インドから(その2)

2 1
ムンバイ旅行2012
2回めインドからです。

暑いです。
でも少し夕方になると幾らか過ごしやすいのは、
夜になっても気温の下がらない日本の夏よりマシな気がします。

何でも値段が恐ろしく安いので、
ついつい多分日本に帰ったらガラクタに見えるような物まで買っちゃいます。
値段交渉も面白く感じたりして…

でも、露店みたいなところや市場などで交渉する時、
外国人と見たら高い価格を吹っかけて来るのでしょう?
と思い、言われた値段より、
かなり安い価格から交渉を始める訳なんですが、
やってる内に段々悪いような気がしてきて…

お店の人が言っている値段を私が例えば半額にしてって言う事は、
その商品の価値を下にしか見ていないと言っているようなもので、
彼らは彼らなりの適正価格がある訳で…
途中から失礼な事を言っているような気がしてしまいました。

それが私達にとってはどちらでもそんなに変わりないような
100円程度の戦いなんですよ。
でも彼らにとっては100円というのは大変な金額です。

だって、タクシーに30分くらい乗って、
150-2、300円なんですよ。
このタクシー代の価格差が面白い所なのですが…
要するに言い値な訳です。

そりゃもう相手は必死です。
生活がかかっているであろう人から100円もぎ取るより、
その100円を黙って払って、
ちょっとでも嬉しく思ってもらった方が良いのでは?
とか思ってしまった訳です。

先進国の一員だからって金持ちぶるつもりはないけれど、
人助け?とでもいうのか、ちょっと考えさせられる買い物シーンでした。

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

ポケ  

分かりますー。
私も(もう10年以上前ですが)タイに行ったとき、
屋台で買い物するのに同じような経験しました。
いきなりガツンと値段を下げて言ったら悪いかなあ・・
と遠慮してしまったり。
でも、値切る人はとことん値切って、相手に本気で「簡便してくれ」みたいに言われている人もいますよね。
値切るのも向き不向きがあるのですねぇ。

2012/05/27 (Sun) 18:20 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ポケさん、

こんばんは。

会社で受けた研修内容「ネゴシエーションテクニック」の要領で実践・・・と
結構値切る行為自体が楽しい気がして面白がっていたんですが、
途中から何だか悩んでしまい・・・
戻ってお金戻した方がいいかな~?なんて・・・
結局戻りませんでしたが、今度からは今回の経験を忘れずよく考えて交渉しようと
本気で思いました。
金は天下の回りものって精神ですかね?

> 分かりますー。
> 私も(もう10年以上前ですが)タイに行ったとき、
> 屋台で買い物するのに同じような経験しました。
> いきなりガツンと値段を下げて言ったら悪いかなあ・・
> と遠慮してしまったり。
> でも、値切る人はとことん値切って、相手に本気で「簡便してくれ」みたいに言われている人もいますよね。
> 値切るのも向き不向きがあるのですねぇ。

2012/05/28 (Mon) 00:22 | EDIT | REPLY |   

Add your comment