topimage

2017-10

美味しいイタリア旅20(4日目:ウルビーノの絶景) - 2017.08.14 Mon




ドゥカーレ宮殿見学の後は、この宮殿の全景を見に行きたいと思います。


その前にちょっと疲れを癒しましょう。

ドゥカーレ宮殿入口正面にあったカフェかバールみたいなところへ。


IMG_4194.jpg



疲れはビタミンCで癒すのが良いですよね。生絞りオレジュー^^


IMG_4198.jpg


ふと紙ナプキンを見ると、1927年の文字が・・・もしかして老舗のカフェでしょうか。


1927年当時の人たちもこの宮殿ビューの景色を見ながらお茶したのかしら?・・・などと想像しながらの休憩タイムは、太陽を燦々と浴びながら・・・^^;


IMG_4196.jpg



さて、絶景ビューポイントに向かいましょう。


17年前の記憶を辿り、行ってみます。道を覚えているかしら??^^



町の中心、レプッブリカ広場を経て・・・ラファエロの生家のある、この下の写真の正面に見える坂道を上がっていきます。


DSC09754-1.jpg


美しい坂道でしょう!



少し上がったところから振り返って。


DSC09881.jpg



随分上の方から振り返って。


DSC09886.jpg


確か小さなワインバーがあって、皆さんグラス片手に談笑しています。こんな和やかさがこの町の雰囲気なんです。



上がりきったところには、ラファエロの記念碑のある小さな公園。


DSC09882.jpg


ラファエロが、恐らくこの町の出身者で一番の有名人でしょうね。



この公園は、町の一番高いところにあって、町の外側の景色がよく見えるんですよ。


DSC09884.jpg



坂道からこの公園に向かって左手に続く道を進みます。
目立つのは車道ですが、私は一見行き止まりに見える公園の脇にある小さな教会前から抜ける小道に進みました。


DSC09887.jpg


低層の小さなお家がカラフルで可愛らしい通りです。



更に細い脇道に逸れてみました。私有地と思われます。ご主人が玄関ベルの修理をしていました。


DSC09890.jpg


ちょっと見えたお庭にはテーブルと椅子が置かれて、絶景が向こうに見えて良い眺めです。羨ましいロケーションでした。



私のいる手前から見えた景色がこれ。


DSC09888.jpg



こんな景色が見えるのですね。


DSC09891.jpg


こんな景色が見えるお家。羨ましいですね。
坂の上のお家なので、ご先祖様は随分苦労されたでしょうけど、今なら車もあるし、絶景のお家で羨ましい限りです。



小道を少し歩いて行くと、程なく視界が広がりました。レジスタンス公園です。真ん中に見えている石垣は、アルボツノス要塞。


DSC09894.jpg



この公園の左手、更に広がる視界がこれ!


DSC09898.jpg



これがウルビーノの町の全景。絶景ではないですか!!?


DSC09900.jpg



そして、この公園がウルビーノの全景が見えるビューポイント。


DSC09901.jpg



堅牢かつ優美で大きな宮殿が横たわり、下町を従えて、まるで緑の海原に浮かぶ巨大な軍艦のようなギュッと凝縮された町がウルビーノ。


DSC09928.jpg



多くの人が腰を下ろしてこの絶景を眺めていました。


DSC09929.jpg



地元の人も観光客も各々のんびりこの景色を楽しんでいましたね。


DSC09902.jpg



ロマンティックなデートスポットでもありますよ^^



一角には、たわわに実ったさくらんぼの房がたっぷりついた木が有りました。


DSC09922.jpg



ちょうどシーズンだったのでしょうね。


DSC09906.jpg



袋を被せないでこんなに成って小鳥や虫が食べてないものなのかしら?
ちょうど良い熟し具合に見えて、私も口に運びたい衝動に駆られましたが、誰かの私物かもしれないし・・・食べてみたい衝動は、・・・遠慮しておきました^^;


DSC09912.jpg



少し歩き回ると、ちょっと野道を抜けたようなところにベンチが2つ並んでいました。


DSC09930.jpg



宮殿の絶景を眺める為のベンチは、野原の中・・・


DSC09931.jpg


いい景色だけど、ここじゃない・・・


いえね、17年前に来た時に、この辺りの絶景ビューのベンチに長く座って友人と語り合ったのをすごく覚えているんですよね。

それってどこだったんだろう?・・・また同じベンチに座って同じ景色を見ながらぼ〜っとしてみたいな〜と思っていたんです。



思い出のベンチを探しに又歩き始めました。


細い野道をもう少し下ったところに・・・有りました。ポツンと一つベンチが。多分ここ、ほぼ間違いなくここ。


DSC09946.jpg


ただね、もっと見通しが良かったような記憶だったんですよね。

少しずつ場所を移動しながら撮った写真は、どれも似たような景色にしか見えないと思いますけど、その場にいた私の記憶の中では他のどの角度でもなくこの角度の記憶で・・・記憶にぴったりハマった感のあった場所なんですが、こんなに手前に緑があった記憶はないんです。

ここじゃないのかな〜?とも思いましたが・・・よく考えれば、17年あれば木々は育つ訳で、視界の邪魔になる大きさになっていてもおかしくないんですよね。


ちょっとベンチに座ってみましたが、緑に遮られて、思い出の景色のままに見えないのは残念でした。いえ、もちろん素晴らしい景色であることには間違いないんですけどね。


DSC09947.jpg



更に野道を進んで、絶景ビューの丘を大方下りてきたところにもベンチを見つけました。


DSC09951.jpg


でもここではないです。記憶の角度と違うのと、ベンチも新しかったから・・・



でも下から見上げる宮殿も迫力があって美しいですね。


DSC09955.jpg



従えている町の家々も同じ色で統一感があってさすが世界遺産の町ですね。


DSC09959.jpg



この世界遺産の景色を見たかったんです。17年を経て、又見たいと思える恋い焦がれた景色。


DSC09958.jpg



今回の旅は、フィレンツェで買物があったのが目的だったと書きましたが、観光の面でのハイライトは、この町を訪れること、この景色を見ることでした。



ようやく見られたこの愛すべき景色。


・・・世界はあまりにも美しい・・・ウルビーノがあまりにも美しいから・・・旅は止められません・・・




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは、

やっぱ、イタリア行くなら夏ですよね。
お外でお食事や飲み物をいただきたい。
昔の低層の家が並ぶ風景が大好きです。
美しい。

ご無沙汰しました
日本は暑かったのですね
今年は我が家は趣向を変えて違う寒さに脱出してきました(笑)

ドゥカーレ宮殿もとても素敵で、Ekaterinaさんが何度も舞い戻った書斎、木工細工がきれいですごい魅力的です
ラファエロの作品もあったり~、
最初に訪れたときはまだネットの情報も少なかったでしょうに、ここをを選んだEkaterinaさんたちはすごいです
素敵な魅力ある街で、この坂道の風景、どこかEkaterinaさんが紹介してた街並みに似てるような~、どこだったかな~と考えてます
宮殿の眺めが素晴らしいですね
この宮殿を見ながら、ずーっとぼんやりしていたいです
ドームの屋根がポイントですね
思い出のピースを合わせるのも楽しいけど、時の流れを感じますよね
新たな美しい記憶に塗り替えられたことと思います

こんにちは。

ウルビーノって実は聞いたことなかったんですが、美しいですね。
そんなに大きな町ではなさそうなのにこんな立派な宮殿があることに歴史を感じます。そしてそれが景観とともに維持されているのが素晴らしいです。きっと17年といわず170年前でも同じ光景だったのではと思います。

私もイタリアも細かく回ってみたいです。
そして、確かに、世界はあまりにも美しいです。見れば見るほど、行けば行くほど行きたい所が増えていくのが不思議です。それにしても今の世の中は便利ですよね。自分が行かなくてもこうやって素晴らしい光景を楽しむことができます。もちろん自分の目で確かめに行くというステップも必要ですが。

そのサクランボ、食べちゃいけなかったんでしょうか(笑)???街中だから農薬とか散布されていたりするんでしょうか???とっても美味しそうですよね。

ぴきさんへ

こんにちは^^

夏のイタリア、良いですよね〜〜!
お外でのお食事やおしゃべり、美しい景色・・・それだけで楽しいです♪
低層のカラフルなお家たち、かわいいですよね。
こんなところに別荘とかあったら嬉しいな〜と思いながら歩いていました^^

Yottittiさんへ

ご無沙汰でした〜^^
旅行のお疲れはないですか!?
暑い日本の夏で更に体力を消耗されないようお気をつけください〜^^

ドゥカーレ宮殿、こんな山の中の小さな町なのに素晴らしいでしょう!?
木工細工とか・・・もうびっくりぽんな世界でしたよ。
ラファエロの出身地ってところがこの町の価値を又高めていると思います。

以前、この町に来た時は、すべて友人任せでどこに行くのか知らなかったんですよ。
で、来たら、ここ!事前期待がなかっただけに大感激で・・・その感激を確かめに来たって感じでした。
やはり坂道の多い町、素敵な町に坂道は必須かもです^^

この宮殿の眺めは、1日見ていられると思います。
何もしないで、ただただ眺める・・・そんな1日が送れたら素敵ですよね。

思い出もピースを一つ一つ合わせるのは楽しくて・・・あの感激は、若さゆえだったからではなくて、経験を積んだ今でも素敵と思える・・・これは本当の感動でした。
また17年後に行けたらいいなあと思っています。行けるかな〜〜?^^

artyさんへ

こんにちは^^
コメント有難うございます♪

おっしゃる通り、小さな町にこの立派な宮殿、ここにこの宮殿と城塞があった理由って、どんな歴史の上でのことだったんだろう?って新しい興味が湧いています。
ちょっとずつ調べると小国の集まったイタリアの歴史も知ることになるのかしら?と思っています。
ここはきっと17年どころか・・・そうですね、170年・・・いえ、もっと何百年もそのままなんですよね、きっと。
維持されていることで、今でもこの景観を見られることが有難いです。

イタリアは、分かっていたようでも最近2回続けて行ってみて、もっともっと深い国、もっともっとあちこちに行ってみたい国だと思いました。
artyさんほど行かれていても、もっともっとって思われますか!?
私も行きたいところがどんどん増えて困ってしまいます。artyさんほど回数が行けないので、最近、老後のこととか具体的に考えるようになってきて、あと何回くらい海外旅行に行けるかしら?って考えたら怖くなりました・・・^^;
ちょっと前まで先のことなんか考えずに時間をかけて世界中行ける!って思ってましたが、もうカウントダウンに入っている年齢になってしまっているようです(笑)

他の人の写真を拝見して楽しめるというのは、いい時代になりましたね。
今回のボローニャからのウルビーノ、この後はアドリア海沿いの町に行ったのですが、この流れ、確実に昨年のartyさんのボローニャ〜アンコーナ近辺のご旅行の影響です!
今は、イギリス旅行記を拝見して、10年ぶりくらいにそろそろイギリス!?って思っています^^

さくらんぼ、そうなんですよ、なんで鳥や虫に食われていないのかしら?もしかして農薬?っていうのも気になって・・・口にすることを諦めました。それにしても美味しそうですよね。
こんな風に美味しそうに目の前でなっているさくらんぼを見たのは人生で初めてでした。

ウルビーノにくぎ付けです。
大きすぎず、小さすぎない街のようで、ヨーロッパ旅行の醍醐味が楽しめそうです。
窓辺で泣いていた娘さん、悩みがご近所に筒抜け(^^)
そんな人情あふれる感じも良いです。
アメリカも楽しい場所はいろいろありますが、やはり私も旅するならヨーロッパです。

ポケさんへ

ウルビーノの素晴らしさに共感いただけ嬉しいです^ ^
1キロ四方くらいの小さな町ですが、その割に立派な町です。
人々の生活を身近に感じられるところも面白いですよね。
ポケさんが、ヨーロッパ大好きななのは、きっと私以上だと思っています。
これからもヨーロッパを攻めましょうね^ ^

次は絶対、イタリアの田舎町、って思わざるを得ない写真ばかりですね。
旅行から帰ってきたばかりですが、、違う国ですが、今回は田舎町に全然いかなかった分、
余計によく見えます。 去年いったポルトガルもそうでしたが、、
僕個人的には、市街地より、小さな田舎町、、が全然いいと改めて感じました。

bonzofireさんへ

イタリアの田舎町の実力は凄いもんだと改めて、ここ2回連続して行った旅行で思いました。
将来、イタリアの田舎町ばかりつなぐ旅行をのんびりしてみたいものです。
ポルトガルの田舎も良かったですもんね〜。この思いを共有できるbonzofireさんがブロ友で良かった!^^

今回は都会に滞在されたのですね!?
都会は都会の良さがありますが、田舎の町は地方色があったり緑にも近いですし、やっぱり気分転換の旅行先としてはいいですよね。特に年を取ってきたので余計よく感じるのだろうと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ekaterinayoghurt.blog83.fc2.com/tb.php/1165-285e1542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お料理の記録18(なんちゃってローストポーク) «  | BLOG TOP |  » 美味しいイタリア旅19(4日目:ウルビーノ ドゥカーレ宮殿2)

プロフィール

EkaterinaYoghurt

Author:EkaterinaYoghurt
ようこそ!旅行が大好きです。
好奇心旺盛!!
人生を楽しく送りたいです♪♪♪
「気高く美しく・・アラフォー女のひとりごと」からブログタイトル変更しました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (7)
日記 (248)
ジョギング (15)
美味しい!! (107)
着物と帯 (65)
カメラ・写真 (23)
Gym (17)
映画 (21)
旅行 (555)
海外旅行 (20)
イタリア旅行2009 (19)
英国ドライブ旅行2008 (20)
ハワイ2007 (2)
ブエノスアイレス2006 (5)
釜山 (6)
パリ (4)
パリ2 (9)
奈良京都旅行 (15)
アムステルダム2010 (25)
ヘルシンキ2011 (11)
角館 (6)
バルセロナ2011 (4)
ムンバイ旅行2012 (17)
フランクフルト2012 (7)
プラハ2012 (31)
インド2013 (44)
バンコク (0)
京都 (16)
阿蘇 (2)
吹屋 (1)
倉敷 (1)
シチリア2nd(2013) (27)
ラスベガス (4)
フランス2014 (33)
カトマンズ2014 (19)
ポルトガル2015 (54)
イスタンブール2015 (23)
ポルトガル2016 (42)
鳥取県 大山2016 (7)
フィレンツェ2016 (37)
シエナ2016 (10)
イタリア2017 (33)
マンション購入話 (33)
政治についてひとこと (11)
女として (12)
美容 (5)
ファッション (7)

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

クリック!

FC2Blog Ranking

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示