topimage

2017-07

アンティーク帯 - 2012.12.18 Tue


前回の記事で着物と帯を購入したことを記入しましたが、
京都で着物との出会い以降、最近休みの日には
着物関係のブログをネットサーフィンでめぐることにハマっています。

今はホントに色んなジャンルのブログがあるんですね〜・・・

おかげで大変楽しい休日引きこもり生活を過ごさせていただいています♪



さてさて・・・時は年末・・・
クリスチャンでもないのにクリスマスプレゼントの交換などの時期・・・

いつもお世話になっている年配のお友達に送る
プレゼントを吟味している時にひらめいた

アンティークの帯をインテリア用にプレゼントしよう



そこで先日の京都の着物屋さんに連絡をしたところ、
厳選されたアンティーク帯の写真を送ってきて下さいました。

プレゼント用に購入するだけのつもりだったのですけどね、
どれも素敵で付けられるレベルの状態の良いものばかりだったので、
見ている内にこれは自分で身につけたいと・・・



これら3点の購入に至りました〜!




可愛らしい柄。
桜や梅や竹、簪・・・おめでたいことこの上無しの柄。



若い人向けかと思って聞いてみたら、
私たちの年代でも大丈夫ということだったので
購入しました。

でもやっぱりこれに合わせる着物は
かわい過ぎにならないものを持ってくるべきですね。



これが一番気に入った帯。
鳳凰に松、菊、葵でしょうか?
これもまたおめでたいことこの上無し。



この大胆な鳳凰の尾っぽと渋いグリーンの色合いが
アンティークらしいし大人っぽいし大迫力!
私は身長が166センチあるので格好良く付けれるのではないかと・・・?

届いてみたら・・・
予想よりもかなり渋いけど好きだわ〜・・・これ・・・

これは帯自体の迫力があって渋いので、
着物は明るめの色の色無地とか柄が華やか過ぎないものを
合わせるのが良いのかな〜と思っています。



最後のこれが友人に送ろうと思って購入したもの。
鶴に御簾でこれもまたまたおめでたいことこの上無し。



しかもこれ、金箔の入り方がハンパ無い!!
豪華で全体に明るく華やかな色目でとっても素敵なのです。
インテリアに映えますよね〜。



上の2枚は古い新品。
下から2枚は本当の袋帯。



本当の袋帯とは・・・

現在の袋帯の倍の幅で織り、
それを半分の幅に折って端と端を袋状に縫うので袋帯というのですって。
だから片側にしか縫い目がありません。

現在のは、表と裏の2枚の布を縫い合わせるので両端に縫い目があります。
これだと裏は軽くて無地などの簡素なものでも良いので
お値段も張らず、扱い易い仕上がりになりますよね。

本来の袋帯は当然、表も裏も同じ生地ですから、
とっても豪華、でもその分重い・・・

でも現在は、この本来の幅で織る機械も少なくなっているので
このような作りの帯はなかなか無く、貴重なのですって。

それに昔の帯の金箔は、
今の物ほどギラギラしておらず、
感じの良い光り具合です。
このあたりもアンティークの帯、気に入っているところです♪



で、ここで問題が・・・
3枚目のプレゼント用の帯を手放すのが惜しくなってしまったのです。
欲深い私です〜・・・

これ、どうしたら良いのでしょう??

どれかを差し上げなければならないのです・・・
だって他にプレゼントとして何にも思い浮かばないんですもの・・・


どれとどれを手元に残してどれを差し上げるべきですか?
どなたかアドバイスを下さい!!


それと着物が好きな方、これらの帯に合わせる着物、
どんなのが良いかアドバイスもいただけると嬉しいです♪
何しろ殆ど初心者なので・・・


もちろん、着物にあまり興味の無い方のコメントも
いただけると嬉しいです♪




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

店主さんとも気があって、どんどん着物世界が近づいてきますね
お茶会とか行ったら素敵!

帯は第一印象は、3枚目が気に入りました
やっぱり金が入ってるのと袋帯っていうのがひかれますね
1枚目の帯も好きな柄です
二枚目の黒い帯も意外に使い勝手がよさそう?
と思いました
私の消去法でいくと一枚目かな?と思ったのですが、
2枚目の黒い帯は個性もあるかな?
3枚目は色合いが重なってしまってるのかなというのも気になります
全然参考にならず、惑わしただけっていううわさ
目利きの方に目がとまるといいですね

NoTitle

これって織物ですよね。こういった日本の技術ははんぱなく凄いですよね。なんで、こんな奇麗なものが作れるのに、街の景観はどこにいってもグロいんだろう、、(関係ないですね)
だけど、こんな風に、色々あーでもない、こーでもないって迷っている時間が一番楽しいんだと思います。
着物やファッションのセンスはゼロの私なんで、全くのノーアドバイスですが、
せっかくなんで、迷い尽くして、この時間をたのしんでください。

NoTitle

帯・・新しいジャンルですね~。
知識はないけれど、興味はあるので楽しく読ませて頂いていま~す。
買い始めって、どれも素敵に見えてしまって切りがないですよね。それも楽しいけれど(笑)
ある程度分かってくれば、使い道や価値で慎重に判断できるのでしょうけれど。
もしこの3枚でお部屋に飾るならやっぱり金箔のが一番華やかかも、です。
でも、和室に飾るなら落ち着いた色合いで図柄にインパクトがある鳳凰かな。掛け軸のような感じで絵としても見られそう。
だけど、どちらも手放したくないのですよね。
かと言ってまた新たに購入しても、また良いのが見つかってしまうかもしれないし。
手持ちの着物と合わせてみて合うものを残すとか。
悩みますね~・・。答えが出ませんね。。

Yottittiさんへ

あれこれとご意見下さってありがとうございます♪
やはり金箔の華やかな鶴の帯、素敵でしょう?誰が見てもステキなのですよね〜。で結局誰にも好まれそうな物がやはりプレゼントには良いと思い、この鶴の帯を差し上げることにしました。ご意見が決定の参考になりました〜!有り難うございます♪
それにこの帯、幾ら好きだと言っても私の手元に残すのなら身に付けたいのですよ。でもこれ、よ〜く見たら柄からするともしかして振り袖用ではないかと・・・?それは要りませんからね〜(笑)

bonzofirさんへ

男性がご覧になってもキレイな柄で素晴らしい帯でしょう?
日本はこういう物が表すようにもっと美しい国だったはずですよね・・・そういえば、今度首相になるであろう方は前回「美しい国日本」を標語に掲げていらっしゃった方じゃないですか〜〜〜!こういうところに気がついているかな〜?・・・無理だな〜・・・
仰る通り、あーでもないこーでもないと迷いながら眺め尽くしている時が一番楽しいです♪今日も候補2本を壁に並べてかけて遠くから眺め尽くしましたよ。あ〜至福の時だった〜♪♬

ポケさんへ

そうなんです〜!新しいジャンルへ踏み出そうとしているようです〜・・・笑
旅行も行きたいし、いつまで続くか分かりませんが・・・でももっとこなれて来たら旅行先とかにも持って行ってコンサートや観劇の時にでも着て行きたいな〜なんて♡夢見ています♪
ポケさんの手持ちの着物と合わせてみたら・・・というご提案のお陰で無事プレゼントを選ぶことが出来ました。鶴のにしました〜^^冷静に見てみたら、この鶴の帯、この華やかさは振り袖用なのではないかと・・・振り袖用は私には不要ですから・・・笑。それに同じ差し上げるのならステキに飾っていただきたいので華やかなのがいいですしね。
ご意見とても参考になりました♪有り難うございました^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/518-2cbb2347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大晦日(2012年12月31日) «  | BLOG TOP |  » 京都(着物)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (102)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (512)
海外旅行 (20)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (37)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (13)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示