アムステルダム旅行記20

2 0
アムステルダム2010
今日は主にアムスの中でもいわゆる新興地。
住民の増加に対し、郊外への住宅地の広がりよりも、
海沿いの倉庫街を住宅地に変えていった歴史があるそうです。

さすが昔は貿易で栄えた国らしいですね。
四角い形の人工島が沢山のところでしたよ。

これは分かりづらいけど、
斜めに見える建物で集合住宅。
どの面も上の階に行くほど外側に迫り出している建物です。
アムス106

これも集合住宅。
根元が細い・・・大丈夫??
アムス107

近くで見上げるとこういう感じ・・・
アムス108

これは「ホエール」と呼ばれている集合住宅だそうな・・・
素敵です!!
光を取り入れる為、上部をゆるく傾斜させているんですって・・・
アムス109

近くで見るとこんなカンジ・・・
ビルのエントランス付近・・・
アムス111

内側はこんな風に中庭が・・・
こんなところに住みたいなぁ~・・・お高いのかな?
アムス110

これは、ある種現代のアムスを象徴する建物として有名だそうです。
科学技術センター・・・通称NEMO。
関空をデザインした人であるイタリア人、レンゾ・ピアノ氏という人のデザインとのことです。
船の形をモチーフにしてますね。
アムス112

これが前方からの写真・・・
トラムの中からなので、こんな写真・・・
アムス113

この建物、とっても楽しみにしていたのですけど、
上手い角度と距離から写真撮影出来るところに行く時間がなくて・・・
ちょっと心残りです。

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

ポケ  

面白建物!!
形はいろいろでも、色が統一感があって
煩雑としていないのが流石ヨーロッパですね。
いつも観光は旧市街の歴史地区中心なのですが、
たまには新市街に足を延ばしてみると、
新しい発見があるんだなあ、と感心しました!

2010/10/03 (Sun) 22:57 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Re: タイトルなし

ポケさん、

こんにちは^^

私もどんな観光地に行っても歴史を感じるところのみでした。
今回初めて近代的な地区に行ったのですが、
理由はマンションを購入したり、リフォームをしたりしたことからです。
これにまつわる色々なことを情報収集したり、学んだり、見たりしているうちに
以前より、現代の建築やアートにすごい興味が出てきました。

今後は観光に行っても見て回る興味の範囲が広がってとても嬉しいです。
マンション購入の嬉しい副産物でした^^

2010/10/06 (Wed) 09:42 | EDIT | REPLY |   

Add your comment