topimage

2017-06

ヴァロットン展 - 2014.07.21 Mon




丸の内の三菱一号館美術館にて開催中の「ヴァロットン展」に行きました。





ヴァロットン、正直知りませんでした。


どこか美術鑑賞に行こうと検索していた時に見つけた・・・


「冷たい炎の画家」「裏側の視線」という
ミステリアスなキャッチコピーに惹かれました。


1865年スイス生まれ、
パリで前衛的な芸術家集団であるナビ派に参加していた画家だそうです。


行ってみて・・・良かったです☆


平面的でのっぺりした画風の絵画。

古いのにどちらかというと現代風にも見えます。

描く視点が面白いと思いました。

ちょっと皮肉っぽい視点、それをパロディ的に描いているものがあったり、
人間が本来持っている欲とか本性、ちょっと斜に構えて見る部分みたいなところを
絵に表現している画家です。

そう、視点が面白いんです。

ただの視線の先の物事を描くだけでなく、一見ただの静物や人の絵なのにそこに人間の持っている内面を表現してしまうなんて、
ただ絵が上手いだけではない、さすがな表現者だと思いました。

ただの手先の器用さとか絵の上手さだけではない・・・
美しいものを美しく描くだけでない・・・

あ~、これが芸術家なんだって改めて思いましたね。


作品名を控えていないのですが、
中には室内で裸の女性2人(たぶん娼婦)が床に座って、
オセロのような盤上のゲームをしている絵もありました。

1人の女性が2本の脚を投げ出して座っている
その股の間に盤を置いて、目の前のもう1人の女性とゲームに興じている絵。

2人とも全裸です。

何となく侮蔑的に見えて、何を思ってこの画家がこの絵を描いたかと思うと
心がなんかザワザワしたりして・・・

ちょっと覗き見的な視点が多くて・・・

そういった部分が、見ている側としては、
ちょっと体裁の悪い思いになってしまったり、
ちょっと居心地の悪さとか感じてしまったりね。


初めての不思議な感じがした作品たちでした。


木版画の作品も多く残しており、
世界に散らばっている作品の中でなんと三菱第一号館美術館は、
その中の187点を所有しているそうです。

このヴァロットンの作品は、
まとまって見る機会が非常に少ないとのことで、
その中でこの収蔵コレクションを持っている
この美術館は素晴らしいなと思いましたし、
貴重な機会になりました。



それにしてもこの美術館、
行きたいとは思いつつも行ったのは初めてで・・・


素敵な美術館ですね。





近頃は、建物全て白で統一されてすっきりとした現代建築の美術館が多いですよね、
どこに行っても。




そんな中でこのような旧き良きを活かした美術館も居心地良く観賞出来ました。





そして観賞後は、この館内の「カフェ1894」でランチしました。





銀行の跡を活かしたそのままの内装のカフェはとても雰囲気がよく、
お味そのものよりもちょっと美味しく感じられる魔法にかかった気がします。





ここだけの話、ギャルソンさんたちもイケメン☆(笑)









この季節、日本はもはや熱帯雨林みたいな過ごし辛さの毎日です。
そんな時期は外に出るよりもこんな涼しく美しく感動的な
体験の出来る美術館に行くのが良いですね。


さあ、次はいつどこに行こうかな?


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

おっ!これは今日(月曜日?)ですか?
もしそうであれば、またまたニアミスです。
僕は、今日新丸とトキアにいました!
実はお店のレジとかに当展覧会の割引券が置いてあったりして、今日行こうかなぁ〜(ほんとです)って何度も思ったんです。
という私、この界隈には、ほぼ毎日いるんですが、一度もこの美術館に行ったことがないんです。
こういった展覧会で、芸術家を知らなくても、それなりに感銘ができるEkaterinaさんに憧れます!

NoTitle

三菱一号館美術館があるのですね
ヴァロットンの作品は一つだけ心当たりがありましたが、一人の画家としてむきあったことがなく、理解が深められそうな美術展ですね~
建物の雰囲気も良くて、優雅な休日で素敵ですね~

bonzofireさんへ

えっ!と言いたいところですが、先週なんですよ。だけど偶然とはいえ、何となく似たような行動ってしていますね(^^;;
美術館というところの空間に行くのが好きなんですよ、私。だからもしかして作品は重要視していないかも⁈(^^;;で、作品と対峙して色んなことを思う時間も好きなのです。
良かったですよ、ぜひどうぞ^ ^

Yottittiさんへ

ヴァロットン、ご存知でしたか⁉︎流石です。
私は全く知りませんでした。
ですけど、良かったです。この小さな美術館も私向き。こんな風に小さい美術展で、超ビッグネームの美術巡回展じゃないのとかが意外に好きだったりします。
美術館は、心穏やかに過ごせるし、大好きなひと時です^ ^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/695-2b492f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カポナータを作ってみた! «  | BLOG TOP |  » フランス旅5(アヌシー城へ)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (512)
海外旅行 (20)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (37)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (2)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示