京都7(美味しいお食事と名品のお皿)

0 0
奈良京都旅行
京都奈良旅行、まだ引っ張ります。

今日は美味しいお食事のお店のお話・・・
基本、天ぷら会席のお店で知る人ぞ知る名店らしいです。

京都ですから・・・
自民党の元野中幹事長が竹中元首相と来ていたり・・・
今も野中さんは付き1回くらい来るらしい・・・
他にパリの有名なシェフが来ていたり・・・名前ど忘れした・・・
沢山の有名人の写真を見せていただきました。

ご主人が天ぷらの他に美味しい創作和食を作られています。
息子さんはあの仏料理の三ツ星シェフ・・・ロブションのお店で修行されていたそうです。
きっと親子で協力して新しいお料理を作っているのでしょう。
家族経営のお店です。

どれも絶品でしたし、
一緒に行ったフランス人が美味しい美味しいと言って食べたので、
外国人に味を理解されたということが嬉しく
テンションが上がると仰って沢山のサービスをして下さいました。

美味しくて感動したお料理を少し・・・
桜を練りこんだ冷たいうどん・・・氷の器に入っていました
さくらうどん

これは天ぷらを海苔で巻いていただくというもの・・・
美味しかったけど、実はこれはお皿がすごい・・・
松皿1

このように図鑑にも載っている尾形乾山という作家の作品群の1枚らしく、
何百万円もするお皿だそうです(幾らとか言っていたけど忘れた・・・)
図鑑1

このように何種類か骨董の素晴らしいお皿で出していただきました。
何かお皿がすごいとお料理まで余計美味しい気がしてしまうので不思議です。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment