topimage

2017-07

ポルトガルの空の下20(リスボン:アルファマ地区を猫と散歩♪) - 2015.09.06 Sun




サン・ジョルジェ城見学の後は、ごちゃごちゃした古い下町、アルファマ地区にさらに紛れ込んでみます。


街はやっぱり今夜の聖アントニオの前夜祭をジワジワと待つ静かな熱気に溢れていました。


DSC03218.jpg


そうそう、テンプレを変更したら、記入スペースが横に広がったので、写真も今日から大きくしてみました^^





あら、もうすぐに興味深い下町の路地を発見!^^

この路地を往来する住人で溢れていました。


DSC03221.jpg


この日でもうポルトガルもリスボンを中心に4日目でしたが、穏やかで優しいポルトガルの人々の一面をじんわりと感じていました。


上の写真のお爺さんは、私がカメラを構えると杖を持って脚が悪いのでしょうに、スッと道の端に避けてくれました。


「あ~ん、歩行中をごめんなさい。それには及びませんから、どうぞ歩行を続けて下さい。」

といったジェスチャーをするとニッコリと笑って又、歩行を再開しました。



丘の街ですから・・・

坂道になっている路地を更に奥に進むと可愛らしい路地の景色を見ることが出てきました。


DSC03222.jpg


おやっ?・・・足元に何かいますね。


見えますか?


今しがたまで頭上の鳥かごの小鳥を気にしていたのは、路地上の1匹の猫。


「こんにちは~」「何か用?」


DSC03223.jpg


「いや、別に・・^^; いい街ですね。」「そうよ、私の街だもん。あんた、まさか私に付いて来るつもり?」


DSC03228.jpg


「もし良かったら・・・^^;」「いいわよ、じゃ~まず何か頂戴!、ニャ~


DSC03229.jpg


お、おっと・・・^^;

あまりにも急激な急接近に付いていけません。


慌てて態勢を立て直します^^;


「ね~何か頂戴、ニャア~


DSC03231.jpg


ここでびっくり!

私、猫ってホントは好きなんですけど、猫アレルギーで触ったり出来ないんですよ。

なので飼ったこともなくてあんまり知らないんですけど・・・

猫ってこんな唇が付いてるんですね~。

これはポルトガルで大発見!!なことでした。

なんて言いつつ、もしかすると舌の裏が見えてるだけ?・・・


甘えてるのかな~?かわいいな~♪

なんて思ってる間に・・・


「ふん、くれないんだったら、もういいわ」


DSC03230.jpg


かなりのツンデレぶりに振り回されます^^;


「まあいいわ。ちょっと遊んだげるから付いてらっしゃい、ニャ~


DSC03234.jpg


「いい?エサはね、こうやってねだるのよ、ニャ~


DSC03242.jpg


と、静かに家の中を眺めてみる。


この時間、ランチタイムになっていました。

このドアの向こうは、ランチ中の男たちと思われる声がガヤガヤ聞こえてきてました。


誰も気づいてくれません・・・中に入って行けば、きっと叩き出されるでしょう。



しばらく眺めて、獲物の獲得は難しいと諦めたようです。

目を細めて・・・

「えっ?先輩、寝るんですか??」


DSC03243.jpg


「ふ~ん、ニャ~・・・」


DSC03244.jpg



ちょっとの後、急に又動き出しました。


「そ~ですよね?こんな日中、おちおち寝てなんかいられないですよね^^?」

「そ~よ、次行くわよ。付いてくんの?どうすんの?」


DSC03239.jpg


「あ、付いて行かせていただきます!」


「じゃ、次はここんち。あんた、やってみる?ニャ~


DSC03238.jpg


「う~ん、ちょっとやってみるには無理があるかと~・・・すみません^^;」


「そお?じゃ~も~、帰んなさい。これ以上付き合ってる暇はないわ。ニャ~


DSC03249.jpg


「わ、分かりました。遊んでいただいて有り難うございます^^」


DSC03248.jpg


「さようなら~♡」


DSC03235.jpg



何とも可愛らしい猫に出会ったものです。


この時間、心地良い太陽の光に包まれたこの丘のトップののんびりした街の路地で、思いもかけない愛らしい猫との甘く楽しい時間を過ごしました。


ところで驚くべきは、ポルトガルの猫、総じて人を恐れないんですよ。


リスボンでもこの後行くポルトでも・・・両方とも港町で、港町らしくそれなりに猫がいるのですが・・・


猫って普通すばしっこくて、寄るとススッと逃げちゃうじゃないですか。


思い出すのは、2013年のシチリア島、同じく港町のシラクーサ。


あそこにも沢山猫がいましたが、あちらの猫はすばしっこくて全くこのような愛らしい姿をみせてくれたことはありませんでした。


思うにポルトガルの人って優しくて、猫も可愛がられているんだろうな~と思うんです。


もちろん飼い猫と野良猫に多少の違いはあるのは分かってますが・・・


全体的にそう、逃げなくておっとりした猫が多くてとっても可愛らしかったんです♪


そんな猫の姿を見て、ポルトガルの人々の穏やかさ、優しさを間接的に知ったような気がしたポルトガル滞在でした。





今回は、あまりにも可愛らしかった猫と遊んだ時間を書きたくて・・・

アルファマの中心街の様子は、又次にしたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

猫のくちびる!

まぁ!ビックリ!
ポルトガルのネコちゃんのクチビル激写したヒトって
間違いなくエカテリーナさんが初めてに違いない!
すごい写真よ!
しかし、この子の落ち着きぶりとデブかげん 笑から推測するに
飼い猫ちゃんみたいね!
エカテリーナさんも遊んでもらって良かったわ 笑
しかし。
クチビル…夢に出そう…笑

Re: 猫のくちびる!

anessa さんへ

ははは…あの岩合さんでもポルトガルの猫の唇はまだかもしれませんね^ ^

猫ってあんな口元をすることがあるんですか?
愛猫家の方に是非とも聞いてみたかったんです。

こんにちは

テンプレートも変更されたんですね
写真が大きくなって
猫ちゃんの表情までよくわかります

猫の唇はビックリ!
意外とセクシーなんですね(笑)

旅先で猫ちゃんに出会うとホッとしますね
怖がらずに逃げないと、なんだか話しかけたくなりますよね
見事な唇!
猫って写真に撮るのは難しいけど、人になついてるのですね
街の人にかわいがられ、ともに生きてるのでしょうね~

honey *caramelさんへ

はい、タイトルと一緒に装飾も変更しました。

これからもよろしくお願いします!

皆さんから猫の唇についてのコメントをいただいてから、またじーっと写真をよく見てみたら、、もしかして裏を見せている舌なのではないかと思い出しました(^^;;

記事の文面も舌出しに変更しようか迷いだしました(汗)

Yottitti さんへ

飼い猫だと思うんですよ、この猫は。

人に慣れてるし、とっても愛らしい仕草をする猫でした^ ^

旅先では、犬は飼い犬しかいないけど(あ、アジアでは別ですね(^^;;)

猫は野良も多くて、つい注目しちゃいます。

人に可愛がられている猫は、怖がらないので写真も撮り易くてついバシャバシャ撮っちゃいますね。

こうやってどこの猫でも撮れたら楽しいんですけどね^ ^

唇は、もしかしたら舌なのかも?と思い始めました(^^;;
記事訂正必要かもです(^^;;

エカテリーナさん❤️
猫の唇って、すんごく上品で、好き❤️おっしゃる通り、舌の裏のような気がするんです。ワンコと猫には、ウルサイんですよ(笑)でも癒される〜!!
さすがにポルトガル、至る所坂だらけですね。足腰弱る前に行かなきゃ。

ボルフィさんへ

やはりあれは舌ですか〜^ ^?

写真をしげしげ見て、こんな口元見たことないと思いながら、あまりにもうまく口元にはまっているので、ひょっとして唇?こんな表情することもあるのかしら?って思いました(^^;;

教えて下さりありがとうございます♪

リスボン、確かに坂は多いです。
交通機関と徒歩を上手く組み合わせて歩くと良い感じかと思います^ ^
早めに是非行ってみられて下さいね。

イタリアやスペインでも住宅地の路地を縄張りにしているにゃんこ達は人なれしていました。
民家で可愛がられているのでしょうね~(^^)
例のお写真は下ペロだと思います!時々ペロっとお口を舐めるのですが、ナイスショットでしたね!!
子供のころ、この猫ちゃんと同じキジトラ模様の猫を飼っていたんです。

路地の写真、老夫婦とベビーカー連れの家族、地元感が伝わってきました。

ポケさんへ

イタリアでもスペインでも可愛がられているニャンコは人馴れしていて可愛らしいですね。岩合さんの真似をして写真を撮るのも楽しめました^^
ニャンコの多さでは、シチリアのシラクーサを思い出すのですが、あちらは案外逃げ足の速い子たちばかりでした・・・

ポケさんは動物好きだからご存知なのですね、ニャンコってこういう口元をする瞬間もあるのですね〜^^
そう思うと一瞬をよく撮れたものです。
そしてこういう柄をキジトラっていうんですね〜、知りませんでした〜^^
本当に可愛らしい子で猫ごときですが、きっとリスボンの思い出になると思います♪

昼下がりの時間、地元の通行人が溢れた通りは、とってもラブリーで入り込んでみたい衝動に駆られるものでした^^
地元の人には迷惑千万かもしれませんが・・・^^;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/865-171f5778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ポルトガルの空の下21(リスボン:アルファマ地区最深部へ&ランチ) «  | BLOG TOP |  » ブログタイトル変更しました^^

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (102)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (512)
海外旅行 (20)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (37)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (13)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示