FC2ブログ

美味しいイタリア旅7(3日目:ボローニャ朝の散歩とオシャレ朝ごはん)

4 0
イタリア2017.6



早朝に散歩がてら出掛けたのはボローニャ駅でした。

この日の午後の移動の為にチケットを買っておこうという計画です。


DSC09287.jpg



前日にフィレンツェからの移動で、その場でチケットを買って特急に乗ろうとしたら、乗れなくて敢え無く鈍行利用になってしまったので、今度は少し前に買っておこうという計画です。

↑少しは賢くなったようです(笑)

私の場合、旅程が許す限りですが、その時の気分で行動したいので、日本から事前に予約しておくなんてことが出来ないんですよね。

しなきゃいけない時はしますよ。それの方が金額も安く済むし。でも一人だし、その時でも何とかなるでしょうって思っていたりして、自由度の高い方を選びたい訳です。

でもこの日の移動は、前日のように何なら鈍行に乗れば良いという距離ではなかったので、買っておこうと思いました。

(前日のフィレンツェ→ボローニャは、約100km。特急で35分、鈍行乗り換え有りで1時間40分。この日の鉄道移動での目的地ペーザロまでは、約150km。特急で約1時間30分、鈍行ならどんだけかかるのでしょうか!?という距離でした。)

幾ら行き当たりばったりの私でもここは失敗出来ないということだけは分かった訳です(笑)


IMG_4078.jpg


18ユーロ。安くて良かった^^ま、日本なら150㎞なら30分ですけどね^^

16:00発のチケットを買っておきました。



チケットを手に入れたら安心して、ホテルに戻る道すがらは寄り道しながら散歩を続けます。


ボローニャ駅から歩いてすぐのところにあったのはガリエラ門。


DSC09289.jpg


イタリアのご多分にもれずボローニャの街も昔は城壁に囲まれていたそうです。こちらはその城門の一つ。周囲はわずかにお濠跡が残されていました。


ボローニャは、長い歴史上、盛衰はありつつもローマ帝国時代の最盛期にはイタリア第二の大きく重要な都市であったり、1300年辺りのヨーロッパの人口が多い順では、コルドバ、パリ、ヴェネチア、フィレンツェ、ミラノに次ぐ都市でありヨーロッパで屈指の大都会だったらしいです。

私の認識としては若干地味なボローニャでしたが、すごい街だったんですね~。



ガリエラ門のところから見えた立派なモニュメント的階段。


DSC09295.jpg



上から王子様が下りてきそうな素敵な階段ですね。


DSC09297.jpg



地図を見ると、この上は公園。早朝の公園とか素敵♪行ってみましょう。


DSC09299.jpg


DSC09301.jpg



上から見下ろしてみます。正面方向に先ほどのガリエラ門とその向こうにボローニャ駅があります。


DSC09306.jpg



この公園は、メインストリートの一つであるインディペンデンツァ通りに沿った立地。この道がインディペンデンツァ通り。


DSC09309.jpg



公園内はこんなとこ。


DSC09313.jpg



市民の憩いの公園なんですね。


DSC09310.jpg


DSC09321.jpg



ただこちらの公園、ちょっと調べてみると評判が芳しくない・・・

私も先ほどの豪華な階段を上がって公園に足を踏み入れようとした時にちょっとガラの良くなさそうな外国人風の男の人数人がいたのを見て、入るのをちょっと躊躇したんですよね。

よく考えれば早朝の公園。人出がまだ少なくて木々が多く見通しの悪い公園ならば、治安が良くないかも・・・??とも思いました。

どうしようかな~・・・と躊躇している間に犬を連れた普通の市民が入っていったので、後を付いて行ってみたら、写真のような感じで大丈夫でした。子供連れもいましたから。

ただ、薬を売る人たちや勝手に寝泊まりする人たち、ゴミの散乱など・・・公園内の場所によるのか時間帯なのか・・・問題となっているような情報が見られたので、あんまり奥の方に入って行くのは賢明ではなさそうです。

まあ、私にとっては・・・グリーンを浴びて気持ち良かったですけどね^^


憩う市民から離れないように公園内を抜け通りに戻りました。


DSC09312.jpg



通りに戻れば、そこにはやっぱりアーケードが。


DSC09326.jpg



建物ごとに色んなデザインを楽しむのもボローニャの楽しみ方^^


DSC09327.jpg



この街はこのアーケードが人に優しくて、日差しも雨も避けながら街歩き出来て本当に良いですね。





ホテル近くまで戻ってきました。約2時間も歩いていたようです。


DSC09335.jpg


お腹も空きました。ホテルに戻って朝食を取りましょう!



朝食会場への導入部分。オシャレで期待が高まります^^


IMG_4079_20170704130517237.jpg



お~、こんな感じ^^


IMG_4095.jpg



ビュッフェは・・・オシャレで可愛すぎて・・・大興奮!!!してしまいました。


IMG_4080_20170704130519d7a.jpg



ピンチョス風に串に刺していたり、小分けして小さなお皿になっていたり。


IMG_4083.jpg



カラフル♪彩りも豊か。


IMG_4084.jpg



食いしん坊は、全部いただいてみたいのですが、全部はムリでしょう!?どれをいただこうかとしばらくは手を出さず、観察しながら熟考(笑)


IMG_4089_20170704130525531.jpg



フルーツも沢山♪別に珍しいフルーツがある訳ではないのに演出次第なんですね~^^


IMG_4090_201707041305267cb.jpg



これはいただかなかったけど、パンかクッキーか?


IMG_4093.jpg



おっ!?珍しい何かがあります。


IMG_4082.jpg



これは素敵!巣蜜です!!!


IMG_4092.jpg



吟味に吟味を重ねた挙句、取ったお料理がこれら。大量祭り!(爆)


DSC09337.jpg


取り過ぎ!って笑って下さい!・・・でもこれ以上は絞れなかったんですよ。

いえ、一度にこれだけも取らなくても何度も取りに行けばいいじゃないというご意見もあろうことかと思います・・・私もそう思っていました。


DSC09338.jpg



でもこの美味しそうなご飯に囲まれた感・・・というか、この豊かさ、カラフルさをテーブルで感じながら一つ一つ次はどれにしようかな~!?とお行儀悪い迷い箸をする勢いで目で満たされながらお腹を満たしたかったんです^^


IMG_4087.jpg



ホント、貧乏性というか・・・恥かしい^^;

でも本人は至って満足して楽しいお食事でした♪

さすが食の街、ボローニャのホテルですよね!


これまで大規模小規模、高級なところからそうでないところまで色んなホテルに泊まりましたが、海外ではこのホテルの朝食がオシャレ部門では一番だったのでは?と思います。


イタリアのピンクシティを見つけ、朝食で大興奮!し、朝から約2時間余りであまりにも興奮したボローニャの楽しい朝となりました。



関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

bonzofire  

散歩二時間相応分の朝食ですね(笑)
いや、この取り方が正解でしょう。見栄えもちがうし、どれくらい食べたのかも把握できますしね。
それにおっしゃる通り、いろんなものに串がさしてあって、ピンチョス風ですね。
きっとシェフはスペイン出身なんでしょう。
だけど、初めて訪れるところで、ある程度行き当たりばったりはすごいと思います。
ぼくは、真逆でしょうね。ある程度調べる、先が読めないと心配でたまらなくなる性格です。

2017/07/04 (Tue) 22:11 | EDIT | REPLY |   

Yottitti  

門を見ると歴史があるボローニャの街であったことを象徴してるようです
大都市とは思ってましたが、上位に入るんですね

こちらのホテルの朝食はとてもかわいいです
たくさん並べてると幸せな気分になりますよね
フルーツがいっぱいなのもうれしいですね
Ekaterinaさんにしては、結構移動が多いですね
それで後半お疲れがでたのかもしれませんね

2017/07/04 (Tue) 22:31 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt   

bonzofire さんへ

ハハ、そうですよね!2時間歩けばこのくらい食べても良いですよね^^;
ピンチョス風なのは、スペイン風に真似してるのかと思いましたが、そうかもです、スペイン出身のシェフかも?ですね^ ^

行き当たりばったりは、やっぱり知らない国ではないし、後進国ではないから出来るんですよね。
それに少しは調べてるんですよ、一応(笑)
幹線で朝から晩までわりと便があるということは調べてあるんです。
どの時間のに乗るかが決められないんです。だって、せっかく行ったところで見たいものがあったら時間にとらわれずにちゃんと見ておきたいのですもの^ ^

2017/07/05 (Wed) 13:13 | EDIT | REPLY |   

EkaterinaYoghurt  

Yottittiさんへ

やっぱりイタリアの街、城壁に囲まれていたようです。門だけでも残っているのが凄いですよね。
ローマ、フィレンツェ、ミラノ、ナポリ辺りに目がいってしまうイタリアですが、ボローニャも大きな街なんですね〜。

ホテルの朝食、可愛らしいでしょう〜^^
沢山並べて幸せ気分満開でいただきました。

今回の旅行は、前半が結構慌ただしく移動、後半はボチボチという感じでした。
やっぱり移動は好まないな〜と自覚した旅行でもありました。疲れた前半と反対に後半は体力も温存する遊び方をしました〜^^

2017/07/05 (Wed) 20:58 | EDIT | REPLY |   

Add your comment