topimage

2017-08

極楽旅インド4(夜のガンジス川) - 2013.03.18 Mon



様々な感情が喚起されたバラナシの町中を
タクシー→オートリクシャー→徒歩で抜けた後に目の前に広がったのは、
夜のガンジス川。

DSC_0064_convert_20130318120240.jpg


ついに来た〜!といった感想。


TVなどで目にはしていたけど、まさか自分がこの地に立つなんて
少し前まで思いもしませんでした。

行ってみたいけど・・・きっと無理・・・という想い・・・



夜のガンジスはもうすっかり静かな川べりでした。

もうお祈りの儀式「プジャー」も終わってしまっていましたしね。



ボートに乗ってその辺りをめぐってみることにしました。

ボートの持ち主と交渉をする訳ですが・・・

ガイドさんが事前に幾らくらいが妥当。
幾ら以上なら乗ってはダメって教えてくれていたので、
交渉し易かったです。

でもこの交渉はガイドさんはやってくれません。
お客さんのかたを持ってここガンジスで商売がし辛くなってはいけないからです。


交渉の結果、ボート代は1時間で3人乗って(私、連れ、ガイドさん)
確か全部で1500円くらいだったと思います。


ボートは手漕ぎ。
モーターのもありましたが、モーター音がうるさいでしょ?
なので手漕ぎを選択。


流れも緩やかで静かな川をボートを漕ぐ音と緩やかな水の音のみ・・・

ギーコ・・・ギーコ・・・ギーコ・・・ピチャピチャ・・・

雰囲気も満点です。



ガンジス川の川べりにはガートという階段状になった沐浴場が
ず〜っと連なっています。

すぐ後ろの建物と相まって「ザ・ガンジス!!」といった
絶景とも言える眺めです。


ついでに言うとバラナシはヒンズーの聖地なのだそうです。
ガンジスは、地元ではガンガーと呼ばれ、聖河。
沐浴をすることで罪が清められるということらしいです。


乗ってすぐに行ったのは・・・
いきなり火葬場でした。

DSC_0044_convert_20130318115837.jpg


これにはびっくり!!

もう一つ、ついでに言うと・・・
ここバラナシで遺灰がガンジスに流されれば、
輪廻から抜けられて、ヒンズー教徒にとってこの上ない幸せなのですって。


ここガンジス川べりに火葬場があることは知っていたのですけど、
ちょっと怖いので行くつもりはなかったのですよ。

なのに・・・ボートに乗って気がついたら、
すでに火葬場の前・・・


・・・怖いんですけど・・・もう遅い・・・

上の写真のモヤは火葬の煙。
焚き火の火が遺体を燃やしている火。


重ねてびっくりしたのは・・・


遺体を“普通の焚き火”みたいな中で焼いちゃっているということです。
竹2本の上に遺体を乗せて火の上に渡して下から焼く。

薪が何キロか必要らしく、それなりにお金がないと
この埋葬方法は出来ないのですって・・・

遺族が点火して囲んで焼けるのを待っていました。

この時の遺体はまだ子供の男の子のお父さんのようで
男の子は白い装束を着ていました。



当然、長い時間は見ていられない光景です。

24時間、火が消されることはないということでした。


ただの観光気分で行ったのですが、
自然、厳かな気持ちになってしまいます。


その間もボートは・・・

ギーコ・・・ギーコ・・・ギーコ・・・

少し水がボートにぶつかる音・・・

この地の厳かさと静けさと立ち上る煙・・・


この静寂の中の光景も私にとってはやっぱり不思議だし、
夢の中の出来事のようで現実感がなく・・・

まるで大掛かりな劇場を観客として・・・というより
傍観者として眺めているような気分になっていました。



川を1キロくらいでしょうか?
ゆっくり往復した景色がこちら・・・


多くの言葉は要らないと思います。


お城か要塞のような美しく立派な建物。

DSC_0057_convert_20130318120007.jpg


DSC_0064_convert_20130318120240.jpg


この辺りは、メインストリートの出入り口に繋がっているところなので
人が多いです。

お祭りに参加している人々が多かったようです。

DSC_0068_convert_20130318120553.jpg

DSC_0071_convert_20130318120715.jpg


また少し離れるとまた静かな静かなガンジスの流れ・・・

DSC_0100_convert_20130318120833.jpg


川べりのガートの一部では、
火を灯して流してお祈りする為の灯籠のようなものを
用意している人達がいました。

DSC_0036_convert_20130318115724.jpg


1時間のボートの後は、又カオスな町中を歩いて戻ります・・・
ガンジスのすぐそばの町中がこんな感じ・・・
映画のセットみたいじゃないですか・・・?

DSC_0106_convert_20130318120952.jpg


牛さん(ここでは神様)も登場。
これ、インドでは結構普通の景色・・・笑

DSC_0109_convert_20130318121211.jpg



来たときの逆の行程を経て、ホテルに戻りました。

ホテルは「The Gateway Hotel Ganges」

インドのタージ系ホテルチェーンの5つ星。
安心・快適のホテルでした。

CIMG1672_convert_20130318133436.jpg


ホテルに帰ってすぐにホテルのインド料理レストランに行きました。
優雅にゆったり今日の疲れを癒しましょう。

DSC_0111_convert_20130318121634.jpg


これはインドのワイン・・・

これが美味しい!!
インドワイン、どうやら優秀なようです。

今まで飲んだ赤ワインの中で3番目に美味しかったです。
(3番目というビミョーな評価で笑う・・・のですが)

DSC_0110_convert_20130318132033.jpg


私の大好きなミントソースがお通しと一緒に出て来ました。
この先の今回の旅行の中でもここのミントソースが一番美味しかったです。

DSC_0112_convert_20130318121824.jpg


カレーは、ベジ・・・おマメさんとかトウモロコシのカレー・・・
美味しかった〜♪

DSC_0114_convert_20130318122417.jpg


これはラム肉のミンチにしたグリルと野菜のグリル。
美味しかったんですけどね、お肉の方が激辛!!
写真でも見て取れるほどのグリーンペッパーが練り込まれていました。

全部食べれなくて・・・クッ・・・無念・・・

DSC_0113_convert_20130318122054.jpg



明日は日の出のガンジスを拝みに行きます♪



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

ガンジス川の火葬場、、まさにインドですね。
だけど夜でよかったのでは??
ガンジスでは、水葬も行われていて死体が浮いている、、話も聞いたことがあります。
にしても、川沿いの写真は、パイレーツオブカリビアン、、じゃなくて、、何か映画のワンシーンを見ているみたいですね。 
いずれの景色も、 ぼくとかが考える、ちっぽけな、人生とは、命とはこうである、、なんて固定観念を、いとも簡単に根っこから崩してしまう景観だと思います。

bonzofireさんへ

> ガンジス川の火葬場、、まさにインドですね。
> だけど夜でよかったのでは??
> ガンジスでは、水葬も行われていて死体が浮いている、、話も聞いたことがあります。

妊婦さんと子供は川に沈めるらしいです。
もしそんなのが見えたら怖いので、
川に浮いている物体は凝視しないようにしてました。

> にしても、川沿いの写真は、パイレーツオブカリビアン、、じゃなくて、、何か映画のワンシーンを見ているみたいですね。 

ほんと、映画のセットかと思いました。
そんなんだから現実感の無い空間でした。

> いずれの景色も、 ぼくとかが考える、ちっぽけな、人生とは、命とはこうである、、なんて固定観念を、いとも簡単に根っこから崩してしまう景観だと思います。

インドに行ってから、やっぱり頭の中、やっぱり混乱中です。
色々と刺激が強過ぎるのですかね?

NoTitle

目の前で遺体が焼かれているなんて・・・
とてもショッキングな光景です。
これは直視できないですね。
生から死までシンプルに一つにつながっているのだなあ、という感じがしました。贅沢って何なんだろう?ってちょっと考えさせられました。
と・・・見ていたら、ホテルはとっても素敵!
牛の写真と下のベッドの写真を続けて見たら、同じ国とは思えないです。
インドを旅行すると価値観が混乱しそうですね。

NoTitle

写真うまく撮れてますね。 
プラハもよかったんですが、インドの夜景もすごくいいです。 
ニコン1J2ですか? 私も購入考えようかな。

NoTitle

ボートの交渉術もあるのですね
なかなか値切りすぎてもいけないし、相場を知るだけでもありがたいですね

沐浴の話は聞いたことがありましたが、火葬場の話は初めて聞きました・・・インドの方々にとって神聖な場所なのですね
いきなりのインドの旅の始まりに、ガンジス川はインパクトが強いですね

ポケさんへ

火葬場へは何の覚悟も構えもなかったので逆に
まだ良かったかもしれません。
怖かったけど、案外すんなりひとつの光景として見たり捉えられたような気がします。
もういいですけどね・・・

インドのまとめあたりで書こうかと思っていたのですが、
喪主が子供で自分の父親が燃えている光景を見ている情景を傍観者として見た時に
上手く言い表せませんが、これが生物の人としての本当にシンプルな人生なんだろうな〜・・・と思いました。

インドはもうホントピンキリというのか幅広いものが見れるというか、
日本より間違いなく刺激的です。

Happy Yuanさんへ

ホントですか?嬉しいです!!
カメラ、一緒の使いましょ♪
私もまだまだ練習が必要ですけど、一緒だと楽しいですよね。楽しみです♪

Yottittiさんへ

ガンジス川はインパクトが強烈でした。
ガンジスは、行ってみたいけど無理でしょう・・・と思っていたのですが、
連れが絶対行きたいというので、行くことにしました。
何だか怖そうで不安だったので、旅行初めに済ませたくて一番に入れちゃいました。
そうしたら、あとはのんびり過ごせると思って・・・
あそこに行ったら、あとは何でも無いって感じでしたよ(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/544-a538ac97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

極楽旅インド5(夜明けのガンジス) «  | BLOG TOP |  » 極楽旅インド3(カオスなバラナシ)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (246)
ジョギング (15)
美味しい!! (104)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (543)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (21)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示