中古マンション購入検討6

2 0
マンション購入話
次に・・・

リフォームの検討。
不動産屋さんと一緒にリフォーム会社を2~3ピックアップ。

私の希望は、出来るだけ私の希望を理解し実現してくれるところ。
なので幾ら安くても、大工の棟梁みたいなおっさんが出てきて私の話や理想を分かってくれない、
しまいには怖くてそれ以上言えなかった・・・なんてことにならない会社ってことでした。

で、ピックアップしたのが3社。
A社・・・地元で信用の高いマンション販売でのトップ企業のリフォーム部
     ここの会長・社長とは知り合いなので信頼がおけるので・・・
B社・・・大手全国展開の財閥系住宅メーカーのリフォーム部
     実は先述の都銀もこの流れの会社・・・(笑)
C社・・・不動産屋さんの知り合いのリフォーム会社
     メーカー系のグループ会社・・・だけど独立系の小さな会社

で、この3社で相見積もりを取って決めることにしました。
ここでも会社の姿勢の違いを見ることになりました。

3社とも、同じ日に時間をずらして現地を見に来てもらうことになり・・・
その時の様子から違いました。

A社・・・30歳前後のスポーツマン系ハキハキ元気なお兄さん。
     いわゆる営業さん。こちらの要望を受け身で聞くといった状態。
     営業さんなので、技術的なことが分からず調べてみますという返答が多かった。
     向こうからは2~3質問をされたきり・・・
B社・・・大手の会社の人っていう物腰の50歳絡みのおじさん。
     名刺をいただくと1級建築士という肩書きが・・・ご立派です。
     図面を渡した時に現地に居るにも関わらず、向きがどっちか?他、
     図面と現地の関係が即座に分からなかった。分からないほど大きな家でもないのに・・・
     大丈夫か?この人・・・?といった印象。
     今までの経験で希望に対して、調べもせずに出来ないという返答が多かった。
     質問は最後に・・・私の大体の見積もり予算は?・・・だけでした。
C社・・・不動産屋さんと知り合いだっただけに最初から打ち解けたムード。
     私の希望を聞きながら、それを盛り込みつつこんなことも出来る、あんなことも出来ると提案型。
     営業マンが技術系も分かるらしく、その場である程度の出来る出来ないの判断をしながら返答。
     反対に不明な点をどんどん質問してくる・・・こちらが言っていない箇所の要望を聞く・・・
     例えばといった感じで提案をしてくる・・・今の流行を伝えてくれることが出来る。

この段階でこれだけの差・・・明らかにC社が優れているように感じました。

次にA社とC社は職人を伴って、現地調査をしたいとの申し入れ。B社は要らないとのこと。
現地調査の時の印象

A社・・・20歳代前半の今時の若者風の職人を伴っての現地調査。
C社・・・年配の熟練職人みたいな人数名と一緒。この時、この職人により温水器が壊れていることを発見。

この段階で温水器の破損を見つけていただいたC社に感謝。
この温水器の件がこの後のマンションの価格交渉に大きく関わることになったのです。     
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

sachi  

No title

B社は明らかにリフォームする気がなさそうですよね。
都銀の流れの会社と聞くと納得できるような気が。。。

C社がいちばん今のところよさそうですね。

セールスマンによって全然印象が違ってきますね~。

2010/02/09 (Tue) 04:11 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Re: No title

sachiさん、

そうですね~。
仕事にも人間力というか姿勢というか・・・出ますよね。
世の中には色々な人がいますが、自分も善い人でありたいし、
善い人に囲まれて、関わりあって生きていきたいなと
今回の件で切実に思いました。

2010/02/09 (Tue) 21:27 | EDIT | REPLY |   

Add your comment