シチリア旅行記8(タオルミーナ滞在日記)

0 0
イタリア旅行2009
4日目の続き
早朝ジョギングの後はシャワーを浴びてスッキリして・・・水分補給もちゃんとして・・・
あちらではガスウォーターが一般的。暑い夏はガスウォーターに限る。
新陳代謝も促すそうでとても良いお水・・・日本でももっとポピュラーになって欲しいな。

朝ごはんはホテルのメインダイニングで・・・テラス席・・・
あ~、爽やか~・・・
この景色が何度見ても素晴らしいのよん。

景色に癒されてるのが分かる感覚・・・
少しずつスゥーっと、こう何か縛られていた窮屈感っていうか抑圧されて私の中で硬くなっていた何かが抜けていくというか解き放たれていっているという感覚が明らかに分かる。
小さい心の自分が広やかになってリラックスしていくことを実感する・・・
素晴らしい経験・・・ここでもまたありがとう絵文字名を入力してください
メインダイニングテラスエリアからの景色withエトナ山
エトナ山が遠くに見えるね

メインダイニングテラスエリアからの景色withカステッロ
町の上の方にある城砦カステッロが見える

オレンジとグレープフルーツのミックスジュースからスタート。
ホテルのブュッフェではいつも私、ジュースをブレンドして好きな味のミックスジュースを作る。
おいしいよ~ジュース

パンも野菜もハムもチーズも美味しい~!!
卵はスクランブルエッグをオーダー。
シンプルな味。でもアメリカ人じゃないからケチャップなんか付けない。
あくまでお塩とコショウで卵の味を楽しむ・・・
スクランブルエッグ

朝食後はホテルのテラスで景色と読書を楽しみながらお腹を休めた後、
午前中はホテルのプールでまったり・・・
水着はハワイで買った真紅のワンピースディバイン水着
小娘には着こなせない大人のディバインな水着よん。

ホテルのプール with my foots(笑)
ホテルのプール
快適~

欧米人はスタイルがいいね、やっぱり・・・
お肉がつく前の若い女の子なんて、女の私でも近づきたい絵文字名を入力してくださいほどのナイスバディでホンットにかわいいし、美しい・・・抹茶ぱんつ
写真のプールの向こうの親子の娘さんなんて、ホントに美しかったよ~。
しかも超リッチそうだった・・・

みんな肌を焼いてたね。時々水に入って体を冷やしては焼く・・・
何てこと!!うおぉッ==
私たち日本人女性には自殺行為にも等しい行為よっ!!
私はしっかりSPF50のウォータープルーフ日焼け止め(資生堂アネッサ)を塗ってビーチタオルに包まって・・・妙なヤツ・・・って思われてたんじゃないかしら・・・?(苦笑)
でもこればっかりは現地の人流には出来ない!!

遅いランチは町のレストランに出て・・・景色も味も最高のレストランだった。
レストランからの景色
レストランからの眺め
この日は1泊2日で豪華客船らしき船が停泊していた・・・見えますか?

そしてー・・・、少しのシエスタの後、夕方、日が少し優しくなってから・・・カステルモーラへ・・・
バスに乗って到着。
村のあちこちをカメラマンにでもなったつもりで写真に収め・・・
でもたったの30分弱しかかからなかった。
カステルモーラから眼下のカステッロとタオルミーナの町
カステルモーラからカステッロ

帰りはバスじゃなくて徒歩コースを歩いて降りようと思ってたから、スニーカーとTシャツとデニムという格好で行った。
小さい子供を三輪車に乗せて遊ばせている女性がいたのでタオルミーナまでの徒歩時間を聞いてみたら、約50分程度とのこと。下りとはいえ結構ある。
ところでこの女性、イタリアの人里離れたこんな田舎にはめずらしく、イスラム教信者のようで頭から布をかぶり、顔も隠し気味・・・遠くからお嫁に来たのかな?

で、この距離大丈夫かな?という不安をかかえつつ
地図に従い村のはずれのコース入り口へ・・・
この道で間違いないよね?でも細い道で何だか怖い・・・
一旦ちょっと戻った・・・でも又・・・と逡巡している内に女性が2人こっちに来た。
聞けば歩いてタオルミーナまで戻るとのこと・・・
Lucky!!一緒に行くことに・・・ロンドン近郊から来たとのこと。

道は舗装されておらず、階段や坂道のコース。昔はきっと村の人達はこの道を通って上がり下りしてたんだろうと思った。
コースの途中の古い教会
徒歩コース上の古い教会
これは、徒歩コースを歩かないと出会えない。外観は手入れでキレイになってるけど、内部はかなり古かった。年代は・・・忘れた。

だんだんヒザがガクガクしてきた・・・。
道の途中から少し上って途中、カステッロに向かった。
カステッロのすぐ下のこれまた古い教会までしか行かなかったけど、内部は岩肌が出たままの造りでこれまたきっと古くて素敵な教会。

ここからはタオルミーナの町はちょっと下るのみで到着。
2人に別れを告げ、ホテルに戻った・・・もうクタクタ。

シャワーを浴びてスッキリした後、夕食を摂りにレストランへ・・・


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment