topimage

2017-10

極楽旅インド23(ジャイサメール:フォート) - 2013.12.17 Tue

そもそもジャイサメールというのは、
ジャイプルの「ピンクシティ」、ジョードプルの「ブルーシティ」と
並び「ゴールドシティ」と称される砂漠の真ん中の町です。

ゴールドシティというのは、町の色からで金が産出される訳ではありません。

12世紀にバッティ家の王、ジャイサルによって東西交易の要衝として築かれた都市国家。

町の名前は、ジャイサルのオアシスという意味だそうです。

イスラム勢力との戦いで国家としては滅びますが、
城塞都市としても重要性は、商人に引き継がれ、
交易路の中継点としてどんどん栄えたそうです。

最盛期に11万人の人口を誇った町も
スエズ運河の開通によって、
交易の中継点としての重要性を徐々に失い、
決定的なのは、インド・パキスタンの分離独立によって
西への道が封鎖されてしまい、かつての東西交易路のオアシスが、
ただのインド辺境の田舎町になってしまったという歴史の町です。

(以上、某ガイドブックから引用^^;)


おかげで昔の面影を現代まで維持しつつ有るという・・・

有名な観光地としての定番の歴史
(昔栄えていて、産業構造の変化と共に取り残されてそのまま現代に至る)
そのままの町です。



中でもフォートは、外から見ても中に入っても見応え十分、
ジャイサメールのシンボルとしての観光地。
ラジャスターン地方では最古のお城の一つだそうです。

DSC_0940.jpg


フォートのすぐ下のホテルに宿泊している私達。
到着まではすぐでした。


門をくぐります。

P2241047.jpg


うわ~、ドラマティック!
沢山の人がいました。

P2241048.jpg


こんなインドの伝統楽器を演奏するおじさん、

P2241050.jpg


くじゃくの扇子を売るおじさん、

P2241051.jpg

とか・・・もう露天の人とか・・・色んな人とかごった返しています。


先ほどくぐった最初の門は、お城の外塀あたりだったのでしょうか?

何度か門をくぐります。

P2241055.jpg


もうね、何度門をくぐっても露天と観光客が沢山。

P2241057.jpg


ここがお城の中の最初の広場みたいなところ。

P2241059.jpg

ここは、インドの中でもイタリア人やフランス人など
ヨーロッパ人に人気の観光地だそうです。
(バラナシはなぜだか日本人や韓国人に人気なのだそうです)

みんな旅人風情ですね^^


まぁ、中は予想に違わず素晴らしい建築物のオンパレードでした。

DSC_1047.jpg

DSC_1001.jpg


フォートは、城塞都市となっており、
城外だけでなく、城内にも未だに人が沢山住んでいます。


それはそれは魅力的な町でした。
殆どがお土産屋さんなのかもしれませんが・・・

DSC_1005.jpg


今も町として機能しているようです。

P2241064.jpg


普通の家と住人・・・

DSC_1048.jpg


魅力的なインテリアが垣間見れる家々・・・

DSC_1032.jpg


この看板のあるお家は、
最近結婚した人が住んでいるそうです。

DSC_1025.jpg


城内は迷路のように道が縦横無尽に張り巡らされています。

DSC_1016.jpg


町が形成されているということは、
当然お寺もありますが、部外者は入れず・・・

DSC_1013.jpg


どんな建物も手抜きとかはないですよね・・・お城の中だもの・・・

DSC_1041.jpg


古くても人が住んでいるようです。

DSC_1039.jpg


伝統工芸品も沢山・・・
これね、プリントじゃありませんよ。
全部手仕事の刺繍やパッチワーク。
これを目の前にしたら、驚愕で目が離せませんよ^^

CIMG2330.jpg


まあ、四方八方・・・芸術品の町です。

DSC_1031.jpg


城内とはいえ、ホントちゃんと町なんですよね。
正直、ここ、ジャイサメールのフォートは「珠玉」でした。

DSC_1029.jpg


どこの国でもお城、宮殿は立派にゴージャスに作られていますよね。
それを観光客は見学して楽しむ♪

それらはあくまでもお城、ヴェルサイユでも貴族も部屋を与えられていて、
あれもちょっとした町と言えるかもしれません。

プラハの城内にも従業員の住まい地区がありましたが質素でした。

だけど、ここはホントの庶民の城内町なんですよ。
でも町なのに城内だからどの建物も素晴らしい美しさ。

往時から王様と町の住民が一緒に住んでいたのか?

国家としての没落後、町人が住み始めてこの形になったのか?
詳しくは分かりませんが、ここは面白かった・・・


DSC_1028.jpg


結局、この城内は1時間くらいの見学でしたが、一日ウロウロ楽しめそうです。

DSC_1020.jpg


住民の生活ぶりが身近に感じられて、活気のある雰囲気も良かったです。

P2251134.jpg


建物もどれも素晴らしく精緻で一つ一つ眺めてたら時間がいくらあっても足りません。

P2241086.jpg


ここは本当に魅力的な観光地でした。
今も強く印象に残っている思い出の町です。

P2241091.jpg


写真を本格的に撮る人なら、本当に楽しいところだと思いました。

私も沢山沢山写真を撮りましたが、全然撮り足りませんでしたもん・・・
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

ジャイサメール、人に建物にお土産に何をとっても絵になる素敵なところですね
やっぱり歴史あるところは、文化も残り、建物に素晴らしく、活気があります
お城はどこも素敵で立派だけど、
ここまで人々の生活に密着してるのですね
エネルギッシュなインドですね

Yottittiさんへ

ここはホントにどこを切り取っても絵になるところでした♪
歴史の凄さを目の当たりにしたといった感じです。
そして人が住んでいるお城なんて見た事なかったので面白かったです♪
インド人の熱気を感じるし辺境というエリアということもあり、
異世界って感じでホント良かったです♪

NoTitle

写真からも辺境って感じがします。
建物も素晴らしいといのがよくわかります。そもそも日常触れることがないので、写真みてるだけでもわくわくしてきますね。でも、ほんとよくこんなところまで行かれたものです。たいしたものです。

bonzofireさんへ

ここ、こんなに良いのに何で日本ではあまり有名にはならないのか不思議です。
地理的には確かに遠くて行きづらいけど、だからこそ秘境辺境感も凄くて、短い日程でしたけど、ホント行って良かったです^ ^
みんなに行ってみて欲しい所です。
プライベートカーに乗っちゃえば、どこでも行けちゃいます(^_−)−☆


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/617-329aa8ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

極楽旅インド24(ジャイサメール:フォートの楽しみ方♪) «  | BLOG TOP |  » 極楽旅インド22(ジャイサメール:夕日と朝日とお月さま)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (107)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (556)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (34)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示