FC2ブログ

美味しいイタリア旅23(5日目:ウルビーノ サンジョバンニ祈祷堂)

6 0
イタリア2017.6



ウルビーノで2回目の朝を迎えました。


朝ごはんは、前日も行ったレプッブリカ広場のカフェで。カスタードクリーム入りのパイとブラックコーヒー。


IMG_4234.jpg


広場に張り出したテラス席で、行き交う人々を眺めながらのんびりと・・・



この日は、ウルビーノ最終日。移動の時間は決めていません。適当な時間に次の訪問地に移動するまで、この町を心ゆくまで楽しみましょう。



さて、この日出掛けようと思っていたのは、サンジョバンニ祈祷堂というところです。

混み入った路地の先にあったその目的地まで、少し迷いながらの町歩き^^


DSC00071.jpg


前日の夜散歩で歩いたところに期せずして再び来てしまっていました。


DSC00032_201708251112053e8.jpg



昼と夜ではまた違った魅力の町角でした^^


DSC00072.jpg


DSC00033_2017082511120685d.jpg



しばらく我が身の迷子っぷりを楽しんで、着いたところはここ。


DSC00122.jpg


ひっそりと路地の奥にあった小さなサンジョバンニ祈祷堂です。


中に入ると誰もいません。別に料金を払わないつもりはないけれど・・・勝手に観光を開始しました。その内きっと誰かが帰ってくるでしょう。その時に料金は支払えば良いでしょうと。


中に入って行くと・・・まあびっくり!小さな堂内には鮮やかなフレスコ画がびっしり。


DSC00079.jpg


古い木製の天井もいい雰囲気。



14世紀頃の創建だそうですが、フレスコ画は15世紀頃のものだそうです。


DSC00083.jpg



堂内、祭壇に向かって左側や後方のフレスコ画は、多くが剥がれ落ちているのですが・・・


DSC00078.jpg



右側には壁一面のフレスコ画で、圧倒されるレベルのものでした。


DSC00084.jpg


何でもサンジョバンニの生涯の物語が描かれているのだそうです。


DSC00082.jpg


修復でもされているのかもしれませんが、驚くべき鮮やかさと人々の顔の表情まで皆んな違うようにちゃんと描かれていて、生き生きしてるし、どれも何だか親しみの湧く表情で愛おしい気さえします。

写真をブログにアップ出来る程度に圧縮してしまうと分かり辛いのですが、所々に使われている金彩もキラキラでした。



祭壇は大理石でしょうか?すごく豪華です。


DSC00096.jpg



続き部屋に行ってみたら、迎えてくれたのはこの人。


DSC00088.jpg


誰?何故?・・・



ですが、この続き部屋の窓から見えた景色が絶景。


DSC00090.jpg


民家の屋根の向こうに見えるドゥカーレ宮殿もまた格別。どこからどう見ても美しいウルビーノのドゥカーレ宮殿です。



この日は、お天気もウルビーノ滞在中で最高!でした。青空を背景により映えるドゥカーレ宮殿という感じ。


DSC00091.jpg



こちらは小さな祈祷堂なので、大して見る箇所はないのですが、美しいフレスコ画と窓からの景色に心奪われた美しい時間を過ごさせていただきました。


あ、料金は途中で戻ってきた受付の人にちゃんと支払いましたよ^^



最後に見かけた確か椅子の背?だったかの・・・むちゃくちゃ可愛い羊の絵。これがこちらの観光のおまけ^^子供の落書きか現代人の描くイラストみたいなタッチにほのぼのとして自然と笑顔^^


DSC00095.jpg
(出来れば、この写真をクリックして拡大された羊の顔を見ていただきたい^^)


誰が描いたのか分かりませんが、キュンとした観光の最後でした。



関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

rika3377  

こんにちは。
そうそう、これこれ!
クリーム入りのサクサクパイ生地のスイーツ!
美味しいんですよね~。
これを食べるためにまたイタリアに行きたくなります。

小さな祈祷堂、中に入るとものすごいんですね。
とても鮮やかな装飾の数々、さすがイタリアです。
街並もとっても美しいですね。

2017/08/27 (Sun) 16:12 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

昼の顔と夜の顔と比較すると楽しいですよね
同じ景色なのに、灯りだけでこれほど違うという発見がまた素敵です

サンジョバンニ祈祷堂、壁一面のフレスコ画、古典的でホッとしますね
長い年月をかけて街を見守ってきた歴史を見るようです
日本のお寺もそうですが、街にある教会は何とも味わい深いですよね
確かにお隣の部屋に現れたマスクマンにはびっくりします(笑)

2017/08/27 (Sun) 20:31 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

rika3377さんへ

こんにちは^^

あ、このカスタードクリームのパイは、イタリアのものですか!?
大きく捉えてヨーロッパのものっていうくらいにしか思っていませんでした^^;
サクサクですご〜く軽くて美味しかったです♪

小さな祈祷堂、外からは分からないですよね、こんなにすばらしいフレスコ画とは。
迷路みたいな町中にひっそりと、それも外観とのギャップがこちらの見どころなのだと思います^^
こちらの町は、かつて都会だったんでしょうね〜という香りがプンプンする田舎でとても素敵なところです。

2017/08/29 (Tue) 10:25 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

2つ目のコメント有り難うございます。

昼の顔を夜の顔を同じところで撮るって面白いですよね。昼でも夜でもパッと見て素敵!って思うところって本当に素敵なところなんですよね。あとで違いを比較するのも楽しいものです。

壁一面のフレスコ画、びっくりしますよね。
それにこちらのフレスコ画、一人一人の顔の個性が書き分けられていて、細部を眺めるのも面白かったですよ。
町並みにの中に目立たずひっそり、でもずっと親しまれている宗教施設、歴史を見守ってきたのでしょうね。
マスクマンは一体何だったのか?今も謎です・・・^^;

2017/08/29 (Tue) 10:36 | EDIT | REPLY |   

bonzofire  

これは綺麗な街ですね。
青空、曇り空、関わらず、素晴らしい景観になるんだと思います。
光の加減にも刻々と表情を変えるでしょうし、壁の色の変化を見るだけでも一日くらい時間潰せそうです。
排気ガスまみれの街で約一週間すごしてきたのですが、まるでこことは雲泥の差がありそうです。
僕的には、こういった田舎町の方がいいです。
最後にmやはり見事なフレスコ画ですね(少なくとも右壁は)。保存状態もピカ一ですね。

2017/09/10 (Sun) 01:28 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

bonzofireさんへ

私も色んな田舎の町に行きましたが、ウルビーノはホントに最高レベルの町だと思います。
端から端まで1キロ程度の町に立派な宮殿があるのは驚きです。宮殿を擁する町全体が、まるで緑の海原に浮かぶ軍艦のようで眺めが最高でした。
本当にこの景色を眺めながら1日過ごすなんて訳ないと思います。私も旅行先として一通り都会は行ってしまってから思うのは、田舎が面白い!と思います。

フレスコ画は、きっと修復もされていると思いますが、小さな教会に壁全面のフレスコ画は圧巻でした!これからも大事に保存してほしいと思います。

2017/09/12 (Tue) 20:59 | EDIT | REPLY |   

Add your comment