シチリア旅行記20(帰国日)

6 0
シチリア2nd(2013)



あ〜、楽しかったシラクーサ生活も終わりになってしまいました。


もうこのイタリアで一番美しいと言われる広場も私の庭ではなくなります。

IMG_0629.jpg



名残惜しい気持ちで・・・この町を私の記憶にとどめる為に・・・
残り少ない時間でたっぷりと時間をかけてこの町を歩きたいと思いました。


少しでも沢山ここでの時間を楽しみたいので、
この日も朝早く目覚めました。


市場に行ってみました。

IMG_0620.jpg


活気ある市場は日本と変わらぬ匂いがします。

IMG_0621.jpg


それはお魚が沢山だから・・・

IMG_0622.jpg


でももちろんここはシチリアだから、ちょっと違います。
これはサボテンの実。
滞在中にとうとう食べられなかったけど・・・次に来た時は必ず食べたいと思います♪

IMG_0623.jpg



朝から市場に来た理由はもう一つ有ります。

お土産を買うためです。


この袋のお店が市場の中にありまして・・・
食材店。市場の中にあるだけに、朝、早くから開いているんです。

IMG_0649.jpg


これらをお土産として買いました。

DSC_2645.jpg


沢山沢山、買ったら袋一杯になりました。
10,000円くらい買ったのでチョコレートを数個プレゼントしてくれました。
上手に袋に入れて、沢山のバラまき用の袋もくれました。

こんなちょっとした親切にも感激です。
最終日だと余計に気持ちが高ぶります。


次に向かったのは薬局。
この歯ブラシを買う為です。

IMG_0650.jpg

は?なんでここで歯ブラシ買うの?でしょ?


これね、皆さんにもやっていただきたいのですけどね・・・
あ、電動歯ブラシとか歯科医院のを使っていらっしゃる方は良いと思いますが・・・


ヨーロッパで買う「G・U・M」の歯ブラシ、びっくりするほど良いんですよ。
ご存知でしたか?

何が良いかって、毛がしっかりしているんです。
それにヘッドが大きくでカバー範囲が広いので多少大雑把にしていても
磨きたい箇所にどこかが当たる。

毛がしっかりしていてよく磨ける、磨き残し辛い。
なのに別に痛くもないです。

日本で売られているガムをはじめとした歯ブラシは、
すぐにダメになるでしょ?1〜2ヶ月くらい?

でも、このヨーロッパのガムは、
毛がしっかりしているので半年〜1年くらい余裕で使えるんですよ。

でも価格も高いです。でも5〜600円くらい。
日本だと高額の部類ですよね。

だけど、長持ちするしよく磨けるので全然OK。

私、ヨーロッパのを使い始めて数年、
歯医者さんに歯のクリーニングに行った事ありませんもん。

それまでは時々、クリーニングに行かないと磨き残してしまってましたから・・・

きっかけは実は前回のシチリア旅行。

シチリアのホテルに持参の歯ブラシを忘れてしまい、
ローマで慌てて買って使ってびっくりして以来・・・

行く度に調達しては使っています♪





ま、話がだいぶ逸れましたが・・・

これは毎晩、枕元に置いてあったお菓子。

甘くてサクサクで美味しかったです^^

CIMG2884.jpg


この日のオルティージャ島も最後の最後まで美しかったです。

IMG_0633.jpg


私が祭りの終わりなだけなのに、
何故だか町も祭りの後みたいな物悲しさで寂しそうに見えてしまうから
不思議です。

IMG_0635.jpg


それでもこの日もオルティージャ島はオルティージャ島らしく・・・

どこに向かってもその向こうは海・・・

IMG_0626.jpg


ふと足元を見ると「SIRACUSA」の文字が・・・

IMG_0653.jpg

記念になると思い、パチリ。



さて、午前中一杯、島のそぞろ歩きを満喫しました。

シラクーサ出発前に、ランチとしてこの旅最後の食事はこちらで。

IMG_0639.jpg


こちらはホテルからすぐのレストラン。
前夜にホテルのスタッフに出発の相談をした時に
紹介・予約してもらったところです。

確か11:30頃の予約だったかと・・・

とても気さくなオーナーが、
こんな早い時間なのに温かく迎えてくれました。

IMG_0640.jpg


美味しそうなパン。

IMG_0641.jpg


急いでいるので簡単なワンプレート。
でもシーフードは外せません。

IMG_0645.jpg


シーフードの冷製ですが、
新鮮な食材と爽やかなバージンオリーブオイルとレモンとハーブが
大満足のハーモニー。

IMG_0646.jpg


急いでいたけど、少量をゆっくりと・・・
最後のランチを楽しみました。

滞在中、何度もこのお店の前を通ったけど、
何となくパッとして見えなかったので、
スルーしていたけど、この味を知ると
ちょっともったいなかったことをしていたようです。



ランチ後は歩いてすぐのホテルに戻って呼んでもらっていたタクシーに
乗り込んだのが、12:30pm。

何度かタクシーを使ったけど、
意外に時間通りに来る、ここオルティージャ島のタクシーでした。



最後になって気が付いたのだけど、
私のホテルのレストラン、大変お世話になったのだけど、
美味しい美味しいと思っていたら、ここもミシュラン掲載レストランだったのです。

IMG_0647.jpg


最後の最後までオルティージャ島はオルティージャ島でした。
私を温かく包み込んで・・・最後は優しく見送ってくれました^^

DSC_2087.jpg





タクシーからシラクーサのバス停で
カターニア空港行きバスに乗り換えて約1時間。

カターニア空港に到着。


これが全てといった広さの小さな空港です。
小さいし、2回目なので迷う事無く素早く手続き完了。

CIMG2887.jpg


実はですね〜・・・
ここで・・・行きにロストバゲージしかかった時に一緒になった
日本人男子と又会ったのです〜^^

その時の記事↓
シチリアで恋をする♡?


仕事でシチリアに来たということだったし、
きっと仕事終わらせたらサッサと帰ってもうシチリアに居ないだろう・・・
会う事もないと思っていたのですが・・・

奇遇です。


でもですね〜・・・
空港でチェックイン後、小さな空港の
少ししかないお土産屋さんを忙しそうに回っていたのを見て、
背中の向こうに奥様か彼女の姿が見えるような気がして・・・

私の淡い恋心は見事砕け散ったのでした^^;

別にさ〜、淡い恋心は淡い思い出として
そのままにしといてくれても良かったはずなのにさ〜・・・

わざわざ再会させといて止めを刺すなんて・・・
神様もヒドイもんです・・・無粋だわ〜・・・笑


と、空港の待ち時間に最後のシチリアスイーツ、
カンノーロを買い食いしながら思っていた帰路だった訳です。


一人旅の旅先で買い食いしながら目線の先の忙しそうな男を眺めて
一人失恋を自覚する可哀想で哀れなアラフォー女子でした・・・

↑ここ笑うトコね!






ま、そんな空港での小さな一人ドラマを終え、飛行機に乗り込めば・・・

こんなこと書いてなかなかのアイデアの飛行機ですね、マルタ航空さん。

CIMG2902.jpg


飛び立ちます。

初めはシチリアの町、恐らくカターニアが見えていました。

CIMG2904.jpg


シチリアの東の海岸線を飛ぶので方角から
タオルミーナのイゾラベッラが見えないかしらと
窓に貼り付いて覗き込みましたが・・・

軽くかかった霧?によって全く見えませんでした。


でも視線を上げれば、シチリアの象徴、エトナ山。

私の中では結構、富士山と重なります。

CIMG2907.jpg


美しい山ですよね〜。
これが、EkaterinaYoghurt渾身の機内からのエトナ山の写真☆iPhoneで。

CIMG2912.jpg


子供みたいに窓に貼り付いている内に
アッという間にシチリア島とお別れになってしまいました〜。

さよ〜なら〜・・・シチリア島よ〜・・・また来るからね〜・・・^^

CIMG2914-1.jpg





(おまけ)
乗り換えのミュンヘン空港に着きました。

ここではやることがありました。

それは昨年のプラハからの帰りのフランクフルトで食べ損ねた
ソーセージを食べる事!!


1年越しでソーセージリベンジを果たす!!
これもこの旅の目的。

これが最後の目的です!!

目的をやり遂げる為にいただいたソーセージはこれ。もちろんビールも^^

CIMG2918.jpg


リベンジが果たせて気持ちは満たされたけど、
実はこれ、何でこんな壺みたいなのの中でお湯の中に入れられているのかしら?

まぬけで気の抜けた(味の抜けた)白ブタさんみたい・・・

に見えたのは私の目の錯覚ではありませんでした。


ゴメン、ブッチャけそんな美味しくなかったんですよ〜〜^^;


ということで、このリベンジは失敗!!ということで来年に持ち越しね!!

さて、来年はどこでリベンジ実行となりますやら・・・笑


(最後のフライト、ANA 2013年8月26日 21:10ミュンヘン発成田行き)




関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

Yottitti  

NoTitle

この海と素敵な港町を目に焼き付けるように最後の散策は感慨深いですよね
お天気も良くて、名残惜しいけど、きもちよく旅立もできそうです

市場でのお買い物は楽しいですね
それにイタリアならではの調味料を探したり~
サボテンの実のお味が知りたいです
最後のランチは、新鮮な魚介を堪能できて、リベンジ成功、舌にその余韻を残し~
イタリア好きに拍車がかかりそう

空港で遭遇、運命って思ってしまいます
決断は早すぎたような気はしますが、こればかりはご縁ですからね!
機内からの街並みに山を眺めるのっていいですよね
最後の余韻を盛り立てます

確かに白ソーセージは私もいまいちよくわかりません
多分、それ以上のものを覆すものはないと判断しちゃってます^^

2013/12/09 (Mon) 19:16 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

ほんっとに名残惜しかったんですよ〜・・・この地を離れるのが・・・
リタイアしたら、ここのアパートに移り住んでみたいな〜とか思ったりしながらの散策でした。
この市場の食材があれば、日本人、絶対住める!!って思います。

サボテンの実は、ホテルの朝食のフルーツコーナーに毎日皮を剥かれて置いてあったんですけど、
ずっと何か分からず遠慮していました。
その内にサボテンだと分かって朝食で食べようと行った日にはもう無くて・・・結局食べ損ねました^^;

空港での出会い・・・会釈だけして遠くから眺めて、さよ〜なら〜・・・はもしかして早過ぎた??
これがもう少し若かったら積極的にもなれたかもしれませんが、もう若くないし・・・
そもそもあんまりパートナーとか欲していないので・・・こういうのも含めてご縁ですよね^^;

白いソーセージ、ぷにょぷにょで・・・残念以外の何ものでもない最後の空港での出来事になりました。
それでもビールでホロ酔いの搭乗だったのですけどね、食いしん坊ですよね^^;

2013/12/12 (Thu) 17:21 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

NoTitle

空と街、ただよう空気感、観光地というより、映画の一シーンを見てるみたいです。シチリアでもそんなにたくさんの街に見たわけではありませんが、僕が行ったところとは全然違う感じです。どの街も個性的で、、これだから、何度いっても、また行きたくなるんでしょうね。
空港の出会いの話、、なんとなくその気持ちがわかります。ちょっとシチュエーションは違えど、何度か、偶然とは思えないような、出会い、再会みたいなのがあります。何十年もたった今でも、あの時声をかけてたら、、なんてことを思いますね。
白いソーセージは、きっと茹で過ぎだったんでしょうね。作り立てのものを、すぐにゆでて、蜂蜜のマスタードでいただくと、結構やみつきの美味しさだと思います。鮮度が命の種類なので、きっと美味しいのはミュンヘンでしか食せないはずなのですが。。

2013/12/13 (Fri) 00:10 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

bonzofireさんへ

すっかり季節の変わってしまった現在、
日本で自分で見ても確かにこのシラクーサの景色が
何か幻だったかのように感じてしまいます。
映画のワンシーンだったような気もします。
シチリアはなかなか面白い島ですよね。

空港での再会、びっくりしました。
成田⇄カターニアまで全く同じ便だったようです。
ちょっと勇気を出して話しかけてみても良かったのかな〜と・・・
今、皆さんのコメントを拝見して思います^^;

白いソーセージは、そうです。茹で過ぎです^^;
鮮度が命の種類なのですね?
やっぱり空港で満たそうとしても無理があるのでしょうね。
又、どこかで美味しいのを見つけて食したいと思います♪

2013/12/13 (Fri) 23:15 | EDIT | REPLY |   

さえ  

はじめまして

シチリアの写真が美しくて、読み応えのある文章も
楽しくて、ずっと読ませていただいていました。
景色は本当にきれいだしご飯もとてもおいしそうで、
行ってみたいです。

イタリア語は全然できないし、南へ行くほど治安が
良くないとも聞くので、個人旅行ではちょっと心配
かなあなんて思っていました。

治安はいかがでしたか?

2013/12/17 (Tue) 18:50 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

さえさんへ

はじめまして^^ご訪問、コメント有り難うございます♪

シチリアはオススメです☆
イタリア語は私も出来ませんが、観光客の行くところなら英語で大丈夫だったり、
身振り手振りで何とか乗り切れちゃいます^^

イタリアは確かに南へ行く程って言いますよね。でもシチリアは大丈夫と思います。
以前にパレルモに日帰りツアーに乗って行った時に、
1人で来なくて良かった〜と思ったことはありますが、他のところは大丈夫かと・・・
基本どこも田舎なので、世界各国田舎の人は素朴でいい人が多いというのが当てはまると思います♪
治安はそれほど心配しなくて大丈夫ですよ。是非行ってみられて下さい♪

2013/12/18 (Wed) 14:18 | EDIT | REPLY |   

Add your comment