色という概念

10 0
インド2013

タイトルに「概念」という言葉なんか使って、
ちょっとアカデミックな記事風なのは見せかけだけです。


これは、インド旅行記の続きです。


インドで毎日、溢れ返るほどの色、色、色・・・
に触れていた中で考えたことを書き留めておきたいと思い、
色についての散文を・・・


順不同(場所・日にち不同)で鮮やかな写真を載せていきますが・・・


日々、鮮やかな色、色、色、に晒されていた訳です。

CIMG1752.jpg


DSC_0842.jpg


今までに経験したこともないほどの色の数、トーンだったと思います。

DSC_0410.jpg


CIMG1708.jpg


ある意味、衝撃でした。

P2241092.jpg


そこで考えたこと。

そもそも色という概念はいつ生まれたのでしょう?

なぜにどうやって人間は色を操るようになったのか・・・?

昔、人間は体に動物の皮や植物の素材を巻いて
暑さ寒さから体を守っていました。

その当時は、色を操るという概念は持っていなかったと推測します。

だけど、人間は美しい自然の中に「赤」「青」「緑」と様々な美しい色を
視覚から得る喜びは持っていたでしょうね。


薄グレーの空と木々のグラデーション、時を変え色を変える太陽の色

CIMG1785.jpg


お花、命滴るのピンクや赤

CIMG1977.jpg


透き通る空と水の青、これ以上無いほどの真っ白さの石

DSC_0180.jpg


祈りのオレンジ

CIMG1918.jpg


人間だもの・・・
美しいものは美しいと感じるでしょ、現代人も古代人も・・・

その内、人間は布を開発しますね。

装飾品を身に付ける文化も芽生えます。

DSC_0013.jpg


P2241068.jpg


歴史的にどんなものが先で何が後かは残念ながら知りません。

でも、その布も装飾品も全て自然由来の物です。

遺跡から出て来たトルコ石の玉や翡翠の曲玉・・・を見ても
とってもキレイだったでしょう。

鉱石類は、ある程度削ったり磨いたりすることで
その自然のままの美しい色を身につけることが出来て幸せだったでしょう。

布は、開発されてから、
恐らく後年染色して美しくして身に付けることを
覚えたと考えるのが自然だと思います。

それらの先生は全て自然。

DSC_0197.jpg


自然の中にない色を人間は作り出しているのでしょうか?

きっと・・・あのお花のような色の衣を身に着けたい・・・♡
とか・・・あの空の色のような色の生地が欲しい・・・♡

DSC_0818.jpg


と自然を真似ることから染色は始まったはずですよね。

人間は、美しくて手触りの良い布を作ることを覚えて、
色を操ることを可能としたのです。

と・・・そんな歴史を想像しながら、インドを旅していました。

DSC_0551.jpg


DSC_1066-1.jpg


そしてその古代の素朴な人間の欲求から生まれた染色の技術により
自然の色を身近に置いて楽しむことをインドの人は未だに
無意識に、でも忠実に素朴に楽しんでいるのです。

DSC_0455.jpg


なんて美しくて素晴らしいのかと思いました。
そしてこの点において、本当に幸せでしょうね。

色、色、色の美しさ・・・

DSC_0352.jpg


美しい物を身に付けたいという人間の素朴な欲求を
この現代で素直に受け継いで行っているのですよ。

P2241080.jpg


彼らの多くはこれら美しい色を身に付けたり、
身近に置いたりする理由や意味を別に考えたことはないでしょう。

それが自然なことなんですもの。

知らず知らずの内に
素晴らしい文化を引き継いでいるのですよ、インドの人達は・・・

DSC_1043.jpg


だけど私も人間の一員。そのDNAを引き継いでいるはずです。

でも、現代の日本の中で常識とか恥、流行みたいなものに
左右されて美しい色の物を欲しているのに
とっても抑圧されて我慢していることに気付きました。

私は美しい色や美しい布が好きなんです♡

手触りの良い美しい布に包まれる幸せ・・・^^

これは女性だけの感情でしょうか?

DSC_0801.jpg


男性も同じですよね?

私はインドに行って以来、美しい布が好きなんだってことを自覚したんです。
以降、極力自分の好きな色や美しい布を身に付けることに決めています。

日本でも昔は、キレイな・・・

CIMG1202.jpg


それはキレイな美しい布を身につける文化がありました。

CIMG1198.jpg


インドに負けていません。

IMG_0179.jpg


IMG_0182.jpg


でも今現在、日本人は地味ですね。
インドから帰って来たら、町中は灰色の群衆でした。

日本では町中の人は、美しくない色ばかり身に付けているんです。
着るものによる気分ってありますよね?
ていうか、そんな気分だからその色を着るのかな?

着るものは人それぞれ、好き好きなので良いんですよ、もちろん。
でも私はキレイな色のキレイな布を身に付けることを今、楽しんでいます。

以上が、そもそも色って何?
って思うようになったインド旅行中、
その後、日本に帰って来てから芽生えた色や布に対する思いです。

色って何?って考える日が来るなんて想像もしていませんでした。
この点でもインド旅行は私にとって新しい刺激を与えてくれるものでした。




関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

Bonzofire  

NoTitle

写真素晴らしいですね。これだけの写真や今回書かれていることを読むと、何故写真に興味を持たれたのか、わかるような気がします。どうでしょう、今度、被写体はバラバラでいいので「色」をテーマにした写真集を作ってみては。一ページ毎赤の写真、青の写真って感じで。
僕も特に日本の女性は、カラフルな色を楽しむべきだと思います。男の目線ですが、せっかく女性として生まれたんだから、もっと自分を引き出されられる「色」を楽しんだ方針がいいと思います。

2014/02/02 (Sun) 06:31 | EDIT | REPLY |   

さえ  

NoTitle

インドの色、どれもきれいですね。

きれいな色をまとうって大切ですよね。
冬は特に暗い色になりがちだけど。。。

いくつになってもきれいな色、たくさんの色を
身に着けられる女でいたいなって思っています。

2014/02/02 (Sun) 10:43 | EDIT | REPLY |   

ポケ  

NoTitle

色ですよね~。
インドの色は鮮やかでカラフルなのに、周囲の景色にあっていて全体でインドらしさを作っているのですね。
欧州でもそうですが、一つ一つの店の作り、公共施設、人の服装の色が街の景観を意識しているからこそなせる事ですよね。
日本に帰ってきて、溢れた店の看板を見るとがっかりしてしまいます。いつも思いますが、日本人の環境意識、公共意識ってどこに行ってしまったのでしょうね~。

2014/02/02 (Sun) 16:24 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

Bonzofireさんへ

そのアイデア、いただきます^ ^
いい考えですね。
カメラを買って写真を撮るといっても出掛ける時のお供くらいにしか考えられないので、目的を設定して撮ってみるというのは新しい楽しみ方が生まれそうです♪

色を纏う楽しみというのは、何かしら色の刺激を受けてみて初めて心から感じて楽しめるのではないかと思うこの頃です。

女性なんですもの、似合う色を纏って美しくエイジングしたいです。

2014/02/02 (Sun) 22:22 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

さえさんへ

そうそう、特に冬場は地味な暗い色になりがちなので、キレイな色を入れようと意識しなきゃ難しいですよね。冬場が難関。
それと色きちがいとか、派手な人って言われないようにもしたいし、難しいけど、今は色や柄の綺麗なものを手にとって選ぶのが楽しいです^ ^

2014/02/02 (Sun) 22:26 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

ポケさんへ

こんにちは^ ^お元気ですか♪

インドは、自然と人が作り出す色のハーモニーが何ともインドらしさを出していて、素敵だと感じました。インドは美しい国でした。

さて日本。
日本は個々の商業至上主義がぶつかり合って雑然としていても平気な国柄なんでしょうね。
美意識という観点で、街並みとか公衆の調和みたいな意識が、民族的にか文化的に希薄なんでしょう。
イタリアで昨夏会ったエンリカちゃんは、建築家で、イタリアは街並みを守るためには規制が多くて仕事し辛いと言っていましたが、素晴らしいことだと思いました。確かに作り出す仕事の人にとって規制は緩い方が良いでしょうが。

ポケさんは、写真を撮る時によく色を意識されていますよね、写真を拝見していて分かります^ ^

2014/02/02 (Sun) 22:37 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

NoTitle

混沌としてるようなインド
でもバラバラでなく、一体化してすごい華やかで素晴らしいですね
一色使いでなくいろいろな色の使い方も素敵ですね
お花が豊富だったとか?
日本は合理化合理化でこうなってしまったのかしら

2014/02/03 (Mon) 18:15 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

そうですね、今思えばインドは、渾沌としながらその全てが一体となってインドらしさを表しているといった感じだったかと思います。
色の組み合わせなどは、今まで変なセオリーに左右されていたなと思います。もっと自由に組み合わせていいんだ、日本の着物だって今の組み合わせのセオリーでは括れない合わせ方ですもんね。
インドでは沢山の自然の中にお花も見事に咲き乱れていました。それらも間違いなくインドの一部でした。
こんなインドや諸外国を旅行程度の観察ですが、見てみると・・・日本の良い所ってどこだろうって見失ってしまいそうです。自国の良いところがなかなか言えないというのは良くないですね。もう一度見つめ直してみなければ・・・^^;

2014/02/05 (Wed) 15:00 | EDIT | REPLY |   

Happy Yuan(ユアン)  

NoTitle

海外に行くと色使いの違い感じますよね。
日本人は原色より淡い色を好むような気がします。
となりの大陸の国は原色好きなのに(笑)
島国だから原色嫌い? じゃ、イギリスは?
といろいろ考えたのでした。
私はショッキングピンク好きで踊る時は
いつもピンクが入った服を着ています。

2014/02/08 (Sat) 19:13 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Happy Yuanさんへ

そう、海外では色彩の違いを感じますよね〜。
日本人は色彩感覚が地味な気がします。淡い色も多用されてますね。
仰る通り、お隣あたりの大陸の人は原色が好き。
日本人は目立つことを避けるから次第にこういう色彩感覚になったのでしょうかね?
私もスポーツするときは、一部に必ず綺麗な色を入れたコーディネートにします♪
もちろんピンクも好きです^^

2014/02/10 (Mon) 16:30 | EDIT | REPLY |   

Add your comment