カトマンズ記12(パタンのダルバール広場)

8 0
カトマンズ2014



久しぶりにカトマンズ記を更新してみようかと思います^ ^



カトマンズでの滞在は、たったの3日間で、その3日目のレポートです。

(ここまでのレポートは、左側のカトマンズカテゴリーにまとめていますので、見ていただけると嬉しいです^ ^)



カトマンズから南へタクシーで確か30~40分くらいのところのパタンという町に行ってみました。





カトマンズとバクタプル、このパタンなどを含め、カトマンズ盆地として世界遺産に登録されています。


このパタン、カトマンズ盆地では一番古い町で、その昔は首都だったそうです。


商業やビジネスのカトマンズに対し、文化芸術のパタンと呼ばれている町ということで、かなり楽しみにして出向きました。



なんですけど・・・・


タクシーを下車して、ほんの数歩で派手に転んで・・・というか、段差から落ちて足を傷めてしまいました。


この写真の左端の小屋の前の段差、ここから派手に落ちてしまったんです(^^;;





結構高さがありましたね・・・(^^;;

30~40センチくらい?
その下、落ちたところはほんの少し浅い溝になっており、その上に落ちて足首を捻ったもので、その後捻挫と化しました(^^;;

今は、大方治ってますが、まだ完全ではなくどうかすると痛みます(^^;;



で、ここで落ちてしまったことが、この日の一番の衝撃で一番の記憶となってしまい、又、日にちも経ってしまったことから、このパタンについてはウロ覚えなことが多くなってしまいましたが、レポート続けます。



段差から落ちてしまい、駆けつけてくれた現地人ガイド複数に起きあげてもらい、氷を貰ってしばらく局所を冷やした後に、転けたところの小屋に料金を支払いました。


その後で、この上の写真を撮ったのですが、こちらはこのパタンのダルバール広場を一望出来る展望台みたいになっている商店の屋上なのです。


地図もガイドブックも持っていなかった私、どうしてこの屋上にたどり着いたのか?
全く記憶がありません・・・(^^;;


思うに起き上がらせてくれたガイドさんが教えてくれたのだと思います。


無料です^ ^


上がってみたらおじさんがいて、親切に写真を撮ってくれました^ ^


皆さんとても親切です。


この商店の周辺、ダルバール広場の周囲は、ちょっとした商業エリアだったと思います。





こんな感じって・・・インドと変わりありません。

ちなみにこのカトマンズ盆地、後で知ったのですが、インドのバラナシからたったの500km程度のところだったのです。

東京~大阪くらいね・・・


そりゃ、インドだわよね~(^^;;



では、このパタンのダルバール広場を観光してみましょう。


ところでネパール、どこに行ってもダルバール広場という名前ばかりと思ったら、「ダルバール」というのは、「宮廷」という意味だそうで、各町の宮廷広場ということだったようです。



この日は、SONY NEX5のキットレンズの焦点距離55-210を持って出かけていました。

ここからの写真は、このレンズの写真です。



色んな形の建物が集まっていて面白いです。





どれもそれぞれ丁寧な彫刻が施され素晴らし過ぎて目が離せません。








最初に一度、料金を払っておけば、こちらのどの建物にも入れます。


一番立派そうで、奥のある出入口の建物に入ってみました。

王宮でした。





まぁね、宮廷なんだから当たり前ですけど、どれもこれもど迫力の芸術品なのです。





大好きなヨーロッパでも結構王宮だか宮廷だかみたいなところに行きましたけどね。

今でこそ発展度などは、ヨーロッパに負けてますけどね、ここの芸術的価値は全く負けていません。





素晴らしいです。

そして宗教色が濃いです。









とはいえ、このネパールの観光中、最後までどこに行ってもそこがヒンズーなのか、仏教なのか分からなかったのです。

ここは一応、宮廷だからヒンズーなのでしょうが・・・


ヒンズーならではとか、仏教ならではとかの分かりやすい目印とかあるのでしょうが、知識がなくて見分けがつかなかったんです。


人もね、こんな人とか・・・たぶん仏教系?
いや、どこかの山岳民族的な衣装?
綺麗な衣装でとても目を惹かれました。





伝統衣装でしょう。綺麗♪です。

頭の上では余った布を畳んで載せてます^ ^
面白いですね。



ダルバール広場の片隅にたむろしているおじさんたちは、ネパールらしい帽子を被っていました。






クルタの女性たち。ヒンズーでしょう。






ネパールは、大多数のヒンズーと、ヒンズーよりは少ない仏教とネパールならではの風習が融合した独特の文化を持っていると思いました。

ぱっと見始めはインドじゃんと思いましたが、そう単純ではないと肌でかんじましたが、それを紐解くほど滞在もしてないし、深く入り込めなかったのが残念です。



と、脱線してしまいましたが、まあここは、良かったら一回行ってみて下さい。


ゆったりの空気感と親切な人たち、素晴らしい景観の観光地。





観光地に入ってしまえば、空気の悪さは感じません。

車の排気ガスと車の往来で舞い上がる土埃はここまでは及んで来ないからです。





トイレが近い人で無ければ外出先のトイレに行かなくて済みますから問題ありません。












さて今回、パタンのダルバール広場レポートと言いながら、名所の詳しい説明は全く無く、ここまで読んでいただいた方、全くもってスミマセン。


ガイドブックとかもって無かったので、わ・か・ら・な・い・(^^;;んです。


どうぞお許しを~(^^;;



パタンを含め、カトマンズ記、もう少し続けます。






関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

ボルフィ  

NoTitle

エカテリーナさん♡
確かこの旅は、お一人でしたよね。
そこで、捻挫とは、、、よく頑張って帰ってきました!

2015/01/08 (Thu) 20:42 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

ボルフィさんへ

この時はまだ殆ど捻った?くらいで、その後に腫れて痛くなることを予感も出来てませんでした。だから大丈夫でした。
その節はご心配いただきありがとうございました。

2015/01/08 (Thu) 22:04 | EDIT | REPLY |   

anessa  

なるほど

私の友人がカトマンズに行った時に神秘的で祈りの神々しさを感じるって言ってましたが、
なるほどと、ブログを見せて頂き感じました。
しかし、一人旅ですか!
すごい行動力ですね!
私は方向オンチなので、絶対無理 笑
旅に出ると五感が研ぎ澄まされてココロも自由になれるように感じますね〜
詳細な旅行記…楽しみにしていますね!

2015/01/09 (Fri) 23:25 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Re: なるほど

anessa さんへ

そう、ネパールは朝も夜も祈りと共に・・・といった感じでした。信心深さが想像を超えていました・・・この現代にですよ。
それだけにまるで別世界に紛れ込んだような異文化体験で、とても刺激的でした。

一人旅、好きなんです。
連れ合いがいないというのも有りますが、一人の方が感動が深いし、見たものと一体感を得られる感があります。もちろん誰かと一緒の楽しみも有りますよね^ ^

カトマンズ旅行記、もう少し続けますので、良かったら又見てくださいね^ ^

2015/01/10 (Sat) 23:08 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

NoTitle

旅行では、いくら自身では気をつけている、、と思っていても、やはりどこかに隙間ができちゃうのかもしれませんね。ぼくはタイの片田舎で転んだとき、地元のお医者さんに連れていってもらったことがありますが、ケガ以上に、こういったところでの治療はもっとこわかったです。かといって、帰国後の日本での治療もたいしたことなかったですけれど。。
ところで象さんは、石でできているのですか??

2015/01/11 (Sun) 20:41 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

bonzofire さんへ

そうですね〜、旅行中は何かといつもと違うし、無意識の緊張感などもあって隙が出来たり、注意散漫になったりしているのでしょうね。

今回の踏み外しは、慣れないリュックのせいっていうのも有ると思うのですよ・・・
リュックを肩から降ろして前に回してお金を取ろうとした時に、足元が見えなくて踏み外しちゃいました。
慣れない物を持ち歩くのも良くないですね(^^;;

それにしてもタイで骨折、そして片田舎の病院は怖いです。
私だったら、もう大丈夫だから病院には行かなくて良いですとか言っちゃいそうです、ハハハ(^^;;

象さんの彫刻は石像です。
木も金属も石もとにかく彫刻が素晴らしかったです♪

2015/01/11 (Sun) 23:48 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

NoTitle

パタンのダルバール広場で転ばれたのは、現地のレポで覚えてます
海外での怪我や病気は焦りますよね
みなさんの親切が身に沁みたことでしょう

カトマンズ、情緒のある素敵な街ですね
またヨーロッパの建造物とも違い、歴史があり、美しくて素晴らしいな~と見惚れちゃいます
ネパールはよいよといわれたことはありますが、いつか行ってみたいな~とekaterinaさんのレポを読んで実感してます~

2015/01/12 (Mon) 23:33 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Yottitti さんへ

旅行先でトラブルなんて今まで殆ど無かったので、ちょっとびっくりしました。
幸い現地にいる間は、ちょっと捻っちゃったわ〜っていうくらいの認識だったので、慌てたりせずに済んだのが幸いでした。
皆さんの親切も嬉しかった〜・・・^ ^

ネパールは良いですよ。
アジアを攻めていらっしゃるYottitti さんにはハードルは決して高くないかと・・・^ ^
インドへの道の初級編にもなるかと思います。
それよりも文化が独特で体験するのは価値がある国のような気がします♪

2015/01/13 (Tue) 07:33 | EDIT | REPLY |   

Add your comment