FC2ブログ

美味しいイタリア旅19(4日目:ウルビーノ ドゥカーレ宮殿2)

2 0
イタリア2017.6



ドゥカーレ宮殿内部、国立マルケ美術館部分の見学です。

宮殿内部と美術品が、6.5ユーロという安い料金で見学出来ます。



このドゥカーレ宮殿は、名君フェデリコ・ダ・モンテフェルトロ公の命によって建てたれた、イタリアのルネサンス期の宮殿で最も美しいものの一つということでとても楽しみにしていました。

あんまり覚えていない17年前の訪問でもとっても素晴らしかったという記憶があって、その記憶が本当だったのかどうか確かめることも楽しみの一つでした。


さて、この宮殿を建てたフェデリコ・ダ・モンテフェルトロ公ですが、小国ウルビーノの君主でありつつ、傭兵隊長としての一面も持ち、こちらの方では負けを知らない名将。
また大変な文化人でもあり、文学、建築、絵画、彫刻などの保護・振興に力を入れたことで、このドゥカーレ宮殿には、当時のアーティスト他、文化人が集まり、この時代にウルビーノの宮廷はヨーロッパで最も洗練されているとも言われるほど優雅なルネサンス文化を花開かせていたそうです。


そのフェデリコ・ダ・モンテフェルトロ公は、この人。


DSC07242-1.jpg


ウフィツィ美術館に所蔵展示されているあまりにも有名なこの絵の人です。

槍試合で片目を失って、残った片目で視野を確保する為に鼻の付け根を削り取った為に角度の付いた鼻になっているとのことですが、これは史実でしょうか?と思います。


町ごと宮殿の形のような小な山間の町は、このルネサンス時代の繁栄から後世も美しい姿をそのまま残し、長らく理想都市として讃えられてきた、その中心がこのドゥカーレ宮殿です。



DSC09774.jpg



増築や手直しを加えられながらも500年間もその美しさを保った宮殿の細部をご覧下さい。


DSC09785.jpg



まさに「マルケの真珠」にふさわしい町の誉れ高い宮殿でした。


DSC09779.jpg



モンテフェルトロ家の紋章は、鷹だそうです。


DSC09781.jpg

DSC09806_20170811223031f65.jpg



高いところに位置している町を治めている一族に相応しいモチーフだと思いました。



彫刻だったりフレスコ画だったり、ありとあらゆる技法がふんだんにそこかしこに・・・


DSC09790.jpg

DSC09791.jpg



この宮殿は現在、国立マルケ美術館にもなっているほど重要な建物なんですよね。絵画等の美術品も沢山有りました。


DSC09837.jpg

DSC09798.jpg

DSC09843.jpg



こんな田舎の美術館ですが、さすがイタリアの国立!あんまり美術に詳しくない私でも知っている絵も所蔵されていました。作者のはっきりしない「理想の都市」。


DSC09840.jpg



この町で生まれ育ったラファエロによる「貴婦人の肖像(黙っている女)」


DSC09847.jpg



ここからは、とても興味深かった箇所を何箇所かピックアップしてご紹介します。


フェデリコ公の書斎。


DSC09807.jpg



度肝を抜かされるような素晴らしい装飾の小さなお部屋でした。


DSC09813.jpg



床から天井に向かって。


DSC09814.jpg


天井に近い壁面の肖像画もさることながら・・・



目線の高さから下の素晴らしい木工細工の数々。これらはお部屋全体を覆っていて、立体に見えるものも全て平面上の細工なんですよ。


DSC09809.jpg

DSC09811.jpg

DSC09808.jpg

DSC09815.jpg

DSC09810.jpg

DSC09817.jpg


このお部屋は、やはりこの宮殿の見どころだけにポツリポツリとしかいなかった宮殿内部の見学者でしたが、ここだけは混み合っていました。

このお部屋を気に入って、私、何度も何度も進路を戻って来てはこのお部屋に浸っていました。それこそ入り浸り状態(笑)

この書斎で時間を過ごしたであろう名君、フェデリコ・ダ・モンテフェルトロ公。この美しいお部屋で何を、どんなことを考えたり実行したのでしょうね。想像が膨らみます。



ふと見ると向こうに見えるすぐそばのお部屋はまた全く違った美しさ。


DSC09816.jpg



小さな小さな礼拝部屋でした。


DSC09805.jpg


漆喰細工の美しいこと、真っ白いことこの上なし^^



漆喰細工は他にも宮殿内のところどころに華やかに施されていました。天井たち。


DSC09844.jpg

DSC09852.jpg



ついでに可愛らしい天使たちの装飾のついた暖炉。


DSC09841.jpg



フェデリコ公の寝所だそうです。


DSC09793.jpg


いい夢見られそうですね^^



この宮殿の窓から見える周囲の景色もまたこの宮殿見学の醍醐味だと思います。


宮殿の外側。町並みを見下ろす眺めだったり、周囲の緑の大地が見える眺めだったり・・・四季を通じて美しい眺めでしょうね。


DSC09818.jpg

DSC09802.jpg

DSC09819.jpg

DSC09835.jpg



町側の眺め。


DSC09836.jpg



目の前はドゥオモ。


DSC09830.jpg



そしてこちら、「玉座の間」。大きな大きな大広間です。


DSC09829.jpg



壁にはこれまた大きな大きなタペストリーがかかっていて全部で7枚。ラファエロの下絵によるものだそうです。


DSC09831.jpg



タペストリーと人との対比でタペストリーの大きさとこの大広間自体の大きさが想像いただけるでしょうか。


DSC09832.jpg



床の装飾。


DSC09833.jpg



正直、17年前に見学したこの宮殿のことは、この大広間のことしか覚えていませんでした。


DSC09834.jpg


よく覚えていた理由は、その時私達の他に誰もいなくて、その頃はまだ落ち着きがなかった身が軽やかだった私は、ちょっとステップを踏んだり手を広げて踊るように広々としたこの空間を一人占めして見学したことが、とても開放的で気持ち良かったんですよね。それで覚えていました。

今はもうすっかり身が重たくなって落ち着いた大人になったし、他に人もいたので、さすがにステップを踏んだりはしませんが・・・17年越しに何も変わらないここに2度来て、気持ちの持ちようも身体もすっかり変わった自分を見つめることになった・・・自分の内面と向かい合いことになった見学でした。



最後はステンドグラス。


DSC09854.jpg





ありとあらゆる美しいものが集まったこの宮殿。
田舎の町にこれだけのものがあるとは到底想像出来ないようなレベルのものを沢山見ることが出来ました。


そういえば、こちらに来て、古い宗教画って意味分かんないって自覚したのもこの町だったと思い出したことを書き添えておきたいと思います(笑)



本当に美しいマルケの真珠、理想都市の中心的存在の見学でした。


次回の記事でこのドゥオモの素晴らしい外観全貌をお伝え出来ればと思います。


関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

bonzofire  

僕も今回は16年ぶりの街を訪れたのですが、、
僕はまったくあの時と、考え方は変わっていない、ことがよくわかったのですが、、
年をとって体力の衰えたせいもあって、なかなか行動に結びつかない、
また、想像力自体も衰えたせいか、そもそも撮りたい被写体すら見つけることができないことを痛感しました。
今回の旅行で一番習ったこと、、は、やはり自分が変わる必要がある、、ってことだと思います。
次回、訪れる時は、ぼくも変わったことが実感できるような、、そんな自分になりたいです。

2017/09/10 (Sun) 02:48 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

bonzofireさんへ

16年ぶりの町だったんですね!私の17年ぶりの再訪と経年の度合いが同じですね。
どこに行かれたのだろう!?・・・アメリカのESTAを今年取られたので、ESTAを活かでるアメリカの街でしょうか!?ニューヨークとか・・・それかパリ??

昔のご自分と変わらないと感じられた考え方、一方体力の変化や想像力の衰え・・・それが普通ですよ。そんな自分も良いと受け容れられることも、ある意味変わるということかもしれませんよ^^

2017/09/12 (Tue) 21:24 | EDIT | REPLY |   

Add your comment