FC2ブログ

美味しいイタリア旅18(4日目:ウルビーノ ドゥカーレ宮殿1)

2 0
イタリア2017.6



ランチ後にドゥカーレ宮殿に戻ってきました。この右側の建物がドゥカーレ宮殿。


DSC09720.jpg



ちょっとした広場の奥が入口になっています。


DSC09721.jpg



さて入りましょう。


DSC09723.jpg



入ってすぐは、この回廊で囲まれた中庭です。


DSC09724.jpg



美しい装飾の施された列柱。


DSC09725.jpg



中庭の片隅にあった古井戸には、古くて美しいアイアンの滑車のついた釣瓶。


DSC09727.jpg



井戸は塞がれていましたが、小な穴から覗き込むと・・・水が張っていました。


DSC09726.jpg



見渡すと、回廊周りに地下方面に穴を開けた入口があったので、足を踏み入れてみました。


DSC09728.jpg



ここは宮殿の地下部分で、この宮殿の人々の生活を司る駆動部分ともいえるであろう場所でした。


DSC09729.jpg



洗濯室、キッチン、馬小屋、倉庫など・・・


DSC09730.jpg



この宮殿地下部分は無料のエリアなのですが、ここが案外面白かったので(私にとって)、今日はこちらをご紹介しますね。

宮殿見学なので、華やかな見学のイメージがあったのですが、案外こういった部分の見学って生活感を感じて面白いものです。



ところでこのドゥカーレ宮殿の外観、全貌はまだご紹介していませんでしたね。

私自身がこの宮殿の外観の全貌を見たのがこの日の夕方だったので、時系列で進めている関係でまた後日のレポートでご紹介したいと思っていますが、ちょっとだけ外観の雰囲気を・・・


DSC09972.jpg


2本の塔。その塔に挟まれてベランダがあります。ここから公爵や令嬢が姿を現して、領民に手を振ったりしていたのでしょうね。

城塞も兼ねていたと思われますから、堅牢な石造りの壁に沢山空いている小な穴たちは、鉄砲で外を狙う穴でしょう。

堅牢ながら優美、この宮殿はイタリアのルネッサンス期の宮殿で最も美しいものの一つだそうです。

事前期待を高めてしまうことになると思いますが、後日ご紹介する宮殿の全貌を楽しみにしておいて下さい。凄いですよ!私、この宮殿の全貌を含む景色を見たくて、この町に再訪したのですもの。



さて、宮殿の地下部分に戻ります。


煉瓦造りの足元が、これだけ削れているのですよ。どれだけの歴史をこの地下で支えてきたのでしょうね。愛おしいです。


DSC09732.jpg



ここは洗濯室。いくら宮殿の洗濯室といっても広いですよね。召使いなど含めて最盛期には500人余りがこの宮殿に暮らしていたそうですから、宮殿全体の衣食住たるや凄い規模であったでしょうね。


DSC09737.jpg



ここは、天窓から降った雨を集めて水を確保するところだったと思います。


DSC09738.jpg



同じくこちらは、お部屋ごと天窓から雨を受けて、床の真ん中の穴に流して使う為の場所。


DSC09739.jpg



ちょっと覚えていないというか最初から分かっていなかったかもしれないのですが、飲み水とそれ以外のお水を分けて集水していたのかもしれませんね。

この山の中の丘の町、標高が485メートルという高さにあって、町中に川らしきものは一切見えなかったので、水の確保は死活問題だったのかもしれませんね。

でも井戸も見ましたから、それなりに掘れば水は確保出来たのかな?

各家庭にも井戸があったのかしら?・・・こんな想像も楽しいものです^^



こちらは公爵様のお風呂。


DSC09743.jpg


いわゆるローマ風呂形式のようでした。

この地下エリア、召使いたちが作業する場所が殆どでしたが、お風呂のエリア周辺のみ公爵様のエリアで、公爵様の居住する上階エリアから、このお風呂エリアに直通の階段が付いていたようです。



トイレ。


DSC09740.jpg



馬小屋だったか馬の道具室だったか・・・


DSC09746.jpg



以上、地下エリアの一部の写真のみでしたが、宮殿見学を華やかな部分のみではなく、実際に人の生活していた場所として捉えることにつながる地下エリアの見学でした。



さあ、地上に戻って宮殿の華やかな部分の見学をしましょう。


DSC09734.jpg




関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

bonzofire  

とにかく、一枚めの写真がいいです。 地面のタイルと建物の対比が素敵です。
僕ももし今後訪れることがあれば、絶対に同じアングルで写真撮るの間違いないです。

そうですね、外観の一枚、優雅だし、相当大きな建物なんだろうな、、
それに、標高500メートルのところでですからね。。 建築にはものすごい労力を要したんでしょうね。
次の外観写真が楽しみです!

2017/08/11 (Fri) 01:32 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

bonzofireさんへ

1枚目の写真、有難うございます!何気なく立ち止まったところで撮った写真でした^^

bonzofireさんはこちらの町の旅行を検討されていたのであれば、この宮殿の全景が写った写真をご覧になったことはあるのかもしれませんね^^;
私の写真は期待できませんが、ただ・・・この宮殿の外観は、唸るほどのものだと思います。よくぞこの姿を残していてくれたって思いましたもの。この標高のところですから、建築も労を要したでしょうに。
外観写真、また見に来てくださいね^^

2017/08/11 (Fri) 19:48 | EDIT | REPLY |   

Add your comment