topimage

2017-05

ラスベガス→サンフランシスコの景色 - 2014.04.20 Sun


前回が、帰路の空港で見た朝陽の景色でしたので、
もうラスベガスも終わりとお分かりだったと思います。


その通り、もうおしまい^^;





おまけとして・・・


といっても、これが今回の旅行で唯一私が感動したもの。


機内から外の地球の景色。





今まで海外への渡航歴はもう何十回にもなります。

でもアメリカ本土方面は、3回しかありません。

1回目はシカゴ、2回目はニューヨーク、
3回目はダラス(南米への乗り換えのみ)。

だけど、飛行機からアメリカの景色を見た記憶が全く無いのです。
今までの機中で一体私は何をしていたのでしょう?


思い出せるのは、合計6往復中、
3回は確実に通路側の席だったってこと。

1度目、シカゴからの復路では真ん中の席。
シカゴ駐在中の日本人サラリーマンとずっとおしゃべりをしていました。
この人はちょっと感じの良い人だったので思い出になっています♡

2回目は妹に行きも帰りも窓際を譲ったような記憶。

他の機会は爆睡していたのでしょうかね・・・


なぜ今までこの素晴らしい景色を見なかったんだ!!?
って自分を責めてしまうほど素晴らしい地球の景色でした。

今までも飛行機から色々な景色を見ましたけど、
今回見たラスベガス⇄サンフランシスコの景色は、
本当に素晴らしく美しい景色でした。


アメリカってとこは、
聞きしに勝る素晴らしい大自然の景色、
その景色が連続するところなのですね。





さて・・・

往路でサンフランシスコからうっかり寝てしまっていたのですよ、
で途中、目が覚めて窓の外を見たら、
見たことも無い砂漠色の平野と凹凸のある地形が
果てしないかと思われる程の向こうの方まで広がっていました。


雲一つないお天気で視界の下の全てがよく見えました。
写真を撮りたかったのですけどね、
手元にカメラを持っていなくて・・・

おかげでずっと見入ってしまうことが出来ました。



復路は往路のような失敗はしないぞ!!
とばかりにカメラを手元に持って席に乗り込みました。


空港から飛び立ってしまえば、
まるで砂漠の中のおもちゃ箱のような
そこだけ街のラスベガスの全景が見えました。

CIMG3026.jpg


飛び立ってから、そう何分もしない内にもうひゃっほう!の大自然。

CIMG3027.jpg


うぉ〜う!素晴らしいです!!
時々、川だか道だかのラインが混じっています。

CIMG3028.jpg


だけど、往路と違ってこの日は雲がかかっていて全ては見えません。

う〜、痛恨!^^;

CIMG3029.jpg


砂漠の景色は段々緑の山々に変わってきました。

CIMG3033.jpg


もうすぐ次には真っ白な雪山。
砂漠→緑の山→雪山と
早いペースで次から次に景色が変わって面白いです。

CIMG3034.jpg


どれくらいの標高なのでしょう。
雲がかかっているのも雪の白と雲の白でなかなか綺麗です。

CIMG3037.jpg


過ぎ去ってみれば、雪山の台地のような地形だったのですね。

CIMG3041.jpg


雪山の台地の後もしばらく雪山が続きました。

CIMG3046.jpg


段々山脈の標高が低くなったのでしょう。
緑と雪の混合地帯。

CIMG3052.jpg


あ、あれは何?

CIMG3056.jpg


大写ししてみましょう。
森の中の湖のようです。

CIMG3055.jpg

森の緑に青い湖とか・・・雲のかかり具合とかも相まって
まるでおとぎ話の舞台のようです。

水と緑の地球の青さそのまんまっていう感じもします。


あ、ようやく人間の痕跡。
大農場地帯です。

CIMG3057.jpg


また大自然。
このあたりは山々というのか?
台地?丘の重なり合う地形というのか?
面白い地形。

CIMG3061.jpg


近寄ってみましょう♪
緑のベルベットみたいな柔らかくてツヤのある緑と
角の無い丘が重なり合っています。
美しくてめずらしい地形です。

CIMG3059.jpg


湖が次々に現れて来ました。

CIMG3065.jpg


湖水地方ですね。

CIMG3067.jpg


湖水地方を過ぎて、小さい山脈を一つ超えると・・・

CIMG3070.jpg


もうそこは人家が集まる町でした。

CIMG3073.jpg


自然とこんなに近い所に大規模な町が作られているのですね。

CIMG3071.jpg


かなり高度も下がってきました。

CIMG3074.jpg


あっという間に水上に来たと思ったら、
水上に長く伸びる橋が見えます。

CIMG3076.jpg


うわ〜、こちらに曲がってる〜。

CIMG3077.jpg


真正面からの撮影成功!^^v

CIMG3078.jpg


遠くの方からの長〜い橋、こういった人工物でも綺麗な景色ですね。

CIMG3079.jpg


と言っている間に美しい橋の余韻に浸る暇も無く着陸。

CIMG3080.jpg


サンフランシスコ空港に到着です。



1時間15分くらいだったのでしょうか?

素晴らしいスカイ散歩でした。


帰国後地図を見てみると・・・

ラスベガス⇄サンフランシスコの間には沢山の
国立公園とか州立森林公園、郡立公園、保護地区とか
考えられる限りの自然保護地域が有りました。
それらの上を飛んでいたのです。


美しいはずですよね。


それにしても様々な自然の表情を見せてくれる多彩なアメリカの大地。
今までよく知らなかったけどホント素晴らしいですね。


今回は、ホントに辛い行程でしたが、
唯一この景色だけが私の癒しでした。

本来ならば早朝便なので、前夜までの疲れた後で
爆睡でもおかしくなかったんですが・・・

あまりの美しい景色の移り変わりの連続に
眠気なんて完全に吹っ飛び興奮の窓際族でした(笑)



アメリカ、あんまり興味なかったけど、
これはゆっくり行ってみなければならないなと思いました〜。


ていうか、これだから旅行は楽しい♪


地球は美しい。


まだまだ見てみなければなりませんね!!

地球探訪意欲は強まるばかりです^^



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

あ〜懐かしい。。
ロッキー山脈越えの路線は、ほんと観光路線みたいなもんです。特に、デンバーからサンフランシスコ、ダラスからサンフランシスコ、サンフランシスコからシアトル、、とか天気のいい日はサイコーです。(って、私も二度飛んだだけですけれど。。)
大学卒業のとき、父が初めてアメリカに来てくれた時、下の景色を眺めて、日本はこんな国と戦争したんだ〜って行ってた事が思い出深いです。

NoTitle

エカテリーナさん♡
これだけの景色を見せてもらったら、気持ちいいでしょうね〜。
夫は『アメリカの大自然を1度見たら、人生観が変わる』ってよく言うのですが、少しずつわかってきた気がします。

NoTitle

このラスベガス間の飛行機は最高ですね
お茶目な機長が一度説明してくれた時には、とてもうれしかったです
サンフランシスコはまた街並みと、海が広々してアメリカらしいですね
グランドティートンへの風景も忘れられない景色のひとつです
みなさんは東京成田をみて、どう思うんだろうと、いつも比べちゃいます
アメリカは大自然が好きな人にはいいですよね
世界は広いので、いろいろ旅したくなりますね

bonzofireさんへ

そうなんですか。この路線は観光路線⁉︎
そう思います。空中散歩がすごく良かったです^ ^

お父様のお言葉、何か映画のセリフのようだと思いました。
そのたった一言に深い意味や複雑な思いが込められているのでしょうね。

ボルフィさんへ

癒されましたよ、この景色に。

ご主人の人生観が変わる論、なるほどな〜と思いました。
生きていると人生観に関わる色んな刺激に出会いますが、この景色も確実に刺激の一つでした^ ^

Yottittiさんへ

飛行機の中で、この景色、Yottittiさんは何度もご覧になっているのだろうな〜と思っていました^ ^
この景色も一緒になってラスベガスは良いのだろうな〜と思いました。
正直、アメリカを見直しているところです。
アメリカの文化にはあまり惹かれないけど、自然には惹かれます♡

NoTitle

ラスベガスからSFなら雪を被っているのはシエラネバダ山脈かしら~。
ヨセミテやレイクタホの上も通るのしら。
大自然が豊富な場所ですよね。

最後のSF湾の橋はたぶん去年だったか今年の始め頃に完成したばかりの新しい橋だと思います。
橋の上からの見晴らしも良いのですよ。

私のアパートの上も飛んでいたかも!?
ほんとお近くまで来ていらしたのですね~(^^)

ポケさんへ

こんにちは^^お久しぶりです♪

コメントをいただいてからもう一度地図をじっくり見てみました。
仰る通り、ヨセミテ国立公園の上空だったようです。
ホワイトマウンテンピークが最初に見えた台形状の山脈だったのではと思います^^
もう少し南側を通っていたと思い込んでいたので、おかげさまでようやく理解できて嬉しいです♪

あの橋は新しいのですね。おしえていただき有り難うございます。
まだあまり沢山の人が知らない橋を見れたと思うと今更ながら良かったな〜と思えます^^
橋を車で走ったら気持ちいいだろうな〜と思っていました。やはり・・・なのですね。

ポケさんのお宅はSFあたりですよね?上空から何となくこの辺りかな〜とか思ってました^^
現実にお会いしたこと無いのに思い出すとか不思議だな〜と思いながらでした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/665-4aea4c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

食べて楽しむ銀座 «  | BLOG TOP |  » ラスベガスの朝

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (506)
海外旅行 (16)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (35)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示