アムステルダム旅行記9

0 0
アムステルダム2010
アムステルダムは小さな都会です。
人口は70万人位らしく・・・
主な観光地へは全て徒歩で行けちゃうくらいです。

で、私は沢山沢山町歩きをして観光しました。
治安も良い町と感じましたよ。
だから、ゆ~っくりゆ~っくり、ガイドブック片手に町を散策しました。

殆どが↓こういう密集した建物が並んでいる町並みですが・・・

アムス54
アムス53

運河沿いに、ポツンと瀟洒な洋館があったりして・・・

アムス41

庭らしい庭を見なかったのですが、町中の館の一角にこんなに美しい庭も見つけました。

アムス42



もちろん、有名な観光地というか、
抑えるべきところにも行きましたよ。

有名なゴッホ美術館

アムス49

裏庭から見た美術館。建物も美しかったです。

アムス50

中もとっても感じの良い美術館で、
広くないのでToo Muchにならずに良かったです。

ゴッホの絵は、世界中、色んな美術館にあって、かなり沢山見ているので、
本当は今回、別に見に行かなくてもいいな~って
思っていたんですよ。

入場にすごい時間がかかるって聞いてたし・・・

だから事前にネットでチケットを購入も出来るんだけど、しなかった・・・

でも、ガイドブックにアムスに来たら、必見!!って書いてあったので・・・
そうなの?
ってことで見に行った訳です。

開館時間ジャストに着いたのに、既に行列が出来ていて、
朝から40分待たされてしまいました。

アムス51

こんなことなら事前にチケット買っておけば良かった・・・

作品は、美術に詳しい訳でもないのも手伝って・・・良かったんですけど、
どれも今までに見たことのあるような感じで特別ウヒャ~っていう感想はなかったです。


これはゴッホ美術館と隣り合って建っている国立ミュージアム。
実は大好きなレンブラントの「夜警」やフェルメールのある、こっちに行こうと思っていたのに・・・

結局行けませんでした・・・
いつか絶対行きたいな~・・・

アムス52

でもね、レンブラントの家には行きましたよ。
これはレンブラントの家の中庭に面した建物。
こちらは楽しみにしていたこともあり、なかなか良かったです。

アムス48

この大きな建物は、
サンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館の分館です。

何でもロマノフ家とオランダ王家は、
縁戚関係が深いらしく、その関係でエルミタージュの分館がこの地にあるらしいです。
印象派の作品がメインです。

アムス47

エルミタージュにもいつか行ってみたいと思っていたので、
一部だけでも見られて得した気分でした。


他にも観光の第一号として、「アンネの日記」のアンネの家にも行きました。
これも並ぶらしいので、朝一で行きました。
10メートルほど並びましたが、すんなり入れました。

中は想像より意外と広くてびっくりしました。

もちろん、ここに息を潜めて複数の家族が長期に亘り、住んでいたと思うと
想像を絶するものがありました。

内部にこの窓からカーテンに隠れて隙間からそ~っと外を眺めていたという窓があって・・・
私も真似してみました。
まだ10代の女の子がずっとこのようにして、
この景色を眺めるしかなかったと思うと何とも言えない想いが込み上げてきました。

残念ながら写真はありません・・・

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment