topimage

2017-11

倉敷 - 2013.07.02 Tue




前回レポートした日本のピンクシティー、
岡山の「吹屋」つながりで、
その前日に行った「倉敷」も続いてアップしちゃいます♪


5月のGW過ぎに行ったのですが、
この日はとても良く晴れて行楽日和の中、
楽しく観光出来ました。



倉敷と言えばこれ・・・の川と柳と白壁の景色です。

DSC_1313_convert_20130702132503.jpg



キレイですね〜♪
町並みがよく保存されてあって素晴らしいです。

DSC_1320_convert_20130702132630.jpg



右のレンガの外壁はクラボウの工場の名残り。
今は「倉敷アイビースクエア」ホテルになっていますね。

DSC_1321_convert_20130702132712.jpg



今回の宿泊は、ここにしました。

DSC_1333_convert_20130702132907.jpg





そして・・・
今回は友人と行ったのですが、
私の今回の大きな目的は大原美術館。

DSC_1309_convert_20130702132405.jpg



倉敷は今回で3回目です。

1回目は小学生の時、家族旅行で・・・
2回目は中学生の時、クラブ活動の試合のついでに先生の引率で・・・

かれこれ20年前後ぶりの倉敷でした。


小学生の時に両親に連れて来てもらった大原美術館。
なぜか心の中に強い印象でず〜っと残っていて・・・

たぶん物心ついて初めてか?
多少物ごとが理解出来るようになってから
初めての美術館だったのだと思います。

その時に見た印象派の絵画達が強く心に刻まれていました。
子供ながらに感激して、気に入った絵のポストカードを何枚か買ってもらって
ず〜っと大事にしていたことが良い思い出として残っています。

そして・・・あの心に残っているあの絵は一体どんな作品だったのだろう?
と確かめたくてしょうがなかったんです。

という理由で、長いこと行ってみたいと思いながら・・・
何となく行けていなかった大原美術館。
今回、友人に誘ってもらったことで念願叶って行くことが出来ました。



そして・・・見つけましたよ。

「オーヴェルシーの運河」ポール・シニャック
「積みわら」クロード・モネ


間違いなくこの2枚です^^
他にもあったと思うのですが・・・
展示されていなかったのか?私が忘れてしまっているのか?・・・
出会えませんでした。


何だか懐かしく・・・感激しながら観賞させていただきました。





そして・・・
大原美術館は、規模を広げているんですね。
分館も複数ありました。

中でも気に入ったのが、このコンテンポラリー作品を展示してあった館。

DSC_1304_convert_20130702132326.jpg



私、現代美術観賞が好きなんですよ〜!
訳分かんないですけどね・・・^^;

殆どが日本の作家さんのものだったと思いますが・・・
まぁ〜ステキ!!

出来ればコーヒーでも飲みながら、
ず〜っと見ていたいほどでしたが・・・
残念ながら、この館の中でそういったカフェは無く、
又、友人も一緒だったのでリズムは合わせないとね^^





メインの目的を果たした後は、
もう少しゆ〜らゆら町歩きです。


こんな路地裏的な小道に迷い込むのが好きです♪

DSC_1279_convert_20130702132008.jpg



あ〜、風情があってステキ♡

DSC_1287_convert_20130702132239.jpg



日本にもステキなところは沢山ありますね♪
(部分的に・・・)



キレイに飾りつけが有ったり・・・

DSC_1281_convert_20130702132050.jpg



こんな風にうまく町に溶け込んだお店もステキ♪

DSC_1319_convert_20130702132544.jpg



良いのがあったら備前焼も買ってみたかったけど・・・
結構地味なのね、備前焼って・・・

DSC_1324_convert_20130702132751.jpg

風合いはそのままでもう少し現代的なのとかを期待してたんだけどな〜・・・



暑かったので、おやつに今年初のかき氷もいただきました〜^^
この小豆がおいしかったです♪

DSC_1325_convert_20130702132832.jpg





このようにのんびり半日を楽しんだ倉敷でした。

DSC_1282_convert_20130702132123.jpg





最後に・・・

前回の吹屋のレポートで85歳のおばあさんに会ったと書きましたが・・・


実は、この倉敷でも美しく元気なおばあさんに会っていました。

そのおばあさんは、娘婿の焼いた陶器を販売する小さなお店の店番。
確か87歳とか89歳とかおっしゃっていたかと・・・


と〜っても肌がキレイで笑顔のステキなおばあさん。
町の景色や雰囲気だけでなく、このようにステキな方と出会うのも
旅の醍醐味♪

とてもステキな思い出になりました^^・・・



DSC_1286_convert_20130702132158.jpg



スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

小さい頃の思いって残ってますね
今回は行けてすっきり~
思い描いていた絵も発見でき、それがモネだったとは~
また美術館で絵の見方が変わりそうです

私は倉敷は行ったことがないけど、
有名な美術館に公園に街並みがあるんですね
吹屋に比べて整えられ新しい感じがしますが、のんびりしていていいですね
和のにおいがたっぷり~で、日本人でよかった~って思います!

NoTitle

倉敷と大原美術館、修学旅行でいったきりです。
修学旅行では時間も少なく、情緒を楽しめるほど大人でもなかったので、
またいつかゆっくり行きたいわ~。
街も綺麗で、路地をあるいてお店を見つけるのは楽しそうですね。

私も子供の頃に好きだった絵はやはりモネでした。
どこか懐かしくて美しい風景なのですよね。
ヨーロッパ好きの原点ももしかしたら印象派の絵にあるのかも知れません。

Yottittiさんへ

子供の頃みた絵に出会えるか?収蔵していても展示していないと出会えなかったので、長年の想いが叶って良かったです^ ^

思えば、自分の数十年前の想いを手繰るという行為が似合う年齢になって来ました(^^;;
若いうちには出来ないことですから、こういうのも楽しまなければと思いました。

倉敷は、吹屋に比べて沢山の観光客でしたが、とても楽しめました♪
次に中国地方に行かれる時は、是非どうぞ〜^ ^

ポケさんへ

居ましたよ、今回も修学旅行の子供達^ ^
こののんびりした観光地を走り回ったり、大声を出したり…
ちょっとうるさい気がしなくも無かったけど、子供には子供の楽しみ方もがあって、家族にお土産を買う姿とか見て、微笑ましく思いました^ ^
こういうところに小さい内に連れて行くって情操にも歴史を知るという意味でも大事だと思います。

ポケさんもモネの絵、お好きですか〜?子供に分かりやすいですよね?あの辺の絵は…。
純粋に好みなのですよね、きっと子供の時の好みというのは…
だからのヨーロッパ好き、わかる気がします^ ^
私も日頃は気張っていますが、メルヘンな色の絵が好きです。本質はロマンティックな乙女なのですよ…笑(^^;;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/569-e6c08ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013年上半期の振り返り «  | BLOG TOP |  » 日本のピンクシティー:岡山県高梁市「吹屋」

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (108)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (24)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (561)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (39)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示