topimage

2017-06

プラハ旅行記22(ストラホフ修道院) - 2012.10.22 Mon


はい、プラハ5日目、観光最終日の午後は・・・


大変感動したサプライズの聖ヤクプ教会の後、
目と鼻の先のホテルに一旦帰りました。

朝食後、ノーメイクと楽ワンピで
気楽にちょっとのつもりで出掛けたものの、
街歩きが楽し過ぎて、すっかり午前中をそのまま過ごしてしまいました。


この日もやはりとっても暑かったので、
暑い昼間をホテルで過ごして夕方にかけて出掛け直す事にしました。

で、この昼間の内に荷物のパッキング。
明日の出発に備えてここで作業しておけば、
この日は夜遅くまで遊んでも大丈夫♪



で夕方からのお出掛けは、
最終日のファイナルのとっておきの観光として残しておいた
「ストラホフ修道院」です。


左岸の丘の上にあるストラホフ修道院まで
どうやって行くか??

トラムを検討しましたが、結構遠回りするのですよ。

それにこの日は最終日だったので、
やっぱり街を楽しみたくて・・・
街の散策をしながら丘の上まで歩いて行く事にしました。


で、私のホテルからはストラホフ修道院までは、
旧市街広場→カレル橋→ネルドヴァ通り→ウーボス通りと
ほぼ真西にまっすぐまっすぐ進むだけ。


ちょっと遠いけど、
ゆるりゆるりと街を楽しみながら歩けば大丈夫!
って歩き出したのですが・・・

これがプラハで最後の苦行になってしまいました

カレル橋を渡って、聖ミクラーシュ教会あたりからはず〜っと坂・・・

坂1


続く坂・・・

坂2


まだ坂・・・

坂3


プラハ城の入口近くまで来ても坂は終わりません。
と、ここで観光の途中で何度か見掛けて気になっていた
観光ミニバスといったトロッコ電車型車両に
悠々と追い越して行かれました

坂4だまし絵宮殿


それでもまだまだ坂を上ります。
左手前方にようやく赤れんが色の屋根の広大な
ストラホフ修道院と左手に開けた緑地が見えて来ました。

坂からの風景


が・・・見えてからも道は遠く・・・
後でよく見たら、行くだけでホテルから約2.5キロありました。
それも半分はこの坂・・・
もう汗だくでした。



それでもようやく辿り着いたストラホフ修道院は、
素晴らしいものでした。


これが見どころ図書館の入口。

ストラホフ修道院図書室の建物


「神学の間」と名付けられた図書室。
とても美しい天井でした。
天井画と漆喰の融合した芸術です。

神学の間


外の光も差し込んで雰囲気が良いです。

CIMG0918_convert_20121022164524.jpg



こちらは「哲学の間」

哲学の間


天井画が本当に天国を表しているようです。

哲学の間天井


本棚が2階建て、棚の装飾も美しい。

CIMG0928_convert_20121022152955.jpg


この2つの間は並んでおり、
その間をつなぐ通路の天井まで美しかったです。

ストラホフ修道院つなぎの天井


ストラホフ修道院自体はすごい広大なようですが、
見どころは、ほぼ図書室のようでした。
図書室の隣の教会は、私が行った時は閉じられていました。


これも修道院の建物の一部

ストラホフ修道院


修道院敷地内は、
全てが美しくこんなフェンスなんかも素晴らしい装飾でした。

ストラホフ修道院フェンス



こんな風に素晴らしいことには違いないストラホフ修道院でしたが、
図書室の中には入れません。
(まあ、これだけ美しい部屋には傷みを恐れて人を入れたくないのも分かります)

でもって・・・私の場合は、事前にここが気に入り過ぎて、
ありとあらゆる媒体でこの図書室の写真ばかり眺めていたので、
実は実際見た時、思ったほど感動しなかったのがちょっと残念でした

でも初めて見れば、離れたくない程素晴らしいところには
違いないと思います。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

炎天下の中、、

よくあの炎天下の中、2.5kmもの坂道歩けましたね! だけどこの苦行(笑)もいずれい思い出になると思います! 
あの図書館ですが、どうやら、特別の団体ツアーとかであれば、あの中に入れるみたいですね。 もしかしたら今はだめなのかもしれませんが、ちょっと昔は確実に入れたみたいです。 あと、あの図書館も素晴らしいですが、普通の市民図書館も素晴らしい、、とか、、これも後で知りました。。

Re: 炎天下の中、、bonzofireさんへ

こんにちは^^
自ら進んで旅先で苦行を行うなど、我ながら殊勝なことだと・・・
目的地が目的地だけに途中でプチ巡礼!なんて・・・苦笑・・・
夕方だし、街を見ながらノロリノロリだと大丈夫だと思ったんですよ。

ちょっと昔はあの図書室に入れた?
どうりで!私が見ていた写真、ブルーの絨毯が敷かれているのが多くあったんですよ。
でも行った時にはそのままの木床。
哲学の間なんかは美しいモザイクが見れて良かった〜なんて思ってましたけど、
入れてたってことですね。ふ〜ん・・・

普通の市民図書館って、もしかして右岸のカレル橋の袂のクレメンティヌム内の
図書館のことですか?
いやね、気になってたんですよ、観光すべきかどうかって・・・
でも又ガイドツアーだし・・・何となく行きませんでしたが・・・

NoTitle

ストラホフ修道院、全然ノーマークでした
素敵な図書館でうっとりしますね
天井画がとても優雅だし、本箱がきらきら輝いてます
彫刻もきれいですね
こんなに素敵なところがあったなんて~是非是非プラハに行かなくてはと思いました
それには交通手段をよくチェックしないとですね!

NoTitle

坂道の写真、私も同じ場所撮って来ました!
この通り、素敵でしたね。
そして、修道院の丘から見える風景は対照的にのどかで。

修道院は時間が遅くてみられなかったのですが、
この修道院、教会の天井も綺麗でしたよね~。

Yottittiさんへ、

こんなステキな図書室では気が散っちゃわないのかしら?と
大体が注意力散漫な私は不思議に思いながらの観光でした(苦笑)

交通手段、トラム駅がすぐだったのでトラムが良いのでしょうが、
雰囲気重視でプチ巡礼!はいかがでしょうか?(笑)

ポケさんへ

ポケさんもこの坂道を上がられたのですか?下られたのですか?
歩き隊さんなので、歩かれてそうだし・・・でも効率も重視されるので、トラムか何かを利用されてそうだし・・・いずれにしてもプラハは様々な顔を持っていてステキなところだなと思いました。
修道院は、見学出来るのは、この図書室のみって案内されたのですが、もしかして修道院本体の方も見れるとか・・・?教会は閉まっていたので見れませんでしたが、天井、キレイなんですよね?見たかったです・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/500-d3e4e150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プラハ旅行記23(フラッチャニの丘) «  | BLOG TOP |  » プラハ旅行記21(聖ヤクプ教会)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (512)
海外旅行 (20)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (37)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (5)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示