topimage

2017-08

フランス旅21(リヨン ノートルダム大聖堂) - 2015.02.12 Thu



ケーブルカーで上りきったところがフルビエールの丘です。





ケーブルカーの駅から出たらすぐ正面にノートルダム大聖堂があります。





たぶん、ここはリヨン観光のハイライトでしょう^ ^





又、リヨンの街の至る所から眺められる街のシンボル的存在。





市民の献金により、1872年から建築が始まったのだそうです。





19世紀に絹織物で大成功した街ですから・・・

お金持ちな市民が多かったでしょうから、こんな立派な大聖堂を作ることが出来たのでしょう。





こちらの大聖堂は、大理石やモザイク、ステンドグラスなどが見所だそうです。





なるほど、とこを向いても美しい大聖堂でした。





モザイク画。








天井。





ステンドグラス。


ロン毛のおじさん(キリスト様)を抱いたマリア様かと思ったら・・・

後で写真を拡大して確認したら、ちゃんとロン毛の少年だったという・・・(^^;;





などとね、おちゃらけてますよね~。





床。





みんながお金持ち過ぎて、金に糸目はつけてないって感じの美しい大聖堂でした~♪





歴史はよく分かりませんけど、フランス革命後で君主がいない、貴族は没落してたかどうか知りませんが、既に共和制を取っていたフランスでは、人民の力は大きいものだったのでしょうね。





王様や貴族じゃなくて、人民による街づくりの象徴なのかな~と見ながら思いました。



今回は、5回目のフランスでしたが、フランスに行く度にいつも思うのが、街並みなんかがそれこそ今でも王様とかお姫様、◯◯貴族とか出てきそうなのに、実はいないという、そんな歴史を持ったフランス。


王様や貴族が居たからこそ生まれた文化や街並みなんじゃないかと思うのですが、それら不在で(民衆で倒した)、今もその遺産の上で生活している逞ましい民。


何なら、それのお陰で食べているといってもよい人達が、恐らく日本よりも大勢居るのでは?と思うのです。
(文化や建築物を大事にして受け継いでいる人達なので)


なのに、王様は居ないって、良いのか悪いのか、そのどちらでもないのか?は知りませんが、私としては、なんか皮肉だな~と・・・


王制が続いてたら、フランスが今どうなっていたかも分かりませんが、何となく私の知っているフランス人気質みたいなものとフランスの歴史と今を照らし合わせてみると、彼ららしいな~と思うのです。




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

ノートルダム大聖堂、写真がきれいでうっとりしちゃいました
フランスらしい華やかだけど、きらびやかで厭味のない上品な教会ですね
私はあまり考えたことがなかったけど、国民の力って大きいのでしょうね
そして立派な教会は、人々の誇りとなり自信につながるのでしょうね

王政ではないのに、王様・お姫様なイメージのフランスですよね~、確かに。
民衆からしたら、自分たちが働いた税金で造ったものが自分たちに戻ってきた、という感じなのでしょうか!?
私達もせめて年金くらいはしっかり返してもらわないと(笑)

フルビエールの大聖堂、前回行ったときはクリスマスのミサ中で中をじっくり見られなかったので、天井や床、モザイクなど細かく写真を載せてもらえて楽しめました~♪

Yottitti さんへ

そうなんですよね〜、こちらはイヤミのない豪華さでとてもバランスが良い大聖堂でした^ ^

民衆の力というのは、やっぱり大きいのだろうと思うのが、現代でも政変が起きた過程で民衆が奮起してというのをTVなどで見るので、やっぱり人の力とか想いって大きいのだろうと思うのです。

ポケさんへ

なるほど〜、納めた税金の恩恵と考えれば皮肉でもなんでもなく思えますね^ ^

他のヨーロッパの王族のニュースなどを見ると、なんかフランスにも居そうなのに居ないのよね〜と思ってしまいます。

そして・・・そうでした!
いく先々で何かとイベントなどに出会うという持ってるポケさんでしたね^ ^
そういうのって幸運の持ち主だからなんだと思うんです♪

でも、私の写真で再確認していただけて嬉しいです^ ^

NoTitle

エカテリーナさん❤️
リヨン!行った事ないんですよ。
ローマから王様まで(笑)ぎっしり詰まってそうで、一度行きたい場所なんです。
さすがにノートルダム。圧感ですね。

ボルフィさんへ

リヨンはなかなかの観光地でしたよ〜♪

ローマの遺跡から近代、現在と見どころいっぱいです^ ^

写真で雰囲気を感じていただけると嬉しいです♪

NoTitle

今回の記事を拝見して、フランスの歴史とフランス人気質って確かにつながりあるんだなぁと感じました。
お洒落で軽やかに見えるフランスの方々。
でもフランス革命の熱い魂のDNAがある。
静と動のバランスの大切さ…国は違っても伝わるものがありますね。

NoTitle

こんなにデコラティブなのに下品にならないのってすごいですね。素敵です。
これもフランスマジックかしら(笑)?

そしてステンドグラス、きれいに撮れてますね^^

フランスって確かにガチガチの共和政、って感じで近代・現代史で
習ったけど、王侯貴族が栄えていたからこその文化ですよね。。。

おもしろいです。市民はどう思っているんでしょうね。

anessa さんへ

フランス人は、間違いなく日本よりも美しいかどうかということを、時に機能よりも大切にすると思います。何なら機能も良くてデザインも良いですね。

もし、フランスに昔王様や貴族が居なかったら、あれだけの文化は花咲いていないと思うんですよね〜。
日本だってそうじゃないですかね?やっぱり平安貴族や後世には庶民がお金持ちになるまでは、武家が文化をリードしていたでしょう。
どこの国でも庶民だけならやっぱりもっと粗野な文化しか出来上がっていなかったと思うんですよね。
なので、私は日本にまだ歴史をリードしてきたというか、文化を作ってきた皇族がいることをとても誇りに思うのです。
フランスは歴史上必要だったのかもしれませんが、王族がいないのは、それこそそれが人間社会の営みの中の変化といううねりなのかもしれませんが、そこで王族が中心となっていた文化は一旦途絶えた訳で、外野なので好きなことを言わせてもらえば、残念ですねって思うのです。
でも、民衆の力はきっと日本の民衆より強く逞しい気がします。そこは羨ましいですね。



さえさんへ

デコラティブなのに下品にならないギリギリのラインで完成させるセンスを持っているのが、フランス人ならではですよね〜。
どうしてそんなにセンスがいいの?って思います^ ^

私は、王族がいたからの今の文化や遺産だと思うのですが、庶民のセンスの良さを見たら、その説も疑問かもですね(^^;;

ですけど、フランス人はきっと自分たちの文化に誇りを持って自信満々なんだと思います。

ステンドグラスは、それそのものが綺麗だったので、カメラを構えたら撮れちゃいました^ ^
コメント有り難うございました♪



NoTitle

え〜と、、あのパリの小高い丘の上にある教会を思い出しました。外観こそ違えど、15年くらい前でうろ覚えですが、壁画の青色と金色、、がとてもよく似ているような感じがします。
ステンドグラスなどとても奇麗に撮れていますが、僕的には、床の写真のアングルがとても好きです。
僕も、格差、それも絶対的な格差がないと、後世に残るような文化は残らないと思います。これだけの教会を作るには、もの凄い権力、財力、知力が必要なわけですが、、今じゃそれだけの人や時間を動かして何かを創るなんて、ありえないですよね。今の物で、そのまま後世に残る物なんて、、何にも無いと思います。

bonzofire さんへ

私は行ったことがないのですが、モンマルトルのサクレクール寺院ですかね?

よく分かりませんが、宗派が同じとか、フランスらしさが表れているとかいった装飾なのでしょうか。

私も大聖堂の床の写真が気に入っています♪
何気ない写真なんですが、しゃがんで撮ったのが良かったような気がします。
ちょっと大変でも体勢を変える、高さを変えるなどするだけで、雰囲気の違う写真が撮れるものですね^ ^

後世に残る文化説、ご賛同いただき嬉しいです。
権力も知力も財力も注ぎ込んで、その時代最高のものを作ってきた歴史が発展ももたらしたのでしょうから、無駄遣いみたいに見えても意義深いですよね。
今は、何でもコンビニ的な世の中になってしまいましたから・・・
将来の人類は、遺跡・史跡を見るという観光は出来なくなるかもしれませんね(^^;;



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/776-d731c838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フランス菓子 «  | BLOG TOP |  » 「細雪」

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (246)
ジョギング (15)
美味しい!! (104)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (543)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (21)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示