結婚披露宴に参列しました

6 0
日記


以前の部下の結婚披露宴に出席して来ました。


新郎さんはお坊さん。
列席者皆さんお坊さんばかりの披露宴でした。





獅子舞なんかも出て来てお祝いの踊りを披露してくれたり、なかなか豪勢な宴でした。






そんな中、私は新婦側の主賓として出席させていただきました。

人前で良い話をするのがお仕事の大勢のお坊さんたちの前で、祝辞を述べました。

私にとってはまさに拷問にも近い出来事でしたよ(^^;;


私の前に新郎側のきっと徳のお高いであろうお坊さんの祝辞。

祝辞と書かれた懸紙の中から、うやうやしく取り出された巻紙に縦書きで書かれたものを読み上げられていました。

さすが良い話をされ、次の自分の出番を前に感動する私でした。


直前にそんな良い話をされるものですから、自分の番ではもう大緊張でした。

そもそもスピーチ苦手で暗記力もないのに、何も見ずに話したんですけどね・・・

っていうか、新郎側の祝辞、書き物にして読むなんて、そんなの有りなの!?って思いましたよ。

そんな主賓、今まで見たことなかったんですが、こういうのって普通ですか?
やっぱりお坊さんだから?

それで良ければ私も今度からそうしようかな?と思います。

何とか終わらせましたが、途中話を飛ばしてしまって焦りました。

飛ばした部分は無くても話の脈絡はおかしくないので助かりましたが、かなり焦ってもう精神崩壊状態でしたよ。

もうホント勘弁して欲しいです。

こういうの、ホント苦手なんですから・・・





で、宴は2度のお色直しを経て順調に進みました。






新郎新婦が、共に34歳という大人のカップルですし、
お坊さんですからね、落ち着いた宴の進行で非常に好感の持てるもので好ましく思いました。





又、親子や姉妹の絆を感じる場面もあり、他家のことながら感動してしまいました。





今回は、参列はしませんでしたが、当然仏式で結婚式を挙げられました。

午前中に行われたそのお式の様子が映像で流され、へ~、仏式の結婚式ってこういうのなんだ~と感心したり・・・

指輪の交換じゃなくて、お数珠の交換なんですよ、ご存知でしたか?



勉強にもなった機会でした。



お食事も美味しくて・・・











とても愛に溢れた素敵な空間で・・・



私にはこういう風に身近なところに愛が無いな~と懐を吹き荒ぶ隙間風を感じたり・・・


ま、良い宴で気持ちが温かくなりました。


ご招待ありがとうございました。



だけど、この大きな宴での主賓、私には荷が重すぎます。

そういう意味でも、私ったら主賓を担うような器ではないんだな~とつくづく思ったのでした。



で、今回は着物で披露宴に出席してみましたので、
次回は、その着物について書きたいと思います。





関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

bonzofire  

NoTitle

主賓ですか? すごいですね! 
僕は、人前で話すことが全くだめなので、
絶対にダメですね。。 そういうことになりかねない事態を避けるためにも、独身の部下には、結婚は大変だよ〜、、なんてことを必ず言い聞かせています。(笑)
しかし、こういった場所で話がうまい人、、いますよね。。 (きっとEkaterinaYoghurtさんも)ほんといつも感心します。 今更無理ですが、、ほんとのところ、僕もできれば、、といつも憧れています。

2014/12/04 (Thu) 00:04 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

NoTitle

お坊さんの祝辞とは、なかなか聞けずに、貴重なお話でしたね
しかし、そのあとは大変だったことでしょう
でもEkaterinaさんなら大丈夫!きっとそつなくこなされたと思います!
結婚式に出ると、心が温まっていいですね~

2014/12/04 (Thu) 16:04 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

bonzofire さんへ

主賓なんて私には荷が重すぎます。
だけど、身近な上司が頼みやすいんでしょうね。
ホント力不足なのでどなたか恩師の方が誰かにお願いしてほしいと言うんですけどね・(^^;;
センスがないから、何回やっても上手になりません。

お店に行くと好きで気に入ったものは、つい買っちゃうんですよね。
今回の和装小物、無駄にしないよう使いこなしたいなと思案中です。

2014/12/04 (Thu) 23:11 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Yottitti さんへ

仏事ではお坊さんのお話伺うことは多くても、お慶び事で聞くことは初めてで、どんな時にも有り難いお話をされるもんだなと感心してしまいました。
・・・なんて場合じゃなかった時なのにですね(^^;;
話し方講座なんかに通った方がいいのかしら?
もうホント、こういう経験はしたくないです。
ま、人の結婚式に呼んでいただけるのは有り難いことですよね。

2014/12/05 (Fri) 08:27 | EDIT | REPLY |   

ぴき  

NoTitle

何もかもが、すばらしい結婚式ですね。

キモノがきれいだから、お色直しいらないのに。。
なんか、生きた美術館みたい。。

2014/12/10 (Wed) 21:58 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ぴきさんへ

ありがとうございます^^

こんな風に褒めていただいて、この結婚式の当人たちが一番喜ぶと思います♪
そして私もブログに書いて良かったと嬉しく思います♪

そう、私も芸術品のような美しい着物だけでいいのにと思いましたが、
この彼女のドレス2種、多分借り物ではなく作ったのだと思うのです。
お色直しのピンクの方は、おばさまからのプレゼントとのことでした。
(私だったら、披露宴でしか着れないドレスよりもその後、
何かにつけて着ることが出来る着物でももらったほうが嬉しいと思うのですが・・・^^;)
そんな素敵なドレスだから、晴れやかに新婦を飾っていてとても華やかで綺麗でした。

2014/12/11 (Thu) 14:46 | EDIT | REPLY |   

Add your comment