topimage

2017-05

今回の引越しに絡むこと - 2015.03.10 Tue



引越しから10日が過ぎました。


実は、今回の引越し、転勤の為でした。


前回の転勤からちょうど3年半経ってからの新天地。


私としては、不本意なものでした。


実は昨年、私の支店で問題が発生しまして・・・
ま、責任者である私のせいなんですよ。

はっきり言えば、私の失敗です。

現場では色々ありますからね、日々・・・

ただ任された以上、難なく処理するのが私の仕事。
問題と捉えられるような経緯をたどった私の失敗です。

言いたいことは色々ありましたよ、だけどミスはミス。
自分がミスをしてしまったことは、ちゃんと認識し反省もしてるんです。

それだけに自分の責任に於いてきちんと後処理をするまで、
もう少しやらせて欲しかったんです。

でも会社は許してくれませんでした。

会社とはそういうところなのだと思います。



それで私は転勤となりました。


責任者として失敗をしてしまった以上、
資質がないと退職を含め悩んだのですが・・・

新しいところで新しい気持ちでやってみて欲しいということで、
会社が丁寧に説明をして下さったこともあり、
今回の転勤を受けました。


だけど失敗したんだから仕方がないんですが、
最後まで責任を持って終結させられなかったことが無念なんです。
残していくスタッフ達に申し訳ない思いで後ろ髪を引かれる思いです。
その場にいる者たちにしか絶対に分からないことってありますから・・・


それでも失敗した張本人なのに、
お給料もグレードなども全く変わらず
首や降格にならないだけでも良しなのでしょうね。



昨年は、その問題で1年間ずっと悩みましたし、
今年は年初から、この転勤話で自分の中で折り合いをつけることに
時間と労力を使いました。

1月に靖国神社に行ってみたのも、このことで思い悩んでいたからです。
靖国神社に行ってみました


それにサラリーマンとは因果な商売です。

転勤辞令というひとことで、
今までの生活全てが一瞬にしてぶった切られるのです。

私は、家族がいないのでまだいいですよ。

だけど、家族を含めて生活全てをぶった切られるって辛いものです。


私の場合、なかなか慣れなかった前任地、
ようやく休日ひきこもり状態から抜けて
その地を好きになってきて生活を楽しめるようになってから、
約1年、段々知り合いも出来てきたし、
まだまだやりたいことも出来て来ていた矢先だったので、
残念で仕方ありませんでしたよ。

3年半前の転勤は、いずれまた帰ってくるホームベースを
離れるという意味で、寂しさは今回より少なかったように思います。

でも今回は、前任地が元々縁もゆかりもない街でしたから、
もう二度と戻ることはないでしょうという思いがあって、
離れる時、意外に前回ホームベースを離れる時より
辛かったように思います。

スタッフたちが、盛大な送別会をしてくれたことも、
余計名残惜しさを増幅させたと思います。


そして、ちょっと自慢しても良いですか?

会社からは叱られてしまった私ですが、
前任地のスタッフたちから、
私の口からの転勤辞令の発表を聞いた途端、
顔を覆ってしゃがみこんで
「無理~、そんなの無理~・・・!!」と言って
泣き出すスタッフ、周囲も貰い泣き・・・や・・・

「僕を新しい支店に呼んでください!」
理由を聞くと、
「僕は、支店長のことをとても尊敬しています。
社会人としてなど、とても大事なことを沢山教えていただけました。
今までそんなことを教えてくれた上司はいません。
これからもまだ教えていただきたいんです!」

他にも「祖母の家が、その街にあるのでそこから通えますから、
行かせて下さい!」

など・・・自信をなくして羽が折れてしまっていた私に
涙が出るほど嬉しい申し出を複数いただきました。

これらは失敗したとはいえ、一定の成果というか、
私の存在価値をこの支店に残せたのだなと感じられる、
次への意欲に繋がる感動的な出来事でした。





で、現在。

ここまで時間をかけて悩んだおかげと
新天地に来てみて新しい支店の様子も分かったことで、
気持ちも落ち着き、この地でしばらく頑張ってみようという気になっています。


何があっても、一つは時間が解決してくれるというのは本当ですね。


それに心配していた新天地、
住みやすそうな街で住みやすいマンションが見つかったことも
気が楽になった要因の一つになっていると思います。

案ずるより産むが易しとはこのことでしょうね。


実は先日、ノレソレのお店で初対面の人に
食事をご馳走してもらったというのも、
この街に新しいお家を見つけに来ていた時のことだったのです。
親切な人にご馳走してもらった話

私に地元の色んなところを紹介してくれながらのことでした。
餞のお気持ちがとても嬉しかった経験でした。


そんな経験もあったものですから、この地は既にお気に入り♪


新しい賃貸マンションも広々としたリビングからの眺めの良さが
想像よりも居心地良く、カーテンを買って付けたいのに、
眺めが良すぎてカーテンも付けずに昼間の暖かい光と
夜は工事中のクレーンの先っぽの赤い点滅ライトなんかが
混じった夜景の景色を綺麗だな~と眺めています。

もう少し、陽射しの強い季節になる前にはカーテンを付けようとは思いますが・・・



そんなこんなの引越しの顛末と現在ですが、
心機一転こちらでの新生活、楽しもうと思います。
そして、仕事の面では、新たな自分の価値を見出して、
出世とかはしなくていいけど、汚名挽回は絶対にしたいと思っています。

もういい歳なので、それなりのペースで仕事をしたいと思うのですが、
まだまだもうひと頑張りが必要なようです。



最後になりましたが、私の恥ずかしく赤裸々な話、
今回は、この複雑な出来事と思いを絶対に忘れまいと
残しておきたく記入しました。

長々と読んでくださり有難うございました^^





関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

そんな経緯があったのですね。。。おつかれさまでした。

たしかに去年は時折、仕事で思い悩んでおられるのかなーと感じる
記事もありました。

ちらっとでも仕事に触れる記事の時には、責任感の強さとか、
思慮深さとかがいつも伝わってきます。

それにしても、異動で部下たちが泣いたり着いていくと言ったり、、、
すごい人徳!!!
何かトラブルがあったにせよ、すばらしい上司だったんですね。

新天地でのお仕事でのご活躍&私生活でのいろんな出会いも
楽しみにしてます^^

NoTitle

EkaterinaYoghurt 様

こんばんは。新天地での暮らしを応援しています!私もですが、サラリーマンはいろいろあります。でも、身近な仲間や、こうしてブログを通じて応援しあえる仲間のおかげで頑張れるような気がしてます!お互い、体を大切にしながら仕事も遊びも全部満喫した人生を送りたいですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

それは落ちこんじゃいますよね。それもそんな問題が一年も続いたのであれば。だけど、会社は新しい職場を提供してくれて、部下からも尊敬されて、新天地は赴任以来いいこと続き。そして、今迄以上にがんばってやろうって気持ちが再燃している、、転禍為福とはこのことですね!サラリーマンもそれなりのポジションになると、色々ありますよね。だけど、どれを選んでも、自分で選んだ物を正しく仕立てるしか答えはないんですよね。そういった意味でも最善のスタートを切られたと思います。頑張ってください!

NoTitle

会社は組織なので、冷たいですよね・・・
わかってはいても、一度の失敗が許されないんですよね
やるせない思いが伝わってきて、思わず涙がこぼれそうになりました
前任地の社員からの慕われてた気持ちに胸もいっぱいになりました
きっとそれはEkaterinaさんが残した財産で、社員の糧になるはずです
きっとその思いも報いてくれるでしょう

そんな矢先の居酒屋での出会い、なんともいえず素敵ですね
一期一会大事にしていきたいです
新天地でまずますのご活躍をお祈りしてます!

ふとかつさんへ

こんばんは^ ^

ここぞという時の応援メッセージ、お優しさが心に沁みます。
今回ばかりはブログをやっていて良かったなと本当に思いました。

それと新天地で新たに仕事を頑張る以外にふとかつさんみたいな共感力と温かさを磨き、私も精神的に周囲を助けていきたいと思いました。。

有り難うございました。
これからも宜しくお願いします♪

シークレットコメントさんへ

サラリーマンは、時に理不尽だったり思わぬことになってしまったり、本当に儘ならない稼業ですね。
みんなどこかで辛い思いをしているのだなぁと経験談を拝見しました。

私は比較的、恵まれた環境にいるのだろうとまだ思っているのですが、それでも悔しい思いがありますから、今回のことを教訓に今後は上手くやりぬかなければと思います。

今回いただいたメッセージは、同じような経験をされてる方からのものとして、とても励みになりました。
本当に有り難く涙が出そうでした。そして癒されました。本当に有り難うございました。




bonzofire さんへ

コメント有り難うございました^ ^

まだ転禍為福とは完全に思えないのですが、こちらに来て良かったなと思える部分が日に日に増幅しています。
そして、今になって前任地を振り返って気がつくこと、思うこともあって・・・
上司が場所を変わった方が良いと言ってくれていたことが、今になって肯定的に捉えられるようになった気がします。
今回の転勤は、上司の思い遣りだったのかもしれないですね。

何とか現状維持でこちらに来られたことを有り難く思い、頑張ろうと思います。
今回いただいたコメントの中に沢山のヒントがあり、気付きのきっかけも有りました。

いつも励ましコメント、本当に有り難うございます。
これからも宜しくお願いします。



Yottitti さんへ

今回の記事、暗かったですよね(^^;;
なのに最後まで読んで下さり、また温かいコメント本当に嬉しかったです。

Yottitti さんとはブログ上とはいえ、お付き合いが長いせいか、つい甘えてしまう気持ちがあるようで、共感コメントいただけたことに何だか安堵感さえ覚えました。

色んな経験をしながら、こんな年齢になってもまだまだ成長していくのでしょうね。
今回のことで命まで取られた訳ではないですし、生きる過程において挫折する人も沢山いる訳ですし、こうやって応援、励ましてくれる人もいらっしゃる訳で・・・
挫けてないで、前を、いえ上を向いて頑張って行こうと思います。

本当に有り難うございました♪
これからも是非とも宜しくお願いします^ ^






さえさんへ

お疲れ様でした・・・なんて仰っていただいてホッとした気持ちになりましたし、又頑張ろうって思えました。
温かいコメント有り難うございました。

無機質なPCの画面の向こうにさえさんという生身の温かい人がいることを感じました。
本当にブログやってて良かった^ ^

決して良い上司ではなかったと思いますが、そんな風に思って慕ってくれていた人もいることを最後に知って、何とか気持ちを繋げられたような気もします。

これからも楽しいこと悲しいことを発信していきたいと思います。今後もお付き合いいただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします♪






NoTitle

納得いかないことや理不尽なことたくさんありますね
EkaterinaYoghurtさんは責任感が強い方なので
自分のことだけじゃなく部下たちのことも含めてすごく悩んだと思います

辛い経験は糧になる!
ご自分を大事にして
新天地での生活、楽しんでくださいね


honey*caramelさんへ

温かいコメント有り難うございます♪

置いてきた部下達を昨年は巻き込んでしまって嫌な思いをさせました。彼らにとってはまだ問題は終わってないんですよ。なのに何だか投げ出したみたいで本当に辛かったです。
問題の渦中も信じて付いてきてくれ、頑張ってきてくれたスタッフに今後は恩返しもしたかったんです。
でも、会社というところはそんなに甘くはないですね。

昨年は、もう私、このままだと狂ってしまうんじゃないかと思うところまで行ってました。
今後は自分を大切にもしていきたいと思います。

コメント嬉しかったです^ ^




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/784-31d78d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

午後は自由♪ «  | BLOG TOP |  » さっぱりと!2

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (506)
海外旅行 (16)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (35)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示