topimage

2017-10

美味しいイタリア旅31(7日目:フィレンツェに戻ってホテルでほっこり) - 2017.10.06 Fri




ペーザロから電車に乗って、フィレンツェに戻って来ました。


IMG_4388.jpg


ボローニャで乗り換えて、2時間ちょっとで到着。



サンタ・マリア・ノヴェッラ駅からは徒歩で至近のアパートメント型のB&Bホテルを予約していました。


もうすっかり慣れてきたフィレンツェの石畳の街をフフフ~ンと歩いて到着したのは、この薬局とパニーニのお店に挟まれた木製のドアが入口の「Soggiorno Rondinelli」です。


DSC00485_20171006103453a99.jpg



ドアブザーを鳴らすと、中からスタッフが迎えに来てくれました。


この美しい廊下に誘われて階上のホテルへ。


IMG_4508.jpg



廊下を振り返って入口内側の写真。木製のドアの一つ内側に綺麗で頑丈なアイアンの扉。


IMG_4482.jpg


防犯がしっかりしていて、スタッフが丁寧に実演してくれながら各種の鍵の使い方を教えてくれました。全部で5つも鍵を渡されて、どれも頑丈な作りで開け方のコツがあって難しかったです。



そのスタッフは、フィリピン人の50歳過ぎの女性でした。とっても笑顔の素敵な親切で優しい人で、滞在中随分お世話になりました。
イタリアにはフィリピン人がよく出稼ぎに来ていますね。今までもホテルの従業員のフィリピン人に会ったことがありますし、この旅の最初のフィレンツェのホテルの朝食会場でもフィリピン人が従事していました。
そしてフィリピン人って優しいですよね。知っている人や会うフィリピン人みんな穏やかな温かみのある優しい人ばかりのような気がします。



このホテルで面白かったのが、この女性スタッフ(名前を失念・・・仮にソフィとします)は、「Hi~, Ekaterina」と迎えてくれた次に「もう◯◯さんは到着してるわよ~。」と言うんですよ。
◯◯さんというのは、日本の男性のファーストネームでした(こちらも名前を失念したので、仮にマサヒロさんとします)。

私にしてみれば、「は?それって誰??」ってなワケですよ。

規模の小さなアパートメントホテルの中で、聞けば、同日着で私と同じく2泊の予定で予約が入ったらしく、同じ日本人だったのでてっきり知り合い同士だと思ったとのことなんです。

「いえ、知り合いではありません。」と伝えたのですが、この人の良いソフィによって、2泊3日の滞在中、私たち2組はいちいち一緒くたに扱われたのでした(笑)そのお話はまた後日・・・



それでは、私のお部屋の写真たちです。


IMG_4449.jpg



大まかに言うと、リビング、リビングダイニング、寝室、バスルーム×2、キッチン、多めのクローゼット、出入口×2のある間取り。


IMG_4448.jpg



85平米という・・・私一人なのに無駄に大きい(笑)


IMG_4445.jpg



他にワンベッドルームのみの一人旅に適当な大きさのお部屋もあったようです。


IMG_4453.jpg



どうしてこのお部屋を選んだのか今となっては、その時の自分の思いも定かではありません(笑)


IMG_4446.jpg



ただ、このお部屋の写真を見て、モダンなインテリアが気に入ったこと・・・


IMG_4461.jpg



旅の最後は大きなお部屋でゆったりと過ごしたいな~と思ったことのみ覚えています。


IMG_4466.jpg



加えてコスパが良かったので、このお部屋を選んだような気がします。


IMG_4460.jpg



リビングの隅っこから階段で階上へ。


IMG_4447.jpg



上から見下ろしたリビング。


IMG_4455.jpg



階上は寝室。


IMG_4458.jpg



寝室のベッドのそばスペースにはTV。


IMG_4459.jpg



階上の通路から見下ろしたお部屋の出入口。ソファを挟んで左右に2つ。ホテルの外(階段の踊り場から直接アクセス出来る出入口とホテルの内部のロビーからの出入口)です。


IMG_4454.jpg



ダイニングエリア。


IMG_4468.jpg



ダイニングの奥にキッチン。


IMG_4444.jpg



こういったお部屋は、ファミリーで1週間以上といった滞在が向くんでしょうね。リビングのソファは一つダブルベッドになるものも有りましたから。大人4人までOKなお部屋です。

一人じゃお料理してもね~・・・結局キッチンは使わず仕舞い。


無駄に大きいこのお部屋で、2泊3日、荷物をリビングの片隅に広げ、寝室を利用し、バスルームは1つのみ使用。
貧乏くさい・・・隅々まで使ってみたかったです(笑)



将来、フィレンツェの1ページとして思い出せるようにバスルームの写真も載せておきます。

バスルーム1(階上)


IMG_4456.jpg


IMG_4457.jpg


IMG_4465.jpg



バスルーム2(メインフロア)


IMG_4463.jpg


IMG_4464.jpg


IMG_4467.jpg


私は2泊だけだったし平気なんですが、バスルームが2箇所あってもバスタブが無いのは、ちょっと残念かな。



クローゼット一部。


IMG_4462.jpg



このホテルはB&Bですから朝食も提供しています。私の時は、初夏だったのでテラスエリアでいただきました。朝食の様子はまた次回に・・・



テラスへの通路。


IMG_4516.jpg



冬場なら、このロビー兼ダイニングのこちらで提供されるのでしょう。


IMG_4513.jpg


IMG_4514.jpg



ロビーには、ちょっとしたお菓子とお水が用意されていました。


IMG_4515.jpg



補足・・・


建物の2F部分(日本でいう3F)にあるこのホテル、エレベータが1F(日本でいう2F)部分から上しかなく、地上から1F分は階段で上がり下りが必要でした。

トランクは、この優しい女性スタッフが往復とも一緒に持ってくれたので大丈夫でした。エレベータは使い方が難しく結局トランクのある最初と最後しか乗らず、後は階段で上り下りしました。

ホテルスタッフは、常時1名しかいないようで、それも常駐ではなく電話番号を渡されていて、何かあったら電話するとすぐ来てくれるというスタイルでした。


規模の小さなB&Bホテルだったと思いますが、それだけにアットホームな感じで、短期間でしたが住むような滞在が出来ました。スタッフも親切だしとても良い滞在でした。





関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

すっごい〜。 まさに、豪邸、家具や装飾品もセンスがよくてカッコがいいですね。
新旧の家具が混ざっていても、まったく違和感を感じませんね。
実は、、僕もパリは、民泊みたいなのを使い、ほぼ同じ80平米くらいの部屋にいました。
ただ、僕の方は、写真映えはそれなりなんですけれど、豪華さ、綺麗さ、はこちらの方がダントツにいいと思います。それに、同じサイズにもかかわらず、こちらの方がはるかに大きく見えます。
まあ、それでも、同じ80平米の日本のマンションだったら、2LDKとか3LDKになるので、もっと小さく感じますよね。



Bonzofire さんへ

いえいえ、いちいち記事には書きませんでしたが、所々雑な箇所はあって、きっちり整えられたホテルとは違うなあというのはあったんですよ。まあ自然体でいいのかもしれませんが^ ^
でもインテリアのセンスは確かに良かったですね。
こちらは85平米といってもメインフロア部分は吹き抜けだったので、確かにとても広く感じました。
貧乏臭いですけど、一人だとこれだけ広い必要は
全くないなと・・いちいち遠いんですもの(笑)

Bonzofire さんちは、もしかしてAirbnbを利用されたとかですか?民泊っぽいと伺ってそう思いました。
今回のB&B形式を経験して、アットホームな感じのところもいいなあと思いました。
Bonzofire さんの泊まったところも又ご紹介くださいね^ ^


大きなお部屋で住むように過ごせるステキなB&Bホテルですね
インテリアもおしゃれでセンスの良さが光ってます
保安の鍵もしっかりついてるし、でも開錠は確かに大変そう
何より住人になった気分で素敵で、こうした旅行はあこがれです
キッチンも洗濯機もついてると長期滞在にもよいのでしょうね

スタッフの気遣いもまた面白いです
後日談が楽しみです

Yottitti さんへ

素敵なインテリアのお部屋の写真を見て決めましたが、一人には広過ぎました(笑)
洗濯機もキッチンもあったし、もう少し小さいお部屋に長期滞在してみたかったです。

5つの鍵は、建物の入り口、ホテルの入り口、お部屋の入り口と使い方が難しく、使えなかったらシャレにならないので、必死で習いました(笑)

他の日本人客と一緒くたにされたお話、また今度書こうと思います。
別に面白い話という訳でもないのですが・・・^^;
また読んで下さいね!

こんにちは。
アパルトマン型のホテル、長期滞在には便利ですよね。
私もたま~に利用しますが、ここは内装も上品で素敵ですね。
長期だと洗濯機が室内にあるのも便利でいいですよね。

駅の近くだと、フィレンツェを拠点に小旅行をする際には便利ですよね。
そしてフィレンツェは小ぢんまりしているから、徒歩圏でドゥオモとかいろいろ観光できますよね!
続き楽しみです。

rika3377さんへ

こんにちは^^
アパルトマン型のホテル、長めの滞在の時は便利ですよね。今回は2泊だけなのがもったいなかったです。
こちらの売りは吹き抜けの大胆な間取りとインテリアなんだと思います^^
洗濯機も室内にあって便利だと思いました。

駅からドゥオモのちょうど中間点あたりの立地で駅利用の小旅行にもフィレンツェ町歩きにも便利な立地も良かったです。
今度からフィレンツェに行ったら、こちらか前回行った時に泊まったホテルのどちらかに泊まっちゃう!っていうほど気に入りました^^

素敵~!
住んじゃいたいお部屋ですね!
ランドリーまで部屋の中にあるのがびっくりです。
キッチンも本格的だし。
家具も立派でおしゃれ~。
この写真を見たら泊まりたくなりますよね。

フィリピンの人は優しいですね。
アメリカにもたくさんのフィリピン人が働きに来ていますが、
やはりアジア同士だからなのか、新日だからなのか、出会うとすごくほっとします。

ポケさんへ

そうなんですよね、このアパートメントホテル、持ち主は元々代々引き継いだお部屋だったのか?不動産投資的に手に入れてホテルにしているのか?いいな〜、こんなお部屋が自分のものだったらな〜って住む妄想をしましたよ。
ランドリーもインテリアも本当に気に入りました^^

フィリピンの人って優しいですよね。
フィリピン人は、英語が話せるので、出稼ぎ先も多いんでしょうね。
同じアジア人の感覚を持っているのか、欧米人の強さと真逆のか弱そうな優しさみたいなのが、交わっていて居心地いいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/1183-fbbfa6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美味しいイタリア旅32(7日目:フィレンツェ ディナー) «  | BLOG TOP |  » 美味しいイタリア旅30(7日目:ペーザロをちょっと街歩き)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (107)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (555)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (33)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示