英国ドライブ旅行10(コンウィ城 他)

4 0
英国ドライブ旅行2008
2008.6.17

朝食はこの日もフルイングリッシュ・ブレックファースト・・・ホテルのダイニングルームにて。
やはり美味しくいただけました。

ホテルのチェックアウトを終えて、まずはこの町の観光のメイン、コンウィ城へ。
小さい町なのでテレテレ歩いてもすぐなのです。

コンウィ城外観 これがコンウィ城 勇壮かつ優雅です

何でもエドワード1世が作ったらしいですぞ。ここに来てみたかったのです。

コンウィ城内部 もちろん現役ではないけれど、美しく保存されています

だけどね、今は鳥の住処なのでしょう・・・城のあちこちに鳥のフンや羽根が沢山で・・・
何かそのフンの乾いたのが舞い上がったときの空気とか吸っちゃうと病気になるんじゃないの?って感じがして、ちょっとビクビクしながらの観光になってしまいました・・・困る

コンウィのかもめ 見るとかわいいカモメさんですけど、お城に住まないでね。

コンウィ城からの景色 コウンウィ城から見たコンウィの町の前の川?というか海

コンウィ城1 コンウィ城の古さが分かります

コンウィ城2 このショットも古さが分かるでしょう

コンウィからの景色2 コンウィ城から見た城壁の中のコンウィの町 箱庭の町みたいです 城壁のすぐ外に私達の宿泊したホテルも写ってます

コンウィ城観光の後は、町中の観光。
城壁のすぐ外、港に向かって立つスモーレストハウスへ。

スモーレストハウス 赤いお家部分 ギネスブックに載っている世界で一番小さな家

一緒に後ろ向きで写っている赤い人は、魔女みたいな格好をしているここの案内のおばさん。
日本人?って確認すると、日本語の解説テープを流してくれて、それを聞きながら観光出来ました。
この小さな家に昔は漁師さんとか住んでいたそうですよ。

スモーレストハウス2 スモーレストハウスの内部2階 引いて撮ってこの広さですよ

そして中世の豪商の邸宅見学へ

豪商の家 プラース・マウルというお家 商人のお家だけど内部の装飾が豪華

この後、ホテルへの帰り道、郵便局があったので絵葉書を買って、父は旅の感想を書いて自分宛に自宅に送ってましたメール 帰宅より前に届いていたそうです。
このように旅先からの手紙は自分宛だと帰ってからも旅を思い出して楽しめるし、友達や家族に送っても喜ばれるので安くて楽しいお土産の一つになりますね。
私はよくやります。

最後にベーカリーでランチのパンとジュースやお水を買って、ホテルに停めておいた車に乗って次の目的地へ向かいました。

このコンウィは小さいけど、見どころ一杯の町でした。
前から一回行ってみたいと思っていて期待していたのだけど、事前期待が大きかったにも関わらず期待を裏切らない場所でした。
もう少しゆっくり滞在型の旅先としても良いところだなと思います。
町の雰囲気が、ホントに古くてかわいくて、のんびりしていて・・・

後々、父と旅の思い出を語り合う時、どこが一番良かったというか印象に残ってるかというと、2人ともこのコンウィなのです。なぜだか魅力を感じる忘れられない町となりましたハート
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

アキヒサナウ  

No title

恥ずかしい話にコメント有難うございます♪
まだ顔が赤いです・・・。
何気に旅行記ちゃんとチェックしてますよ♪
夢でもいいから行ってみたいです!
予習予習♪

2009/09/17 (Thu) 23:22 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Re: No title

アキヒサナウさん、

いつも見て下さって有難うございます。
自己満足な私の備忘録なのに・・・

私もいつもアキヒサナウさんのブログを楽しく拝見して一日の癒しにしています。
こちらこそ有難うございます。

2009/09/18 (Fri) 10:33 | EDIT | REPLY |   

DPL  

懐かしのコンウィ

楽しく拝読させていただきました.
コンウィが懐かしくなりました.
散歩するには丁度良いサイズの町で,素敵な町です.
鳥のフンはいささかやっかいですが,カモメが良い町のアクセントになっていますね.

2010/03/10 (Wed) 01:57 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Re: 懐かしのコンウィ

DPLさん、

ワァ~、ご覧になっていただいたんですね~。
ちょっと恥ずかしいなぁ~、でもちょっと嬉しい^^

コンウィのこと、共感出来たの、父以外で初めてだったのでとっても嬉しいです。
有り難うございました♪

2010/03/11 (Thu) 00:05 | EDIT | REPLY |   

Add your comment