日本画鑑賞は勉強になりました

2 0
日記



一つ前の記事、着物で外出した先の美術館のことについて書きます。



今日の美術鑑賞、主に日本画鑑賞が目的でした。


着物の美人画も沢山あって、美しさにウットリでした。


女流画家の作品も多かったですが、美人画は男性画家の方が、そこはかとなく色気を感じる美人が多く、楚々とした中に感じる生き物としての女性を感じて好きだなと思いました。

女流画家のは、清楚で綺麗。
お人形みたいな美しさにのものが多いと感じました。


で、展示は作品ごとに画家の紹介と絵の解説が丁寧に為され、絵の中の着物の柄や素材についてまでも言及されており、着物好きにとってはこの上ない美術鑑賞となりました。


一つ着物の染付けの技法について学ぶことが出来ました。


私の付け下げの裾の方に付いているゴールドの松葉柄のようなプリントに見えていた模様に良く似た柄の裾模様の着物を纏った絵が有りました。


解説には摺箔と書かれてました。


家に帰ってから調べたら、生地に漆を糊として塗り、上から金箔を乗せて余分な金箔を払ってゴールド色の柄にするというもの。

古い技法だったんですね。

私の着物の技法はそれなのかどうか見分けはつきませんが、一つ覚えたという意味では勉強になりました^ ^



そしてもう一つ。


こちらは日本画ではなく、工芸品のコーナーで見た布から得た知識。


絣というのは、思っていたよりも大変な作業工程を経て作られるようです。


デザイン画の模様になるように経糸もしくは緯糸、またはその両方の糸をそれぞれ何パターンにも分けて、それぞれ部分部分を縛ってから染色することで、縛った部分は防染され、1本の糸を少なくとも2色以上に染めて、それをデザイン画の通りに経糸なら経糸として並べてから織り上げるらしいです。


私はてっきり織りの生地って、例えば2色の糸を経糸と緯糸で織る時に、柄の部分を表と裏に出す色を変えることによって作られると思ってました。


デザイン画通りに部分部分を染めて、それを一本一本ズレないように経糸として織り機に並べて緯糸を通して織っていくとか・・・

途方も無い作業です。


私、正直、絣ってあんまり好みの雰囲気ではなかったのですけど、この技法を知った今は、先日の紬の絣、前より気に入ってしまいました。





今日、美術館で見た織りの一部です。


インドのグジャラート州産の古いもの。




すごく細くて、技法を文字で知っても作業については全く想像がつきません。





インドネシアのもの。




ちなみにこれはプリント。




プリントにはプリントの良さがありますけど、織りの凹凸感とかは、見ていてやっぱり高級感を感じますね。



こういった技法は、インドとかあちらの方面で出来たものが、東南アジア辺りを経て、沖縄に辿り着いて日本にも広まったそうです。


よくイカットと呼ばれる東南アジアの布も同じルーツなんですね。


などと、今日は、はらはらと灰雪が舞い散る寒い日でしたが、その雪も又風情を感じさせ、着物を着て楽しく収穫の多い美術鑑賞となりました~♪




関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

Yottitti  

NoTitle

織りは全然豪華さに重みが違いますよね
手間暇かけると、やはり違うものですね
人の技のすごさを感じます

2015/02/11 (Wed) 15:47 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Yottitti さんへ

織りってパタパタと織るのが大変なのかと思っていたら、その前もかなりの作業をしていることを知ってびっくりと共に感心しています。

そして、その技術はインド辺りから〜と知れば、益々興味が湧いてきます。

織りは立体感の豪華さが素敵ですよね^ ^

2015/02/11 (Wed) 23:45 | EDIT | REPLY |   

Add your comment