日本カメラ博物館

6 0
カメラ・写真


久しぶりのカメラネタです。


前から気になっていた半蔵門の「日本カメラ博物館」に行ってみました。


先日の靖国神社のついででした。



そういえば、私、ミュージアムに行くのが好きなのに、
少し前に記した「2015年を愉しむために」

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/blog-entry-761.html

に記すのを忘れていたので、後日、⑦番目 ミュージアム巡りとして追加しました^ ^




さて、日本カメラ博物館。

面白かったです^ ^





出版会社の宝島社のビルの地下のようです。


エントランスでは、古いカメラに屋外にて出迎えてもらいました。





このカメラは、向こう側の椅子を写してました。
椅子は、カメラモニターでは逆さまに写っています。






さあ、中の見学。


300円。安い^ ^



受付から全体が見通せる程度の小さな博物館でした。


古い時代から年代別に主に日本のカメラの進化の過程が展示されていました。


興味深かったのは、コニカミノルタ、カメラ部門を今はソニーが引き継いでいますが、昔は小西本店という会社でカメラ博物館の様子からは、日本のカメラの創始期は、この小西本店がリードしていたようです。

栄枯盛衰を感じます。


又、今はライバル関係の二大巨頭、キャノンとニコン。
昔、ニコンがキャノンにレンズを提供していたこともあるらしいです。



そしてよくスパイ映画で使用される小さなカメラ。

私、第二次世界大戦のスパイとか工作員の映画を観るのが好きなのです♪

観ていて、あんな小さなカメラが昔あったのかしら?と思ってましたが、“あった”ようです。

その頃はまだ外国のカメラの方が進んでいたようですが、日本製でも既にあったようです。

性能まで分からないので、果たしてスパイ活動で本当に使えていたのかは分かりませんが、以前からの疑問は解けました^ ^



カメラ内部を分解して見せるコーナーも有りましたし、カメラ好きには堪らない場所でしょう。



日本は、工業製品の強い国とはいえ、近年は外国勢に押され気味のところ、カメラはまだ高いシェアを保っている数少ない製品ではないでしょうか?


カメラ好きの端くれの私ですが、ずっと応援していきたいと強く思いました。



分館のようなところでは、ポートレートの展示もやっていましたが、今回はパスしました。

好きな展示の時は、又行ってみたいと思います♪




関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

ポケ  

NoTitle

古いカメラ郷愁を誘いますね。
実家には父が持っていた手巻きのカメラがありましたが、
手巻きなんて今の人は知らないだろうな~。
というかフィルム自体触ったことないか(^^;)
ここの博物館には行ったことがないのですが、
六本木の富士フィルムの博物館(?)に行ったことがあります。
緑のフジカラーのフィルムのパックを見てとっても懐かしかった!
思い出を残すカメラもまた思い出ですね。

2015/01/21 (Wed) 07:36 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

NoTitle

日本カメラ博物館、古い機種がおいてあるのが魅力ですね
入口前において古い機種、さかさまに映るっていうのはテレビでしか見たことがないので、新鮮です

精密機器の会社も合併を繰り返し複雑化してますが、小西本店が日本の現在を作ったかもといっても過言ではないかもしれませんね
まだまだ日本は先端を歩いていってほしいと、日本製品から浮気せずに応援します!

2015/01/21 (Wed) 17:36 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

ポケさんへ

自分の例を取っても、カメラ好きにはなる前から、歴代の持ってたカメラは、いろんな所に一緒に行った思い出なんかでなかなか手放しずらいものが有ります。

カメラって郷愁を誘いますね。

私の父も一眼レフみたいなフィルム式のを持っていたことを思い出しました。
あれ今頃どうなってるんだろう?って気になりだしてしまいました。
今度、父に聞いてみたいと思います^ ^

フィルムは、もう近頃の人は知らないのでしょうね〜(^^;;
富士フィルムのミドリのパッケージ、懐かしいです^ ^


2015/01/21 (Wed) 20:38 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Yottitti さんへ

私もそうです、機械物は日本製から浮気しないで買い続けようと思います。

古いカメラで被写体が逆さまに写っているのを初めて見たので、興味深くて写真を撮ってしまいました。
骨董品みたいな扱いじゃなくて、写すものということが分かる展示で、さすがカメラ博物館だと思いました^ ^

2015/01/21 (Wed) 20:42 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

NoTitle

博物館のこと全然知りませんでした。
小西本店も知らなければ、その昔Nikonがキャノンにレンズを供給したことも知らなかったです。あまりにもの無知なので一度僕も勉強しに訪れてみたいなと思います。 
何でもそうですが、昔はカメラ一つでも、「逸品」って重みがありましたよね。今は、身近になったのはいいことだと思いますが、カメラ自体は、使い捨ての道具みたいな、なんとも存在が軽くなったような気がして、そういったところが気になります。



2015/01/22 (Thu) 23:10 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

bonzofire さんへ

もし、お時間あったら、いつか行ってみて下さい。ちょっとは面白い発見などあるかと思います^ ^

だけど、ホントに小さいところで、展示も凝っているわけではなくて、ただ古い順にカメラを並べている程度くらいに思って出掛けていただいた方が良いと思います(^^;;

確かに今は、何でも大量生産の時代で逸品というのは少ないですよね。何にしても普通に暮らしてて逸品に出会えることって先ずないといって良いでしょうね。
最近、着物に興味を持ち始めてから思うのですが、昔の着物や帯、それはそれは美しいものが多く、現代物だとそんなクラスには手が出ない程希少(^^;;
昔の着物を見たら、誰だって欲しくなってしまうと思います。
カメラもそうですね。大量生産品は、撮る機械なだけで、軽々しい。ま、そういうのを求められてる時代なのでしょうが・・
カメラ博物館では、思わず手に取ってみたいと思わせるカメラたちがガラスケースの中に勢揃い。
昔は一部の裕福な人たちの為のカメラで良かったので、ゆっくり良いものを作れたでしょうね。
今は、私を含めて大勢の庶民の大量消費時代なので、それに合わせたもの作りになるのでしょう。
ま、そのおかげで色々と楽しませて貰ってるのですが、たまには良いものを見て目を養うことも必要ですよね。




2015/01/23 (Fri) 09:32 | EDIT | REPLY |   

Add your comment