「ボヴァリー夫人とパン屋」

6 0
映画


ホント何年ぶりかに映画館に映画を観に行きました。


フランス映画の「ボヴァリー夫人とパン屋」を。





フランスでは4週連続興行成績1位になってた人気作なんだそうです。


ひょんなことからこの映画のことを知り、これは観たいなと。


まずはストーリーはどうあれ美しいヨーロッパの景色が背景の映画っていうのは、ひとまず観ておきたいんですよね。


それとフランスでヒットした映画ってどんなんだろう?っていう興味もあったと思います。


あと、子供の頃は難解過ぎて全く分からなかったフランス映画。

幾つの頃からか分かるようになってからは、むしろあのシニカルな視点や誰でもが持っているような悲しい人間の性をいろんな形で掘り下げるような視点など、見応えを感じるようになって好んで観るようになった気がします。


で、この映画。


難解さはありません。


フランスの美しい情景と美しい人たち。


少し官能的でコミカル。


有名小説「ボヴァリー夫人」の引用というか、この映画自体のストーリーがヴォバリー夫人のストーリーと一緒に進行するような筋というか、なかなか深いです。





ストーリーとしては、平和な田舎のおじさんの隣人の人妻に対する妄想をおじさん視点で観るといったもので、妄想の果てに・・・予想外なラストも面白いと思いました。


ジャンルとしては、公式ウェブサイトでは、大人のファンタジーとありましたが、元々コミックだというストーリー通り、私はコメディだと思いましたよ。


ファンタジーなのは、主人公のおじさんの頭の中で、それがコミカルに描かれていたのでね。


また、おじさんとペットの犬との掛け合いも面白く・・・

(というか、おじさんは相棒としていつもそばに置いて話し掛けたりしてるんですけど、主人の心、犬知らずみたいな犬の表情なんかが面白い・・・)


俳優陣や監督は残念ながら、私の知らない人ばかりでした。


ですが、俳優の上手さと色っぽいカメラワークだったりで楽しめましたね^ ^


ところで事前に見たレビューで題名にもあるパン屋さんのシーンから、パンを食べたくなったとか、パン屋さんの匂いが匂ってくるようだとあったんです。





なので、私、ちょうど小腹が空きそうな時間帯でもあったことから、映画館に入る前に近くの雰囲気の良いパン屋さんでパンを買って持って入りました^ ^


むこうのパン屋さんにありそうなパンを想像しながらじっくり選びましたよ。


ドライフルーツの入ったフランスパンみたいな生地のハード系^ ^


シートについて、本編が始まる前にゆっくりと手元のパンの香りを嗅ぎ、ひとくちひとくち千切りながら、たっぷりのコーヒーといただいた時間が、本編に浸る為の導入としてとても良かったです♪


観終わった後も好きな雰囲気にたっぷりと浸かれた気分の良い余韻を楽しむことが出来る良い映画鑑賞でした^ ^


関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

Yottitti  

NoTitle

ヨーロッパの映画は、以前は、あまり好んで見なかったのですが、旅をするようになって、興味がわくようになりました
習慣とか、知ってる風景が出れば最高です
お話を聞いてると大人のコメディのようですね
その妄想ぶり、見てみたいです
パンを持ってはいるとは!、気分も盛り上がりますね~!

2015/07/16 (Thu) 17:39 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Yottitti さんへ

ヨーロッパの実際を知っていても知らなくても楽しめるこの映画ですが、多少でも知っていると親しみも感じて余計に楽しめますよね^ ^

おじさんの妄想は、実際「ヴォバリー夫人」を読んでいたら、より面白く感じられるかもです。

パンは食いしん坊の私のこと。
途中でお腹が空いて映画に没頭する集中力を欠いてしまうだろうと思って買って入りました(^^;;

2015/07/16 (Thu) 18:00 | EDIT | REPLY |   

ぴき  

NoTitle

こんにちは、

また、おじさんとペットの犬との掛け合いも面白く・・・

(というか、おじさんは相棒としていつもそばに置いて話し掛けたりしてるんですけど、主人の心、犬知らずみたいな犬の表情なんかが面白い・・・)

なんか、すごくわかるので、
笑っちゃいました。

2015/07/17 (Fri) 12:11 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

ぴきさんへ

この犬とのやり取りがちょこちょこ出てきて、都度クスッとしちゃうようなとこが、この映画のコメディっぽい要素になっていると思うんです^ ^

浮かびますよね、犬のどこ吹く風みたいな顔とかね・・・^ ^

2015/07/17 (Fri) 13:15 | EDIT | REPLY |   

ポケ  

NoTitle

言葉の壁で映画館が遠のいて以来、世間でどんな映画が流行っているのか知らないので、映画情報ありがたいです。
日本に帰った時レンタル三昧するためのリストにヴォバリー夫人を入れます!
たぶん私好みの映画だと思います♪

そうそう、この時期私もフルーツ楽しんでいますよ(^^)
毎週土曜日に朝市があるので、フルーツを探しに行くのが楽しいです。
こちらでも今は桃が旬なのです!

2015/07/19 (Sun) 03:38 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

ポケさんへ

こんにちは〜^ ^

フランスの田舎の風景が満載のこの映画、ポケさんもきっとお好きだと思います♪
ただこの映画、あんまり宣伝されていないので、マイナーなのだと思います。
ポケさんのリストに入れていただけたら嬉しいです。

外国と一括りにするのもどうかと思いますが、農作物が割と安く手に入る印象があります。
カリフォルニアのお日さまに育てられたフルーツなんて美味しいんでしょうね〜^ ^
何だか眩しい日差しと瑞々しい甘みのイメージが浮かんできます♪

2015/07/20 (Mon) 14:23 | EDIT | REPLY |   

Add your comment