シラクーサ楽しい♪

2 0
シチリア2nd(2013)
シラクーサ滞在、楽しんでいます♪

一カ所滞在は、やっぱ楽で良い…
ゆる~り、まったり毎日しています^ ^




さて、せっかくシチリアからのブログ更新なのに、
それらしい雰囲気のレポートは殆どなく、
がっかりしている方もいらっしゃるかもしれません。


メインの旅行記は、帰国後更新するとして…

現地からは、今感じている色んなことを書いています。


でもこちらの雰囲気を少し…




こんな気持ちの良さそうなところで毎日過ごしています^ ^



ところで今何してるかというと…


ランチ前にまったりしているところ^ ^

ま、午前中、ホテルから出ていませんけど…

だって昨晩遅かったので、朝遅くまで目が覚めなかったのですもん…


やっぱりまったりしています。

忙しい旅行はやはり私の相に合わない…



で、まったりゆる~りしている私ですけどね、
まあ、やる事なす事ゆる~くなっています。


まずはこの写真を見て(^^;;




ま、ぶっちゃけ説明なしでは何の写真か分からないですよね?

これは、座っている時に自分の下腹部を見下ろして撮った写真です。


はい、ボタンがとんでいます(^^;;


あ、その前にこの服の柄に引いた方が目に見えるようです。


このパンツ、インドで購入。


柄が派手過ぎて、
日本で着ていると必ずすれ違う人が、
まずパンツの柄を見て、

えっ、という顔をしてからその次
必ず私の顔を見て、それから舐めるように段々と下半身にもう一度視線を移して行くという…

信じられないくらい、
皆が同じ反応をするのを楽しめるという楽しい個性的なパンツです。


この解放的な雰囲気の下では写真でお分かりの通り、上もピンク。


全身ピンクです。


自分で林家パー子かっ?とツッコミを入れている次第です。


ピンクのニットのタンクトップで露出度高いけど、
こちらではみんなこんな風にカラフルで露出度高いのです。

なので肌を余計に隠したり、暗い色合いの服の方がむしろ目立つ存在になってしまいます。


ま、服装は自由なのですけどね。


パー子でもこの地に合っているでしょう?(^^;;



で、とんだボタンですが、拾っているので、また付けますが…


この写真の時は、

長距離バスに乗って、
今からバスが出発というタイミング。


ボタンが5つあるので、
1つとんでも何とかなってますけど、
油断していると中の下着が見えちゃう訳。


日本なら、慌てて戻って着替えるところですけど、

ここはシチリア。

みんないい加減~な雰囲気なので、
それに乗じてそのまま長い一日を過ごしました。


時々パンツ見えてるけど、まあいいじゃん~。

誰も気にしないし~…ってなもんです。


日本だったら、
アラフォーの女が股のボタンがとれたパンツ履いて歩いてたら、
完全アウトですよ。


シチリアのリゾート地ならではですよ。


でもいいな~、こういうのって…って思っています。


無理しない生き方。


インドでも感じたけど、
これでいいのなら楽だな~って思います。

ま、インドだったら、
逆にこの状態、男性の視線が怖くて歩けないと思いますが…

そこはやっぱりアジア。

女性としての貞操感というか節操は保っておかなければなりません。


最後に…
なぜボタンがとれたかって?


イタリアの常識、
便座の無いトイレで用を足したからです。


便座の無いトイレを日本から持参の便座拭きで拭き拭きしましたけど、
やっぱりお尻をつける気にはなれず、
中腰で用を足した時にプチンといっちゃいました(^^;;

足をプルプルいわせながら、
絶妙な角度での姿勢を維持しなければならないんですよ。


そりゃ、ボタンも弾け飛ぶってもんです。



ま、いつもながらですけど、
中学生みたいなトイレネタを書くなんて、
ちょっと低俗気味なんですが、
ま、記録として書きたいんです(^^;;


ごめんなさい。


下品なネタに最後までお付き合い下さいまして、
本日も有難うございました^ ^
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

bonzofire  

NoTitle

便座の無いトイレ。
僕もイタリアで見たことがあります。
幸い(笑)、私はお世話になることはありませんでしたが、女性は大変だと思います。
それにしても、そんな姿勢で用を足せるなんて、
相当スクワットでもして下半身を鍛えているのでは、、。。  僕なんて、何年ぶりかに和式を利用した際、足がつって、まじでやばかったですよ。 すみません、品のないコメントで。 

2013/08/26 (Mon) 23:07 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

bonzofireさんへ

脚はもうプルプルでしたよ〜(^^;;
でもそこでガンバンなきゃ、パンツのボタンが飛ぶどころではない大惨事になってしまうので、頑張らざるを得なかったのですよ。

イタリアの町のカフェとかは、よほど上品なところでないと、わりと便座は無いですね〜(~_~;)

和式のトイレしかなかった昔の人は、足腰強かったんですね〜。

2013/08/27 (Tue) 16:34 | EDIT | REPLY |   

Add your comment