topimage

2017-06

プラハ旅行記7(カレル橋) - 2012.09.17 Mon

プラハ到着日である1日目は、
夕方ホテルに帰ってゆったりお風呂に浸かってから
着替えてファーストナイト・ディナーに行こうと思っていたのですが・・・

大きなバスタブと入浴剤が気持ちよすぎて・・・
何と寝てしまい、2時間以上も浴槽の中・・・

何だかドロンとしてしまい、もう外に出る気にもならず・・・
ベッドに軽く横になったら・・・気がついた時はもう真夜中・・・
それからも朝までスヤスヤとよく眠れました。



で、無計画旅行のプラハ2日目。
ヨーロッパでの常ですが、早朝にすっきり目が覚めました。

朝食をいただき・・・

何だか気分はプラハ観光のハイライト、
「カレル橋」「プラハ城」!

でもね、この日は日曜日・・・混み合うよね〜・・・?
ちょっと悩む観光ルートです・・・



でも、「決行!!」としました。



そうと決めたら準備は早い。
白TシャツにTシャツ素材で楽チン、スパンコール付きのベージュのスカート、
一応、首にグリーンのショールでポイント作り。
いつも通り旅行のお供のアンテプリマのメッシュバッグで出かけました。



午前9時過ぎにはホテルを出たでしょうか?

まだ静かで朝の空気の爽やかなウンゲルトを出て旧市街広場へ。
ここまではまだ人もそんなに居ない・・・

旧市街広場ヤンフス像


そこから王の道とも呼ばれるカレル通りを抜けます。
まあそこそこの観光客・・・



いよいよカレル橋の橋塔が見えてきました!!

ギャッ! 既にすんごい人混みです

CIMG0368_convert_20120917155155.jpg


でも、この橋塔だけでも既に威風堂々、大感激です!!

CIMG0369_convert_20120917155330.jpg


橋塔をくぐって橋の入口はこの状況↓↓↓
見えない・・・
橋の全景なんて全く見えない・・・

ひどい・・・せっかくプラハまで来たのに・・・
しかもこの橋の欄干沿いの沢山の露天商・・・これらが写真を撮るのにもジャマ!
これもプラハの文化の一端ということですかね?

CIMG0371_convert_20120917155421.jpg


でもね、頑張って位置取って撮った写真がこれ↓。
カレル橋は全く私に全景を表してくれなかったけど、
橋からのプラハ城の景色が素晴らしかったです。

CIMG0375_convert_20120917155517.jpg


この景観が静かな環境で見れたら最高だったのですがね・・・
まあ、手元足元はギャーギャー、ガヤガヤ・・・

「遂に来た!」という感激と共に何かつきまとう残念感・・・
橋にカメラをどう向けても人しか写らなかったので橋の写真は最低限に諦めました。



で、人波をかいくぐって
橋を大方渡ってきたところに
反対側の橋塔が見えてきました。

CIMG0377_convert_20120917155625.jpg


これに上ってみよう

CIMG0379_convert_20120917160417.jpg


橋塔の1Fで料金を支払い階段を上がります。
ここは意外にもとっても空いていました。
2組くらいしか塔の中で出会わなかったので、
上がるまでは「ひょっとして失敗?」って思っていたのですが・・・


ほらね、ちょっと資料とかも置いてある橋塔の内部だけど、
誰もいないでしょ。

CIMG0405_convert_20120917160620.jpg


上がってみるとこの景色!!
壮観だし・・・大正解!!!

CIMG0385_convert_20120917170036.jpg


ようやく橋の全景が見えました。
ここで初めて美しいと素直に感じました。

CIMG0387_convert_20120917170146.jpg


橋の向こうの旧市街側にはティーン教会の塔も見えていました。

CIMG0388_convert_20120917162713.jpg


塔の反対側に回ると左岸側の景色が、これまた美しく・・・
プラハ城と城下の町並み。

CIMG0393_convert_20120917170258.jpg


左岸側のカレル橋から聖ミクラーシュ教会に続く道。
大きく見える塔が聖ミクラーシュ教会のものです。

CIMG0398_convert_20120917161004.jpg


ここからの景色、どの方向もとてもキレイ・・・
人混みを見下ろしながら景色を独り占めにでもしている気分で
とても気持ちよくしばしここで景色を眺めて過ごしました。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

橋の塔に登れることすら知らなかったです。
なんで、登れる、、って思わなかったんだろう。。
ほんと、もの凄い人で、一旦橋に乗っかると、もう橋の写真なんて、、まず無理でしたよね。 そうです、、右岸からのプラハ城美しかったですけれど、周りの人々が気になって、写真に集中できませんでしたね。 
だけど、橋の上の写真、、、きっとどこかにボクが写り込んでいるでは、、そんな気がしてなりません。
最後の二枚の写真、すっごく素敵ですよね。あ〜ボクも撮りたかったです。

bonzofireさん、

こんばんは^^

恐らく本当に同じ瞬間に橋の上に乗っていたでしょうから・・・
写真のどこかにbonzofireさんが写っているかもしれませんね^^

橋塔、下の人混みからしたら信じられないほど人が居なかったので
あまり知られていないのでしょう。逆にびっくりで得した気分でしたよ。

そして・・・写真がお上手なbonzofireさんに写真誉めていただいて嬉しいです!

カレル橋の上は橋というより、広場みたいですよね。
橋からはお城を眺めるのが一番綺麗です。
そして橋を撮るならやっぱり橋塔の上ですね!
ミクラーシュの写真、とても素敵です。

えっと、橋の上に傘をさして一人音楽隊をしているおじさんはいましたか?
私は以前も見て、今年もまた目撃したのですが。

ポケさん、

なるほど、橋というより広場ですね。
そういう理解をしたら、残念に思う気持ちも和らぎます。

ミクラーシュの写真、写真のお上手なポケさんに誉めていただけるなんて素直に嬉しいです。
でもね、ポケさんのカレル橋の写真で一枚すごく好きなのが有ります。
ああいうの撮りたいんですけどね…

一人音楽隊おじさんいましたよ。笑…
この人なんか知ってるぅって思ったら、ポケさんのブログに載っていたという
確認作業まで実はしちゃってます。笑…

カレル橋はいつも大混雑ですよね
私が行ったときは修復中で、歩くのも大変でした
でもお城がとってもきれいで、この景色はわすれられません
塔の上に上れるのはポケさんのブログで知ったのですが、私は上りそこないました
本当美しいですね
お城まで行ってしまうと小さくなってしまいすぎですが、ちょうどフィルターにおさまって素敵です!

Yottittiさん、

こんばんは。

カレル橋はいつも混んでいるようですね〜。
行かれたときは工事中だったんですか?
じゃ、私は人混みを残念だとは言ってはいけませんね。

橋塔は、あそこ上れるのかな〜?と思った時に、
そうそう、橋塔の上からのポケさんの写真を見た事ある気がする・・・
と思い出し・・・。自信をつけて塔に向かいました。
ポケさんに感謝です。

いつもコメントいただくYottittiさんにも感謝です^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/484-cef3c100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プラハ旅行記8(プラハ城) «  | BLOG TOP |  » プラハ旅行記6(ウンゲルト&ホテル)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (245)
ジョギング (15)
美味しい!! (97)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (20)
旅行 (512)
海外旅行 (20)
イタリア旅行 (19)
英国ドライブ旅行 (20)
ハワイ (2)
ブエノスアイレス (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム (25)
ヘルシンキ (11)
角館 (6)
バルセロナ (4)
ムンバイ旅行 (17)
フランクフルト (7)
プラハ (31)
インド (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd (27)
ラスベガス (4)
フランス (33)
カトマンズ (19)
ポルトガル (54)
イスタンブール (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山 (7)
フィレンツェ2016 (37)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (4)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示