる量だとかなりの重さになったでしょう。
だけど、何とか買ってお土産に出来るものがあったってことで良かったですね^^


> あと、写真全部を通して、、やはりバルト三国とかに比べると、、「深い」ですよね。。 そちらの方は。。

バルト三国も歴史がありそうです・・・が、やっぱりソ連に組み込まれていた時期がいけなかったのでしょうかね?
いずれにしても未知なのでレポートとお写真が楽しみです♪

2015/10/02 (Fri) 20:10 | EDIT | REPLY |   

Add your comment