topimage

2017-08

「マリーゴールドホテルで会いましょう」 - 2014.09.15 Mon


久しぶりに映画の感想を書きます。


「マリーゴールドホテルで会いましょう」

好きで何度もWOWOW等で見ている映画です。

イギリスの老人たちが、
人生最後に過ごす場所としてインドのジャイプルを選んで移り住み、
そこで現地の人々やそれぞれにかかわり合いながら、
それぞれの幸せな人生を見つけ出すといった内容の群像ドラマです。


2012年公開のイギリスの映画。

イギリスの映画が好きなんです、私。

で、これを書くに当たって調べてみたら、監督はジョン・マッデン。

実は、この監督の作品を結構見ていることに今頃になって気付きました。

「コレリ大尉のマンドリン」「恋におちたシェイクスピア」など・・・

ほう、どれも好きな映画です。


出演俳優が、これも又好きな人たち。

ジュディ・デンチ、マギー・スミス・・・

2人とも言わずと知れたイギリスの大御所大女優ですね。

とてもチャーミングな女優たちです。

彼女らの存在は、作品を引き締めるというか、高みに引き上げるというか、
例え脇役であっても素晴らしい存在感を示しますよね。


そして、映画の舞台が、インド、ジャイプル。

私の大好きな街です。



で、この作品、何が良いかと言うと・・・


そのままのインドが美しく描き出されています。

私の見て来たインド、
綺麗なところもそうでないところもホントにそのまんまなのに
とても雰囲気良く映し出されているのです。

見ていて郷愁にも似た想いが湧いて来るし、
ドラマの背景となっているインドの風景が異国情緒を醸し出して
何とも良い気分の中でドラマの展開を見ることが出来るのです。


そしてドラマの方。

悲喜こもごもの人生をやってきた年齢を重ねたそれぞれの人達が、
このジャイプルでもそれぞれの生活の中でかかわり合いながら、
それぞれの自分らしい生き方を(余生を)見つけていくのです。

誰もが向かう・・・第一線から退いた後、亡くなる前までの人生。

若年層は、きっとみんな経験したことのないその年代の生き方への
漠然とした不安があるはずです。

同年代の人は、共有出来る想いの中で見られるでしょう。

それまでの生き方が反映されるその年代、それを背負ってそれからの人生が続く訳です。

この映画では、それぞれの理由はありながら、
全く新しい場所に残りの人生を託してみる・・・

最後まで良い人生を歩みたいと願うのは、人類共通の夢。

歳を取って、クセが強くなっていたり、固執したりする傾向が出て来たり、
必ずしも全てがしたいように出来る訳ではないけど、
その中でそれぞれが最終的に自分らしい生き方を見つけて暮らして行く・・・

という結末が若年層にも夢を持たせるし、同年代にもきっと勇気を与えるし、
出演者ほぼ全員が高齢層であるにも関わらず、
清々しい後味を残す穏やかな良い作品だと思います。



好きで何度もリピートして見る映画が何本かあります。
この「マリーゴールドホテルで会いましょう」もその一本です♪


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

面白そうですね。実際問題として、私もあと数年で避けては通れない時がやってきます。外からは困難に見えるかもしれませんが、実際は、会社の中でありとあらゆるリスクを回避しながら、会社にしがみついている身分です。ここから切り離される、、と、路頭に迷うでしょうね。。 ところで、レベルはかなり落ちますが、かなりレベルは落ちると思いますが、よろしければ、
http://www.foxsearchlight.com/trailer/119/trailer/
こちらも。。

bonzofireさんへ

お〜、どんなものをご紹介下さったのかしら?近々拝見しますね。楽しみです♪

この映画、内容は老後の人が主役で重そうですが、考えさせられながらではありつつも、実にカラッとしていてイギリスらしいコメディ要素も入っており、楽しく見られる映画です。そんなところが好きなのです♪
私もそう遠くない未来に来るリタイヤ後は、ホントどうしようかと思いますが、こればかりはなるようになるさと運命に任せています。

NoTitle

わ、この映画気になっていたんですけど、公開時に見逃してしまったんですよね。
田舎だとミニシアター一箇所で、2週間とかの上映でしたよ(笑)。

私もジュディ・デンチ好きです。

見ていないけど勝手なイメージとして、いろんな人生を過ごしていろんなものを
抱えた人たちが集う、その舞台としてはジャイプルであることが必然なのかなあ
と思ったりして。
近々レンタルしてきます^^

さえさんへ

この映画、好きな要素が満載なのでホント見ていて楽しいです。
現地のインド人との関わり合いなどもあり、楽しいうちに見終えてしまいますよ。

ジャイプルが、そのまんまなんだけど美しく描かれていて、これをインド入門にするのも良いと思いました。

ご覧になったら、感想を伺いたいです^ ^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/722-0bb3c547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カトマンズ記8(バクタプル 路地裏とダルバール広場とランチ) «  | BLOG TOP |  » カトマンズ記7(バクタプル 陶工広場とローカルの人)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (246)
ジョギング (15)
美味しい!! (104)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (543)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (21)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示