フランス旅25(リヨン サン・ジャン大聖堂他 ちょっとした観光)

4 0
フランス2014


久しぶりの(去年6月に行った)フランス旅行記です。


自分でも既によく分からなくなっていたり、
飽きてきてしまっているのは事実ですが、
将来、眺めて思い出を楽しむ為にも頑張って続けます。


さて、前回は楽しみにしていたリヨン料理のランチの
メニュー選びに失敗したという内容でした。



今回は、ランチ後にササッと周った観光地を3つほど紹介したいと思います。


何しろリヨンは日帰り旅。
100㎞の電車旅の往復をしていました。

復路の出発は午後6時。

リヨンの沢山の見所を全て周るのは到底困難で、
ツーリストインフォメーションの人にオススメいただいた
1日観光コースを周るのが精一杯でした。


ですが、1箇所1箇所があまりにも良いところばかりで
ついつい長居をしてしまうところばかり・・・


メリハリを付けて、中にはササッと済ませる場所も混ぜ込まないと
周りきれませんでした。


ということで今回は、ササッと観光の3カ所を紹介します。



リヨン観光のハイライトの一つであるサン・ジャン大聖堂。

旧市街の大聖堂入り口側から。

DSC01323.jpg


反対側、ソーヌ川上から。
(手前がサン・ジャン大聖堂、上方奥の建物がノートルダム大聖堂)

DSC01091.jpg


サン・ジャン大聖堂の前からも当然ノートルダム大聖堂が見えます。

DSC01375.jpg


とても美しい大聖堂です。

DSC01371.jpg


ここもヨーロッパの御多分にもれず
12世紀から300年という長い年月をかけて建設された手の込んだ聖堂です。

DSC01372.jpg


さあ中に入ってみましょう。

DSC01376.jpg


ここもステンドグラスが美しいです。

DSC01384.jpg


DSC01380.jpg


入り口上方のバラ窓と呼ばれる美しい窓がこの大聖堂の象徴の一つです。

DSC01389.jpg


ですが・・・ナント、、ここ・・・


正面の祭壇が工事中?か何かでシートで遮られていました^^;

DSC01381.jpg


ショックです・・・


あまりのショックに・・・

この大聖堂で見るのを楽しみにしていた由緒正しい古い天文時計を
探すことまで忘れてしまっていました^^;

ヨーロッパでも最も古い天文時計として有名なものらしく、
よく拝見しているブログで知ってから、
ここに来て見るのを楽しみにしていたのに・・・

うっかり忘れてしまうという・・・バカバカバカ!!


なんですが・・・


戻ってから調べてみると、工事中?の為かどうか分かりませんが、
どうやらこの時期、時計は探してもなかったらしいと知って
後悔も少しは和らぎました。


運に恵まれない見学となってしまいましたが、
気を取り直して次に向かいます。



映画ミニチュア博物館。

DSC01367.jpg


昔は貴族か何かのお屋敷だったのかしら?
フランス語は読めませんので分かりませんが、
こんな案内がありました。

DSC01366.jpg


映画のセットやミニチュアが展示してあるそうです。


入り口には30㎝四方くらいの窓にミニチュアが飾ってありましたよ。

すごい精巧に作られていました。

DSC01395.jpg


ミニチュアなんだって言われなければ実物大の物に見えませんか?

DSC01397.jpg


入り口のさわりの部分で既にこの出来のものの展示ですから、
中に入ってみたかったとは思いますが・・・

ここは時間の関係もあり、
メンバーの多数決で中に入らず進みました。
(ので、外からだけの紹介でスミマセン・・・^^;)





DSC01451.jpg



パッとご覧になってお分かりになりましたでしょうか??


手前の子供二人と売店みたいな絵。


リヨンの街中には幾つもの騙し絵があるそうです。


これは上の絵のビルの違う角度の騙し絵。

CIMG3424.jpg


ビルの壁一面の騙し絵なんですよ。

CIMG3421.jpg

スゴイし面白いですね!^^


とても緻密に描かれています。

CIMG3423.jpg


勉強不足でどのような発端で騙し絵が描かれ始めたのかは
分かりませんが、かなり何箇所もこのような壁画があるようなので、
騙し絵巡りにポイントをおいた観光も面白いかもしれませんね^^


私たちは午前中の観光とランチをゆったりし過ぎて
ホテルまでの復路の午後6時の出発までには少しはお土産も買いたいし、
出発のパルトデュー駅までのリヨンの街内の戻りの行程も不明だったしで
時間がなくて今回紹介した観光地は駆け足になってしまいました。



リヨンはさすがフランス第二の街で大きいですし、
観光するところも多いし、食も名物だしで・・・

ひとまず一回行って様子を味わい、
それなりに満喫して嬉しかったな~とは思いますが、
とても満足というほどは見きれていないので、
いつか又、今度はゆっくり街を堪能しに行ってみたいところです♪


↑とリヨンのまとめみたいに書きましたが、
リヨン観光レポート、まだ続きます^^




関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

Yottitti  

NoTitle

旅行記って似たようなテイストになってくると飽きますよね~(笑)
でも私にとってはすごく新鮮で、リヨンの教会の真っ白な彫刻にステンドグラスが素敵です
祭壇がかなりの大がかりな修復中だったのは残念ですね

リヨンにもだまし絵の建物があるなんて~
人が描かれてるのも初めてみました
アートなヨーロッパだからできるのでしょうね
ちょっと趣向が変わっていて面白いです

2015/04/21 (Tue) 18:06 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Yottitti さんへ

そう、旅行記、似たようなものになってくると自分も飽きてくるし、見ていただいている方への伝え方も難しくて・・・(^^;;

大聖堂は、ポケさんの記事を拝見して必須だわ!と思っていたのに何でしょうか、この運のなさ・・(^^;;

だまし絵はもっと見たかったんですよ〜。このだまし絵だけでも面白いので沢山見てブログで是非ご紹介したかったです。

2015/04/21 (Tue) 21:40 | EDIT | REPLY |   

ポケ  

NoTitle

サン・ジャンとノートルダム、ツーショットだと更に豪華に見えますね~。
建物がお互い引き立てあっているみたい。背景の空も絵のようで、この写真好きです。
天文時計は残念でしたね。あったら絶対に目につくはずなので、
工事の間どこかに保管されているというのは本当だと思います。
ミニチュア博物館はじっくり見るとそれなりに時間がかかってしまうので、
一日観光でしたら入り口の展示だけで十分ですよ。
私もどの街でも時間が足りない時は、歴史建造物と石畳散策優先です!
だまし絵は、ほんと言われないとそのまま通り過ぎてしまうほど違和感なく街に溶け込んでいますよね。
細かい物もいれたらたくさんあるようなので、それも又一日がかりになりそうです。
由来は詳しくは知りませんが、殺風景な壁を明るくしようとした、と聞いたことがあるような。
旧市街からパルデューまでの移動はちょっと面倒ですよね。ペラーシュの方が旧市街に近いのですが、
停車しない電車が多いのか、パルデューがメインになっていますよね~。

2015/04/24 (Fri) 15:04 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

ポケさんへ

上下に並んだ2つの大聖堂は、あれ絶対に景観を狙って位置を選んで建てられてますよね〜!
あの景観は圧巻ですもの。リヨンの代表的な景観なのではないでしょうか〜^ ^

天文時計は、ポケさんに教えてもらって楽しみにしていたんですよ。
なのに・・・涙。また行きます!!

ミニチュア博物館、行く前よりも入り口に行ってからの方が惹かれたんですよ。
これも次の楽しみにしておきます^ ^

だまし絵は殺風景さの解消から?なんですね。確かに楽しくなるような景観が出来上がっていましたね。
落書きを通り越してアートですもんね、それも広範囲に。
ビルの持ち主の市民や行政の寛大さも素敵だと思います♪

リヨンに大きな駅は2つあって、確かポケさんの紹介されてたマルシェは、パルデュの近くでしたよね。
そのに行こうと思っていたんですよ、本当は。
だけど、結局お土産は駅の売店での購入になってしまいました(^^;;
いつか又絶対に行きます!
その時は、情報教えて下さいね^ ^

2015/04/24 (Fri) 21:58 | EDIT | REPLY |   

Add your comment