極楽旅インド13(アンベール城:ジャイプル)

6 0
インド2013


ピンクシティー観光始めます。


でも、このジャイプル滞在&観光・・・

何から書き始めたらいいか分からないくらい盛り沢山です。



きっとこのジャイプル編ではゴチャゴチャ色々書くと思いますが、
宜しければお付き合い下さいませね。





さて、前日夜にジャイプルに到着して・・・

ジャイプルではこの旅で初めてた〜っぷり眠りました。

ゆ〜っくり起きて元気に観光に向かいます♪



ジャイプル最初の観光は「アンベール城」

アンベール城は、ジャイプルの街中から11㎞ほど北東の山の上にあります。

ジャイプルは城壁に囲まれた要塞都市。

16世紀に築城が始まったこのお城は、当然、城塞都市での王様の居場所として
戦いに有利な場所にあります。

お城の豪華さと共に素晴らしい景色も見どころです。



この日もプライベートカーに乗り、サクサクお城へ向かいました。


これはお城の上からの写真なのですが、
どんどん車が上がって来て観光客が沢山車から降りて来る様子です。

DSC_0362_convert_20130527161002.jpg


遠くを見遣ると素晴らしい眺めです。


山の上の要塞や・・・

DSC_0338_convert_20130527165704.jpg


山の稜線沿いの城壁・・・

DSC_0339_convert_20130527165737.jpg

DSC_0340_convert_20130527155748.jpg


私達もここで車を降りました。

↓ここ、降りたところの様子・・・



静かな山の上ですけど、ここインドではやっぱり車のあるところ、
クラクションは必須です(笑)

座るお猿さん、間違いなく日本人観光客であろう集団、
カモになる観光客を捜すインド人など・・・

ここだけでも色んなものが見れて既に楽しいです♪♬



ドライバーさんにしばしの別れを告げて、
お城の入口に向かいます。



色々と物売りのインド人がまぶれ付いてきます。


もう慣れっこになっていたので、

「ハイ、ハイ、ハイ、要らない、要らない、要らないから・・・」

「ホントに要らないから!!・・・△※○&#×*@?・・・あ〜・・・」


面倒臭いけど、「これもインド」と
そういったやり取りも少しは楽しみながら、
前に進みます。


面白いのが、そんな中、ジャイプルの解説本を
最初10ドルで売りつけ始めたお兄ちゃん・・・

要らないと100回位伝えているのに諦めない・・・

勝手に値引きを始めました。

「9ドル・・・8ドル・・・5ドル・・・2ドル・・・」

「最初10ドルで・・・2ドルって・・・」
と笑いながら聞いていた私。

他の物売りもしつこく食い下がります・・・!!

しばらく他の物売りに押され気味になった後、
再度、口を開き始めた解説本の売りつけお兄ちゃん、

「3ドル!!!」って大きな声を張り上げた!!!!!


「はっ??・・・」

「てか、お兄ちゃん、ドサクサに紛れて値段上がってるじゃない??!・・・」


爆笑!!!・・・


インド人、ホント面白い・・・笑


これ、テクニックなの?

頭良いんだか、悪いんだか・・・???





こんな坂道を少し上がり、到着したのがここ・・・



ハ〜〜〜・・・美しい広場です♡

DSC_0367_convert_20130527161043.jpg


DSC_0360_convert_20130527160827.jpg


ここはまだ無料のエリアなので、観光客に混じって
色んな物売りとか楽器弾きとか色んな人がいます。

DSC_0347_convert_20130527160105.jpg


DSC_0348_convert_20130527160318.jpg





そんなこの広場で又々、出会いが有りました!!


既にここまでに色んな物売りとかに声掛けられていた私・・・

もう少々のことでは振り向かないし、止まらないし、動じません・・・!!


しばらく周囲を観察しながら、この広場を楽しんでいた私に・・・

又々何か日本語で話して来る一人の男・・・


もうそちらに目も遣らないで無視・・・


するとその男・・・

「私は日本語を勉強する学生ですっ!」って・・・


そこで初めて振り向く私・・・

学生って歳じゃない普通の中年です。

「日本語お上手ですね」

とか・・・少しのやり取りの後・・・

「ガイドしましょうか?ガイド料は要りません。日本語の勉強になるから!!」

「えっ?」

「どうしよう・・・」ちょっと戸惑う私・・・



そこで初めて連れに相談・・・

「ちょっとちょっと・・・こういう人が・・・」とね。


連れは自由に写真を撮ったり、この場を楽しんでいました。


で、相談の結果・・・お願いすることにしました〜!!


タダ程高い物は無い・・・といいますが・・・


まあ、私達2人:男1人・・・
沢山の観光客の居る観光地・・・
すぐそばにはドライバーさんが控えてくれている・・・

まあ、最後に少しチップを渡すくらいでいいでしょう・・・ってことで・・・





これが又々、大正解!!!


この出会いがこのジャイプル観光をとっても楽しいものにしてくれたのでした〜!!^^


これからは、その方の紹介もしながら続けますね。

その方のお名前、「スーデスさん」


話が成立すると、このスーデスさん、嬉しそうに
「ちょっと待ってて下さいね〜。お水を買って来ます。
あ、アナタ達お水ある?ありますね、じゃ、大丈夫、私のを買って来ます」

走らなくていいのに、走って売店に行ってお水を調達して来ました。


さあ早速、象さん乗り場に連れて行ってくれます。

象さんはここのアトラクションね。別に乗らなくてもお城観光は出来ます。


象さんの通る道、象さんの間をすり抜け・・・

CIMG2125_convert_20130527155249.jpg


先ほどの広場から少し下ったここが象さん乗り場。
後ろの階段から上がり、象さんの背中の高さになります。

CIMG2127_convert_20130527155327.jpg


うわ〜、迫力有ります!
この子たちのどれに乗せてもらえるのかな〜?

DSC_0350_convert_20130527160438.jpg


2人ずつで乗ると象さん達、列になって歩きます。

これが象さんの上からの眺め・・・

CIMG2128_convert_20130527155428.jpg


結構混雑気味・・・

CIMG2132_convert_20130527155512.jpg


はい、ここでスーデスさん登場!

DSC_0359_convert_20130527160655.jpg


スーデスさんは、私達を象さんの乗り場まで案内して乗せてくれた後、
又、1人で歩いて坂を上って事前に預かってくれていた私達のカメラを構えて、
象さんの到着した先ほどの広場で私達の写真を下から何枚も一生懸命撮ってくれました。


良い人です♪


象から降りた後は、いよいよお城の見学に進みます。

チケット代金は、1人200ルピー(約340円位)。
(ジャイプルの観光地の共通券みたいなのもそう高くない値段でありました)

スーデスさんは、顔パスです。



うわ〜っ!!! き〜れい〜!!!

DSC_0368_convert_20130527161212.jpg

DSC_0369_convert_20130527161306.jpg


何ですかぁ〜?この景色〜!!!絶景です!!

DSC_0374_convert_20130527161649.jpg


城下には水上庭園が・・・涼しそうです♪

DSC_0353_convert_20130527160600.jpg


周囲の全ての山の稜線には城壁が・・・

DSC_0380_convert_20130527161813.jpg


写真では視野が狭いからこの絶景、お分かりいただき辛いと思いますが・・・
視界に広がった伸びやかな自然と人工物の調和の作り出す・・・

この世にそう滅多に無い絶景・・・

DSC_0377_convert_20130527161731.jpg



変わって視線を近くに遣ると・・・


あら〜、私のすぐ近くにキレ〜ナ人〜・・・

DSC_0373_convert_20130527161425.jpg


SPまで付いているこの女性、
聞けばインドのチョー有名俳優の娘さんとのこと。

本人自体は女優とかでは無いらしいのですが、タレントなのか?
TVに出たりする有名人らしい・・・

インドのセレブです。

と、スーデスさん情報。


そういえば、見て!
この方の腕のブレスレット、これだけでも凄い金額のはず・・・

DSC_0372_convert_20130527161344.jpg


と、まあ〜こんな人に出会うことも滅多にないでしょうし・・・
この人が一体誰なのか?これもスーデスさんが居なければ分からない訳で・・・

有り難うございます、スーデスさん。



で、色んなものに目を奪われておりますが・・・

ここ、ホント、目が散る目が散る・・・


四方八方、ハイライトの嵐でございます!!!!!

DSC_0395_convert_20130527162050.jpg


DSC_0396_convert_20130527162150.jpg


こういう景色の中のサリーの女性・・・合いますよね〜・・・

DSC_0397_convert_20130527162238.jpg


DSC_0386_convert_20130527161949.jpg


きれ〜い過ぎるでしょう!!

DSC_0382_convert_20130527161854.jpg


この美しい正面玄関みたいな部分・・・

この色達、忘れちゃったけど、恐らく宝石(カラーストーン)を
粉上にして絵の具として使用して描かれているのだと思います。

DSC_0409_convert_20130527162353.jpg


かじり付くように眺めたり、写真を撮ったり・・・

DSC_0411_convert_20130527162506.jpg


幸せでした〜・・・ここに居る時間、今、思い出しても幸せな時でした〜・・・

DSC_0412_convert_20130527162539.jpg


スーデスさん、私達のリズムを分かって・・・

DSC_0410_convert_20130527162428.jpg


DSC_0413_convert_20130527162619.jpg


付き合ってくれ・・・私達の写真も沢山撮ってくれました〜。





あのね〜、ここ
アンベール城は、あまりにも全てがハイライト・・・
良過ぎて写真も一杯有るし、
沢山紹介したいので1回では終わらなくなってしまいました・・・

ので、続きは次回・・・


あ〜、ジャイプル、盛り沢山過ぎてしばらく終わらないぞ〜・・・



関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

Yottitti  

NoTitle

インドの物売り、アジアで見かける光景と似ていて微笑ましいです~
値段が上がっちゃったのは、らしくて笑えます~
また、いいガイドさんとの巡り合いがあってよかったですね
自力で回るのも大変ですもの

アンベール城の周りの要塞もすごいですね
万里の長城どころではありません~
水上庭園もきれい
水上庭園を見るのも珍しいのでは!?

それにしても建物が何とも言えない独特な世界観を醸し出していて素敵ですね
建物の素材に彫刻に、やはり色彩のせいなのでしょうか
イスラムの世界はすごいですね

アンダルシアも夏は暑くて大変そうですが、いつか、そしてほかの場所でも、語りあえるといいですね~



2013/05/28 (Tue) 14:48 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

このお城と今後ご紹介予定で写真にも写っていた背後の山頂の要塞は合わせて本当に素晴らしかったです^ ^

アーグラー城を見た時、なんて素敵なの‼って思いましたが、見る順番が逆じゃなくて良かったと思いました。

日本ではインドの本当の一部の情報をその全てのように報道して、私はすごい誤解をしていたんだなと思ったのは、ここに来てからです。

ガイドさんの存在がより良く見せてくれたのもあると思います^ ^

アジアの路上の物売り達は、同じ講義でも受けているかのように、同じような行動でみていて面白いですね。でもどさくさ紛れの値上げはないですよね(^^;;

2013/05/28 (Tue) 23:22 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

NoTitle

海外で現地の人に声をかけられると、
やはり私も一番に、「何かだましにきたんだろう」、、って身構えてしまいますね。残念なことです。
だけど、こういった出会いがあってからこそ、
旅行は楽しくなるんですよね。
うらやましいです。

ところで写真を見る限り、かなりイスラム色の強い建築物のような感じがするのですが、そうなんでしょうか? ほんと世界には色々な建物があるんだな、、て改めて痛感しました。

2013/05/29 (Wed) 00:03 | EDIT | REPLY |   

ポケ  

NoTitle

インド、本当に観光盛りだくさんで見ごたえもある景色ばかりですね~。
像さんからの景色もタイで乗るより気持ちが良さそうです。
それに像の渋滞って・・・さすがインドスケール大きい。

長い城壁と言ったら万里の長城しか知りませんでしたが、
インドにもこんな場所があったとは~!
今まで知らなかったすごい場所が次々と出てきて、楽しくブログ拝見しています♪

そういえば、私が住んでいるアパートにもインドの方がたくさんいらっしゃいますが、
すごくマイペースでちょっとシャイで正直で、絶対に怒らなそうな感じです。
インド人って実は良い人なのかも~。

2013/05/30 (Thu) 10:48 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

bonzofireさんへ

ガイドさん、又良い人に当たって良かったです。
でも私だけでは断っていたと思います。連れがお願いしてみよ〜って言ってくれて勇気が出た感じなのですよ。

このお城は、やはりイスラム色が強いのですが、ヒンズーの要素も入っているらしく…とにかく美しかったです。
インド、ホント深いです^ ^

2013/05/31 (Fri) 00:34 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ポケさんへ

象さんに乗るのは楽しかったです^ ^
でも象使いが結構荒くて、象さんが可哀想でした。だから本当は私、きっともう象さんには一生乗らないだろうなと思っています。

城壁、素晴らしいでしょう?
万里の長城とは長さとか全然違いますけど、この景色を構成している要素として私の評価は高いです^ ^

何でもこのガイドさん、この城壁を一周歩いたことがあるらしく…
私も機会があれば挑戦したいと思っています(^^;;又トレイルランかな〜?苦笑

インド人について、私の感じたことは又書こうと思っていますが、基本的に良い人たちだと思います^ ^
現にポケさんが、生活の中でそのように感じていらっしゃるのだから、やっぱりそうなのだと思うのですが…

2013/05/31 (Fri) 00:46 | EDIT | REPLY |   

Add your comment