topimage

2017-08

フランクフルト旅行記5(事件発生!とドイツ人) - 2012.11.25 Sun



ま、大げさなタイトルの割には大した事件じゃないのですが・・・


私にはちょとした事件でした。



フランクフルト中央駅の券売機で空港までの電車のチケットを
購入した時のことです。

既に市内⇄空港の行程は2往復目の復路だったので、
余裕♪ってなもんの帰路だったのですが・・・

4.1ユーロのチケットなのに、20ユーロを投入して
出て来たおつりが・・・

フランクフルトチケットとおつり


たったの90セント・・・


最初、出て来たおつりを手に取って、
何が起きたか分からなかったんですよ。


で、次に思ったのが、
機械の故障か機械内のおつり銭のストック不足!!

「やだ〜、どうしよう??」

たまたま券売機のそばに立っていたローカルと思しき男性に
この発生した内容を伝えて相談したら、

彼がここにTELして相談してみたら?と指差してくれたのが、
これ↓

CIMG1097_convert_20121124150934.jpg


券売機についていた券売機NO.と会社のTEL.NO.でした。


でも私、TELでこの事件の内容を伝える自信が無いともう一回相談したら、
その男性、駅内のオフィスの場所を教えてくれました。


で、空港での飛行機のチェックイン時間を気にしながら、
急いでオフィスに行ってみると・・・


大きなオフィス・・・


ナント、順番待ちの順番が54番目・・・


窓口の数は多かったものの・・・
そこは外国・・・

あちこちの窓口でお客さんとの会話を楽しみながら、
悠々と仕事を進めています。


順番なんて全然進まない・・・


案内係の女性に飛行機の時間の関係でとても急いでいる事情を
説明して何とか先の対応をお願いしてみるも・・・
首を縦には振ってくれません。

他の係員に相談してみたら、
先に電車に乗って空港駅でも対応可能とのことだったので、
今度は急いで電車に乗り込み、
空港駅のこちらは小さなオフィスに行ってみました。


対応は数人待ちですぐにしていただけましたが・・・

窓口の若い男性が言うには、
すぐの返金は出来なくて、後日渡しになると・・・

私は「もうこれから帰国するのでもう来れない」と
訴えましたが、それ以外の方法は無いとのこと・・・

郵送とか口座振り込みとかの話もしたのですが、ダメだったんです。
今となっては何故ダメだったのか?理由が思い出せません。


私、何とかならないかと
「あなたの会社の過失なのに、結局諦めるしかない対応姿勢なのはひどい」
とクレームを言ってしまいました。


で話は飛びますが、結局・・・返金は無理だったんですよ。



で、後で冷静になって考えれば、
外国でよくある高額紙幣(20ユーロは高額か?という疑問はありますが)
での小額購入は×だったのかもしれません。

機械の故障かおつり銭のストック不足という会社の過失が原因としか
思っていなかった私・・・

しかも、よく考えればたった1500円程度の損でしょ?
なぜ、そんなに事情がよく分からない外国で
時間のない中、必死に返金の為に動き回ってしまったのか
自分でもよく分からないのです。


そこが外国旅行中の普段とは違う精神状態の為すものだったのだと
後で思ったのですが・・・

日本だったら、分かる範囲で動き回って、
でも飛行機の時間が気になるので、適当なところで諦めたと思うんですよ。

けど、外国だと金銭感覚がよく分からなくなっていた
(要は損害額の査定が出来ていなかったのだと思う)
のと判断が鈍るんでしょうね。

これは、今回、大したこと無い事件に遭遇したことで、
自分の海外での精神状態が普通だと思っていても普通じゃないんだと
分かった教訓となりました。

今後、もっと大きな事件に遭わない為にも良い勉強になったとして
授業代と思えば良いのです。


というのは、旅行後に思ったこと。


その時はクレームを言ってしまったりして・・・

(ここから話は先ほどのところに戻りますが)

残念な私ですが・・・


そのドイツ人の若い窓口男性は、クレームを言われても
逆切れすることもなく、「ちょっと待って下さい」と言って、
一生懸命調べてくれた訳なんですよ。
どこかに電話をかけたり、書類を見たり、ネットで何か調べたり・・・

で、結局、
「即返金は出来ないけれど、
会社のホームページ内にこういったメール送信先があるので、
帰国してからここに事情を記入して相談してみて下さい。

きちんと証拠の為にこのブログに載せた写真の記録もあるので、
それも示して下さい。」と・・・自分の名刺も添えて・・・


これが、私、立派な態度に思えたのです。

私の勝手な外国人観は・・・

こういった時、あんまり真剣に取り合ってくれない、
まともな答えが得られない・・・などいい加減な人々・・・というもの。


でもこの彼、一生懸命調べてくれたんです。
お金が返って来なくても、実は私、内心感心していました。

態度も丁寧で・・・
まるで5つ星ホテルの従業員のようでした。
きちんとマナー教育を受けている人といった印象でした。



で、ドイツ人についてですが・・・

この旅行の最初の1泊のフランクフルトのホテルでのこと。

ホテルの従業員が実に清々しくてとても気分が良かったのです。


到着してチェックイン、その時に翌早朝の飛行機の出発時間を伝えて
このホテルの出発時間の相談をしたら・・・

女性のレセプションスタッフだったのですが・・・

こういった時の私の外国人の回答予想だと・・・

ローカルの感覚でおおよその時間を教えてくれるのみ。


でも、この女性の従業員、

わざわざその場で電車の時刻表をネットで調べて、
飛行機の出発時間から逆算してくれて、
「この時間のこの便に乗れば大丈夫。」

しかも、この時間ならホテルの朝食は本来始まっていないのだけど、
心づくしの朝食を準備するので、私が翌朝のスタッフに知らせておきます。
翌朝は、○時に朝食レストランに行って、スタッフに食事の支度を依頼
して下さい。

それからホテルから駅までの道を地図を出して教えてくれるのです。
(ま、ホントは駅から至近のホテルだし、
今来たところだから分かっていたんですけどね)


翌朝は、早朝だった為、レセプションには男性スタッフが1名のみでした。
チェックアウトをして、前日教えてもらったとおりに朝食の依頼をしました。

そうしたら、
「私の出来る範囲になりますが、ご用意致します。」って・・・

で、一生懸命カプチーノを作ってくれたり、
ジュースは何がいいですか?とか聞いて準備してくれるんです。


その一生懸命さが感動ものだったんです。

これね、5つ星ホテルなら当たり前かもしれません。
でもね、4つ星でどちらかというとビジネスホテルに近い感覚のホテルです。


今までに海外旅行で外国人のいい加減さを十分知っていたつもりだったので、
海外旅行では最高級ホテルに宿泊する時以外は、
こういった面って殆どアテにしていないんです。


でも、今日書いたドイツ人達、サービス業に従事しているといえ、
本当に一生懸命で何とかお客さんの役に立とうとするというか、
最善を尽くすというか、本当に見ていて気持ちがいい。

よく言われますが、私たち日本人に近いとこのとき実感として思いました。

私の中でドイツ株急上昇ですよ

日本人なら当たり前のことを外国で同レベルで経験出来るということ。
本当に快適でした♪


こんなことがあってから、ドイツ旅行、
老後にでも・・・と思っていましたが、もっと具体的に早く行きたくなりました。


で、私の切符のおつり銭返金の件ですが・・・

その後、無事に飛行機に乗って帰国出来たのは、
このブログにお付き合いいただいている皆さんご存知のことと思います。



帰国してから問い合わせメールを送るつもりだったのですが・・・

帰国してみたら、何であんなに必死になっていたんだろう、私・・・?
って、もうどうでもよくなってしまっており、自動放棄へ・・・(笑)


今回は、良い経験になった、そして、ドイツ人を理解する機会にもなった
経験の報告でした。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

とても良い係員にあたりましたね。
ドイツ人は基本真面目で親切で、
イタリア人とは月とスッポンです。
ただ、これが東ドイツのDBだと、ん?という対応に出くわすこともあるので、
ドイツ株急落にならないように心の隅にとめておいてください(笑)
それでもやはりドイツでは不快な思いをすることは少ないです。良い国だと思います!
ちょっとシャイなところがまた可愛いのですよね~♪

ポケさんへ

はい、みんなよく教育されているな〜と思いました。それに日本人と同じで我慢強い(粘り強い?)国民性でもあるのかな〜?と・・・日本人が何か近いものを感じるというのが本当に分かりました。
ただし・・・旧東ドイツでは覚悟も必要なのですね?・・・分かりました。プラハの二の舞にならないように用心しておきます(笑)・・・だって、ベルリンとかいつか行ってみたいですから〜・・・

話は変わってシャイさがかわいいドイツ人、男性がかっこいい人が多いと思いました♪

bonzofireさんへ

ごめんなさい!!
せっかくいただいたbonzofireさんからのコメントを誤って消してしまいました・・・本当にすみません!!お許し下さい・・・

旅先では色んな経験をしますが、私にとっては今まで幸い事件らしい事件がなく、この程度でも慌ててしまいました。ホント、これくらいくれてやる〜!ってその場で思うべきだったと思います。これに人の気持ちが入ってぼったくられるのであれば、そんなに高額でなければ、いつもはハイハイ、差し上げますって出来るんですけど、人の感情の加わっていない、正確なはずの機械が相手だったので、正しく取引が行われるべきだと脳内で自動判断したような気がします・・・情けない・・・

今回は、本当に失礼しました。これに懲りずこれからもおつきあいいただけると嬉しいです。

NoTitle

ご無沙汰して申し訳ありません
EkaterinaYoghurtさんもお忙しくお過ごしのようで・・・
仕事の重圧に、季節もすっかり変わって、疲れがどっとでる時期ですよね
そんなときは思い切ってリフレッシュしたいところです!

ドイツ人って本当に親切ですね
イタリアのチケットを事前でネットで買った払い戻しもままならなかったです
結局ネットにアクセスできず、時間切れ
でも、ドイツでもマシントラブルがあるんですね
いくら1500円とはいえ、あくせくしちゃいますよ
でも乗りそこなうリスクは怖いですね
割り切りも必要ですね

それにホテルの応対がすばらしい
そんなアーリーチェックアウトにお食事のリクエストなんて、プラハとは大違いですね

Yottittiさんへ

お元気ですか?
久しぶりにコメントいただけて嬉しかったです♪

このフランクフルトでのマシントラブルでは、何を焦っていたのか?帰ってみてから考えると自分でも???なのです。ハプニング時に冷静でいることを心がけなければと勉強になりました^^

ドイツ人にはホント好感を持ちました。今後、いつか行くだろうドイツ旅行が今からとても楽しみになりました♪

NoTitle

それだけの交渉ができるというのがすごいですね。
ドイツ語? 英語?
今となってはいい経験ですね。

Happy Yuanさんへ

ドイツ語なんて全然出来ないので、多少の英語ですが・・・
出来ないので困っているんですよ〜・・・
勉強もしてるんだけしてないんだか分からない程度で全く英語力伸びてません・・・
今後もこのままだと行ける旅行先、限られてしまうのでしょうね・・・
まあ、良い経験になりましたが・・・
コメント有り難うございました♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/512-1787a9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フランクフルト旅行記6(世界の美女たち〜フランクフルト編) «  | BLOG TOP |  » フランクフルト旅行記4(近代美術館)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (246)
ジョギング (15)
美味しい!! (104)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (542)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (20)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示