フランス旅19(リヨンへ)

8 0
フランス2014


年が明けたというのに半年以上前の旅行記がまだ終わりません(^^;;


間にカトマンズ旅行記を挟んじゃったので、こんなことになってしまいました。





さて、フランス旅行はもう最終版、この日はエクス・レ・バンからワンデートリップでフランス第二の都市、リヨンに行って来ました。


まずリヨンの位置。





エクス・レ・バンとの位置関係。





100㎞くらいです。
(徒歩で経路を調べてしまったので、すごい時間が乗ってますが・・・)


電車で乗り換えなしで1時間20分くらいでした。

これが4人分の往復切符。






1日で行って帰って来なければならないので、私達にとっては早めの朝8時半くらいの電車に乗りました。





途中の車窓の景色をどうぞ^ ^


途中で見えた小さな町。




こんな田舎の可愛らしい小さな駅に停まったりしながら進むわけです。




永遠と続くかと思われる田園風景は・・・




時に町、時に村を繋いで次々に趣を変えた姿を現してくれました。




ずーっと見ていても飽きませんよ、こういう景色は^ ^・・・




それに加えてかしましい女四人ですからね、お喋りに花は咲くわで・・・




お天気もこの素晴らしさですからね、目的地への期待はパンパンに膨らみます^ ^





あっという間の電車旅で着いたのは、リヨンのこの駅。


Part Dieu駅です。




駅舎の中はこんな感じ。現代的で実にオシャレ♪







ま、何故だか日本人、いえ私・・・

おフランスと言ったら何でもオッサレ~♪♡☆に見えてしまう病にかかっていることもあると思いますが、この時点でテンションMAX!!でした。



なんですけど、誰もガイドブックを持ってません。

私はこの旅行の行程作りと交通関係の下調べと各種手配で手一杯だったので、
他のメンバーにこの地の観光について調べておくように命じてた
(^^;;(私が一応この旅のリーダーだったので・・・)のですが・・・


案の定グダグダで・・・


取り敢えず、駅の壁の大きな地図で見つけたツーリストインフォメーションのある場所まで移動してみることにしました。


地下鉄で移動。




知らない土地でも四人集まれば、何とか行けちゃうものですね。


着いたところは、ベルクール広場というところ。








やたらだだっ広い広場でした。


後で調べたら、フランスでも3番目に大きな広場ということで、それなら納得の広さです。


こちらの隅っこの方にツーリストインフォメーションの入っている小さな館がありました。


みんなにはこの景色の見えるベンチで待ってて貰って、
私一人でツーリストインフォメーションに行って観光ルートを聞いて来ました。




とても親切なお姉さんが、対応してくれました。

観光日程を聞いてくれ、1日と答えると、
1日で回れるベストなコースを地図に書き込みながら案内してくれました。





リヨンのこと、あんまり知らなかったのですが、
食いしん坊の私、美食の町ということだけは知っていましたので、
美味しいレストランも聞いときました^ ^


さすがに美食の町を謳っているだけあって、
こんなチラシみたいなのが用意されてあり、リヨンの美食認定を受けているお店が載っているようでした。

それらの場所も地図に書き込み、ルートの途中で寄れば良いでしょうなどと教えてくれとても親切です。





丸印で囲ってある三件が、私たちの行くエリアでのオススメでした。



ということで、この日の予定は貰った地図の中に収められ、
その地図を携えて、リヨンの観光スタートです!



もうすぐにいきなり凄いのが遠くと近くに重なるように見えて来ました!





これはリヨン、期待が更に高まります!


次回に続く・・・





関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

Yottitti  

NoTitle

ヨーロッパの電車の旅で、流れる景色を見てると楽しいですよね
フランスって何もかもプリティに見えてしまいます

リヨンでもみんなガイドブックを持ってないって~
でも私も昔はそうでしたし、どうにかなるものですよね
その点、意外にどうにかなる~と思える女性のほうが潔いと思います
それに聞いたら、日本のガイドとは違う本当の見どころがわかるから、かえってよいですよね~
美食の街に観光に楽しみです~

2015/02/03 (Tue) 15:06 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Yottitti さんへ

フランスをはじめヨーロッパの景色は本当に美しいですよね〜♪
アジアとは全く違った風情に夢心地〜になってしまいます。

特にフランスは良い感じに近代的で良い感じに古さや自然もあって、バランスが良くオシャレだし、何故にこうも誉めそやすのか自分でも分からないくらいです(^^;;

そうなんです!またもやガイドブック無しです(^^;;
突然行ったカトマンズの時に買って調べる暇もなかったのとは違い、しっかり準備しての旅行でしたが、最近はどこでもネットが使えるので、そんなに旅するのに困難でないフランスくらいだと行き先で調べながらでも何とかなっちゃうよね〜なんて思っちゃう訳です。
実際何とかなりましたけど、やっぱり詳しいことはガイドブックを見ながらの方が理解が深まります(^^;;
ですけど、日本人の見識に偏っていないところに行けたりして、こういう案内ってあんまり利用したことなかったんですが、今後は利用してみようと思った経験でした^ ^


2015/02/03 (Tue) 16:22 | EDIT | REPLY |   

さえ  

NoTitle

フランスだと何でもおしゃれに見えてしまう病(笑)。
そのフレーズにツボりましたが、自分も完全にそうかも。。。

フランスマジックですね。

リヨンの街、いいですね。続き楽しみです。

ツーリストインフォメーションのかたが親切なのも素敵♪と
思ったのですが、会話はフランス語?英語?

そういう場所のスタッフをされているような人だと、英語で
話してくれるのかしらん。

2015/02/04 (Wed) 19:11 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

さえさんへ

そう、アメリカには憧れないけど、何故だかフランスには憧れてしまうのです(^^;;
フランス人は屁理屈捏ね屋みたいな人も多いけど、美しいことをスゴく大切にしている精神は素晴らしいと思うのです^ ^

ツーリストインフォメーションの人は、英語で色々教えてくれました。
可愛らしい若いお嬢さん、リヨンの印象も上がりますね♪

リヨンはとっても素敵な町でしたよ。良かったらまた写真とか見て下さいね^ ^

2015/02/04 (Wed) 20:44 | EDIT | REPLY |   

ポケ  

NoTitle

電車の車窓からの風景、なんか涙が出てきそうなくらい懐かしいです(^^)
やっぱりヨーロッパの景色が好き!

ベルクール広場の近くにインフォメーションがあったのですね。知らなかった。
リヨンもやっぱり観光地なのですね~。

2015/02/06 (Fri) 15:19 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

ポケさんへ

ヨーロッパの田園風景、ポケさんの第二の故郷とも言える風景ですよね^ ^

涙が出そうなほど懐かしくていらっしゃるなんて、どこに住まわれていても心はいつもヨーロッパなのですね、きっと^ ^
妹さんもいらっしゃるので尚更でしょうね。

リヨンって良い観光地というか旅行先だと思いました♪
観光出来て、都会だからショッピングなんかも楽しいでしょうし、美味しいものも食べられて、もっと人気が出ても良いと思いました♪

2015/02/06 (Fri) 23:01 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

NoTitle

フランスは、ボルドーからツールまでTGVに乗ったことを思い出しました。東海道新幹線のように、どこからが街でどこからが田舎なのかわからないような中途半端な景色に比べて、、突き抜けるような大空、広大な大地を突っ切っていく快感、それにスタイリッシュな内装、、これこそが新幹線って感じがしたのを覚えています。リヨン、、の旅行記楽しみです!

2015/02/08 (Sun) 12:24 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

bonzofire さんへ

そう、TGVは、内装はスタイリッシュだし、静かな空間だし、車窓は絵画みたいだし、夢がありますよね、それだけでも乗る価値があると思います!

日本はやっぱり狭いんだって思います。
狭いのに人口多過ぎなのですよね(^^;;
景色にもそれが現れていると思います。

2015/02/08 (Sun) 21:36 | EDIT | REPLY |   

Add your comment