極楽旅インド7(ガンジスの日の出2)

6 0
インド2013

ガンジスの日の出の風景第2弾です。



朝日に向かって沐浴・・・

ガンジスの朝日3


観光客として来て見て興奮して幸せを味わっている私たちより、
この沐浴、ヒンズー教徒にとってどんなに幸せな瞬間なんでしょう?・・・

CIMG1911_convert_20130325171134.jpg


こうやって小さい頃からお父さんと一緒に沐浴をする・・・
こうやって長い長い歴史や宗教観は受け継がれていくのでしょうね。

ガンジス親子


神聖な気持ちに浸っている人達と
そのそばでそこを毎日の仕事場にしている人達・・・

川で洗濯をされたものたちは、
こうやって川岸の地べたに干されます。

CIMG1863_convert_20130325170248.jpg

ま、自然の流れといえば自然の流れですが・・・

こんなところで干されたシーツの上とかには寝たくない・・・
のが、私たちの本音・・・


この辺り、ガンジス川沿いには安宿がひしめいています。
そういうところに泊まると、こういうシーツの上に寝ることになるのかしら?

コワイコワイ・・・



朝日に向かって佇む人・・・

朝日とサドゥー


修行中の人達・・・サドゥー・・・
沢山います。

2人のサドゥー


人が集まる所には、どこでもチャイ屋さんがある・・・
ここも例外ではありません。

ガンジスのチャイ屋

チャイ屋のおじさん、ただのチャイ屋なのか・・・?
サドゥーなのか・・・?いや、ただのお客さん?
はっきりしないね・・・

CIMG1916_convert_20130325171307.jpg


お猿さん、沢山います。
人とお猿さんと牛と犬・・・みんな一緒・・・
これが地球上の本来の自然な風景でしょうね。



サドゥー・・・

CIMG1887_convert_20130325170711.jpg


サドゥー・・・

CIMG1896_convert_20130325170801.jpg


サドゥー・・・

CIMG1901_convert_20130325170843.jpg


サドゥー・・・

CIMG1909_convert_20130325171056.jpg

この沢山のサドゥー達を見に来るだけでもガンジスは
面白いところだと思います。

ここは物語の世界ではありません。
ここも地球上・・・現代・・・



早起きしておばさんも・・・

朝日とおばさん


ここにいるとワンちゃんもヒンズー教徒のように見えてしまう・・・

ガンジスの朝日と犬


お猿さんはヒンズー教徒には見えない・・・
お猿さんは、お猿さん・・・ただのいたずらっ子(笑)

CIMG1907_convert_20130325170925.jpg


お供え物のお花とか果物を売っているお店の女の子・・・

オレンジ色のテントとオレンジ色のグッズたちとオレンジ色の衣装の女の子と・・・

んまぁ〜・・・パッと見て・・・美しいことこの上ない光景でした。

CIMG1917_convert_20130325171401.jpg

あんまり美しいのでこの旅最初の・・・

好評シリーズ「世界の美女たち」ノミネートNO.1にと
カメラを向けてみたのですが・・・

この子は残念ながら、落選・・・なので
ここに掲載^^


後ろのサドゥーが美しい男性だったのでカメラを向けたら・・・
手前にこのむさくるしい男が入って来た・・・

頭をボリボリ掻いて・・・

CIMG1908_convert_20130325171014.jpg

撮った瞬間は・・・うわぁっ!っと思ったけど・・・

ま、こんな写真も面白かろうと掲載(笑)



青空床屋さん

CIMG1923_convert_20130325171528.jpg


小さな小さな商店

CIMG1924_convert_20130325171609.jpg


これから沐浴場に向かうのですね・・・
美しい後ろ姿のサリー’s

CIMG1921_convert_20130325171445.jpg


このサドゥーも美しい男性でした。

CIMG1941_convert_20130325171810.jpg



ここは一番賑やかなガート前だから、
お店もこんな風に沢山。
キレイでしょ・・・

CIMG1930_convert_20130325171727.jpg


だから人も沢山・・・
もちろんサドゥーも・・・

CIMG1928_convert_20130325171649.jpg


そしてここがその一番賑やかなガート

CIMG1939_convert_20130325172047.jpg


ここでガンジス川散歩は終了。


最後に私たちのガイドのおじさんを紹介。

このおじさんです。

CIMG1937_convert_20130325171944.jpg


お財布からお金を出しているところ。

実は、先ほどの美しいサドゥーの写真の後ろに
座り込んでいる貧しい人達にチャイを与える為に
この目の前のチャイ屋さんにお金を渡しているところです。


そのお金でチャイをついで回っているところがこれ・・・

P2190555_convert_20130329195442.jpg



いや〜、びっくりしました。


このガイドさん、余裕があるのでしょうね。
そして素晴らしい心掛けの方ではないですか・・・

私たち、この光景を見ながら感心しきっていました。


後でインド旅行中に知ったのですが、
このように貧しい人だか困っている人に施しを与えると
来世で幸せになれるとか何とか・・・

とにかく何か良いことに繋がるらしいです。


それにしたって、余裕が無いと出来ませんよね?

それだけにこのガイドさん、
良い人だったし、お互いの交渉でOKした金額以外に
別に金銭を要求してこともありませんでした。

もちろん、最後にAs you likeでと言われていたガイド料は、
私たちの考えの元、感謝の気持ちも添えてお渡ししましたよ。


再会の約束もして・・・



さてさて、私たちの旅、バラナシ編は・・・

この後、ガンジス川沿いを離れて
バラナシのメインストリートを歩いて終了しました。


次回は、そのバラナシのメインストリートの様子を
お届けしてバラナシ編終了とします。



そしてその次はどこへ・・・・?お楽しみに・・・^^


関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

bonzofire  

NoTitle

写真とコメントの流れから
「こういうシーツの上に寝ることになるのかしら?
コワイコワイ・・・」の下り、、最高ですね。大笑いしちゃいました。
だけど、何度見ても飽きない写真ですよね。
やはり被写体は「人」でなければ、、と痛感しました。 

2013/03/30 (Sat) 19:01 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

NoTitle

浮世を離れたたくさんのサドゥ、祈りをささげ、
何かを悟ってるようです
なぜに、私たちもこれほどまでに、ひかれるのでしょう
私たちがなくしたものを持ってるのでしょうか

そして、このガンジスでは、さまざまな生活が垣間見られ、
サドゥとともに妄想の世界に入ったり、
すべてが受け入れられるような大きな気持ちになりそうです

徳を積むことは、なかなか、今の日本では根付かないけど、本来の助け合いの精神が生まれ、少しででも、世の中を動かしてくれるといいなと願ってます

2013/04/02 (Tue) 15:54 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

bonzofireさんへ

人に笑ってもらっていると知ると嬉しいものですね♪^^v
こんなところで笑ってもらえるならブログ書くことも更に励みになります!

って・・・こんな真面目なコメント返しをしてしまっては、
せっかく笑っていただけたのに面白くなくて申し訳ないです(><)

記事に書き添え忘れたんですが、こんなところに干されたシーツなんて・・・
その前にこんな川で洗われているんですよ・・・
こんなシーツの上に寝る・・・寝るというシチュエーションにおいてこんなに恐ろしいことがあるでしょうか??

そう、今回の被写体は「人」がメインでした。
「人」を撮ったことってスナップ写真以外あんまり経験がないのですが、
インドの人達はカメラを向けられることが好きらしく、楽しく・楽しまれながら撮ることが出来ました♪
人の表情や姿は面白いですね。景色とはまた違った面白さを静止画にする面白さを知った気がします^^

2013/04/03 (Wed) 15:53 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

厳しい修行に生きるサドゥー、どんな徳を積んでいるのか?興味津々でした。
そして浮き世離れしたサドゥーが、思いっきりバラナシの日常生活に居るそのギャップが面白かったのです。
高尚なのか?ただの変な人?(失礼)なのか・・・?
そんなことから始まってこの渾然一体となった目の前の全てのことに疑問・・・疑問・・・
ここをはじめ本当にインドは面白かったです♪

2013/04/03 (Wed) 16:12 | EDIT | REPLY |   

ポケ  

NoTitle

サドゥーの生態が気になりました。
こんなに大勢いるのですね。
どうやって生活されているのでしょう?
ほんとうにインドは不思議の国ですね!

朝日や布の色・・オレンジ色の風景を見ていると
お香やスパイスの匂いさえ感じられる気がします。

2013/04/04 (Thu) 07:30 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ポケさんへ

サドゥー、気になりますよね〜?
修行している人たちらしいけど、そもそもヒンズーを理解していないので分からないですね。
失礼ながら私から見たら、変人みたいな人ですけど、話してみたら深い人なのでしょうかね?

インドの雰囲気を作っているのは、間違いなく色だと思います。
布の色彩の美しさが町の彩りとなっていましたよ。
色だけでも香りや気温が想像出来ますよね^^

2013/04/04 (Thu) 21:29 | EDIT | REPLY |   

Add your comment