FC2ブログ

ひとり飯シリーズ14(イタリアン居酒屋)

6 0
美味しい!!



近所のイタリア料理を中心とした居酒屋に時々行きます。


ラム肉が美味しかったと以前このブログに書いた時のお店です。
こちら→ひとり飯シリーズ12



先日、夜が涼しくなりはじめた頃、久しぶりに行ってみました。


お通しは、豚のテリーヌ。


IMG_4945.jpg



ドリンクはウーロン茶。


IMG_4944.jpg



はじめに大好きなトマトのマリネサラダ。半量オーダーでした。


IMG_4946.jpg



ナスとモッツァレラチーズのトマト焼きだったかな?これも半量。


IMG_4947.jpg



牛肉が食べたくて・・・ロースステーキ100g。


IMG_4949.jpg



お楽しみの一品。こちらに来たら必ずいただくラム肉。牛肉もいただいたこの日は1本だけ。


IMG_4951.jpg



おしまい。


お腹一杯になりました。満足満足^^


お肉食べ過ぎですよね(笑)

この日は、何故だかガツン!とお肉をいただきたくて、このチョイスでした(笑)



ところで、この日、まだ若いこのお店のシェフとのおしゃべりが楽しかったので、ちょっと書いてみようと思います。


このシェフとはラム肉がとっても美味しくて、以前こだわりを話してくださったところからちょいちょい話をするようになりました。


何がきっかけだったのか・・・? この日、話し始めてくれたのは、ご両親は学校の先生で、ご自身は製菓の専門学校卒業のパティシエ出身。

料理の道に入って、尊敬するシェフの下で働いていたのだけど、いわゆるブラック企業経営のレストランだったので、休みなく数ヶ月がむしゃらに働いていたら、2ヶ月入院しなければならなくなったこと。

もうすぐ退院して復帰のタイミングで、その尊敬するシェフがお見舞いに来て言われたこと、「人が足りないから早く戻って来い」。

それを聞いて我に返って、シェフは尊敬はしていたけどそのお店を辞めた。でもそのシェフに必死で食らいついて頑張ったおかげで料理の腕を身につけることが出来た。

体を壊したことで、人生を大事に生きようって思って、大好きな旅行に出ようと思った。

でもお金がなかったので、バイトを3件掛け持ちして必死で20万円貯めた。

20万円を握って、2ヶ月の予定でヒッチハイクの旅に出た。北海道から沖縄まで。

ヒッチハイクは意外と上手くいくもので、途中色んな出会いがあって、友達も出来たし今も繋がっている人がいる。

最後鹿児島から沖縄までフェリーで渡ったが、沖縄で所持金どころか全財産3000円になってしまった。

その時、ヒッチハイクで乗せてくれた人にどこかで働きたいと話をしたら、その人は運良くカフェのオーナーで、ウチで働けばいい、宿泊はカフェのスタッフのお家を順番に泊まり回った。

カフェのみんなととっても仲良くなって3ヶ月ほど働いたら、帰る時は数万円になっていて故郷に帰ることが出来た。

今の仕事は、旅前に掛け持ちしていたアルバイト先の1件で、今はお店を任されている。


その旅の写真を見せてもらいながら、旅の話を興味深く聞きました。その時のファッションが小綺麗なヒッピーって感じで素敵だと伝えたら、綺麗な布が好きなんだとのこと。

私も何度か行ってお買い物をしたことのあるすぐ近くの奇天烈なおじさまのアジアの布を使ったナチュラルな洋服のお店の常連なんだと・・・私もあのお店、時々行くんですよ!それに私も綺麗な布が大好きで〜・・・と話は一気に盛り上がり・・・

このシェフは、インドに行ったこともないのに、昔から何故だかすごくインドに惹かれていて、死んだらガンジス川に散骨して欲しいと思っていると・・・私がガンジスに行ったことがあるというと羨ましい、いつか行ってみたいと仰って・・・

ガンジスに骨を流して欲しいというような気持ちになったのは、きっと魂の記憶みたいなものに導かれての思いなんだと思う・・・と。

最近結婚して、来年初頭に女の子が生まれるらしく、生まれる赤ちゃんの性別が分かってからは、生まれるのが楽しみで楽しみで、仕事ももっと頑張らないと!って思っている。


もう他のお客さんもいなくなって、シェフも自分でドリンクを作って飲みながらこんな話をしてくれました。


まだ若い青年が、しっかりしたお料理を作る腕を努力して獲得して、大好きな旅行、それも私の憧れている放浪系の旅、キラキラした目をして最近結婚した奥さんの写真を見せてくれながら、奥さんとも布好きなことが共通点で知り合って結婚した、赤ちゃんが楽しみ、これからも頑張る・・・って言うんですよ。


お料理の美味しかったことも良かったのですが、この会話がこの上なく楽しくて・・・旅の話とか好きなこととか私との共通点が多かったことも楽しい要因だったのでしょうが、この若い青年が楽しそうに奥さんとの未来を語ったり、芯があるし意気込みを語るのを聞いて、何だか嬉しくなったんですよね。

赤の他人が語ることの何が嬉しかったのか分かりませんが、なんだか応援したくなるような温かい気持ちになりました。



と・・・こんな思いの外、楽しい思いをしたひとり飯の日でした。

こんな食事もいいものだな〜と・・・嬉しい気持ちのまま自宅に戻って寝たのでした。






関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

ポケ  

豚のテリーヌもお肉たちもどれも柔らかくて美味しそうです。
お皿も盛り付けもカジュアルだけど可愛らしいですね。
作った人の情熱と冒険心もお料理に反映されているのでしょうね。
絶対に美味しいに違いないです。
またまたお店の方と語り合っていらっしゃる!
EkaterinaYoghurtさんのお人柄が良いのだと思いますよ!

2017/09/28 (Thu) 01:52 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ポケさんへ

カジュアルでお値段も良心的な居酒屋イタリアンなんですが、とっても美味しいお店なんですよ。
カウンターの向こうが調理場で、シェフのお料理を見ながら、シェフはお客さんの表情を見ながらといった一体感が楽しめます。
シェフの背景を聞いて、お料理にこもった情熱と冒険心をより感じるようになったように思います。

私は人柄は悪いです!(笑)
たぶんひとりで行っているので、お店の人も話しかけてあげようとか思って下さるんだと思います。
私がお料理をいただきに行ってこの若者の手助けになるなら、これからもちょいちょい通おうと思いました。

2017/09/29 (Fri) 11:38 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

今回のお料理はお肉尽くしですね~
お気に入りのお店があるといいですよね
なかなかおいしい牛肉にラム肉をいただけるお店は貴重です!
なんといってもシェフのお人柄もお店の印象をよくしますよね
布の話で盛り上がるのも、何かのご縁でしょうね
そして旅好きというのが好奇心旺盛でハングリーで素敵です
やっぱりいろいろな人生があり、お話しすると世界が広がって面白いですよね
またお子さんが生まれると料理に対する情熱も変わり、成長していく過程を眺めるのも楽しみの一つになるでしょうね
って、永遠にEkaterinaさんがそちらに住むのでしょうって話ですね(笑)

2017/09/29 (Fri) 16:44 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

この日は、本当は牛肉が食べたかったんです。でも行ったからにはこのお店のお気に入りラム肉をいただかずにはいられず・・・両方いただいちゃいました〜笑

こちらのシェフは、話を始めるまで若いお兄ちゃんくらいにしか見えていなかったので、羊肉へのこだわりを聞いたり、今回のお話を聞いて、正直真剣に仕事をして真剣に生きていることに驚いたって感じです。
こんな人が作っているお料理が美味しくないわけないって思いました。

話を始めてくれたのも、あまりにも共感出来ることが多く偶然とは思えない・・・何となくご縁があったんだろうなって思うんです。
この土地にいる限りは、ずっと通い続けたいなと思うお店を見つけて嬉しいです。

2017/09/29 (Fri) 22:34 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

牛とラムを一緒にいただけるなんてなんて贅沢!
おいしいラム肉は、素材だけじゃなく、かなりこだわりが必要なのはよくわかります。
一度いただいてみたいです。
それにシェフの話も面白いです。 自分とはまったく違う人生を歩む人たちの話は刺激になります。
お子様まもできて、これからの展開も気になりますね。
口ばかりですが、ぼくも一度でいいので放浪の旅に憧れます。

2017/09/30 (Sat) 10:08 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

bonzofireさんへ

いやどんだけお肉食べるの!って・・・食べ過ぎですよね(苦笑)
この日は、たまに来る「お肉食べたい〜!」という日でした。
こちらのラム肉は本当に美味しくて、ラム肉のランクも高いものを使っているらしいしこだわって作られているのは、シェフご自身が肉類で羊が一番好きという理由からだそうです。

そしてシェフのこれまでのお話もおっしゃるように刺激になりました。私なんて平凡な人生なので、他人様のお話は面白いですね。
これからもこのお店には時々行って、シェフの助けになるようならこちらも美味しいのをいただけてWINWINです。

放浪の旅って憧れますよね^^

2017/10/02 (Mon) 22:35 | EDIT | REPLY |   

Add your comment