topimage

2017-05

2015年夏の冒険! - 2015.08.15 Sat


夏休み中の方も多いと思いますが、この夏、みなさんいかがお過ごしですか?


私の夏休みは、早々に6月のポルトガル行きでした^^


そして先日、妹と姪、甥で小旅行をしたと書きました。浴衣ナイト
(小さい夏休みね^^)


夜はしっとりと浴衣ナイトでしたが、日中は大冒険の経験をしましたよ。


今日は、夏休みらしいその旅行のことを書きたいと思います。





実は無人島に行ったのです!


国内の無人島に連れて行ってくれるツアーを見つけたので行ってみたんです^^

子供の為のツアーの付き添いだったのですが、大人の私も楽しいツアーとなりました。


さあ、お船に乗って出発です!


着いたビーチはこんなところ。


IMGP1168.jpg


お~、いかにも無人島らしい森と手前の砂浜です。


IMGP1056-1.jpg


お弁当は子供だましな物^^;


ま、みんなで食べれば楽しいね♪


IMGP1061.jpg



何でも昔は住人も居たらしく、歴史の戦略上重要な拠点になったこともある島だそうです。


竹やぶの中の廃屋。かなりちゃんとした建物だったことが伺えます。


IMGP1050.jpg


井戸も有ります。今も枯れていないそうです。


IMGP1052.jpg


こんな無人島の森の中には秘密基地みたいなところがありました。


IMGP1065.jpg


ま、言い方を変えれば浮浪者の家・・・みたいな感じとも言えますが・・・


ここはツアーガイドさんの基地みたいなところです。


ツアーの繁忙時は、ここに泊まったりもされるそうです。


うちの甥は、このツアーガイドさんのことを「無人島人」と呼んでました(笑)


ここでは竹細工など教えてくれました。


IMGP1070.jpg


ま、私はやりませんでしたけどね・・・夏休みの宿題をこれで終えちゃう人もいるそうです。


IMGP1068.jpg


うちの甥、姪は、弓を作って飛ばして楽しんでしました^^


IMGP1098.jpg


そして、火おこしのやり方も教えてくれました。


みんなで一緒に火おこし体験です。


子供の頃、遊びで火おこしごっこみたいなことやりませんでしたか?


私、秘密基地みたいなところで火おこしごっこやってたんですよ。


もちろん、火は起こりませんでしたけどね。


うちの姪、甥っていうか、近頃の子供全般なのかもしれませんが、家のキッチンはIHでしょ?

お風呂を火で炊くこともないし・・・
(ま、私の頃もお風呂を火で炊くと言ったら、結構田舎のお家だけでしたよね・・・)

火が身近じゃないんですよね、なので火を起こしてみようって思ったこともないのでしょう。


私の方が、火おこしに興奮してしまってました。


子供たち皆んな、キョトン・・・というのが印象的でしたね。


こういう器具を使うらしいです。

土台に立てた軸をグリグリ回して熱を持たせて発火させる訳ですが・・・


IMGP1112.jpg


軸は木で組んだ押さえで垂直を保ちます。
これは、ガイドさんたちが持って支えておいてくれます。


IMGP1114.jpg


軸をロープでグルグルって巻いたロープを伸ばした両端を綱引きの要領で左右にリズミカルに押し合い引き合いして軸をグリグリ回して火を起こします。



IMGP1121.jpg


イチ、ニ、イチ、ニ、・・・ってよいしょよいしょとしばらくやっていたら・・・


ほお~、煙が出てきました!



IMGP1125.jpg


軸を外してみると・・・

出来た木屑の中が赤く点っています。


IMGP1129.jpg


この後、この赤く点った木屑を椰子の木の皮?というか繊維状のネットみたいな中に入れて、それをカゴに入れてフリフリ振ることによって空気を入れて、見事火を起こすことに成功しました!

(残念ながら写真なし^^;)


これでどこかで遭難しても生きていけます!(笑)



この無人島体験のハイライトは、ツリーハウス(ツリー上のテラス)に行ってみることでした。


実は、この秘密基地みたいなところの一部にも小さなツリーハウスというか、木の上のテラスが作られていました。


IMGP1066.jpg


こんなところかと思ったら・・・


行ってみたら結構な規模でした!!


スタート地点。

無人島人が注意事項を伝えてくれています(笑)


IMGP1136.jpg


登り始めです。


IMGP1137.jpg


こんな風に全部竹で組まれていて、すんごい怖そうなんですが、これが丈夫なんですって。


IMGP1139.jpg


木々の枝の又から又を渡した竹組みの通路は、所々で曲がり角が作られながら、空中遊歩道となっていました。

IMGP1146.jpg


地上数メートルの高さのこの竹の通路一本が繋いでいる訳ですからね・・・


IMGP1147.jpg


怖いっていうの・・・ーー;


IMGP1150.jpg


うっかり足元に夢中になっていると、手元の手すりには蟻がいたりして・・・足元も手元も油断なりません!!


IMGP1151.jpg


竹の空中通路を歩くこと数十メートル、やっと空中テラスに着きました!!


IMGP1154.jpg


写真ではあまり広くは見えませんが・・・

そうですね~・・・15、6畳から20畳くらいあったのではないでしょうか!?


海風もそよそよ吹いて、木陰にもなっているので、ここは涼しいです。


眼下には先ほど遊んでしたビーチが見えて、上空からの方が綺麗に見えます♪


IMGP1158.jpg


お~、秘境感たっぷり~!!


IMGP1159.jpg


秘密のビーチって感じです♪


怖かったですが、終わってみればすんごい楽しかった~という思いで・・・

まさに童心に帰った!!といった面白い体験でした^^



最後は旅行中の食べ物を。


ある日のランチは昭和レトロなお店で・・・


IMGP0996.jpg


涼しげなお水と可愛らしいスプーンとかあって・・・これは甥のイタズラ・・・^^


IMGP0997.jpg


まず運ばれてきたのは、これ。


IMGP1004.jpg


焼き物で裏返すと又お顔。


IMGP1005.jpg


表はおばあさん、裏はおじいさんの顔、開けると中に巻物が・・・


IMGP1003.jpg


これから出てくるメニューのいただき方が書いてありました。


すご~い素朴なんですが、卵かけ御飯で有名なお店。


IMGP1007.jpg


瓶に入った専用のふりかけと特製のお醤油(というかタレ?)をかけて混ぜ混ぜしていただきます。


IMGP1006.jpg


卵かけ御飯の常識を覆されたような美味しさでした~^^


こちらは少し違う、私のオーダーした定食。


温泉たまごみたいなので卵かけご飯にした後におにぎりご飯は出汁茶漬けとしていただきます。


IMGP1010.jpg


かなり量が多かったですが、最後まで美味しくいただけました^^


デザートは昔プリン♪


IMGP1016.jpg


おやつにいただいたかき氷♪
マンゴーと白桃の氷。





旅館のお食事♪







高級さとかないけど、家族と一緒の無人島ツアーとか温かくて野性的な体験の楽しかった小旅行でした^^



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

うわっ!楽しそうですね! こんなのが日本でもやってるんですね。甥、姪さん、一生の思い出になるの間違いなしですね。 空中遊歩道だなんて、良い歳こいて、ぼくも行きたいかも。。 
高級、、なんてカネさえあればどうにでもなりますが、家族と一緒に楽しめる時間、こんな贅沢な時間の使い方はないと思います。

bonzofire さんへ

なかなかワイルドな体験でした。

姪、甥が言うこときかない時は、しばらくは無人島に連れて行っておいて帰るから!が妹の常套句になっていました^ ^

空中遊歩道は、大人でも知らずに童心に帰れる面白さでしたよ。
同ツアーだった他所のお父さんは、多分一番喜んでいて、帰りはショートカットの下り階段があったのに、一人来た長い通路を戻りましたから、よほど楽しかったのでしょう♪

ホテルは良いところが近くに全然なくて、古い旅館だったのですが、楽しいメンバーだったせいで楽しめちゃいました^ ^
おっしゃる通り家族と楽しめる時間、特に子供の成長は早いので、こうやって一緒に楽しめる時期もあとわずか・・・ある意味贅沢な時間でした。

NoTitle

無人島にご旅行だったのですか!
今はものにあふれていて、電気があり、ガスをひねれば火がつくのは当たり前の時代ですからね
いろいろなものが新鮮だったことでしょう
それに自分たちで作ったり、思い出に残りますね
改めて昔の人の知恵、竹の力はすごいなと思いました
空中散歩、怖そうだけど楽しそうです
そして汗をかいてのお食事はさぞかしおいしかったことでしょう

NoTitle

ツリーハウス、これは大人でも楽しいですね!
子供のころアスレチックが大好きでよく連れて行ってもらったのを思い出しました。
そのころの自分にこういう体験をさせてあげたい(笑)
姪っ子さんや甥っ子さんもとても楽しまれたことでしょう。
ところで、火起こしって、地道に両手でぐるぐる小枝をまわして遊んだことがありますが、実は意外と大がかりだったのですね!

Yottittiさんへ

暑いのに・・・無人島〜!?って聞いた時には実はあんまり乗り気ではなかったのですが、
行ってみれば意外と大人の私も楽しんでしまってました^^

姪たちは、新鮮ではあったようですが、現代っ子なのとまだ理解出来ない年齢なのか?
案外ポカンとしていて、火を起こすこととか、竹細工で出来る道具が何につながるのか?など
分かっていない様子でした。
人間らしさを失っているな〜と思いましたね。

空中散歩は、正直純粋に楽しかったです!!

ポケさんへ

ツリーハウスは、正直ホント楽しかったです♪
ありましたね!アスレチックって・・・流行ってましたよね〜!!懐かしいです^^
ツリーハウス、現代の子供にも楽しかったようですよ。

火おこし、やっぱりされたことありますよね!?
子供時代に誰でも一度は〜・・・と思います^^
私も同じく小枝をキコキコやってましたが、今思えばそんなもんで火を起こすことは難しいんですね^^;
大人なのに私にとっては、火おこしは念願叶って初めて火を起こすことが出来た!!っていう出来事でした^^;

NoTitle

無人島ツアーって、金田一少年の事件簿みたい!笑火起しとか、私も小さな時に見たことありますが、目がテンになる位ビックリした思い出があります〜
小さな甥っこちゃん達には貴重な思い出になりましたね!
エカテリーナさんがドキドキしながらも冷静にアリンコを撮影している姿が浮かび、思わず笑ってしまいましたよ〜
お疲れさまでした!

anessaさんへ

地上数メートルの竹で組んだ細い通路の上で、楽しいやら、おっかなびっくりの大人の私が、手摺りの上のアリンコを発見して、わっ!と思いながらも、そのレポ根性で写真に収めた・・・この瞬間を分かって笑ってくださり嬉しい限りです!!^^

まさか自分が無人島体験することになるとは思いませんでしたが、これも姪、甥のおかげ♪
めずらしい体験をする機会をくれてありがとうって叔母ちゃん思っています♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/858-bb5c5c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ポルトガルの空の下16(シントラ:ペーナ宮殿&シントラの歩き方のコツ) «  | BLOG TOP |  » 終戦から70年の終戦記念日に思う

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (503)
海外旅行 (16)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (32)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示