FC2ブログ

美味しいイタリア旅25(5日目:ペーザロ到着)

8 0
イタリア2017.6


「マルケの真珠」ウルビーノを後にしました。


IMG_4272.jpg
(バスの車中からウルビーノの町)



到着したところは、行きと同じくペーザロの駅のバスロータリー。


ペーザロはこちら。





アドリア海沿いの町。ブーツ型と言われるイタリアのふくらはぎ上部辺り^^



さて、ここからどこに行ったでしょうか?・・・・




















どこにも行きませんでした。


ここ、ペーザロでしばしゆっくりしたのでした。



いえね、既にこの旅の後半。本当は計画の段階で、入出国の空港の街、フィレンツェまでウルビーノから内陸部を戻ろうと思っていたんですよ。

下のマップで赤丸のところがウルビーノ、右端の赤いポイントのところがペーザロ。
例えば、ウルビーノからグッビオやペールージャに寄って、フィレンツェまでとか・・・





ただ、内陸部のルートが上手く繋がらなくて、どうしようかな〜・・・出たとこ勝負で行ってみるか〜!!?って思ったりもしたのですが、よくよく考えるとペルージャ方面(近くのスポレートとか)は、最近ちょくちょく地震のあったところだし、内陸部の街は、もちろんそれぞれ個性は持っているものの、うろうろ街歩きしながら写真を撮ることが好きな私にとって、ウルビーノと絵面が似ていそうだな〜・・・などと思っていたりもしました。



そんな時に、ネットで調べていたら・・・


「ここにイタリアのすべてがある」


というキャッチコピーを見つけてしまったんです。


どこなの?それ・・・って、よく見たら、それはペーザロやウルビーノを含むマルケ州のことでした。イタリア政府観光局によるもの。


大げさな〜〜〜(笑)・・・と思いながら、よく読んでみると・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カラフルなパラソルが整然と並ぶ美しいアドリア海のビーチ、世界遺産の歴史地区、中世の面影を残す街、ルネッサンスの傑作や貴重な発見がつまった美術館や博物館、時代を物語る古城、歴史深い劇場、古代遺跡、伝統的オペラ、アルパインムードいっぱいの山々、伝統工芸、ひまわり畑の丘陵地帯、穏やかな田園風景、ヴァラエティーに富んだ美味しい郷土料理とワインの数々。。マルケ州にはイタリアが誇るべき全てのものがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


とのことなんです。



正直マルケ州って、ちょっと悪いんですけど、私の中ではなんか割と地味なイメージで、そんなにみんなで押しかけて行くようなところ??というイメージでした。



でも・・・昨年の夏のポルトガルからの帰りの飛行機から見えたアドリア海の海の青さを忘れられなくて、そろそろアドリア海に行ってみようかしら〜??って思っていたのを思い出し・・・


IMG_6241.jpg
(その2016年6月のアドリア海の写真)


久しぶりにイタリアの海で遊んでみようかしら!?イタリアの海鮮料理も久しぶりにいただきたいわ!?海の写真もいいわよね〜!?♡


本当にイタリアのすべてがあるのね!?・・・それじゃあってことで、ウルビーノの行き帰りに利用する駅の街、ペーザロに滞在してみることにしたのです。


しかもこのペーザロ、ビーチリゾートとしてはとても優秀でした。

優秀なビーチに与えられる「ブルー・フラッグ」認定のビーチでした^^

ブルー・フラッグは、単にきれいな海水というだけでなく、様々な基準を満たしたビーチに与えられるということです。
例えば、水の浄化システム、廃物収集、歩行者専用道路、警官設計への配慮など・・・


またこのペーザロは、観光するところもあるし街並みも楽しめるし、ウルビーノの往復の途中に寄れるという便利さも手伝って、私にとってはまさに適地でした^^


ま、結局海には入らなかったのですけどね(笑)



ということで、今回のイタリア旅行、周遊することで海も山も街も楽しめる計画となったのでした。





で、ペーザロの話に入ります。



駅からホテルまでは、タクシーを利用しました。10ユーロかからなかったと思います。


着いたホテルは、「Hotel Vittoria」


DSC00274.jpg


多分、ペーザロのビーチサイドリゾートの老舗。



ペーザロのビーチの象徴のようなこの水のオブジェの真ん前のホテルです。


IMG_4301.jpg


この水のオブジェ、大きなトマトなのだそうです。



ホテルには、屋内プールやサウナやスパの施設もあって、ゆっくりするにはいいわ〜と思って予約したのですが、シーズンには少し早かったようで、それらウェルネス施設はまだオープンしてませんでした(笑)

それだけにお得な価格で宿泊させていただきました^^


IMG_4329.jpg



私のお部屋。入ってすぐのエリア。


IMG_4275.jpg


普通のお部屋の予約をしたのですが、続き部屋付きの広くて2面採光のお部屋をあてがっていただけました。



このアーチの手前が、入口と上の写真のリビングエリア、向こうが寝室。


IMG_4276.jpg


なんと!TVを見なかったので気がつかなかったのですが、今、写真を見たら、小さいながらTVが2台あったのですね。



寝室を通り抜けると広いバスルーム。


IMG_4280.jpg


窓があって明るくて良かったです。



窓のカーテンの細工がかわいい^^


IMG_4279.jpg



アメニティは、ホテルとエトロのコラボレーション^^


IMG_4281.jpg



大事な寝室エリアの写真を撮り忘れていたようです^^;邪魔な人が手前にいる写真で雰囲気を・・・^^;


IMG_4303.jpg


ま、ご覧のように古いですが、清潔にされていました。朝食も良かったし、古き良きって感じでしっかりしたホテルでしたよ。この旅でコスパ最高だったのは、このホテルだったと思います。


プライベートビーチもホテルのはす向かいに有り^^


IMG_4293.jpg


朝食は、今後の記事にてご紹介しようと思います。



チェックインの後は、早速ホテル周りの散策に出掛けました。



ホテルは、ビーチフロントではなくて、ビーチから2件目なのですが、大きなトマトのオブジェのある公園に面しているので、海が見通せます。

この公園が海にせり出しています。


IMG_4287.jpg



ビーチの景色に見とれてカメラを構えたら、手前にティーンの女の子が立っていたんです。この女の子を撮った訳じゃないんです^^;撮ったら入っていたんです^^;


IMG_4288.jpg


でも注目すべきは、この後ろ姿の女の子じゃないんです。向こう右隣の岩の上のセクシーポーズのおばさまなんです^^←これも撮れてたんです^^;



ビーチパラソルが向こうの方までず〜っと並んで、ここが大きなビーチリゾートってことがお分かりと思います。


IMG_4289.jpg


私が行った時は、シーズン直前といった頃だったんだと思います(6月上旬)。人が少なくて良かったです。

ここ、ハイシーズンだったらどんなことになっていることかと思います^^;


ウチのビーチ(笑)


IMG_4292.jpg



しばし海辺の風に吹かれながら、休憩でもしましょう。


IMG_4298.jpg


大きなトマトのオブジェの公園に面したカフェでフルーツ盛りとアイスカフェ・オ・レ。

ま〜ったり・・・海を眺めながら、いい時間を過ごしました^^



上空は、頻繁に飛行機が行ったり来たり。


IMG_4294.jpg


近くの街のアンコーナを離発着する飛行機のようでした。




関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

ぼる  

エカテリーナさん❤️
ビーチのセクシーおばさま、気に入りました。2回とも拡大してしまったのは私だけでしょうか〜。
エカテリーナさんの旅姿も素敵よ!
いいところですね〜。こういうところがいいわ、、ヨーロッパのリゾートは、雑じゃないところが、どこまでも好きです。

2017/08/31 (Thu) 07:29 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

旅先はいろいろ迷うけど、やっぱり盛りだくさんだと息切れしちゃいますよね~
イタリア最後はペーザロでのんびり~、旅の醍醐味ですね
ホテルもとってもかわいくて、居心地がよさそう
これではあまり遠出もしたくなくなります~
かのゆうめいなきれいなアドリア海の青い海を眺めてると、心が洗われるようでリフレッシュできます
どんな街なのか楽しみです

2017/08/31 (Thu) 17:05 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ぼるさんへ

ビーチのセクシーおばさま、写っているのを見つけたときにびっくりやら苦笑いやら・・・^^
2回も拡大して見てくださったと聞いて、私ももう一回見てみたら、その下の写真にもばっちり写っていました^^;またまたびっくりですよ!

あれは私ではありません!(キッパリ・笑)・・・じゃあ誰なのよって^^;
あの写真の見所は、手前のじゃまな人ではなくて、その後ろのお部屋の様子なので、お間違えなくお願いします^^

ヨーロッパのリゾートは最高ですよね、やっぱり止められませんね、ヨーロッパ旅行^^

2017/08/31 (Thu) 22:53 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

私はやっぱり忙しい旅は向かないみたいです。のんびりも出来なきゃ好きな旅じゃない!って感じです。
のらりくらりとしていたいのは、普段の国内でも変わりませんが・・・笑

ホテルは古い立派なホテルって感じで、かなりお安く泊まれたんですよ。居心地良かったですし、行った時期は穴場の時期だったような気がします。

アドリア海は、ヴェネチアに行ったことのない私はペーザロ経験2回(実は17年前もちょっとだけ寄っていました)のみですが、ちょっと色々行ってみたいところがイタリア側もクロアチア側も沢山あります。
ほんと、地中海って素敵ですよね^^

2017/08/31 (Thu) 23:01 | EDIT | REPLY |   

ぴき  

こんにちは、

以前は、写真をみて、ふーん、綺麗!とかおもっていたんですが
最近は、”一体どこなんだろう”と地図もチェックするようになりました!!!

セクシーポーズのおばさん、
バルセロナのトップレスのおばさま達を思い出します。
トップレスは、綺麗な体を見せたいからやるんじゃなくて、
気持ちよく感じたい(太陽を感じたい)からやるんですね!

2017/09/01 (Fri) 20:43 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

ぴさんへ

こんにちは^^

地図をチェックされるとは・・・今は、ぴきさん、ご旅行前でイタリアへの興味が高まっているのではないでしょうか!?^^

セクシーポーズのおばさま、気持ち良く太陽を感じていらっしゃるんでしょうね。ああいった過ごし方っていいな〜って思います。日本だと周囲の目が怖くてあんな格好できませんものね。それにしてもポーズがセクシ〜〜でしょう^^
トップレスは、慣れていないので目のやり場に困ってしまいますが、それこそ開放感があっていいんですよね〜^^

2017/09/02 (Sat) 11:02 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

ペザーロ、、僕も全く聞いたことのない街の名前です。
しかし、ホテルも抜群によさそうだし、海に青空、いいところなんでしょうね。
この後の写真、朝方の写真、夕暮れの写真、それにイタリアンにアールヌーボーってあまり聞いたことがないし、、
ほんといいひと時をすごされたんじゃないかと思います。

2017/09/10 (Sun) 01:08 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Bonzofireさんへ

ペーザロは、ウルビーノへの玄関口みたいなところで、17年前にも寄っていたのでたまたま知っていました。
そんなに有名な町ではないですもんね。

ホテルは古いけど立派に作ってあることの分かるホテルで居心地良かったです。
青い海と青い空、美味しい食べ物と戦災にあったもののちょっと残っている旧市街の町並みとショッピングを楽しめる、ザ・ビーチリゾート!っていう町でした。
何よりもロッシーニで持っている町なのかもしれません。
何もしない贅沢を味わえた町でした。なんてことないけどいい時を過ごせました^^

2017/09/12 (Tue) 20:42 | EDIT | REPLY |   

Add your comment