topimage

2017-05

カトマンズ記10(ナガルコット) - 2014.10.06 Mon




楽しかったバクタプル観光の後は、ナガルコットに向かいます。


ナガルコットは、カトマンズから東方にバクタプルを経由して
約35㎞地点の山の上。



ヒマラヤの展望台と呼ばれているところです。


ちなみに今回のネパール旅行、
何となくヒマラヤを見てみたい・・・♡
という動機が一番強かった気がします。

でも雨期だったので、ヒマラヤを見られなくても
前から気になっていたカトマンズ観光をして帰ればいいや
ってな感じで旅立ったのでした。


バクタプルを後にして向かったのは早い午後でした。


幾つかの柔らかい緑の田園地帯を抜け・・・

DSC01747.jpg


幾つかの村を抜け・・・

DSC01752.jpg


のどかな田舎の風景に目も心も癒されて・・・

DSC01749.jpg


少しずつ標高を上げて行きます。

DSC01750.jpg


道はこんな感じだし・・・

ローカルの人々の暮らしを間近に見ながら進むのが楽しいです。

DSC01758.jpg


日本も昔はこれに近い生活だっただろうな〜と思ったりします。

DSC01789.jpg


朝から曇りでしたが、雨期だけに回復しません。

まあ、雨が降らないだけ良しとしましょう。


段々畑がいい景色〜♪

DSC01788.jpg


山々の傾斜に点在している沢山の民家。

DSC01792.jpg

いいわ〜〜〜、こののどかな感じ〜♪

空気もいいし〜〜♪



段々標高が上がって来ました。

窓から入る風が冷たくなってきたので、上からシャツを一枚羽織りました。


そうこうする内にナガルコットの村に到着しました。

ザ・村!!って感じ。

DSC01805.jpg


山の上の一集落ですが、道も舗装されていないし、
家々も村そのものの風情です。

DSC01804.jpg


そうこうするうちにナガルコットタワーとやらの入口に着きました。

DSC01772.jpg


車を降りて階段を少し登っていきました。





これ?     



(笑)

DSC01773.jpg


観光地なのにボロ過ぎるでしょう・・・笑


しかもこのタワー、誰でも上がれるものではありません。

タワー下に立っている人と一番下の梁の高さから始まる階段スタート位置との
位置関係をご覧下さいませ。

まず懸垂で階段スタート位置の高さまで
自分の体を持って行ける人しか上がれません。


ま、そんなことよりもこの360度見渡せる展望台において、
周囲が全く見えないという・・・

DSC01778.jpg


反対側も何も見えず・・・

DSC01779.jpg


ここで本当ならヒマラヤ連山あたりを眺めて
感激に浸る〜〜〜!という夢を叶えたはずなのだけど・・・


ま、雨期だから、そんなもんだろうと思っていたので・・・

悲しいけど・・・ま〜、OK。


車の駐車スペースに居た猫たちが可愛いくて、
こっちの眺めの方がいいやって思ったりして・・・

DSC01783.jpg


標高2100mの辺鄙なところに来て、
触れたことのない景色や風俗を垣間見れることだけでも嬉しいです。


DSC01796.jpg

ツンと冷えた澄んだ空気の中、
天空に浮かび上がったような続く段々畑・・・


・・・美しくて感激で言葉も出ないほどでしたもん。
(写真に上手く撮れなかったのが痛恨です・・・)


この後、ドライバーさんが気を利かして
(天気がよければ本来)眺めの良いホテルに連れて行ってくれました。

IMGP0519.jpg


けど、どの方向を見ても全く何も見えません・・・

IMGP0518.jpg


むしろ霧の中の隠れ家みたいな・・・

各部屋大きな窓が付いていて、ベッドに寝転がったまま
きっと晴れたら大展望が広がるのでしょう。

IMGP0524.jpg


ここはなかなか気に入ったので、
いずれここに再訪することを心に決めました。

名前を忘れないようにここでお茶を飲んだときに出て来た
ナプキンに書いてあったホテル名を写真に収めておきます。

IMGP0527.jpg


実はこのホテルの隣にももう1軒ホテルがあって、

IMGP0530.jpg


こちらの方がお客さんが少し居たので、こちらの方が人気なのかも?

IMGP0529.jpg


ナガルコットは、トレッキングも出来る場所らしいです。

雨期だから遠慮したけど、この霧じゃしなくて良かったです。
周囲が見えなくて迷うこと必至だったでしょう。

シーズンオフだったので、お客さんが少なかったこの2軒のホテル、
ナガルコットの村の中心から少し離れたところにあります。

シーズン中なら人気の山岳リゾートホテルなのではないかと思いました。

いつかゆっくり行くぞ〜!!



このホテルでのティータイムを最後にナガルコットを離れました。


帰路の途中でちょっと寄った道端のあばらやカフェの様子です。

IMGP0536.jpg


そこからの景色。

IMGP0535.jpg


帰り道に出会ったお仕事中のおばあさんの写真を最後に
ナガルコットレポートを終了します。

IMGP0538.jpg



ナガルコット、本当はヒマラヤの絶景ポイントなのに
それらしい写真が全然無くてすみません。

その代わり、この辺りの田舎の景色と風俗をご覧になっていただければ幸いです。



この後は、カトマンズに戻ります。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

お休みはあっという間ですね
ドトールのコーヒー豆はおいしいと聞きますが、苦かったというのは?、やっぱり、轢き加減が物を言うのでしょうか

ヒマラヤは雨季で見れなかったのですね
やはり山の変わりやすくお天気は難しいものです
あの鬼の様な展望台には思わず笑ってしまいました~
のんびりした山村に、見事な棚田、ヒマラヤを見れずしても、すごく充実した散策ですね
フランスでは軽い高山病にかかってた?と思いますが、ナガルコットは大丈夫でしたか?

NoTitle

エカテリーナさん♡
こんな秘境に、よく1人で行きましたね〜!すんごい行動力です。
それはそうと、忘れていた何かが思い出させられるようなのどかな風景、素敵です。

Yottittiさんへ

お休みは持て余すかと思ったら、足りないくらいでした(^^;;

ドトールのコーヒー豆は、初め分からなくて苦くしてしまいましたが、上手に美味しく挽けるようになりました。

ナガルコットの展望台、笑うでしょう?嫌がらせかって?思いましたよ。
だけど、景色は見えなくても、知らない地域の山村を肌で感じられたのは、旅行の醍醐味としては良かったと思います^ ^

高山病は、このくらいの高さなら大丈夫みたいです^ ^


ボルフィさんへ

ま、車に乗っているだけなので、簡単といえば簡単なんですよ。
どちらかというとカトマンズに行った自分の方が凄いかもです(^^;;怖いもの知らずです。

この田園風景はホントに癒されましたよ〜^ ^

NoTitle

このタワー、、には笑えます。
懸垂しなければもそうですが、そもそも、ここまで登ってきて、あと、3、4階くらいの高さのタワーに登ったからって、そんなに景色が変わるものでもないでしょう。。
ヒマラヤが見れたらよりよかったとは思いますが、
このタワーが見れただけでも、価値あり!だと思います。
ヒマラヤと違って、このタワーは、行った事がない人にしか見る事はかなり難しいでしょう。

bonzofire さんへ

一昨日、昨日と沢山コメントありがとうございます。

このタワー、ナガルコットの終着点として期待して着いた時にこのタワーって…拍子抜け過ぎて足がヘナヘナになるみたいな残念さでしたよ…後進国ってこういうことなんだな〜と思いました。

おっしゃる通り、この残念さは行った者だけしか分かりません(^^;;
それともし見えていたらの周囲の絶景と合わさった光景は、想像するとシュールだろうなと思います^ ^

NoTitle

ナガルコットタワー、何とも言えない脱力感w
かつ上るのもけっこう難しそうだし。
カメラとか荷物とか大変ですよね。

何だか雰囲気は伝わってきて楽しく読みましたが、
やっぱり景色が見えなかったのは残念ですね。

再訪してねって事かなあ^^

さえさんへ

ホントに景色が見えなかったのが残念でした。せっかくここまで行ったのに…と言っても雨季なので、運が良ければということは分かっていたのですが…(^^;;

こんなタワーがあることは、知らなかったのですが、タワーの看板見た時に、へ〜って期待してしまったもので、ギャップが…(^^;;
ただ。このゆるい感じとか、観光客たちもゆるい感じでのんびりで、ネパール色は、山の上でも感じられました。

NoTitle

なにもかも、雰囲気があります。
民家とかも、
中をのぞいてみたいかんじ。
しかし、恐るべしタワー(笑)

ぴきさんへ

何もかもが雰囲気ありますよね。
何故か懐かしい感じがするのは、やはり同じアジアだからなのでしょう。

あのタワー、私が思っている以上に皆さんからの反響があって、恐るべし拍子抜けパワーだなと…(^^;;

勝手な観光客目線でいつまでもそのままでいてって思ってしまいます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/733-ab92afd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ちょこっと京都(夜の町家) «  | BLOG TOP |  » 開放的な気分でお休みを過ごしました

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (503)
海外旅行 (16)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (32)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示